ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
フォロー中のブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


孔雀島(1):想定外のフェリーの旅

昨日、天気がよかったので、思い切って遠出してみました。
行き先はベルリンの西の隅っこ、ハーフェル川に浮かぶ孔雀島(Pfaueninsel)です。
孔雀島については、まさとさんのブログ「ベルリン中央駅」の(「レトロバスに乗って孔雀島へ」)でも触れてあるのでそちらもどうぞ。自然保護区になっている島で、孔雀が放し飼いにされています。

以前から一度行ってみたいと思っていたのですが、ポツダムの近くにある島なので、フラッと行くには遠すぎます。
それに、娘を連れて行くとなると、終始ベビーカーでの移動になるし、離乳食だの、オムツだの、一式持っていくことになるので、「よしっ!」という気にならないと出かけられません。
その上、今、ベルリンの交通機関のダイヤはぐちゃぐちゃなんです。Sバーンは部分的に走っていないし、20分おきとか、バスによる代替運転をしているところもあるので、知らないところにいくのは面倒です。

ちょっと前はしょっちゅう夕立が来ていたので、遠出するのをあきらめていたんですけれど、今回、雨も降らないみたいだし、そんなに暑くもないし、ということでついに孔雀島に行ってきました!

電車でヴァンゼーまで行き、そこからフェリーで行きました。
それが根本的に間違っていたという事に気付いたのはフェリーに乗ってから(笑)。

ベビーカーでの移動は本当にめんどうで、階段を避けてフェリー乗り場にたどりついたものの、どの船に乗ればいいのか分からない。行ったり来たりして、ようやく切符売り場に来ました。ところが!
「孔雀島に行きたいんですけれど」
「ハイ、では9.5ユーロ(1300円くらい)です」
はぁ?!(Was?!)」
え、なんでそんなに高いの??
「あの、単純に孔雀島への往復のチケットが欲しいんですけれど」
「孔雀島への便はこれしかありませんよ、あと5分で出ます」
えぇ~
「その次は1時間後です」
「んー、じゃあ、今行きます」
こっちはもう汗だくだし、1時間待つなんて嫌だし、ということでギリギリセーフで乗りました。
おかしいよなー、孔雀島まで、目と鼻の先のはずなのに、なんで9.5ユーロもするんだろ?と思って、フェリーのスタッフに聞いてみると、パンフレットを見せて説明してくれました。
「大丈夫、一時間半後に孔雀島に着きますよ」
えぇぇ!
「こうやって、いろんなところを周っていくんですよ。孔雀島で降りてもいいし、そのまま乗っていればまたヴァンゼーに戻ってきます」
「あのー、私、単純に孔雀島に行って、2時間くらい散歩して帰ってこようと思っていたんですけれど」
「じゃ、2時間後にくる便に乗ってヴァンゼーまで戻ればいいんです」
「孔雀島に行くだけのフェリーはないんですか?」
「前はあったけど、今は1日に一本しか出ていません」
「そ、そうですか・・・」

ということで、なんと、意図せずして「7つの湖周遊」などというフェリーに乗ってしまいました。ここに来てようやく、自分の犯した間違いに気付いた私。そう、ヴァンゼーからフェリーじゃなく、ヴァンゼーからバスで10分くらい行くと孔雀島の前までいけて、そこからフェリーに乗るんだった。
a0104785_0252888.jpg

時すでに遅し。
それまでぐずっていた娘は、フェリーに乗るやいなや爆睡。「こら、9.5も払ったんだからちゃんと外を見なさいっ!!」と思いつつも、孔雀島につくまで寝ていてくれたおかげで、私もちょっと観光ができました。
というわけで、孔雀島の話、続きます。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-08-03 00:37 | 自然保護区/公園
<< 孔雀島(2):フェリーでどんぶらこ Werner Tübke >>