ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:廃墟/廃屋( 3 )

KONSUM

前回ブランデンブルク市のローランド(&ヘンなおじさん)を取り上げたので、ついでにもう1つ、私がブランデンブルク市に行った時に発見したものをご紹介しましょう。

a0104785_4482231.jpg

なかなかいい感じの廃屋です。
両サイドの建物とのコントラストもいい感じ。手前の建物はピカピカに修理されていて、向こうの建物はちょっと手が加えられているけれど廃屋と化しています。そして、すすけた感じの建物に、真新しいグラフィティーというのも面白いですねぇ。と、言う前にー・・・

あぁ!

KONSUMって書いてある!

これはDDR時代の遺物です。

説明しよう!KONSUMとは・・・
DDR時代、どこにでもあった小さなスーパーみたいなものです。DDR以前にもあったらしいけれど、DDRの時代にチェーン店みたいに広がっていた(っていうと変だな)正式名称はKonsumgenossenschaftという日用品を扱う小売店です。ちなみに、Konsumは「消費」という意味でも普通に使われる単語だけれど、その場合は「コンズーム」とUにアクセントが来ます。DDRのスーパーの場合はそれとは違ってOにアクセントがきて、「コンズム」と言います。
a0104785_6203237.jpg

反対側から見るとこんな感じ。
隣の建物の上のところに、Konsum Möbelって書いてあるのが気になりますね。普通、Konsumは食品などを扱っていた店。ひょっとしてこのKonsumは例外的に家具も扱っていたのかな?それにしても、ピカピカな建物に書かれたKonsum、多分この建物を塗りなおすときに一緒に塗りなおされたんでしょうね、それと、古い建物の方に書かれたKonsumの字(右の方はUがなくなってるし)のギャップがスゴイです。
ついでに、もう1つ気になるのは、この建物のところにかかってる広告。「Wohnungen zu vermieten (家貸します)」って、この建物、住めるのかな?!

旧東ドイツの街をキョロキョロして歩いていると、こんな発見もあっておもしろいです。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-12-19 06:39 | 廃墟/廃屋

共和国宮殿(1)

予告どおり、今回は共和国宮殿について。
先日、立ち寄ったときの写真をいくつかアップします。

a0104785_339661.jpg
工事現場はフェンスで囲われていて中には入れませんが、結構近くで見ることができます。この写真だけ見ると「もうこんなに壊されちゃったんだな」という感じですが、時折この近くを通って見ている私としては「まだこんなに残っている」というのが率直な感想です。外から見ている限りだと、もう半年くらいこの状態が続いているような気がするのですが・・・。

a0104785_3393459.jpg
正面玄関のあったところはすっぽりなくなって、向こうにテレビ塔がきれいに見えます。ちなみに、このテレビ塔もDDRのシンボルといっていいのでしょうが、これは壊されないんですよねー(笑)。今でもベルリンを代表する観光スポットとして知られています。

a0104785_3422836.jpg
ウンター・デン・リンデンをはさんだ向かいには大聖堂があります。こっちも、もうずっと、てっぺんの十字架がなくなったままで、なんだか物足りないのですが、それはいつかちゃんと修復されて戻ってくるのでしょう。
共和国宮殿のすぐそばにDDR博物館があるのが皮肉だと、前回書きましたけれど、私は共和国宮殿とこの大聖堂の対象というのもかなり皮肉だと思います。大聖堂のほうは「歴史的建造物」としてちゃんと保護されているけれど、「歴史的建造物」とみなされなかった共和国宮殿は見事にぶっ潰されるわけです。
何が歴史的で何が歴史的でないのか?
何に文化的価値があって、何に文化的価値がないのか?
そういうことを私は考えてしまいます。

a0104785_3411651.jpg
建物の裏側、シュプレー川沿いから見ると、壊しているんだか作っているんだかわからない、ただの工事現場という感じです。

a0104785_342578.jpg
近くで見ると、宮殿というより、工場がイメージされます。廃墟好きな私としては、こういうのにもある種の美しさを感じてしまいますけどね。

