ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
フォロー中のブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:炭鉱(ラオズィッツ)( 6 )

コトブスのロゴ、続編

さて、妙なロゴで盛り上がっている(?)コトブスの続編をお伝えしましょう。

a0104785_1434910.gif
謎の深海魚「コトブスの使い」
(「竜宮の使い」っていうヘンな魚がいたな、と今思いつきました)もしくは「コトブス出血熱」のウイルス(これも今思いつきました)かと見まがう怪しげなこのロゴ、さらに叩かれています。

なんと、ピュックラー伯爵の曾甥(Urgroßneffe:英語だとgreat-grandnephewなんていうかな?)うーん、家系図がないとどのへんの人なのかよく分かりませんが、とにかく、ピュックラー伯爵の子孫にあたる人まで「こんなんはダメだ」と言い出しました。

えーっと、ピュックラー伯爵というのは、正式にはFürst Hermann Ludwig Heinrich von Pückler-Muskau (1785 -1871) という名前で、庭園を造ったり、文学作品を書いたりいろいろとやった人です。(ムスカウ公園についてはここ)説明できるほど詳しくないので、興味のある人はWiki(ドイツ語)に飛んで見てください。そうそう、あの三色アイスの人ですよ(ホントは関係ないらしいけどね!)

ロゴに書いてあるfürstlichesというのは「伯爵の」という意味で、他に「君主の」とか、「豪勢な」とかいう意味もあります。コトブスのPRをする人はコトブスと関わりの深いピュックラー伯爵や彼の作った庭園をアピールしたかったわけですね。
でも、その子孫に当たると思われるHermann Graf von Pücklerという人まで、ロゴに文句を言っているのです。
「このロゴは伯爵もエネルギーもあらわしていないし、むしろ、私のヒーターのオイルバーナー(Ölbrenner meiner Heizung)のように見える」
とのお言葉。ぐはっ、シビアですな。

さあ、どうするよ、コトブス・・・。

人気ブログランキングへ←クリックよろしくね!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-01-28 03:40 | 炭鉱(ラオズィッツ)

コトブスの新しいロゴ

しばらく更新していませんでしたが、元気にしています。

さて、ブランデンブルク州南部のコトブスでは、面白いことが起きてますよ。

じゃん、これなーんだ??
a0104785_554912.gif

先日、発表されたコトブス市のロゴです。
スゴイでしょ、これ。
リアクションの仕方はいろいろあると思うんですけど、私は「え?!」でしたね。これが・・・ロゴだと?街のシンボルマークだと?えぇ?冗談でしょ~って。いえいえ、

コトブスは本気です。

なんてシュールな、なんて怪しげな、一体、何をもってこれをロゴと言い張るのか?
えー、オフィシャルな説明としては・・・

左から、Branizer Parkというコトブスで有名な公園と街の緑
それがピュックラー公園やシュプレー川の青と混じって
黄色いラオズィッツの砂から、赤いエネルギー(炭鉱地帯だからね)になって
最後の黄色のひらひらは、上昇するコトブスを表現していて・・・

細かすぎっ!
わかんないよー、そんなの。説明されたってピンとこないよ(T-T)

そもそも、ロゴってのは、もっと分かりやすい、キャッチーなものだと思うんですけどね。
確かに、「なんだ、これ?」っていう興味は引くかもしれないけど、なんだかなー、そんな、いくつもくっつけて、「ここはこういう意味でー」なんて説明するもんじゃないでしょ。

そんな風に思うのは私だけではないようで、このロゴ、ネット上でボロクソに言われています。

„Ich bin jetzt noch glücklicher, nicht in Cottbus zu wohnen. Das ist wirklich Augenfolter“
(直訳:これでコトブスに住んでなければもっと幸せになった。これは本当に目の拷問だ)

とか、
a0104785_646306.jpg
こんな絵(左上にコトブスのロゴが浮かんでる)まで作られて、もうケチョンケチョンに言われています。

こんな怪しげなロゴを選んだ市の側は、「こうやって皆さんが話題にしてくれるのはいいことだ」みたいなことを言ってますけれど、なんだかねー、大人の気を引きたいがために子供がいたずらしてるんじゃないんだから、そういう正当化というのはいかがなものかと。
皆さん、「恥ずかしい」とか「これより酷いのはない」とかもう散々に言ってるわけですから、そういう世論というのも考慮したほうがいいんじゃないでしょうかね。多分、今ロゴを募集したら、もっといいのがでてくるだろうし。

人気ブログランキングへ←クリックよろしくね!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-01-18 06:59 | 炭鉱(ラオズィッツ)

ビオテューメ(Biotürme)

ブランデンブルク州南部のラオズィッツの炭鉱地帯(著書第7章参照)に、最近新しい観光スポットがオープンしたのでご紹介します。
a0104785_3354794.jpg
写真はIBAのホームページより

じゃじゃーん、コレ、なんだと思います?

