「ほっ」と。キャンペーン

ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ソルブ人の土地( 2 )

塔から見るコトブス

前回、コトブスのソルブ語の表記と、中心地でやっていたマーケットの様子を紹介しました。せっかくだから、もうちょっと街を見てみましょう。

このときは、本にも書いた「ソルブ博物館」がメインだったので、じっくり街を散策する時間がなかったんです。でも、せっかくだし、博物館以外にもどこか行きたいな・・・と思ってひらめいたのが、塔から街を眺めるということ。中心地の南側に「シュプレンベルク塔(Spremberger Turm)」という、31mの立派な塔があるんです。(←ちなみに、シュプレンベルクってのは、コトブスの南にある街の名前)

よし、あの塔に登って、コトブスの街を一望しようじゃないか!

塔の前まで行くと20人くらい人がいて、ちょうど塔の中に入ろうとしていました。
おぉ、なんてすばらしいタイミングで来たんだ!と我ながら感心。だって、観光客が滅多に来ないような街だと、こういうアトラクションって、空いてる時間が決まっていたり、ツアーじゃないと入れなかったりすることもあるんです。わーい、ラッキーラッキー☆と思って入ろうとすると

「あ、ちょっと待って、これ、実は地元のアマチュアカメラマンのグループだけなんだよね」
と鍵を持っている初老の男性。
「え、観光客は入れないんですか?!」
「私はこのグループを引率してるだけだからよく知らないけど、普段は閉まってて、今回はグループだから特別にあけてもらえたんだよ」
「じゃあ、私は入れませんか?」
「んー」
「私も写真撮りたいんですけど・・・」
「んー」
「写真撮るだけで、終わったらすぐに帰りますよ」
「んー、しょうがないなぁ、みんなと一緒に上って降りてくれるならいいよ」
「わー、ありがとうございまーす\(^0^)/」

ということで、おねだりはしてみるもんです(笑)。

塔の中には螺旋階段があって、そこをおじちゃんおばちゃん達とふーふー登っていきます。塔の上からはこんな景色が見えました。

a0104785_4292441.jpg

まず、これが中心地の方向。
古い建物もいくつかあるけれど、新しい建物が結構多いです。

a0104785_4295392.jpg

180度回ってみるとこんな感じ。街の南側はごちゃごちゃと「ロマンチックじゃない」建物が立ち並んでいます。向こうにはまるで壁のようなDDR風の団地が見えます。

a0104785_4301778.jpg

東を見ると家がきれいに並んでいます。
さっき私を入れてくれたおじさんによると、きっちり並んでいる黄色いアパートは、昔の城壁に沿って建てられたんだとか。確かに、器用にカーブしていますね。

このおじさん、とてもフレンドリーで、「ほら、あそこに見えるのがね」なんていろいろと教えてくれました。聞いてみると、コトブスの出身で、ずっとこの街にいる人なんだとか。こういう人をとっ捕まえて話をさせるのがヨーロッパ民俗学の基礎なんですよ(笑)。
そして、民俗学なんてのは、めざとくてナンボ。上の写真見て、「?!」って思いません?

a0104785_4303322.jpg

なんだこれー!!

「あの、塔の向こうにある工場は何なんですか!」
「え?あれは発電所だよ」
「あそこもコトブスなんですか?」
「いや、あれは・・・」
「イェンシュヴァルデ」と、隣にいた別のおじさんが速攻答えました。
「そうそう、イェンシュヴァルデってとこに大きい発電所があってねぇ。そこに60mくらいの煙突があって、若いとき、勝手に登って遊んだんだよ~」

そう、コトブスの東には大きな炭鉱があって、そこで採れた石炭を使って火力発電をしています。その巨大な発電所はイェンシュヴァルデ(Jänschwalde)というところにあって、コトブスからフランクフルト・オーダー方向に行く電車に乗ると、車窓から見えるんです。本の104ページの地図にある「イェンシュヴァルデ発電所」というのがそれ。パイツ駅の近くで大迫力の発電所が見えるはずです。あれぇ、パイツって、「歴史的町並み」があるはずなんだけどな(^^;)いつかこの発電所と「歴史的町並み」を見に、パイツに行かなきゃと思ってるところです。

コトブスのエネルギーは街の東側で今日も作られています。

人気ブログランキングへ←私にもエネルギーください☆
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-11-22 06:03 | ソルブ人の土地

コトブス(Cottbus)

「ベルリン中央駅」のまさとさん、どうやらドイツ鉄道のストのトバッチリを食らったようで、ポーランドのクラクフに行くのに、なぜかまずコトブスに行って、そこで乗り換えしなきゃいけないそうですね。(詳しい話はここ

ということでコトブス。

コトブスといえば・・・ベルリーナーには、クロイツベルク地区の地下鉄の駅「コトブッサートア」とか、クロイツベルクの隣のノイケルン地区の「コトブッサーダム」という通りがまず浮かぶことでしょう。どっちも、公用語がトルコ語みたいなところだけど、コトブスとトルコ人は直接関係ありませんよ。ちなみに、コトブスがKから始まっていたり、sが2つだったりするのは、古い書き方なんだそうです。

ハイ、気を取り直してコトブスとは・・・ブランデンブルク州南部の街です。それも、郡と同格の市のステータスを持ってる、ブランデンブルク州ではポツダムの次に大きい街です。

本では第6章、ソルブ人つながりで触れてますけれど、第7章の炭鉱地帯の地図を見てもらえば分かると思いますが、今でも近くに大きな炭鉱があります。
サッカーが好きな人なら、エネルギー・コトブスという、サッカーチームを知ってるかもしれないですね。私は全然詳しくないんですけれど、この数年、1次リーグの崖っぷちをうろうろしているチームで、このサッカーチームのおかげで、コトブスは知名度が全国的に上がったそうな。
何を言いたいかというと、エネルギー・コトブスのエネルギーってのは、石炭のエネルギーなんですよ、ということ。コトブスを中心とした「コトブス地区」ってのが、かつてDDRのエネルギー供給を担っていたし、今でも火力発電所でせっせと電気を作ってるんです。

じゃあ、コトブスに行ってみましょう。

a0104785_453288.jpg


コトブス駅の駅名は二言語表示です。Cottbusのあとに書いてあるのは、ソルブ語でコトブス。こういうのがあると、「おー、知らないとこに来たぞっ!」という気分がグッとアップしちゃうのは私だけ?なんだか半分外国みたいでしょう。名前以外の駅の表示は普通にドイツ語なんですけれどね。

a0104785_5111338.jpg

ここは市役所。Rathausというドイツ語の隣に書いてあるのはきっとソルブ語の市役所という単語でしょう。

街の中心地はこんな感じ。
a0104785_5131416.jpg

ホールがあって、この左にインフォがあります。
市場が立っていますね。行ってみましょう。

a0104785_5155753.jpg

ここは、シュプレーヴァルトのピクルス屋さん。

a0104785_5175485.jpg

ここではプラムやりんごを量り売りしています。

このプラムを買おうとしているおばさんは実はソルブ人で・・・なんていうことは多分なくて(^^;)、コトブスは、普通の人が普通に暮らしている、ブランデンブルク州にしてはちょっと大きな街、というかんじです。

人気ブログランキングへ←クリックしてね!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-11-20 05:38 | ソルブ人の土地