ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
フォロー中のブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:Cゾーン( 7 )

Wandlitzsee

探していたカメラのケーブルがようやく見つかったので、久々に写真をアップします。
ずーっと探してたんですよー。そのケーブルがないと写真をパソコンに取り込めなくて、電気屋に聞けば取り寄せはできないと言うし、カードを読み取る外付けのを買わなきゃいけないかなとか、いっそ新しくカメラを買ってしまおうかとか真剣に考えていた矢先、ようやく、「あ・・・」ってところから出てきました(笑)。

今月の初めに、ベルリンの北にあるヴァントリッツゼー(Wandlitzsee)に行きました。
ヴァントリッツ湖という結構大きな湖があるところで、駅のすぐそばに入場料を取る(と言っても2、3ユーロ程度)ビーチがあります。
最近、娘と出かけられるところを探しているのですが、ベルリン市内であっても、移動が面倒な場所だと、つい行くのがおっくうになってしまいます。「久しぶりに郊外に出たいなぁ、でも、ベビーカー&荷物&じっとしていない娘が一緒となると、すごい遠出は面倒だし・・・」と思っていた矢先に発見したのがこのヴァントリッツ湖。

こんな湖があるなんて!
それもCゾーン内にあるなんて!
駅が湖の目の前にあるなんて!

これは行かねば!!

ということで、天気のいい日に気合を入れて娘とラブラブブランデンブルクの旅に出発。

Bernau行きのSバーンのKarow駅で乗り換えて、Cゾーン最後のWandlitzseeで下車します。
乗り換えそのものは同じプラットフォームなので楽ですが、接続が1時間に一本くらいしかないので、そこがちょっと面倒。でも、Karowからの電車はとても快適です。(Sバーンではないけれど、BVGのチケットでOK)

ビーチは(お金を取るだけあって)よく管理されていて、多くの人で賑わっていました。
a0104785_5484091.jpg


水もきれいだし、遠浅だし、ほどほどに木陰もあるし。
水辺に陣取って、娘を水遊びさせたり、昼寝をさせたりしていたら、結構早く時間が過ぎました。

問題があるとすれば、喫煙者が多かったことですね。屋外だと、これはもうしょうがないといえばそうですが、せっかく空気のきれいなところにきたのに残念。場所を変える(一回変えました)とか、「近くで吸わないで!」と言うとか(隣に居たおばさんがズバッと注意してくれて助かりました^^)、それでなんとかなりはしますがね。
あとは、これもまあ、ベルリンを出たら当然といえば当然ですが、「あ、ガイジンさんがいる・・・」という視線を久しぶりに感じました。あれ?と思ってよく見てみると、アジア人とか「いかにもガイジンさん」な人が1人もいない。とはいえ、だから何か支障があるわけではないので、気にしない、気にしない。
あとは・・・FKKのビーチがあったのかなぁ?探さなかったのでわかりませんが、皆さんちゃんと服か水着を着ていて、私としては微妙に物足りなかったです(??)

今回は湖畔でのんびりしただけで帰ってきましたが、ヴァントリッツにはちゃんと街の部分もあります。
もしヴァントリッツが有名だとしたら、それは、DDR時代に、ここが政治家の別荘地だったからである可能性が高いでしょう。SEDの大物政治家がこぞってこの地に住んでいました。ベルリンから近いけれど、自然が豊かで湖もあって、と、確かに魅力的な土地ではあります。

ベルリンの8月というのは後半から秋っぽくなってくるので、もう外で泳ぐには少し寒い日が続きますが、ベルリンから子供づれで行くにはなかなか便利な所だと思いました。この周辺はバーニム自然公園でもあるので、いろいろと探検しがいがありそうです。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2010-08-26 06:56 | Cゾーン

初夏の畑

a0104785_050944.jpg先日、シェーンアイヒェのオババんちに行ってきました。シェーンアイヒェでの私の楽しみといえば、途中にある畑の観察。去年は菜の花が植えられていた畑に、今年は穀物が植えられています。先月行った時にはまだ青々としていたのですが、今回はすでに「頭を垂れかかった」状態でした。この写真だけ見ると、なんだかスゴイ田舎みたいだけれど、そんなことはないんですよ、この脇に普通に道路とか民家とかあるし(笑)。
a0104785_0573236.jpgふむ、これは小麦なのだろうか?それとも、なにか別の穀物?穀物の識別ができるほど畑に詳しくないので、私もわかりません。