塔?・・・もしくは要塞??と多くの人は思うでしょうが、これは産業遺産に分類される建物なんです。ビオテューメ(Biotürme)と呼ばれているもので、Bio(「生物~」とか最近では「有機~」の意味)に Turm(塔)の複数形である Türmeがくっついている単語だということは、ドイツ語ができる人ならわかると思うのですが、じゃあ「生物塔」ってなんでしょう?

ビオテューメは、ラオホハマー(Lauchhammer)という街の郊外にあります。著書の104ページの地図を見るとどのへんかわかるかな。F60の南、エルスターヴェアダ(Elsterwerda)の東です。
ラオホハマーには、かつてコークス製造工場がありました。コークスというのは、炭素の含有率の高い物質で、石炭を精製してつくります。そのコークス工場から出る排水をろ過していたのがこのビオテューメで、そのろ過のシステムというのが、バクテリアを使うものだったので、この施設は「ビオ」テューメと呼ばれています。
作られたのは1952年で、高さは22mほど。ラオズィッツの多くの炭鉱や発電所と同じく、DDR時代はエネルギー生産における重要な役割を担っていましたが、東西ドイツ統一後に「失業」してしまうわけです。その後、産業遺産として保護されることになり、150万ユーロをかけて2年間修復をし、先日観光地として一般に公開されるようになりました。

私は一昨年の夏(ちょうど修復が始まった頃だったと思う)に、このビオテューメを見に行きました。修復中だなんて知らなかったので、駅からえっちらおっちら歩いて・・・2キロはあるかな・・・行って、「えぇ~(><)」って感じだったんですよね。ビニールのシートで覆われていてあんまり見えなかったんですけれど、かなりの存在感がありました。

*行ってみようという人のための情報*
・週末&祝日の10時~18時まで開いています。
・大人3ユーロ、子供/学生等は1,5ユーロ
・住所:Finsterwalder Straße 57, Lauchhammer-West
・車でいくことをオススメします。もしくは自転車持参。駅から延々と歩いていくのは結構疲れます。

ちなみに、このビオテューメは著書でも触れているIBA(Internationale Bauausstellung)の一環です。もっと詳しく知りたい人はIBAのホームページに飛んでみてください。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく☆
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-08-01 04:51 | 炭鉱(ラオズィッツ)

F60にのぼる

せっかくですから、F60にのぼりましょう。

a0104785_551341.jpg

ドイツ人の参加者も興味津々。F60のツアーコースは橋の真ん中のコンベアーを挟んで左右にあり、行きは進行方向右側を通ります。
どうでもいいけれど、このビスマルクみたいなヒゲのおじさん、カッコいいな^^。

a0104785_5512554.jpg

ゴムのコンベアーはそのままになっているところと、撤去されているところがあります。
この写真の真ん中のところが、その、土を輸送していたコンベアー。
左右の箱のようなものは、技師がチェックをしていた部屋です。

a0104785_5514671.jpg

先っぽまでくるとかなりの高さです。ずっと続くこの鉄の橋が一つの機械だなんて、すごいですよね。

a0104785_55246.jpg

F60から炭鉱跡を眺めるとこんな感じ。遠くにたくさん立って見えるのは風力発電の風車です。ここはヨーロッパ最大の風力発電地帯だそうです。

この延々と続く荒野が炭鉱跡です。・・・初めて見るとぎょっとする光景でしょう。
水が溜まっているのは、人口湖に変えるプランが進行中だから。近くの川から水を引っ張ってきているんですよ。

あと何年かしたら、F60は湖のほとりにたたずむことになります。炭鉱の機械が炭鉱の中にあるのは普通だけど、湖のほとりにあったら面白いですよね。

想像してみるんです・・・。いつか、きれいな湖になったこの地にふらりと訪れた観光客は、F60を見てなんだこれ??ってなるんです。あのでっかい橋みたいなのは一体なんだ??って。
そしたら、地元の人は、「あれはね・・・」って説明してあげるんです。今はなき国を担った産業について、技術の粋を結して作られた機械について、誇りを持って語るんです。時代が変わって、ここはこんなきれいな湖になったんだよ、面白い土地でしょ、ってね。

