ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
フォロー中のブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:保養地( 3 )

ゴルフの仕事

一昨日つぶろぐでつぶやいたように、昨日は一日バイトで出かけていました。

バイトといえば、ミュンヘンでこんな仕事をしたことを以前にも書いています。
ちなみに、このバイトの前には、G8関係の会議で外交官のお世話(ドイツの外務省系の団体側に雇われて日本大使館との調整etc.)をしました。その時はホステスではなく、もうちょいカッコイイ肩書きの、でもぶっちゃけて言うと「スーツを着た大真面目なメイド」のようなお仕事でした(^^;)。

昨日は一日だけの単発バイトで、ブランデンブルク州のゴルフ場にいました。
ベルリンの南、Königs Wusterhausen からもう少し南にいったところにモッツェン(Motzen)というところがあって、そこに大きなゴルフ場があります。そこでホステス(日本語だとコンパニオン)をやりました。

今回の仕事は、コンパニオン、つまりニコニコしてるきれいな??おねぇちゃん+キャディーです。・・・私、ゴルフなんかしたことないし、ルールも知らないんだけど、そんなことどうでもいい、アジア系のホステスが要るんだということで、リクルートされたんです。
朝早くからスーツ&バッチリメイクで他のホステスと一緒にバスに1時間ほど揺られ、ゴルフ場につきました。
詳しく書き出すときりがない、っていうか、笑えるネタがいっぱいあるんですけど、まぁ、かいつまんでいきましょう(^^)。

a0104785_200085.jpg
アジア系のコンパニオンということで、アジア人のお客さんなのかと思っていたのですが、来た人たちは(おそらく)みんなドイツ人のおじさん。そして・・・かなりエライ人たちだったようです、というのは後になってから分かりました。詳しく書きませんけど、ある業種のおエラ方たち。
優勝者の景品はメルセデス(ベンツ)一台。リッチなブランチ食べたってのに、コースのところどころにキャビアだの、生ハムだの、いかにも高そうなビュッフェがあって、みなさんずっとシャンペン飲みながらご機嫌でゴルフをするのです。
ちなみに、私と一緒にまわったおじさんは、ドイツにいる人だったら絶対知っている会社のボスでした。・・・フレンドリーなおじさんでしたよ。

a0104785_2045188.jpg
一応、キャディーもどきなこともしたんですけれど、スコアを書いたり、クラブを選んだりするのはおじさんたちが自分でやったので、私たちの仕事というと、ゴルフカーの運転と賑やかし(?)です。
私はゴルフカーなんかもちろん運転した事ないんですね、それ以前に車の免許も持ってない。ゴルフカーの操作はゴーカート並に単純なんですけど、ガターンと止まったり、あぁぁ~!!となったり、なかなかエキサイティングでした。そういうのをネタとして笑っちゃえるのがコンパニオンのラッキーなとこ。そのボスも、そういうのを楽しんでる感じだったし。

そのおじさんいわく、「今日来てるみんなは、普段激務を強いられているから、こんなふうにたまにかわいいおねぇちゃんたちとゴルフして、お酒飲んでっていうのはすごく贅沢なことなんだよ」
ということで、本当だったらスゴイ肩書きのおじさんたちを、私たちコンパニオンはファーストネームで呼んで、Du(親しみを込めた二人称)で話をしました。おじさんたちも、たくさん笑って、はしゃいで、冗談言って、まるで「男の子」なんですよね。・・・おもしろいなぁ。

a0104785_2013559.jpgゴルフのあとにはいろんな賞の発表とディナー。このとき、コンパニオンは
チャイナドレス!
あ、もちろん私も着ましたが、写真は出さんぞ(笑)。私自身チャイナドレスって好きなんですが、着るのは久しぶりでワクワクしました。基本的に、一緒にごはん食べてニコニコして雑談するだけなんですが、「エキゾチックでかわいいおねぇちゃん」を演じることが仕事なので、疲れるといえば疲れます。

