「ほっ」と。キャンペーン

ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:DDRを感じる街( 2 )

中心地の壁画

前回取り上げた、映画「アイゼンツァイト」は、DDR時代と、東西ドイツ統一後のアイゼンヒュッテンシュタットをめぐる人々をとりあげているわけですが、この街だから若者がグレたとか、自殺したとか、そんなことはないですよ、一応言っておきますけど(^^;)

アイゼンヒュッテンシュタットの歴史や東西統一後の試練などについては本にミッチリ書いたのでそっちを読んでもらうとして、本に載せられなかった写真を中心にアップしていきますね。

まず、アイゼンヒュッテンシュタットの中心地について。

駅からどかーんとまっすぐに延びた道(Beeskower Straße)を延々と行くと中心地にたどり着きます。あ、程よいところで左折してくださいね、そうでないと道の名前通り、ベースコウという街まで行っちゃうことになりますから(笑)。
「中心地こっち→」とかそんな気のきいた看板はありません。初めて行ったとき、わたしは思いっきり迷いました。

まぁ、製鉄所がメインの街の中心地ですからね、そんなに派手ではありません。なにをもって「中心地」と呼ぶかというのは微妙なところですが、私の経験からすると
インフォメーションがあるのが中心地
というのがブランデンブルク州の田舎町のお約束です。
それで、そのインフォまでたどり着くのが至難の業だったりするんですけど、まぁ、そのプロセスを楽しむのがDo it yourselfメンタリティーに則った旅のおもしろさということにしましょう。

ということで、インフォのある中心地はこんな感じ。

a0104785_23161935.jpg

そこ、「え~」とか言わないの!これが中心地なの!!
ほら、中心地らしく噴水があって、市民の憩いの場になってるでしょう。
おばあちゃんと孫が楽しそうではありませんか。
四角い窓がならんだ、なんともDDRチックな建物も、ここではちゃんときれいに改装されています。

a0104785_23121078.jpg

木陰で柄の悪そうな若者が駄弁っています。
向こうに見える青色の看板には「EKO Stahl(Stahlは「鋼」)」の文字が。
そして、気になる、というかぜひ気にして欲しいのは壁画。

a0104785_23124436.jpg

おぉ、すごい。最高にDDRチックな壁画です。
DDRの壁画って、独特の骨太な雰囲気や色彩もそうですけれど、やっぱり労働者がメインになっていることや、平和とか繁栄を描いていることなどが特徴的です。
鳩の頭の上に国旗があるの、見えますか?DDRの国旗の左にポーランド国旗、その上にソ連国旗が描かれています。この位置と順序がまぁなんとも「マジ」ですね。

a0104785_23133987.jpg

この壁画は1975年にDDRの切手のデザインにもなっています。

この壁画がいつ、誰によってどういう経緯で作られたのかはわかりませんが、こんなにきれいに残っているというのは嬉しいですね。
この壁画を描かせた国もイデオロギーももうないけれど、街の中心地で、存在感を放っているこの壁画。アイゼンヒュッテンシュタットに行く機会があったらぜひ生で見てください。

人気blogランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-10-11 23:33 | DDRを感じる街

映画:アイゼンツァイト(Eisenzeit)

10月7日は何の日でしょう?

答えはいろいろありそうですが、その1つは
「DDR(東ドイツ)の建国記念日」です。

DDRは1949年の10月7日に出来て、1990年10月3日になくなりました。
東西統一ドイツの建国記念日というのは、DDRの「命日」でもあるわけですが、新しい建国記念日がDDRのより4日早いというのは、意味深ですね。

そんなDDRの建国記念日に、私はゾヤ君と映画を見に行きました。
ウンター・デン・リンデンにある「ドイツ歴史博物館」には映画館があって、そこは商業ベースではおそらく上映できないような古い映画とか、マニアックな映画を上映しているんです。

今回見たのは
「アイゼンツァイト(Eisenzeit)」
という91年の作品。
トーマス・ハイゼ(Thomas Heise)は1955年生まれ、旧東ベルリン出身の映画監督で、(私はこの映画を見るまで知らなかったんですけど^^;)DDR出身の映画監督としては有名な人です。

アイゼンツァイトというと、普通のドイツ語だと歴史上の「鉄器時代」なんですけれど、映画の内容はそれとは全然関係なく、それより「鉄(Eisen)」と「時代(Zeit)」で分けて考えるといいでしょう。

アイゼンと聞いて何か浮かびますか?