私はそんな日が来ることが楽しみでなりません。

人気ブログランキングへ←クリックしてね!!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-11-12 07:09 | 炭鉱(ラオズィッツ)

F60近景

F60の全景は前々回紹介したので、今日はもうちょっと近くから。

a0104785_3424835.jpg

どどーん!!本の中で「その基の部分はまるで宇宙船のよう」と書いたのが、これで分かってもらえるかな?
これは夏に初めてF60に行ったとき(冬にもう一回行ってるんです^^)の写真。ヘルメットを被っている人たちはツアーの参加者です。このときの参加者は、会社の同僚みたいな雰囲気のおじさんたち10人くらいと、ちょっと品のいい年配のカップルと、若いカップルでした。ちなみに、真ん中でオレンジ色のヘルメットを被っているのがガイドの女性。

左のところに「TAKRAF」って書いてありますよね、これはF60を作った会社の名前。もともとラオホハマー(Lauchhammer:ブランデンブルク州南部の街)を本拠地にしていた会社で、炭鉱の機械とか、巨大な重機を作っています。今はザクセン州のライプツィッヒに本拠地があるみたいです。ホームページはここ。土木系の巨大マシーンと言われそうなものは一通り作ってるようです。あー、就職したいかも。

a0104785_34344100.jpg

F60の基の部分から先っぽのほうを眺めるとこんな感じ。
下に線路が敷いてありますね。F60は線路の上を移動していたんです。ということは、炭鉱の中に線路を敷かないと彼女(女性名詞です)は身動きが取れないし、そのための機械や工事も必要だったわけですね。石炭の露天掘りというのが、いかにスケールの大きな事業であったのかというのが、想像できるでしょう。
露天掘りの跡って、上空から見ると、櫛ですいたように地面に線ができています。それは、F60のような、石炭の上の土を除ける機械がまっすぐに動いて、土を均一に移動させていたからなんですよ。って、なんてマニアックなトリビアだろう・・・。

a0104785_3432275.jpg

カチンコチンなんだけど、どこか優雅なF60。
動くと、激しい轟音と砂埃をたてて、近くに住んでいる人にはとんでもない迷惑らしいけれど、こうやって見ると、建築物としてきれいだと思います。「♪今は、もう、動かない・・・」って、漂う哀愁として廃墟に通じるものもあるような気がするし。

人気ブログランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-11-11 04:55 | 炭鉱(ラオズィッツ)

F60全景

ちょっと前に書いたように(ここ)私は重機が好きです。ド文系なので、技術的なことは全然わからないし、細かいことは結構どうでもいいんです。単純に、大きくて重そうな鉄の塊みたいなのに「わお~!」ってはしゃいでしまう。それが動いていたらなおさらステキ。多分、子供が「はたらくくるま」にエキサイトするのとあんまりかわらないです。
そんな私の心をガシッと鷲掴みにした巨大マシーンそれが

F60!

本の第7章に出てくる、世界最大の動く機械です。
本を読んだ母が「F60がどんなものなのかイマイチ分からない」と言っていたので、ここで写真を紹介します。

a0104785_415548.jpg

全景はこんな感じ。F60のホームページ(www.f60.de)から拝借しました。
本の中の写真というのは、すべて私が撮ったものなんですけれど、なぜ、F60の全景写真を載せなかったのかというと、F60があまりにも大きすぎて一枚の写真におさめることができなかったからです。
あ、ちなみに、表表紙をめくったところにF60のパンフが、裏表紙にF60の入場券が載っていますよ。

私が4枚に分けて撮った写真、頭の中で組み立てていって下さい。

a0104785_424069.jpg


a0104785_4242079.jpg


a0104785_4251420.jpg


a0104785_4253745.jpg


目の前で見るとすごいんですよ。ほんとにすごい。ありえないすごさです。もう、何度でも言うよ、すごいんだって!
本の中の地図の小さい図、あれも私が描いたもので、あれを見るとF60って「なんだこれ?」って感じだけど、実物はこんなに大きくてきれい(だと私は思う)なんです。

人気ブログランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-11-07 05:58 | 炭鉱(ラオズィッツ)