ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:歴史的町並み( 2 )

ブランデンブルク市のローランド

前回、ペアレベルクのローランドの写真を載せたので(「さよなら、おばあちゃんのタンス」)、ついでに、別のローランドもご紹介しましょう。
ローランドは本の中でもちょこっと触れているように、街の自由や商業などのシンボルとして知られる像です。ブランデンブルク州にはペアレベルク以外だとブランデンブルク市に大きなローランドがあります。・・・というか、私は今のところ、この2つ以外にブランデンブルク州の街でローランドは発見していません。ブレーメンに有名なローランドがあるそうですが、もし、「こんなとこにローランドがいるよ!」という目撃情報があったらぜひよろしく★

a0104785_7425075.jpg
さて、ブランデンブルク市といえば、ポツダム、コトブス、フランクフルト・オーダーと並ぶ、市のステータスを持った(ブランデンブルク州の中では)大きい街です。私の著書の中ではスルーされ、危うくこのブログでもスルーされるところでしたが、街の中心地は結構きれいなところです。
そして、ローランドは旧市街地のシンボルとして、市庁舎の前に立っています。建物の右側にいるのがローランド。高さは5.35mもあります。


a0104785_7484429.jpg
近くで見るとこんな感じ。なんだか表情が虚ろです。ペアレベルクのドーンとした骨太のローランドと比べると、華奢であんまり強そうじゃないですね(笑)。モデルは同じ人なんだけれど、全くの別人です。でも、ちゃんとシンボルの剣を右手に持っています。作られたのは1474年だそう。となると、なんと534歳!30年戦争も第二次世界大戦も生き延びたツワモノです。


a0104785_752559.jpg
あれ、大真面目に市庁舎を守っているローランドの横に、ヘンなのがいますよ。ベンチに腰掛けているこの・・・おじさん(?)は誰でしょう?・・・って私も知りません。多分、街角アートとか、そういうのの1つだと思うんですけれど。ブランデンブルク市に最後に行ったのは多分もう2年くらい前だと思うので、今でもこのおじさんがベンチでローランドと「・・・」なのか知りませんが、インパクトとしてはローランドより強かったです(笑)。

a0104785_8284955.jpg

アングルを変えるとこんな感じ。こう見ると、なんだかローランドまでしぶしぶ立ってる警備員みたいに見えて面白いです。二人とも、あんまり話し好きじゃなさそうだし、お互い、別々の方向をじーーーーーーっと見ていそうですね。このミスマッチ、この「ニュヒターンさ」がブランデンブルク州っぽいなぁ。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく!
[PR]
by kiki-brandenburg | 2008-12-14 09:14 | 歴史的町並み

ベルツィッヒ(Belzig)の要塞

今日は第8章「歴史的町並みを訪ねる」で取上げているベルツィッヒの要塞をご紹介します。

ベルツィッヒの駅でぽつんと降ろされたら(^^;)、目指すはアイゼンハルト要塞です。
この要塞のいいところは、見つけやすいということ!いや、これはとっても大事なことです。ブランデンブルク州の田舎に行って最初の難関は、インフォや観光名所までたどり着く事。その点、この要塞は楽チンです。だって、駅前の道を左にずーっと行くと目の前に見えて来るんだもん。こんなかんじに。
a0104785_22161470.jpg

この要塞が見えてきて、私はびびりました。だって・・・目がいっぱい!
この写真だとちょっとわかりにくいけれど、屋根にいくつも窓があって、それが目みたいに見えるんです。
目みたいな窓というのは、別にこの要塞だけの特徴ではなくて、民家でも時々そういう窓があります。特に珍しいと言うわけでもないし、今までにもたくさん見てきたけれど、それでもやっぱり怖い。じーっと見られてるみたいで落ち着かない。まばたきもしないで家が目を開けてる。うぅ・・・。夜になったら寝るんだろうとか、人がいないのを見計らってパチパチしてるんじゃないかとか、そういうどうでもいい想像ばかりが膨らみます。
a0104785_22164446.jpg

要塞を上っていく道はこんな感じ。
なんだかとっても「歴史的」で、「へー、こんなのがブランデンブルク州にもあるのね」なんて失礼な事を考えながら上って行きます。
a0104785_22172087.jpg

はい、到着。入り口の上には特大のオメメ。向こうの屋根も、ほら、じーっと見てます。
a0104785_22174620.jpg

入り口の前から来た道を見下ろしてみると、こうなってます。きれいでしょう、意外と
ブランデンブルク州って山がないので、当然のことながら、山の上にどーんとお城がある、「ドイツっぽい」風景というのはありません。お城も平地にあることがほとんどだし、それを考えると、丘の上の要塞というのは、かなりの希少価値がありそうです。
「なんだ、ブランデンブルク州もちょっとはドイツっぽい事ができるじゃないか」とうれしくなる(?)、ベルツィッヒの要塞でした。

人気ブログランキングへ←クリックしてね☆
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-11-30 23:09 | 歴史的町並み