今回はコンパニオンといいつつ、キャディーと日本語の「ホステス」を合わせたのに近い仕事だったけれど、こういうのも、一日だけなら楽しめますね。

人気ブログランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-04-05 22:00 | 保養地

トロピカルアイランズ (Tropical Islands)

金沢ネタが本当はもう1個あったのですが、本人に兼六園とお城と町並みについて書く気力がないので(^^;)そろそろブランデンブルク州に話を戻そうと思います。といっても、今日は、半分は日本の話です。

先日、飛行機でベルリンに帰ってくるとき(厳密には名古屋→パリ)、機内で「フラガール」という映画を見ました。かなりヒットした作品だから、知っている人も多いでしょう。炭鉱好きの私としては、機会があったら見てみたいなと思っていた映画だったので、偶然にも機内で見られてラッキーでした。

映画「フラガール」の舞台は60年代の福島県。現在のいわき市にあった、常磐炭鉱を舞台にした話です。街を支えてきた炭鉱が閉山されていく一方で、炭鉱から出る温水を利用した一大リゾート施設を作る構想が持ち上がります。その「ハワイアンセンター」の目玉であるフラダンスをするのは、炭鉱労働者の娘たち。東京から来たフラダンサーのもと、若い女性たちが、家族のため、町のため、将来のために努力し、その姿が次第に懐疑的だった地元の人たちにも受け入れられ・・・という、結構感動する話です。

この「ハワイアンセンター」で思い出したのが、ブランデンブルク州にある

トロピカルアイランズ(Tropical Islands)です。

a0104785_17945.jpgブランデンブルク州南部の炭鉱地域より、もうちょっと北、ベルリンから60kmくらい南にいったところにある、巨大なドームの中に南国を再現した施設です。ここをクリックするとホームページに飛びます。

この施設の場合、炭鉱とは関係ないんですけれど、なぜトロピカルになってしまったのかという話はおもしろいです。

そもそもこのドームは、東西統一後に作られたもので、飛行船を扱う場所でした。ドームの大きさはなんと360 x 210 x 107 m (長さ x 幅 x 高さ)。中には縦の柱がなく、がらんどうのドームとしては世界一の大きさで、横にすればエッフェル塔も入るそうです。

このドームをつくるのに、ブランデンブルク州も多額の援助をしたわけですが、2002年にこのドームを作った会社が倒産してしまいました。
倒産してしまったなんて、簡単に言うけど、大変なことですよ。だって、州は莫大な援助をしたのに、残ったのは巨大なカラッポのドームなんですから。
なにしろ、大きさが大きさだけあって、再利用する方法が見つかりません。そこで出てきたのが、

トロピカルな娯楽施設にしてしまおう!

という、斬新というか、まぁ、結構飛んだアイデアです。
それを言い出したのがマレーシアの会社で、多分、ブランデンブルク州も住民のみなさんも「えぇ~・・・」と思いはしたんでしょうけれど(笑)、背に腹は変えられない、なんとかしなきゃ、ということで、飛行船のドームはトロピカルになっていくわけです。

2004年にこのトロピカルアイランドはオープンしたんですけれど、お決まりのごとく、いろんな問題が持ち上がるんですね。

まず、巨大なドーム全体をトロピカルな温度にするというのは、莫大な光熱費がかかるわけで、その値段もさることながら、環境に悪いという批判は相次ぎました。そもそも、トロピカルな気候を保つために作られたドームではないから、採光や断熱の仕組みが不十分だったんです。

そして、これは「フラガール」の後半でも出てきた話題ですけれど、気温が低すぎて、熱帯の植物が枯れてしまうというハプニングも起きました。「ハワイアンセンター」と違って、トロピカルアイランドは温泉ではないので、とにかくガンガン暖めないといけない。

問題は気温だけでなく、にもありました。そもそも北ドイツの日差しは、南国とは比べ物にならないほど弱いし、屋根で覆われているドームでは、外の光を取るのにも限界がありました。光が不十分では熱帯の植物は死んでしまうし、トロピカルなムードもイマイチ、これはヤバイと、屋根の修理も行われました。