畑観察の楽しみといえば、植えられている植物より、その脇に生えている雑草です。「雑草なんていう名前の植物はないんだ!」ということで、そのきれいな脇役を見てみましょう。

a0104785_16296.jpgこちらはカミツレ。日本ではカモミールと言う方がメジャーかな?畑の脇によく生えています。多分、ドイツで最もポピュラーなハーブティーの原料です。マリーゴールドを小さくしたようなかわいらしい花がたくさん咲いてとてもきれいです。
a0104785_172528.jpgこれはヤグルマギク。ドイツ語ではKornblume(コーンブルーメ)といって、かつてポーランドに調査旅行(あのチャリツアーの話はここ)に行ったときの先生の説によると、穀物(コーン)の畑の脇によく生えている花(ブルーメ)だからコーンブルーメというのだそうです。ホントかな?紫がかった青がハッとするほどきれいな花です。外側に向かって開いた花びらといい、真ん中のおしべの繊細さといい、見れば見るほど芸術的な花。雑草だなんてとんでもない・・・。
a0104785_182215.jpgケシも生えていました。大きな赤い花びらがひらひらしてよく目立ちます。触ると花びらがはらはらと落ちてしまうのが残念。
畑の脇には、他にも、去年の残り種から出たと思われる菜の花や、スイトピーも咲いていて、帰るときにこっそり摘んできました^^。
その日は天気がよかったので、電車の中では、サイクリングやハイキングの帰りなのか、他にも野草の花束を持った人を目にしました。そのへんで摘んできた花って、お店で買うものとは違ったきれいさがあって、それに、なんだか、「あぁ、いい季節になったな」ということをしみじみ感じさせてくれて好きです。

人気ブログランキングへ←クリックありがとう。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-06-26 01:55 | Cゾーン

ヴェアダーの旧市街

ヴェアダーの続きです。(花祭りに関しては前回を参照)

お祭りは旧市街地の島の手前と、入ってすぐのあたりがメインで、もうちょっと行くと、落ち着いて歩けます。旧市街地はよく整備されていて、石畳の通りもきれいです・・・って、ベビーカーで行くとあのゴトゴト具合ってのは疲れるんですけどね。
a0104785_0451251.jpg
なかなか立派な教会があります。そのとなりの建物は市庁舎。

a0104785_0474443.jpg
のんびりするならハーフェル川のほとりがオススメです。ヨットや遊覧船が結構たくさん行き来しています。天気がよければ、下に敷くものを持参してピクニックというのもいいでしょう。(←うかつにも敷物を忘れた人--;)
あ、ちなみに、ここで私は授乳してオムツ替えまでしちゃいましたが、何か言われるわけでも、ジロジロ見られるわけでもなく無事できました。

a0104785_0553649.jpg
川岸にはカフェや魚料理を出すレストランもあります。本当はこのあたりでゆっくりしたかったんですけれど、今回は人が多かったし、ベビーカー&本当はハイハイしたい娘と一緒ではそうもいかず、旧市街地をうろうろしていました。

a0104785_114055.jpgBaumblütenfestと言うからには、キレイな花も見れるかなと思っていたんですけれど、街路樹や民家の庭先の草木がきれいという以外は、特に花を意識している雰囲気はありませんでした。
でも、この桜の並木はきれいでした。3週間前に日本でほぼ満開の桜までは楽しめたものの、散るのを見損ねた私としては、雰囲気が違うとはいえ、風に吹かれて散る桜&ピンクのじゅうたんを見れたのはうれしかったです。

人気ブログランキングへ←クリックありがとう!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-05-01 01:27 | Cゾーン

ヴェアダーの花祭り

ぽかぽか陽気の続くベルリンですが、昨日、思い立ってヴェアダーに行ってきました。
ヴェアダーといえば、本の第10章で「サクランボとワインの街」として紹介しているあの街。ポツダムの近くで、BVGのCゾーン内なのでベルリンから出かけるには便利なところです。「町並みプロジェクト」の援助を受けている旧市街地のある島がきれいで、今までに何回か行ったことがあるんですが、今回は毎年この時期に開かれている花祭り(Baumblütenfest)に行ってきました。

Baumblütenfestのことは知っていたんですけれど、実際に足を運ぶのは今回が初めて。せっかく天気がいいんだし、Cゾーン内なら娘と一緒にでかけるのもそんなに大変じゃないだろう、ということで、久しぶりに、本当に久しぶりに「旅」に出ました^^。

a0104785_2092179.jpg
駅からお祭りの開かれる旧市街地までは直通のバスが出ていました。着いてみるとすごい賑わい。もっとこじんまりしたお祭りを想像していたのでびっくりしました。

a0104785_20153013.jpg
たくさんの露店だけでなく、観覧車やジェットコースターなどの移動式遊園地やコンサートステージもありました。かつて旧市街地を訪れた時は「静かでいいところだなー」と思ったのですが、とても同じ場所とは思えないほどの賑わいぶりでした。

