ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
フォロー中のブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


予防接種という難題

今日、また娘の定期健診に行って来ました。

a0104785_4235128.jpgドイツでは赤ちゃんが生まれると「Kinder-Untersuchungsheft(子供健診手帳)」というのがもらえます。
←こんな黄色の表紙で、ドイツらしからぬ(?)かわいい子供のマークがついています。
この手帳は生まれてから13~15歳になるまでに受けなければいけない健康診断の結果を書くものです。産まれてすぐのチェックをU1といい、それからU2、U3・・・と続き、U10まで計10回の検診があります。
今回のはU4で、日本の3ヶ月検診に当たるものです。娘はまだ9週間なんですが、このU4の期間がはじまったばかりで、ちょうど医者の予約が取れたので、行って来ました。

よく飲み、よく寝て、よく出す(笑)子なので、案の定バッチリ健康で一安心でしたが、U4の難問は予防接種です。
ドイツの予防接種に関してはSTIKO(Ständige Impfkommission)という団体が基準を決めていて、このSTIKOの「予防接種カレンダー」というのに従って予防注射をするのが一般的です。

ところが!この基準がかなりシビアなんです。
だって3ヶ月で・・・

・破傷風(Tetanus)
・ジフテリア(Diphitherie)
・百日咳(Keuchhusten/Pertussis)
・ポリオ(Polio)
・インフルエンザB(Hib)
・B型肝炎(Hepatitis B)
・肺炎双球菌炎(Pneumokokken)


の予防接種を一度にやって、それを一ヶ月ごとにもう2回やります。そしてその半年後には上の7つに加え、

・水疱瘡(Windpocken/Varizellen)
・髄膜炎(Meningokokken C)
・はしか(Masern)
・おたふく風邪(Mumps)
・風疹(Röteln)

の予防接種。その半年後に

・はしか
・おたふく風邪
・風疹
(場合によっては水疱瘡も)

の予防接種をします。


・・・一度にやりすぎ&早すぎだと思うんです。


予防接種に関しては(日本も多分そうなんでしょうけれど)ドイツでは、消極論が高まってきています。というのも、副作用やアレルギーの危険性というのが常にあるし、病気というのは往々にして1つの病気でもいろんな種類があって、一種類のワクチンを打ってもそれが効果を発揮するかどうかというのは運次第。私が子供のころは学校でみんなインフルエンザの予防注射をしたものですが、最近はやらないみたいですね。

それに、病気によっては乳児の時点で予防接種をする必要性が怪しいものもあります。B型肝炎はそもそも乳児のかかる病気じゃないし、百日咳が一番危険なのは生後4ヶ月までだけれど、3ヶ月検診で予防注射を打っても抗体ができるのはもっと先で、ある程度大人になってから罹る場合は「しつこい咳」程度で済んでしまうことの多い病気だそうです。

もちろん、罹ったら大変な病気が多いので、予防接種そのものを否定する必要もないのだけれど、3ヶ月よりもっと後のほうが体にかかる負担も少ないともいいます。
一度にそんなにたくさんやっていいのだろうか?全部やる意味があるのだろうか?そういうことに疑問を持つ親が増えていて、「アンチ予防接種」系の情報も多いのです。なにしろ、免疫機能に作用する話なので、1つ間違えば命に関わることですしね。親も心配になって当然だと思います。

そして、まぁこれはドイツ人の好きそうな切り口ですけれど、このSTIKOという団体は中立的ではなく、製薬業界と深いつながりがあるとか。ドイツって製薬会社がかなりの影響力を持っているので、予防接種に関しても、製薬会社の利権を守るためにこんなにコテコテの基準ができているそうです・・・ホントかどうか知りませんけど、ありうる話です。

それで、私とゾヤ君もいろいろと情報を集めてみたんですが、わかんないんですよね・・・知れば知るほど結論を出すのが怖くなる。
バカ正直にSTIKOのプランに沿ってやって、それで副作用なんかが起きたら後悔してもしきれないし、子供を製薬会社の餌食にさせたくもない。
でも、全くやらないというのはあまりにもリスキー。
となると、どの注射をいつやるのかというのを自分たちで決めなければいけないし、そういうのに理解のある医者を探さなければいけない。どの情報を信じればいいのか?子供の体質や運というのもあります。情報があって決める自由があるというのはいいことなんだけれど、同時にとても難しい。

結局、今回は予防接種そのものを見送りました。他のママ達の話を聞いても、2ヶ月ちょっとでやるのはやっぱり早すぎみたいだし、全部やる必要もないんじゃないか、ということで。
でもこれは結論を先延ばししただけなので、近いうちにもっと具体的に決めないといけません。むむむ・・・。ひとまず、もうちょっと情報を集めてみる必要があるかなと思います。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく☆
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-11-07 06:18 | 妊娠・出産・子育て
<< トレッペ、トレッペ。 ぶつぶつぶつ・・・ >>