ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
フォロー中のブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Tagesmutter

ベルリンのママ友からTagesmutterについて質問を受けたので、この場で答えようと思います。

Tagesmutterというのをどう日本語にするといいのか知りませんけれど、ベビーシッターというのが近いと思います。ただ、ベビーシッターというと、子供がお小遣い稼ぎで赤ちゃんの面倒をみる、そうですね、本当に「見ているだけ」というようなイメージが無いわけでもない。Tagesmutterの場合はもうちょっとプロフェッショナルで、やる人は「Mutter(お母さん)」的な役割を期待されるというと雰囲気として伝わるかもしれません。保母と言ってもいいのかもしれないけれど、Tagesmutterは自宅で子供の面倒をみる場合が多いので、保育園でたくさんの子の面倒をみる人とはちょっとちがうような。保育士というほどお堅い感じでもないし、特に資格が要る仕事でもないので、ここでは便宜上「ベビーシッター」ということにしておきましょう。

娘は今年になってから近所のベビーシッターのところで月~金、1日5時間預かってもらっています。朝ごはんと昼ごはんも用意してもらえるのですが、娘は、なぜかマトモに食べないみたいです。家にいるときでも、ガッツリ食べることはないので、出されるものが不味いというわけでないと思います(笑)。

ベビーシッターは私くらいの年齢のドイツ人女性で、以前保育園で働いていた、保育士の資格を持った人です。いままでに何人か「Tageskind」(Tagesmutterが面倒を見る子供)を預かった経験もあって、小さな子供の扱いに慣れている上に、子供が好きなんだなというのが伝わってくる人なので、私は安心して預けています。
そしてスバラシイのは、そのベビーシッターが家から20メートル先の同じ通りに住んでいるということ!移動が楽というのは本当に楽です。忘れ物をしても取りにいける。お迎えの時間のちょっと前に「まだ寝てるから、起きたら電話するね」という電話がかかってくることもしばしば。これは家が近くなければできない事かもしれません。

ベビーシッターは、保育園と同様、市のJugendamt(児童課)に登録してあるのであれば、親の経済的負担は大したことがありません。もちろん、こちら側もちゃんと書類をそろえて申請しなければいけないのですが、オフィシャルにやっている場合であれば、経済的な負担が少なくて済むだけでなく、もし事故などがあったときにも保険が利くなどのメリットがあります。児童課もベビーシッターの家を訪問して安全性に問題がないかをチェックしたり、セミナーを開いたりしているみたい。

ということで、私はベビーシッターを頼むのであれば、オフィシャルにやっている人がいいと思います。
ただ、これも保育園と同様、子供を預かってもらうには、親が働いていたり、学校に通っていたり、「子供を預かってもらわないと困るんです」という理由が要ります。だから、主婦/夫がいる家庭だと、「面倒を見れる人がいるじゃないの」ということで、ベビーシッターを頼むことはできません。この場合、主婦/夫はウソでもなんでもいいから(笑)仕事なり勉強なりしてる、もしくはする予定だという証明をするか、インオフィシャルなベビーシッターに頼むしかありません。

難しいのは、ベビーシッターを探す事。児童課が家の近くにいるベビーシッターを紹介してくれることもあるそうですが、仮に紹介してくれたとしても、多分教えてくれるのは名前と住所と電話番号くらいのものだと思います。助産婦を探す時と同じで、実際に連絡をとってみなければどんな人かわからない。
そうなると、一番いいのは、近所に住むママの口コミです。私は同じアパートに住むママからのオススメでベビーシッターを見つけました。別のたまたま会ったママも「あの人はいいよ」と言っていたので、その人の所に直接行って、話をして決めました。

決める時には、ベビーシッターの人柄だけでなく、家の雰囲気や、他に預かる子供の人数や年齢、子供とどんな事をするかを聞くといいと思います。預かることのできる子供の人数はベビーシッターの家の大きさと関係しているようで、娘のベビーシッターの所では2人しか預かれないそう。
最初のうちは娘と一対一、最近になって、娘と年の近い2人目の子を預かるようになって、娘はその子とも仲良くやっているらしい。娘はまだ小さいし、できるだけ「お母さんみたいな」親密なケアをしてくれる人を探していたので、ちょうどよかったです。
そして娘のベビーシッターは他のベビーシッターのところによく遊びに行っています。同じアパートにもう1人ベビーシッターが住んでいて、そこの子ともよく一緒にいて、近所には数人の子供を預かっているベビーシッターもいて、そこにも時々遊びにいくらしい。これは全く期待していなかったことだけれど、私はいいことだと思います。
その上、時々ベビーシッターのお母さんや義理のお母さんも遊びにくるので、ベルリンで「おばあちゃん」と接する機会のない娘にとっては、これもまたいい経験かと思います。

娘はこの夏から近くの保育園に行く事が決まったので、それまでは今のベビーシッターのところで預かってもらうつもりです。その保育園は2歳にならないと入れないし、家の近所で私がいいなと思った他の保育園でも、早くても一歳半からしか預かってもらえなかったので、それまでの「つなぎ」としてベビーシッターを頼む事にしたのですが、いまのところとてもいい感じなので私は満足しています。
娘のベビーシッターは3ヶ月の赤ちゃんを預かったこともあるそうで、頼もうと思えば、そんな早い時期からでもOKらしいです。個人的には、一歳前後なら預けるのも楽だと思います。
保育園と同様、最初の2週間から一ヶ月くらいは親が同伴したり、短時間預けるだけにして、徐々に慣らしていくのが普通です。それに時間のかかる子もいるので、仕事や学業に復帰する場合は、時間に余裕を持って預けるようにした方がいいでしょうね。

小さい子供を預ける事には賛否両論あるというか、しつこい反対意見もあるみたいですけれど、私は全然問題ないと思います。一歳くらいになると、家でずっとママやパパといるだけでは面白くないし、こっちも手を変え品を変えで遊ぶのはかなり大変。他の人や子供と接する機会があるのはいい事だし、何より親の精神的負担もグッと軽くなります。親は自分の時間が持てて、子供は楽しく遊べて、雇用も創出できるなら、いいこと尽くめじゃん!と私なんか思ってしまいますけどね。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2010-03-28 20:59 | 妊娠・出産・子育て
<< チコ君と青いコウノトリ ただの風邪の恐ろしさ >>