長くなりそうなので、続きはまた。

人気ブログランキングへ←クリックしてね
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-04-04 04:50 | 廃墟/廃屋

エバースヴァルデ (Eberswalde)

フランクフルト・オーダーのブルーメンコール君の家で2泊した後は、ゾヤ君とエバースヴァルデ(Eberswalde)という街に行きました。ゾヤ君がエバースヴァルデに用があって、私はそれにくっついて行ったんです。

フランクフルト・オーダーからエバースヴァルデには、ドイツ鉄道ではなく、「東ドイツ鉄道」という私鉄で行きます。とはいえ、この電車でもドイツ鉄道の「ブランデンブルク・ベルリンチケット」が通用します。

エバースヴァルデはベルリンから北東に行ったところにある人口4万人の街で、第11章で取り上げている「中世とDDRのハイブリッド都市」ベアナウからもうちょっと北に行ったところにあります。
エバースヴァルデは第8章に出てくるウッカーマーク郡(ブランデンブルク州の北の隅っこの郡)とベルリンの間にある、
バーニム郡 (Landkreis Barnim) の郡庁所在地。
ちなみに、ベアナウもこの郡の一部です。
バーニムの雰囲気というのは、「ベルリンとウッカーマークの間」という、地理的にそのままな感じです。ウッカーマークほどの田舎でもなく、ベルリンほど都会じゃない。
私の中でバーニムのイメージがいい理由の一つは、自然保護区があることです。郡の南部には「自然公園バーニム」があり、その北には「生物圏保護区ショーフハイデ・コリーン」があります。郡の面積の半分くらいは自然保護区なんじゃないでしょうか。

では、実際にエバースヴァルデの中心地に行ってみましょう。

a0104785_3114688.jpg

マーケット広場はこんな感じ。広場全体がきれいに整備されて、人で賑わっていました。四角いのはちょっと変わった噴水。
a0104785_3125021.jpg

市場が立っていました。八百屋さん、食べ物屋さん、雑貨屋さん、花屋さんなどが軒を連ねています。

中心地はとてもきれいな街だな、と思いきや、こんな通りもありました。
a0104785_3122596.jpg

この右の建物がステキです(←廃墟好きにしかわかんないか)。
木骨とレンガの組み合わせがなんだか変だし、窓の数や大きさからして、ものすごく古い建物というわけではないと思います。
ちょっと見にくいかもしれませんけれど、通りの突き当たりにある建物もいい感じに「朽ちて」います。屋根に草なんか生えちゃって。

マーケットのあるところだけを見ていると、ピッカピカで現代的だけれど、ちょっと入り込むと、開発の手が伸びていない廃屋がじーっと立っている。・・・いいですねぇ。

廃屋や廃墟って、なんともいえない退廃美というか、滅びの美学というか(?)、ワビサビなかんじ(??)があって、慣れてくると「きれいだなぁ~」と思えてくるんですよ(←少なくとも私は!)。
昔はどんな風だったのかな、どんな人がどんな風に使っていた建物なのかな、どうして放置されちゃったのかな・・・そんなことを考え出すと、想像力に羽が生えちゃうし(^^)。

ブランデンブルク州の街って、いろんなタイプがあるけれど、現代的な建物がある一方で、ギョッとするような廃墟があったりして面白いんですよ。突然、別の時代に足を踏み入れたような錯覚に陥ってしまうようなところがあっちにもこっちにもある。整備された町並みをみて「わー、きれいね☆」と言うのに飽きたら、そういうマニアックな体験をしに行くのもいいと思います。いたるところに「どこでもドア」があって、時が止まってしまったような空間に行けるんです。

エバースヴァルデの中心地はこの数年で大規模に開発されて、エバースヴァルデ出身の芸術家「パウル・ヴンダーリッヒ (Paul Wunderlich) 」にちなんだ現代的な建物ができました。それはそれで興味深いんですけれど、今回はじっくり見る時間がなかったので、またいつか行きたいと思います。

人気ブログランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-10-28 03:29 | 廃墟/廃屋