「ほっ」と。キャンペーン

ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


外国人局の恐ろしさ

今日、ビザの更新のために外国人局に行ってきました。

と、聞いて、おそらく多くのベルリン在住のみなさんは「あぁ、ごくろうさま・・・」と思ってくれるでしょう。えぇ、大変でした。まったくもう。

外国人局というのは、ビザの発行や更新をする役所なのですが、それがまぁ、タチの悪い役所なのです。物分りのいい役所なんてそもそも期待できるものではないのでしょうが、外国人局の対応の悪さというのはズバ抜けているように思います。
ベルリンに来て以来、この役所に足を運ぶ事が何度かあったんですけれど、そのたびに嫌な思いをしています。

そういえば、交換留学で初めてビザを取りに行った時は、朝5時起きで行ったのに、ついたらすでに長蛇の列でびっくりしたな。そう、あそこは延々と待たされるところなんです。

今まで私は学生ビザだったんですが、今回、配偶者ビザに変えることにしました。まだ学生なので、学生ビザでも問題はないのですが、学生ビザだと働いていい日数が決まっているし、大学を卒業したらどっちにしろ配偶者ビザに変えないといけないわけで、じゃあ今のうちに手続きを済ませておこうと思ったんです。

10月に、まず、電話で予約を取ろうとしたのですが、誰も出ない。何度かけても出ない。
しょうがないので、メールを書きました。すると、必要な書類を添付して送ってくださいと言う返事。早速いくつかの書類を添付して送ったのですが、アレがない、コレがないと、何度かやり取りをするはめに。・・・まず、この時点で、プロの仕事じゃないと思うんです。最初のメールのときに、具体的にどの書類が要って、どうすればいいかっていうのをちゃんと書けば、何回もメールのやり取りなんかしなくても済むのに。それで、こっちもいろいろ確認して、要求されたのは全部添付して送ったんですね。普通、ここまでちゃんとできれば、行って、すぐにビザを発行してもらえそうなものなんですけれど、外国人局にはそんな「フツー」は通用しない。「これで全部揃っているはずですから、予約を取ってください」とメールをしたら

予約は取れないので予約なしで直接きてください

は?!だったら、なんで何回もメールのやり取りをしたんですか??
あのですねー、こっちは産まれたばかりの子供がいて、移動が大変なんですよ。それで予約無しで行って延々と待たされるなんてのは本当に困るんです。でも、しょうがないので、予約なしで行きました。ちなみに、配偶者ビザに変える際には、相手もついてこなければいけなくて、ゾヤ君と、娘との3人で出向きました。すると・・・

長蛇の列。

建物の入り口から50mくらいずらーーーっと人が並んでるじゃないですか!
でも、赤ちゃん連れということで、先に行かせてもらえました。よかった~☆と思ったのもつかの間、入り口で

スト中で、緊急の件でなければ対応しない。

とのこと。なんと、外国人局は夏からストをやっていて、それがまだ続いていたんですね。

外国人相手の役所がストやってどうするんですか!!
企業とかならストをやるのもまだわかるけれど、選挙権どころか、ドイツ社会での発言権すらろくにない外国人が困るだけじゃん。
それで、その日は「スト証明書」みたいなものをもらって門前払い。そんな証明書作る暇あったら働いてください(怒)。

まぁ、学生ビザはまだ切れないからいいか、と思っていたのですが、別の問題が発覚。
外国人学生の身分では、児童手当やもう1つの国から出る手当てがもらえないのです。「ビザを変更したいんだけれど、外国人局がやっていない」と言っても、その手当てを出す役所は「別のビザがない限り手当ては出せない」と言う。

・・・ということで、11月になってまた家族3人で外国人局に。
今度はやっていたものの、どうやらストをしていた影響で、仕事が全然片付いていかないらしい。

予約無しでは学生ビザを変更する人がいないと、インフォで言われました。

そんなバカな・・・。

そこで粘って話をしてみると、「予約無しでも部屋に入って行って話をしてみれば?」ということで、教えてもらった部屋にいって、交渉開始。
ところが、その担当者、最悪にタチが悪い。別の人も「できない」「時間がない」「出て行け」と言うだけ。その態度のまぁなんと横柄なこと!!ついにゾヤ君もブチ切れて、言い争いになってしまって、私は止めに入って、話をして、それでも結局ラチが開きませんでした。

これでは困る、ということで、別のインフォの人に話をして、そこでなんとか別の担当者に予約を取ってもらうようにしてもらいました。

そして、12月になって、手紙が来て、ようやく、今日の予約がとれたんです。
ちゃんと別の担当者で、待たずに直接部屋にいってください、と。おぉ、やればできるじゃないか(^^)。

それで、今日また、家族3人でえっちらおっちらと寒い中でかけました。
ちゃんとビザ、取れたと思います?

そーんなわけ、ないでしょう!

ふーーーーーー。

予定の10分前について、指定された部屋にいってみると・・・

鍵がかかってる。

すでにここでもう嫌な予感。
予定の時刻になっても、ノックをしても返事無し。
あぁ、また始まった、と思いました。
それで、別の部屋に入って、事情を説明すると。

「その担当者は今日は居ませんよ」

そんなこと、どこにも書いてないんですけど。
「2つ向こうの部屋に行ってください」
と言われ、その部屋に行って、事情を話すと

「コンピューターが壊れていて、仕事ができません」

な、なんですとーーー!!

そこでまた交渉開始。・・・もう何度も来てるんだ、赤ちゃんも一緒なんだ、ダンナだって来なきゃいけないんだ、なんとかしてくれ、と。

すると、じゃあこの紙に書いてくれればダンナは次回来なくてもいい、ということになり、その書類を書いて、必要な書類に目を通してもらって、私のビザを発行してもらうことになりました。といっても、機械が使えないので、今日はパスポートを置いてきて、明日取りに行くことに。今度は「パスポートは役所があずかっています」という証明書を作ってもらう。なんでそういう証明書だけは作れるんだろう・・・。

ということで、明日、念願の、というわけでもなかったんだけれど、ここまでくると「念願の」と言わざるを得ない、新しいビザがもらえそうです。

本当にできてるんだろうなー。怪しいなー。

人気ブログランキングへ←雪にも負けず、外国人局にも負けず。クリックよろしく。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-01-09 05:52 | ベルリン生活
<< コトブスの新しいロゴ 雪の公園 >>