ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
フォロー中のブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ゾヤ君のドイツ語

ドイツ語を上達させたい人にお知らせです。

私のパートナーのゾヤ君はドイツ語のプライベートレッスンをしています。
そのお知らせのブログを作ったので、興味のある人はこっちに飛んでみてください。

以前、「正規学生として勉強すること」なんていう記事で、こっちで学生をやっていくことがどんなに大変かということをウダウダとぼやきました。
ドイツっていい国なんだけど、ここで生きていくのは結構大変です。
どこまで一般論として言っていいのか分かりませんが、ドイツに学生とか長期の滞在を目的に来た「フツーの日本人」は一度や二度は鬱になると思います。少なくとも私の知る限りでは、みなさん、大変です/でした(笑)。

ドイツ暮らしが大変な理由はいろいろあるとしても、その1つは間違いなくドイツ語です。
日本でそれなりに勉強したはずなのに、こっちにきたら全然使い物にならない。「使い物にならないドイツ語」に対して、こっちの人は容赦がありません。まるで子供のようだと、まるで文盲だと、本当はこんなんじゃないんだ、と、そんな思いに苛まれてベコベコに凹むのです。

意気揚々と語学コースに通っても、「え?」ってことにぶつかります。
日本人の場合、文法は結構できるけれど、しゃべるのがそれについていかないことが多いのです。他の外国人と一緒に勉強していると、「何かが違う」と気づくでしょう。ドイツ語に近い言語を母語とする人たちは妙にスイスイと上達し、ラテンなノリの人たちは勢いでレッスンをこなし、東欧の人たちは往々にしてドイツ語歴が長い。

日本語は英語から最も遠い言語の1つだといわれています。英語の親戚みたいなドイツ語からもやっぱり遠い。ドイツ語とは共通点なんて無いに等しい言語です。そんな言語を母語とする日本人は、他の言語を母語とする外国人とは言語的な感覚もスタート地点も上達のスピードも違って当然です。でも、そう分かっていても、結果としてドイツ語に不自由することに変わりはありません。ドイツ語って大変。そう、本当に大変・・・。

交換留学生としてベルリンに来て最初の3ヶ月、私は英語を使っていました。日本でドイツ文学科に在籍して、それなりにドイツ語は勉強したはずなのに、実践では使い物にならなかった。そういうドイツ語をがんばって使っても、こっちの人は誉めてくれるどころか、「ナニ言ってんだ」みたいな態度をとるので、それが嫌で英語に逃げていたんです。
でも、そんなんじゃドイツに来た意味が無い、何とかしなきゃ、ということで、彼氏のゾヤ君に「これからはドイツ語しか使わない」と宣言して、朝から晩まで徹底的にドイツ語を使う生活にしました。

根気よくドイツ語を直してくれるネイティブが近くにいたのはラッキーでした。そして、そのネイティブが話好きで、説明好きだったのはもっとラッキーでした。

一年間の交換留学の間に私のドイツ語は上達し、東京ではなくベルリンで進学する決意をしました。日本の大学卒業後、ベルリンに戻ってきて半年の内にドイツ語の中級テスト(ZMP)、TestDaF、DSH(大学入学試験)を立て続けにこなして、すべてに合格しました。その間、私がゾヤ君を徹底的に使っていたのは言うまでもありません(笑)。
こっちの大学に入ってからも、資料の読解、口頭発表の準備、論文の添削に彼の力を借りています。日常生活でも、いくら慣れたとはいえ、ワケの分からない手紙が来たり、トラブルが起きたりしたときに、サッと助けてくれる人がいるのは楽です。

・・・ということで、なんだか話が長くなりましたが、ゾヤ君を使いたい人は使ってください。

ちなみに、同時に私をリクルートすることもアリです!
日本語とドイツ語のバイリンガル(まだ先だなぁ・・・)の娘も同伴する可能性大ですが(^^;)。

興味のある人は気軽に連絡してください。

人気ブログランキングへ←今日もクリックよろしく☆
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-12-01 07:12 | ドイツ語レッスンの案内
<< さよなら、おばあちゃんのタンス エアゴベイビー(ERGObaby) >>