a0104785_20211966.jpgさすがワインの街だけあって、ワインの露店がたくさんありました。大きな丸いビーカーのような入れ物に、いろんな種類のワインが入れられていました。ブドウ以外の果物で作ったワインもあるんですけれど、私、全然お酒が飲めないので、写真だけとって終わり(^^;)。多分試飲もさせてくれるでしょうし、ワインの好きな人は楽しいでしょうね。

a0104785_20254741.jpga0104785_20374753.jpgBöhmen(ボヘミア;チェコの一部)のパンを売る露店がありました。鉄の棒にパンの生地を巻きつけて焼いたもの。バウムクーヘンの親戚?と思ったのですが、見た目と味はコルネとクッキーの中間みたいな感じ。


Baumblütenfestは5月3日までやっているので、ベルリンやポツダムに住んでいる人は機会があれば行ってみてください。詳しい情報はお祭りのホームページ(ここ)を見てもらえるといいかと。←帰って来てからこのサイトを発見した人(--;)
お祭りの期間中はベルリンからの電車の本数も増えているし、駅からも直通のバスが出ているので楽に行けると思います。
次回は・・・時間があればね・・・お祭り以外のヴェアダーの旧市街地の様子をアップしたいと思います。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-04-28 20:51 | Cゾーン

刈り取りと消防車

昨日、久しぶりにシェーンアイヒェのオババんちに遊びに行きました。
いつものトラム88にゴトゴト揺られて、某停留所でポツンと下ろされ、ちょっと歩いていくとオババんちがあるのですが、その道沿いに畑があります。私にとって、この畑を観察するのはオババんちに行く時のちょっとした楽しみでもあります。今までで一番きれいだったのは、菜の花が満開だったとき。さてさて、畑はどうなってるのかな~と思いながら歩いていくと・・・
a0104785_3333352.jpg刈り取りだー
\(^^)/


でっかいトラクターが轟音と埃を立てながら進んでいきます。おぉ、すごい、すごい。
何がすごいって・・・別にすごくないかもしれないけど、私はそもそも「働く車」というのが好きなんですよ(笑)。


a0104785_3335386.jpgほらほら、トラクター♪
メカに関する知識のない私からすると、こういうマシンが存在する事自体かなり不思議というか、どうやったらこういうのができるんだろうなぁとか、よくできてるなぁと思わずにはいられません。めちゃくちゃ理性的な昆虫か甲殻類みたい。そういえば、そのあたりの重機/重工業に対する妙なワクワクについては以前にも触れてたな。


a0104785_334156.jpg
畑の隅でエキサイトする私を尻目に、トラクターは真面目に仕事をしながら進んでいきます。ストイックだなぁ・・・なんて思って写真を撮っていると、道の向こうから砂埃を立てながら大きな車がやってきます。あ、あれは!


a0104785_3344269.jpg消防車!!
でも全然急いでない。そして畑の隣でピタリと停車。
ん?なんでここで止るんだろう??と思いつつ、こっそり写真を撮ってしばらく観察。何かするんだろうか・・・。運転手のおじさんは座席に座ったまま畑を見ています。
乾燥してるから火事が起きてもすぐ消せるように待機してるんだろうか?刈り取りの際には火事が起きやすいとか?なんでだろうなぁ。消防って警察みたいに車でパトロールするっけ?ひょっとしてこの消防車のおじさんもトラクター好きとか?・・・と私の想像は膨らむ一方でしたが、結局何も起きず。今度同じ光景を見たら是非ナゼか聞いてみよう。「お前こそ何してんだ?」といわれそうだけど(^^;)

人気ブログランキングへ←クリックよろしく。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-06-28 04:43 | Cゾーン

オババんち/Schöneiche

またまた更新が遅れてしまいました(><)
最近体調悪くって・・・いや、大したことないに決まってるから、大丈夫です。

えー、今週の日曜、久しぶりに、ゾヤ君とオババ(ゾヤ君のお母さん)の家に行きました。ゾヤ君というのは、皆さん知っていると思いますが、私の彼氏です。
ちなみに、ゾヤ君というのはあだ名で、彼がゾヤミルヒ(Sojamilch:豆乳)が好きだからです。同じメソッドで、ゾヤ君のフランクフルト・オーダーにいる友達は「ブルーメンコール(カリフラワー)」、彼の妻にいたってはキノコの一種のトイプリングというあだ名を勝手につけられてしまったわけですね。(ブルーメンコール君とトイプリングちゃんの命がけグルメの話はここ

私にとって、オババというのは事実上の姑なんですが、そんなに頻繁に会っているわけでもないし、「嫁姑の確執」というようなおどろおどろしいものはありません。

オババが住んでいる街、言い換えればゾヤ君の実家は、ベルリンの郊外にある

Schöneiche(シェーンアイヒェ)

