ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
フォロー中のブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


まさとさんの「素顔のベルリン」紹介

a0104785_23111882.jpg

ブログ「ベルリン中央駅」でおなじみのまさとさんが最近ベルリンのガイドブック「素顔のベルリン―過去と未来が交錯する12のエリアガイド」という本を出版したので、ご紹介します。

速攻話が逸れますけど、そういえば、と思って、私のブログでかつてまさとさんについて触れた記事を読み直してみました。偶然にも、ピッタリ2年前の記事です。(「初トラバ」
そこで、最後に「いつか、彼が書いたベルリンの本が世に出るといいなと思ってます。」って書いてるんですね、私。2年経って、それが実現したわけで、友達として素直に「よかったねー、おめでとう!!」という気持ちです。

実際に読んでみて、「ああ、まさとさんだから書けた本だな」と思いました。
そして、「まさとさんらしいな」とも思いました。
何がまさとさんらしいのか、というのは説明するのが難しいのですが、なんというか、彼のマジメさというか、品というか、冷静さというか、そういうのが伝わってきました。トゲトゲしたものがないと言ってもいいのかもしれません。
良くも悪くもクリティカルではない、と言えるかもしれません。
私なんか、おそらく必要以上にクリティカルなんで、どこかに政治的なニュアンスとか、主張とか、批判とか、そういうのが入ってきてしまうんですけれど、まさとさんというのは、そういう毒っ気がない人です・・・少なくとも私はそういう印象を受けます。
味に例えると「プレーン」です。だから、この本も、マイルドな口当たりで、多分、誰が食べても(読んでも)おいしいといってくれると思うんです。ケンカを吹っかけてくる人は多分いないでしょう。
このまさとさんらしさ、というのは彼の強さでもあり、特にガイドブックを書くにあたっては彼のようなスタンスでとらえることが大事なんだと思います。書くべき人が書くべき本をようやく書いた、そんな感じです。

ベルリン在住者として、この街を愛するものとして、この本がベルリンのガイドブックのスタンダードになること、この本を手に日本人観光客がベルリンを訪れることに期待したい、そんなことを思いました。

まず、ガイドブックとしての情報量(地図、交通機関、店、ホテル等)が十分にあるのと、きれいな写真がたくさん載っているというだけでも、これを手にした人は「ベルリンに行きたい病」にかかると思います。

そして、これは私が特に評価する点ですけれど、ベルリンの多様性というのが見事に描かれています。
歴史に起因する多様性、地区ごとの雰囲気、そういうものが考慮されているので、ありきたりのベルリンガイドとは全く違うベルリンの深い魅力がわかるようになっています。

ベルリンの多様性というのを、ダラダラと説教臭くならないでサックリとまとめ上げたところに、ブログで培ったまさとさんの情報量の多さというのを感じます。

エリア10、クロイツベルク1は、ずばり、私の「キーツ」なわけで、見慣れているものをガイドブックの中に発見するのは不思議な気がしました。
読んでから「もし私だったら、このエリアをどう紹介したかな?」と考えて、多分、まさとさんと同じようにしたんじゃないかなと思いました。
メーリングダム駅からヴィクトリアパークに行って、ベルクマン通りを通ってグナイゼナウ通り駅でゴール。
シャミッソー広場に寄るようになっているのは、まさとさんが最近までこの近くに住んでいたからでしょうね。彼のこの「キーツ」への愛が感じられます。私だったら多分、ベルクマン通りをそのまま通り抜けていたでしょう。

クロイツベルガーとして、ちょっと「?」と思ったのは、エリア10(ベルクマン通り周辺)がエリア11(コトブッサー・トーア駅周辺)より先に来ている点。
確かに、クロイツベルクの名前の由来はビクトリアパークのモニュメントにあるんですけれど、普段、クロイツベルクというと、「コティ」の方が一般的だと思います。ゴテゴテのクロイツベルクといったら、やっぱりコティ。まず、そこを紹介して、トルコ人の話をして、その後で「でも、そんなにエキゾチックなところだけじゃないんですよ、ベルクマン通りあたりもいい感じですよ」というふうにしたほうが、順序としてシックリくると思いました。あ、でもその辺は、まさとさんが慣れ親しんだ「キーツ」への愛ということにしましょうか(笑)。

あと、すごく細かい点を指摘すると、88ページの国立図書館ですけれど、あれが「シュタービ」といわれているのは親しみを込めてではなく、単に「シュターツ・ビブリオテーク」じゃ長すぎるから、「シュタ」と「ビ」をとって「シュタービ」というだけだと思います。
以前私が見たベルリンのガイドブックでは「シュタちゃん」なんていう風に書かれていましたけれど、そういうニュアンスではないんじゃないかな。ドイツ語では最後にIをつけて「ちゃん」のニュアンスを出す事はよくあるんですけれど、国立図書館の場合は、たまたま「ビブリオテーク」の頭が「ビ」だった、というだけだと思います。・・・違うかしら?

この本を読んで、しみじみと「やっぱベルリンっていいよな」と思いました。私はベルリンに来てもう7年になるんですけれど、行ったことのない場所はまだたくさんあります。この本を読んでていて、「あら、私ったら、ここにもまだ行ってない(--;)」の連続でした。
ベルリン在住者や、ベルリンリピーターにもオススメな一冊です。

人気ブログランキングへ←今日もクリックありがとう!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-11-14 00:03 | ベルリン生活
<< 大学はどう変わったか、変わるか 地球アゴラ出演 >>