アイゼン、アイゼン・・・

本を読んでくれた人ならきっと「あっ!」とくるでしょう。
そう、第5章で取り上げているDDR都市

アイゼンヒュッテンシュタット(Eisenhüttenstadt)

ブランデンブルク州東部にある、製鉄所の街。
「ドイツで最初の社会主義都市」アイゼンヒュッテンシュタット。

映画「アイゼンツァイト」はアイゼンヒュッテンシュタットが舞台なんです。
91年というと、すでにDDRはなくなっているわけですが、この映画は、監督がDDR時代に知り合ったアイゼンヒュッテンシュタット出身の若者を追っていくという形をとっているので、DDRというコンテクストが全面に出ています。

ドキュメンタリーで、とにかく人の話を延々と追っていきます。もちろん全部ドイツ語で、ベルリン/ブランデンブルク州訛りの早口を87分間みっちりリスニング。

ストーリーとしては、アイゼンヒュッテンシュタット出身の4人の若者と、彼らの家族、友達、先生などが、彼らの思い出と、当時のことを話していきます。なぜ思い出かというと・・・その若者のうち、2人は死んでしまったからです。
それ以外にも行方が分からない人などがいて、関係者の話を通して、当時の記憶を呼び起こし、それと同時に、東西統一を経た旧東ドイツの人々の感覚や街の様子をたどるというのが、この映画の内容です。

自殺
アルコール中毒
薬物中毒
失踪
少年院
国家
イデオロギー
芸術
逃亡

というのがキーワードになっていて、

お、重い・・・。

というのが正直なコメント。

結構たくさんの人が出てきて延々と語るので、私は途中で人間関係がメチャクチャになってしまったんですけれど、終わってから「途中で誰が誰だか分からなくなった」と、ネイティブのゾヤ君も言っていたので、それはいいことにしてしまおう。

私としては、誰がどう死んでそれを誰がどう思うか、ということより、アイゼンヒュッテンシュタットという街とDDRというのが、この映画の中でどういう役割を果たしていたか、ということに興味があります。(←お、社会学っぽいぞ^^)

この映画の中で中心になっている若者というのは、「ドイツで最初の社会主義都市の最初の子供たち」なんです。アイゼンヒュッテンシュタットができたのは1950年代初め。「スターリンシュタット」から改名されたのは61年です。
この映画の主人公たちは、ちょうどこの頃に生まれた人達で、彼らの親というのは、戦争を生き延びてアイゼンヒュッテンシュタットの建設と発展―すなわちそれはDDRという国家の建設と発展でもあるわけですが―に人生をかけた人達です。当然、彼らは「筋金入りの社会主義者」。DDRのイデオロギーを疑うということをしなかった人達です。
国家と社会主義というものにドップリ浸かった親や大人に、子供は反発するのだけれど、そこにはどうしようもないジェネレーションギャップがあるんです。だって、子供達は西側でヒッピーが闊歩する時代に多感な時期を過ごすわけですよ。戦争とDDR初期の高揚感を経験していない若者達は、DDRの閉塞感に堪えられない。
そして、国家のイデオロギーとぶつかりながら青春を過ごしたのに、あるとき突然国家そのものが消滅してしまって、全く違った価値観の中で生きることを要求される。考えてみれば、残酷な話です。

この映画を見終わって、ゾヤ君は「僕はあの若者たちより5年くらい遅く生まれててよかった」としみじみ言いました。ゾヤ君は1969年生まれなので、年齢的に、彼らほどDDRのイデオロギーと激しく衝突することはなかったみたいです。

ベルリン/ブランデンブルク州訛りで全然飾りっ気なく話をする、この映画の中の人々は、特にインテリというわけでもないし、演技をしているわけでもないのですが、どこかでとても深く物事を考えているな、という印象を受けました。自分の意見がちゃんとあって、それを言語化できる。
社会主義のイデオロギーと日々対峙してきた人というのは、資本主義の中で―というか、自分が資本主義の中で生きていることを実感する事もなく―「なんとなく」暮らしてきた人々とは、思想的なレベルで鍛えられ方が違うのかもしれません。

「もし私が20年早く、DDRに生まれていたらどんな人生を送ったんだろうか?」ふと、そんなことを考えました。

人気blogランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-10-09 06:51 | DDRを感じる街