ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
フォロー中のブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:著書について( 5 )

ASPEKT 書評

先日、実家から小包が届き、その中に「立教大学ドイツ文学論集アスペクト(ASPEKT)41号」が入っていました。うれしいことに、この論集の中に「がんばれ、ブランデンブルク州!」の書評が載っています。223ページから227ページまでの5ページを割いて、ランゲージセンター教育講師の宮谷尚美さんが書いてくださいました。タイトルは「ドイツ語で宝探しをしよう―『がんばれ、ブランデンブルク州!』書評」。宮谷さん、ドイツ文学科の先生方、ありがとうございます!そうだ、せっかくだから、我が母校のサイトにリンクを張っておこう。

自分の本がどう読まれるのかというのは筆者としてはとても気になるところですが、全体的にポジティブに評価していただいて、まずはホッとしました。

宮谷さんとは残念ながら面識がないのですが、ドイツ語の先生としての視点からドイツ語の表記や訳に関しての指摘をしていただきました。変えた方がいいところもあるので、ここでご紹介します。

・“Schmerz gebäre Tat“(184ページ)
これを「痛みは行動を産む」と訳したのは文法的に間違いのようです。接続法I式の要求話法で「痛みが行動を産みますように」とするべきらしい。接続法I式の要求話法と言われても・・・知らない(^^;)。貴重なご指摘です。

*カタカナ表記について*

・KönigのÖ
本の中でKönig(王様)を「クーニヒ」と表記しているのですが、どうやらこれはダメみたいです。Königをどう表記しようか、私もかなり迷ったんです。Öの発音というのはそもそもカタカナで表記できない。ケーニヒといっても、クーニヒと言っても、どっちも怪しい。(ちなみに、カタカナにしようとすると最高に怪しくなるのはGörlitzのGörだと思う)
でも、Kölnをオフィシャルにケルンと表記するのだから、Königも「ケーニヒ」のほうがいいでしょうね。反省。

・SpargelのR
私は白アスパラガスのSpargelを「シュパーゲル」と表記したのですが、Rの音が出るから「シュパルゲル」の方がいいそうです。
・・・うーん、「シュパーゲル」の方が近い気がするんだけどなぁ。「シュパルゲル」となると、なんだか南ドイツのドイツ語っぽい。ベルリンあたりなら、「シュパーゲル」の方がピンとくるような。銀行の名前でSparkasseというのがあるけれど、それも「シュパーカッセ」だし、英語のeconomicalにあたるsparsamも「シュパーザーム」でいいと思うので。Rっぽさを出すなら「シュパァゲル」くらいかな?という気もするけど、「パァ」っとなってしまうのも行き過ぎだし・・・。

・Oranienburg
「オラニエンブルク」か「オラーニエンブルク」か?・・・微妙です。長い気もするけれど、「ー」は長すぎるような。「ー」の半分くらいの長さでちょうどいいくらいだと思います。

・Weimar
これを本の中で「ワイマール」にしたのは、「はじめに」のところで書いているように、「ワイマール」が「ワイマール共和国」や「ワイマール憲法」として日本で定着していると思ったからです。実際の発音はもちろん「ワ」ではなく「ヴァ」です。

本の最初にも書きましたが、カタカナ表記はそもそも無理があるので、ドイツ語の表記や現地の人の発音を参考にするのが一番だと思います。
ちなみに、ベルリンやブランデンブルク州の人って、結構早口だと思います。だから、単発の音をきれいに真似ることより、アクセントやテンポやノリ(?)を掴むことに集中した方がいいかもしれません。
例えば、Das haben wir nicht.(私たちはそれを持っていません、ありません)を「ダス・ハーべン・ヴィア・ニヒト」とは多分言ってもらえない。実際には「ダ・ハン・ヴァ・ニシュ」くらいまで壊れてしまうことが少なからずあります。会話の中で、Nein「ナイン」がNee/Nö「ネー/ヌー」になるとか、「ニヒト」が「ニュシュト」になるのは日常茶飯事なので、そういうのには慣れるしかないですね。