本でも取り上げたCゾーンの街です。せっかくだからホームページも載せておこう(^^)
a0104785_3505485.jpg

そうそう、このちっちゃい路面電車でゴロゴロ行くんですよ~♪
自分で言うのもなんですが、この路面電車も、ゾヤ君とシェーンアイヒェに行く事がなければ、今でも知らないままだったかもしれません。そのくらいこっそりとあるんです、この路面電車。

ブランデンブルク州をいろいろ旅してきた私ですが、局地的に異様に詳しいのが、シェーンアイヒェ周辺です。
ブランデンブルク州のことを知る際の足がかりになったのも、シェーンアイヒェが属している、ベルリンの東にある地域でした。DDR時代の大きな地区分けだと、フランクフルト地区ですね。
現在、シェーンアイヒェはオーダー・シュプレー郡 (Landkreis Oder-Spree) に属しています。よし、このホームページも載っけちゃおう(^^)
ブランデンブルク州の郡の多くはベルリンから放射状に伸びていて、このオーダー・シュプレー郡というのも、そうした一つです。ベルリンの隣にあるシェーンアイヒェから始まって、南東の方向に伸びて、アイゼンヒュッテンシュタットまでをカバーしています。

名前の通り、オーダー川とシュプレー川がある地域で、車のナンバープレートの省略記号はLOS (Landkreis Oder-Spree)。
ええ、かなりマニアックな情報ですが、ベルリン在住の皆さん、ブランデンブルク州マニアになる第一歩は、車のナンバープレートを見て、「あ、ブランデンブルク州の車だ!」と識別できることですよ(←ウソウソ)。15の郡と3つの独立都市の省略記号の車をベルリンで見かけて、あっ☆と思うようになったら、それはブランデンブルク州萌え(?)です。

それで、シェーンアイヒェなんですが、ベルリンの郊外として、人口は増え続けています。特に多いのは家族連れで、本にも書きましたが、庭付き一戸建ての家が多い、静かな住宅地という感じです。
シェーンアイヒェとベルリンの関係というのは微妙なところがあって、「ベルリンと一緒にしないでくれ」という一方で、電話の市外局番はベルリンと同じ030だったりします。なにより、ベルリンに通う人は多いでしょうし、「どこのご出身ですか」と聞かれたら「ベルリンです」と言う人が多いんじゃないかな(笑)。

人気ブログランキングへ←クリックしてね☆
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-01-16 05:33 | Cゾーン

縦穴炉群/リューダースドーフ

今日は第11章、Cゾーンの旅で取上げているリュ―ダースドーフの縦穴炉群を見に行きましょう。

この縦穴炉群、私はかーなーり!気に入ったんです。工業系廃墟っていうのかな、迫力があるのにしみじみしててステキ。

本の194ページに、一枚写真を載せてるけれど、それはこの炉の3階にあたるところです。博物館公園の中を歩いて行って、まずたどり着く、地面と同じ高さのところにこの3階があるんです。・・・言ってることわかるかな、つまり、この縦穴炉群は、崖の側面に建ってるようなもんです。それで、本当だったら地下2階にあたるところのとなりに線路が敷いてあるんです。
a0104785_17111.jpg

これは、縦穴炉群を線路のある方向から見たところ。これでちょっと全体のイメージが掴めるでしょうか??

3階の炉を開けるとこんな感じ。ここから石灰岩をガラガラっと入れていました。
a0104785_1113226.jpg


炉の隣に作られている階段をトントンと下りていきます。2階の入り口に立つとこんな感じ。
a0104785_1135728.jpg

一瞬、息を飲みました。びっくりしたんですよ、あんまりきれいで。196ページで「教会を連想させる」って書いているの、なんとなく分かるかな。私が行ったときは、他の観光客がいなくて、すっごく静かだったんです。石灰岩を焼いてた炉がこんなに美しいものだとは知らなかった。
きっと、稼動してるころは全然違う雰囲気だったんでしょうね。熱くて、うるさくて、埃っぽくて、人が行ったりきたりしてたのかもしれない。陶器と馴染みの深い私(実家は陶器つくってます)としては、この炉と、陶器の窯がちょっとダブりました。陶器を焼く工場の、あの熱と轟音。あんな感じだったのかな、この炉も・・・そんなことが頭をよぎりました。

a0104785_1295363.jpg

2階の部分は炉はこんな感じです。ここで石炭をくべていました。

a0104785_1315146.jpg

1階の入り口に立つと真っ暗。中に入っていくと、窓があるほうはもうちょっと明るいけれど、「まるで監獄のよう」でしょう?

人気ブログランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-12-05 01:41 | Cゾーン