そんなこんなで、かなり無理のある娯楽施設なんですが、ほどほどに人は入っているようです。私は行ったことないですけどね。

a0104785_1161893.jpgもし、電車でベルリン⇔リュッベナウ(シュプレーヴァルト)を移動する機会があったら、車窓からも見えるので、冷やかしてやりましょう(笑)。ベルリンから南にいく場合は進行方向の左側、ブラント(Brand)という駅の近くで、でっかい銀色のドームが見えるはずです。

P.S.今回の写真は、トロピカルアイランズのホームページのプレスフォトからお借りしました。

P.S.
ベルリンからトロピカルアイランズに行ってらっしゃった方が詳細なレポートをしてくださっています。興味のある方はここから飛んでみてください。

人気ブログランキングへ←クリックしてね☆
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-01-10 01:06 | 保養地

バート・フライエンヴァルデ (Bad Freienwalde)

前回取り上げたオリエンテーリングが行われたのは、バート・フライエンヴァルデ(Bad Freienwalde)という、ベルリンの北東にある街です。
ベルリンから北東にずっと行った、ポーランド国境の近く(つまり、オーダー川沿い)には、オーダーブルフ(Oderbruch)という広大な干拓地が広がっています。バート・フライエンヴァルデは、その干拓地の北の端にある街です。

ポーランドに近いといえば、近いんですけれど、国境から10キロくらいは離れています。ところが、オリエンテーリングの会場に近づいたあたりで、ケータイにメッセージが入ったんですね。なんと、ポーランドのケータイ会社からで、

We wish you nice stay in Poland!

とか書いてあって、まだブランデンブルク州じゃー!!と笑っちゃいました。

普通、国境を越えてから、その国のケータイ会社からメッセージが入って、「外国からの通話になりますよ」ということが分かるんですけれど、思いっきりドイツにいるのに勝手にポーランドにされてもねぇ(^^;)。地元の人はどうしてるんでしょう??

さて、まだまだドイツなこの街、何が有名かは、行かなくてもわかります。
だって、名前に「バート」って付いているでしょう。この場合のバートというのは、温泉地という意味です。ドイツには「バート何とか」という地名が結構あって、そこには温泉があります。
バート・フライエンヴァルデの温泉は1683年に見つかったもので、それ以来、温泉地として定着しているようです。

a0104785_5393691.jpg

温泉の近くはきれいな家が並んでいました。
家族で暮らす家というより、ちょっとしたホテルのような感じです。凝った装飾がしてあったりして、なんだか妙にお上品な雰囲気。
ブランデンブルク州っぽくないなぁ・・・。
というのが第一印象。ブランデンブルク州にしては品が良すぎる、なんていうと失礼だけど、「労働者」という言葉とかけ離れている、妙にノーブルな雰囲気は、やはり非日常的な温泉地として発展してきた街だからでしょうか。

a0104785_540354.jpg

街の中心地はこんな感じ。
ブランデンブルク州っぽくないよ、やっぱり。
妙にかわいらしく、こじんまりときれいにまとまっています。

a0104785_5402292.jpg

こちらは街のなかにあるコンサートホール。
こういう木骨作りの建物が廃墟になると、しみじみして美しいんですけれど(←廃墟好き)ここでは、キッチリ修復されています。

a0104785_5404221.jpg

こちらは市庁舎。
これもきれい。建物そのものが立派だということもあるけど、何てきれいに手入れされているんだろうと、感心してしまいました。この建物の前にはちょっとした広場があって、隣の教会もステキでした。

結論:
バート・フライエンヴァルデはブランデンブルク州っぽくない。


これは、今度オババ(ゾヤ君のお母さん)にオススメせねば。
温泉があるし、ちょっとお上品なムードもあるし、これは地元のお年寄りの保養地としてはいけるぞ。実際、ジジババを満載したバスも見かけたし。

というわけで、ブランデンブルク州なのに妙に品のある、バート・フライエンヴァルデでした。

人気ブログランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-10-20 06:42 | 保養地