ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


マデイラ島(7):果物

マデイラ島ネタはまだあるんですが、そろそろブランデンブルク州に戻った方がいいような気がするので、これがマデイラ島シリーズ最終回。お題は果物です。

マデイラ島の普通のスーパーの青果コーナーにはドイツと変わらないような野菜や果物が並んでいたのですが、フンシャルの街の中の魚市場の上にある果物市場に行くと、珍しい果物が売られていました。
a0104785_2222080.jpg
マラクーヤって知っていますよね。パッションフルーツとも言われる甘酸っぱい粒粒の詰まった果物。実物を見たことがない人でも、ジュースやお菓子で味は知っていると思います。マデイラ島にはマラクーヤと名のつく果物が6種類(だったかもっと)あるそうです。マラクーヤバナナ、マラクーヤパイナップル、マラクーヤトマト・・・と、そのまんまな名前がついていますが、肝心なのは味がそうなのか、見た目がそうなのか、というところ。そんな怪しげな果物の写真だけとって私が納得するはずがありませんね、ハイ、実際に買って食べてみました。

a0104785_22124136.jpgこれはマラクーヤバナナ。バナナといっても、普通のバナナよりずっと小さくて、10cmちょっとくらいの長さです。皮はバナナみたいに柔らかくはないので、ガシガシ剥いてみると、中身はマラクーヤっぽい。そしてお味のほどは・・・マラクーヤでした。熟し方が足りなかったせいか、ちょっと渋かったけど、基本的にマラクーヤ。ということは、マラクーヤバナナというのは、「バナナみたいな外見をしたマラクーヤ」。

a0104785_221966.jpgこちらはマラクーヤパイナップルとマラクーヤトマト。
まず、マラクーヤパイナップルですが、外見は全然パイナップルじゃないです。そして、殻を開けてビックリ。・・・ぶよぶよの白っぽいのがぎっしり詰まってる(><)。何かのタマゴみたいで気持ち悪いなぁと思いつつ、いいにおいがするし、スプーンですくって食べてみると・・・あ、おいしい!パイナップルと言われればパイナップルかもしれない甘い感じ。
マラクーヤトマトは、トマトと言うより、「エッグプラント」的な外見をしていて、でも切ってみると本当にトマトの匂いがしました。食べてみると、すごくエグイトマト。えー、マズすぎる!と思ってこれは途中でギブしてしまったのですが、後で果肉の部分ではなく、中の黒っぽい種のところだけを食べるものだと言うのを知りました。どっちにしろ、これは見た感じも味もトマトなマラクーヤ。
a0104785_22304629.jpg
他にも面白い果物がいろいろありました。左上の紫っぽい緑のはAnonaと言うそう。表面の皮は薄くて、魚のうろこみたいな模様があります。英語やドイツ語の名前は知りません。そのとなりの白っぽいのはマラクーヤヴァニラ。右の丸いのは普通のマラクーヤ。下の緑のはFilodendroもしくは「フルーツ・デリシャス」とも呼ばれるらしい、一見すると果物らしくない果物。
a0104785_2246846.jpg
それぞれ中身はこんな感じ。
Anonaはかなり熟していて、切る前からトロピカルないい匂い。中には黒い種があって、果肉はとても柔らかくて甘くておいしい!
マラクーヤバニラは、見た目バニラじゃない(バニラの実なんて見たことないし)ことからも分かるように、味がバニラです。どこがマラクーヤなのかという感じで、種は存在感なし。マラクーヤトマトは実を食べちゃいけなかったけれど、これはどう考えても実を食べるしかないだろうと思って食べてみると、メロンみたいでおいしかったです。(←食べ方間違ってるかも^^;)
マラクーヤは・・・マラクーヤでした。ちなみに、マラクーヤの種は硬くて結構大きいのですが、そのまま飲んじゃうのがいいそうです。
そして、一番異色を放っているFilodendroですが、ウロコみたいな皮は熟すとポロポロ取れてきます。その皮の下にはとうもろこしみたいに白い柔らかい実があって種は気になりません。そして、おいしい!!バナナとパイナップルをあわせた感じ。ねっとりした感じがバナナっぽいけど、味はパイナップルの方が強い。「高いけど絶対おいしい」と言われたけど、本当においしい。味としてすごくセクシーです。・・・なにがどうセクシーなのか上手く説明できませんけれど(笑)、とにかくおいしいので、気になる人はどこか南の国に行って見つけてください。

人気ブログランキングへ←マデイラ島シリーズこれにて終了、ポチッ!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-05-17 23:29 | マデイラ島(ポルトガル)
<< 菜の花畑 マデイラ島(6):ソリ滑り >>