余談ですが、この書評の中で、私の経歴を挙げて
「ドイツ文学専修の皆さんであればちょっと(かなり)憧れるのではないでしょうか?」
とか
「そういう人生ってかっこいい、ドイツ文学専攻冥利に尽きる!?」
なんて書かれていて、一人で照れました(*^^*)
そうかー、そうだなぁ、私も学部生だったころは「ドイツ在住」に憧れてたな・・・。
実際は全然カッコよくない暮らしをしてるんですけどね、なんて、そんなこと言って後輩の夢を壊しちゃいかんか(笑)。まぁ、ベルリンはベルリンで大変なんですが、東京より住みやすい街だと思うし、飽きのこないエキサイティングな人生をおくっていて(←すごい婉曲表現)楽しいです。・・・そういうことにしておこう、はっはっは。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-06-30 03:59 | 著書について

ドイツニュースダイジェストの書評

個人的にとってもうれしいお知らせです。

a0104785_0293795.jpg


みなさん、「ドイツニュースダイジェスト」ってご存知ですか?
どうやって紹介するのが「正しい」のか、ちょっと自信が無いんですが(^^;)、「ドイツの今と生活を楽しむ情報満載の週刊誌」という、ホームページに載っているのが多分一番分かりやすい定義でしょう。

ドイツや日本のニュースが分かりやすく日本語でまとめてあったり、ドイツ在住の日本人のコラムが連載してあったり、求人広告や催し物のお知らせがあったりと、ドイツにいる日本人にはとっても便利。ドイツ以外の国にいる日本人にとっても、ドイツの今を知る格好のメディアでしょう。ちなみに、お友達の「ベルリン中央駅」のまさとさんは「私の町のレポーター」として、ベルリンについての記事を書いています。

それで、この「ドイツニュースダイジェスト」はドイツ国内の日本食レストランや日本関係のお店などに置いてあって、無料でもらえます。ホームページでもペーパー版と同じ(かな?)記事を見られます。

「だから何がうれしいんだ?」でしょう。

うれしいんですよー!、だって、
今週のドイツニュースダイジェストで
愛著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」が
取り上げられた
んですよ。
さあ、みなさん、ここをクリック!(←書評欄に飛びます)

おすすめの一冊
だって。ウソでもそんなこと書いてもらえるなんて、感動モノ。うれしいねー、うれしいねー、ああ、ホントにうれしいよ。

面白いと思ったのは、この書評を書いてくれた人が、特にソルブ人に関することに興味を持ったということ。
というのも、私はこの本の中で、自然から歴史から炭鉱から国境まで、とにかくいろんなテーマを詰め込んだわけだけれど、そのうちのどれが読者の関心を引くのかというのは、正直言って分からなかったし、今でも分からないんです。ブランデンブルク州マニアな私は、ある意味、もう何を言われても驚かなくなっている(笑)わけで、初めてブランデンブルク州を知る人がどこに反応するのか、そこに私は興味があるんです。
もちろん、それは読む人によるのだろうけれど、本を書く側としてはどうせなら「へー!」と思ってもらいたいし(^^)、そういうフィードバックがあるって楽しいんです。
大学の授業でもそうだけれど、論文を書いて終わり、じゃなく、「この点が面白い」とか、「ここは分かりにくいからこうしたらどうか」とか、そういうのがあると、その後のリサーチにも役立つでしょう。何より、せっかくあれこれやったのをスルーされるのは寂しいじゃない。

ということで・・・ドイツニュースダイジェストさん、ありがとうございました。

ちなみに、私の本をブログやホームページやミクシィなんかで取上げてくれたら、私は感謝こそすれ、怒ることはないでしょうから、気兼ねなく(笑)話題にしてください。
もちろん、「読む価値ナシ:☆ゼロ」とか、そういうのは嫌ですよ、ええ。もしそこまでお怒りなら、何がそんなに悪かったのか、ぜひ教えてください。それがないと、私はただただ悲しくなるでしょう。中傷やケンカを売るのと議論は違いますからね、生産的な議論は大歓迎だし、間違っていると思われるところがあったりしたら、遠慮なく言ってください。そういうことができるといいな、というのがこのブログを作った理由の一つでもあるしね。

人気ブログランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-11-27 01:17 | 著書について

初トラバ

ずいぶんと軌道に乗ってきた観のあるこのブログですが、まだトラックバックという機能を使ったことがありませんでした。やってみたいなー、とは思ってたんですよ。でも・・・ブランデンブルク州だの旧東ドイツだの、そんなマイナーなことについて書いてるブログがないわけです。トラバしようにも、相手がいない(-_-*)

