ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
フォロー中のブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


DDR博物館

このブログを見てくださってる皆さんの中には、DDRについて詳しい人や、DDRに行ったことのある人、ひょっとしたら住んでいたなんていう人もいるかもしれませんね。
でも私みたいに、「現在進行形」でDDRを経験していない人にとって、DDRって、もうなくなちゃったヘンな国、くらいにしか思えなくても、普通だと思うんです。私はかつてそう思ってたし、DDRを身近に感じるようになったのはベルリンに来てからだし。

DDRって政治的なテーマなので、偏見や誤解というのも結構ありそうだけれど、それはあくまでも客観的に、マクロな視点で見た場合が多いんじゃないかな。
DDRを知る(楽しんじゃう?)には、やっぱり、ミクロの視点で見ていくのが一番です。人々の暮らしに目を向けると、独裁国家だの、秘密警察だの、そういうの以外の面が見えてくる。そうすると、DDRって怖くないです。あれ、案外普通じゃん!とか、ちょっと日本っぽいかも?なんて思えることすらある。

ということで、前置きが長くなりましたが、そういう、日常生活の場としてのDDRにスポットを当てた博物館がベルリンにあります。
DDR博物館(DDR Museum: リンクはここ)は、規模は小さいものの、ベルリンの中心地にあるので、観光の合間に行ってみるのに便利です。

a0104785_20223692.jpg
博物館はシュプレー川をはさんだ、大聖堂の向かい側にあります。
ウンター・デン・リンデンからちょっと階段を下りたところなので、知らないと通り過ぎてしまうかも。

a0104785_20234036.jpg
入り口はこんなふうになっていて、中に入ると、DDRやベルリン関係の本やグッズが置いてあります。(そこにおいてあるものを買うだけなら入場料を払わなくてもOK)。

ち・な・み・に!
そこに私の本、「がんばれ、ブランデンブルク州!」も置いてあるので、気が向いた人はどうぞ。あ、もし、本の裏表紙が表を向いてたら直してください(笑)。どうも、日本の本は右から始まるというのを理解できない人がいるようで、昨日行ったら、裏表紙が表向いてました(^^;)

そしてもう1つ、ち・な・み・に!
私はこの博物館で日本語ガイドやってます。もし、日本人の団体客が来る場合は、私がガイドすることになってるので(私以外にもいるのかな・・・知りません)よろしく。


この博物館、大聖堂の向かいにあると書きましたが、個人的に、大聖堂よりもっと面白いものがウンター・デン・リンデンをはさんだななめ向かいにあります。DDR博物館の前から、こんなふうにみえるのは・・・
a0104785_20244577.jpg


共和国宮殿!

ただいま取り壊し中の、DDRのシンボルです。
この建物の取り壊しに関しては、友達のまさとさん(ブログ「ベルリン中央駅」)が詳しく追っているので、そちらをどうぞ。

共和国宮殿の目と鼻の先にDDR博物館があるという事が、すごく皮肉だと思います。
DDR博物館は私立の博物館で、スケールも内容も軽くて、観光客でにぎわっているんですが、その前で、「元祖DDR」な共和国宮殿が無残にも廃墟となり、瓦礫の山になっていくというのはねぇ・・・。なぜ、共和国宮殿をDDR博物館にできなかったのか。いや、しなかったのか。
共和国宮殿の取り壊しというのは、政治的な背景があるので、そう簡単に答えは出せないのですが、私は、共和国宮殿の取り壊しというのは、後世、「なんてことしたんだ!!」って言われても不思議ではないことだと思います。
残して欲しかったなぁ、うぅ(T-T)。

ということで、次回は(気が変わらなければ)、この共和国宮殿について。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-04-01 22:43 | DDRを知ろう
<< 共和国宮殿(1) ボンボドロン(Bombodro... >>