でも、今日、ようやく初トラバに挑戦です。リンクするブログは


「ベルリン中央駅」


なんだ、友達、それもご近所さんかよ、とか言わないの。
それで、トラバする記事は


「がんばれ、ブランデンブルク州!」
(塚本晶子著)




バシッ(突っ込みを入れられた音)



・・・だって、せっかくまさとさんが取り上げてくれたんだし、知らない人のとこにトラバしてミスるのも恥ずかしいじゃない。優しいまさとさんに実験台になってもらおう。

トラバだけするのもなんだから、まさとさんについて書いちゃおうじゃないか!
(本人が「えー!やめてー!!」というのが聞こえるようだわ♪)

まさとさんというのは・・・私よりちょっと年が上の日本人男性で、一言で言うと、とてもいい人です。そして私の知る限り、彼は真面目。

「ベルリン中央駅」を読んでる人は分かるだろうけれど、あんなにまともな文章をコツコツアップしていくなんてすごいでしょう。真面目というより、生真面目というか、几帳面な人なんだと思う。
それで、まさとさんの面白いとことは、真面目なんだけど、クソ真面目じゃないところ。専門馬鹿とか、オタクという感じはしなくて、初めて本人を前にした人はきっと「あれ、思ったよりぽわんとしてるな・・・」って印象を受けると思う。

それで、話をしてみると、彼は聞き上手なタイプなんだということに気づく。私なんか、ジェンダーとか、民俗学とか、社会学とか、「クリティカルでなんぼ」みたいな分野の人間だから、つい、つべこべと語ったり、説明したりしちゃうんだけれど、彼は一息で「がーーー!」と話したりしない。なんだか品がいいのです。

そんな彼は、いろんなことをよく知っている。それも、私が詳しくないことについてよく知っている。音楽はもちろん、芸術的なことや、文学的なこともよく知ってる。「あぁ、ドイツ文学科卒の鏡だ」なんて、ドイツ文学科を卒業したのに、全然ドイツ文学科っぽくない私は感心するのです。

私はすっかりベルリンに毒されて、もう日本ではやっていけなさそうな日本人だけど、まさとさんは、日本に帰ってもそれなりにハッピーにやっていけそうな気がする。いい意味で、日本人の奥ゆかしさのようなものがちゃんと残っている。
日々ドイツ人と戦っている私としては、たまにまさとさんのような、「ちゃんとした日本人」と駄弁るとホッとします。飲み頃にさめた緑茶をグビッと飲んで「はぁ~」ってなる感じ。(←これは誉めてるんですよ)

横須賀出身の彼は、素で「ちゃんとした日本語」を話します。びっくりしても、笑っても、ちゃんとした日本語。エキサイトすると方言、というか、意識しなければ関西弁とも名古屋弁ともつかない日本語な私からすると、まさとさんは永遠に理性的な感じがします。

ベルリン中央駅を読んでいればもう分かることだけれど、彼はベルリンについておそろしく詳しいです。現代のベルリンはもちろん、分断されてたころのこととか、もっと昔のこととか、ベルリンの芸術とか、何でそんなこと知ってるの?ってくらい、いろんなとこにアンテナをはってる人です。ベルリンについて書いてもらったり、ガイドをしてもらうなら、彼の右に出る人はいないでしょう。

でも、近くのスーパーのマッシュルームが値上がりしていたことは知らなかった。だから、彼がうちに来るときはご飯をご馳走します。いつも律儀に完食してくれます。

いつか、彼が書いたベルリンの本が世に出るといいなと思ってます。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-11-14 07:29 | 著書について

本が来た!

昨日の午後、ゾヤ君が「まったく、なんで普通に配達してくれないんだろうね!」と言いながら私に紙を手渡しました。
日本からの小包の宛名のペラと一緒にホッチキスでとめられた小さな紙。憂鬱な、くすんだ緑色をしたその小さな紙、
税関からです。
・・・やっぱり引っかかったな。
もう心の準備は出来ていました。チェックされずに届いたらラッキーだな、とちょっと期待もしていたけれど、普通に考えて引っかかるものだもの。

そう、「作品社」さんに、出来たばかりの私の本「がんばれ、ブランデンブルク州!」を50冊送ってもらったんです。
以前に実家から結構な数の本を送ってもらった時に、母がバカ正直に書いた本の値段に関税をかけられたことがあったから、本だけが50冊も詰まった小包など、開けられて「税関に来い」となるに決まってると思っていたんです。

ドイツに何年も暮らしている人は、一度くらいは税関で嫌な思いをしていることでしょう。
疑う事を仕事とするお役人がフレンドリーなわけがない。
やましいことは何も無いとはいえ、できれば行きたくなかった税関。
行ってきましたよ、今日。

家からそんなに遠くないとはいえ、駅と駅のちょうど間にあるという時点で、もうすでに「タチの悪さ」を醸し出している税関。
前回の教訓を生かして、今回は楽に荷物を運べるように折りたたみ式のカートを持参しました。

そんなに混んでいなくて、はじめに対応してくれたおじいさんは結構普通。
「お、今回はついてるかも♪」と思いきや、しばらく待たされた後に私を呼び出したおじさんはかなりのクセモノ。
まず、顔つきが険しすぎ。普段笑っていない人というのは、ムッツリ顔が染み付いちゃっているんですよね。
そして、早口でつっけんどんな質問をする。コンテクストを相手に理解させないまま「なんで分からないんだ」という態度をとる。
そして、仕事だからしょうがないとはいえ、相手の身元をはなっから疑ってかかり、こっちが説明することを「そんなことは関係ありません」とバッサリ切り捨てる。
根本的に、目の前にいる人間を、自分と同じ人間だと思って扱ってないんですよね。

あんた、サイテー!!

とブチ切れて毒を吐きたいところですが、それをやっては話が余計ややこしくなるだけ。
こういう相手は

微笑み倒す

しかありません。ひるんではいけない。余裕こいてエレガントに笑うべし。
相手がつられて微笑むまで、穏やかに、にこやかに、質疑応答あるのみ。

「荷物の内容と数と価格を書いた書類がいる」とのたまうムッツリおじさん。
・・・知らないよ、そんなん初めて聞いたよ、誰がそんなこと決めたのよ。
「そういうのを出版社が作らないといけない」とほざくムッツリおじさん。

ふざけんな、ごらぁ!と思いつつ、指先が冷たくなるのを感じつつ、

背筋伸ばして微笑み倒しましたよ、私。

ムッツリおじさん、ちゃんと関税の書類を作ってくれた。
ドカンと関税取られるに違いないと、来る前に銀行でお金下ろしてビクビクしていたんだけれど、35ユーロで済みました。
あぁ、怖かった。両手が汗でぐっしょりでした。


さてさて、そんな試練を乗り越えて私の部屋に来た本と、感動のご対面です。
ドキドキ。
箱をあけて・・・拍手。一人、部屋で拍手喝さい。
よくできました。
すごい。本当にできてるじゃないか。
読み飽きた文章が、見飽きた写真が、図が、ちゃんと本になってる。
本当は子供を産みたいんだけれど、それはムリっぽいから、私は本を産むことにしたんです。産まれたよ。
27歳で一冊のママになりました(笑)。

さて、これでこのブログの「課題図書」が出来上がったわけです。
課題図書って、そうならないと自分では読まないような本だけれど、読んでみるとまぁそれなりに面白い。読んだ人と話題を共有できるし、「ああ、あれなら読んだよ」って言えるし(^^)。
親馬鹿ならぬ、著者馬鹿かもしれないけど、かわいい本なので読んでやってください。

人気blogランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-10-03 06:38 | 著書について

本の予約ができるようになりました

お知らせです!

インターネットの本屋さん、アマゾンでKIKIの本「がんばれ、ブランデンブルク州!」が予約できるようになりました\(^0^)/

本の内容も少し紹介してあるので、ぜひ見てみてください。

http://www.amazon.co.jp/dp/4861821541/

著者としては、まだ本が出来るという実感があまりないのですが、何度も利用したことのあるアマゾンに自分の名前(本名ですよ^^;)や書いたものが出ているというのは、うれしいと同時に、なんだかくすぐったいような気分です。

でも、これで本が出来るのが「うそぴょん」ではないということが分かったので(笑)、堂々と「みなさん、買ってね」と言うことが出来ます。

まあ、ひとまず見てみてください。

人気blogランキングへ
↑こっちもよろしく。クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-09-05 20:02 | 著書について