ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
フォロー中のブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:災害( 6 )

ナイセ川の洪水

オーダー川の洪水があったのが5月後半(「オーダー川の洪水」参照)。今度はナイセ川が増水しています。

今回も、ポーランドやチェコで大雨が降り、その影響が国境を隔てたザクセン州とブランデンブルク州にも及びました。

ナイセ川は、ブランデンブルク州南部でポーランドとの国境になっていて、アイゼンヒュッテンシュタットの南で、ポーランドから流れてきたオーダー川に合流します。
オーダー川やエルベ川のような大きな川は時々大規模な洪水を起すのですが、今回はあまり洪水の心配がないと思われていたナイセ川とシュプレー川が増水していしまいました。

多くの人は、「あれ、シュプレー川ってベルリンの川じゃなかったっけ?」と思うでしょう。
シュプレー川というのはベルリンに来る以前にブランデンブルク州の南部をいくつもの支流に分かれながらのろのろ流れているんですよ。キュウリとカヌー観光で有名なシュプレーヴァルトのあたりでは、網の目のように広がっています。

シュプレー川も増水しているなんていう話を聞くと、「ベルリンは大丈夫だろうか」と思ってしまいますが、どうやら、ベルリンは全然影響を受けないようです。というのも、シュプレー川の場合は、ベルリンに至る以前にいろんな洪水対策ができるからです。
今回は、ブランデンブルク州南部のシュプレンベルクにあるダムが活躍しました。
州で唯一のダム(まっ平らなブランデンブルク州にダムがあるというのは私にとっては今でも不思議なんですけど)に水をいれることによって、その北にあるコトブスに増水の影響が及ぶ心配がなくなりました。
もし、これでもダメなら、最近水不足だったというシュプレーヴァルトに「吸わせる」のも可能。それに、ラオズィッツには、準備中の人工湖もたくさんあるしね!
そして、ベルリンには南西部に大きなミュッゲル湖があるし、水門もあるから、そういうところで水位を調整することもできるそうな。
というわけで、シュプレー川に関してはあまり問題がないようです。

問題は約30年ぶりに氾濫したナイセ川。
ブランデンブルク州では、ナイセ川の近くにはあまり大きな街はないので、川沿いの村に避難命令が出たとか、グーベンの一部が水浸しになったとか、そのくらいで済みました。
被害が大きかったのはザクセン州です。
世界遺産のムスカウ公園(「バート・ムスカウ」参照)は、お城は無事だったものの、すっかり水浸し。別のところにある歴史的価値のある教会もべたべた。ゲーリッツあたりでも浸水の被害が出ました。
今回の洪水は、予想以上に水位の上昇が早かったのが特長で、ザクセン州の知事(あのソルブ人のおじさん。詳細はここ)が「ポーランドがもっと対策をこうじて、情報もちゃんとくれてたらこんなことにはならなかったのに」と言いたくなるのももっともです。ポーランドがいい加減な対応をしていたのかどうか知りませんが、外国と地続きだとこういう言い訳もできるんですね。

ブランデンブルク州は洪水に関しては準備バッチリ。今回も大事に至らずに済んだようです。動員する人も物もちゃんと揃っているので、住民もそんなにビクビクしていたわけではないみたい。
そして、今回もカッコよかったのが、すでに洪水のプロと化しているプラツェック知事!洪水が起きるたびにあの人の存在感と支持率がアップしているような気がします。インタビューの受け答えなんかでも、政治家がなんかゴニョゴニョ言っているという感じでは全然ないし、現地にもちゃんと赴いて実際に見てるしね。個人的には、その時の服装がラフ、もしくは状況に適切だというのがステキです。災害地とか紛争地にスーツ着ていく政治家が時々いますけれど(ドイツにもいるよね^^)あれは、その時点でもうアウトだと思うのは私だけでしょうかね・・・。
今日のインタビューでは、プラツェック知事が「近年の洪水では、メディアが100年に一度の規模というのをよく使っていたけれど、あれ、やめたほうがいいと思いますよ。だって、そういうのが頻繁に起きてるじゃないですか。気象の変化が影響しているかもしれないし、これからは、大規模な洪水が頻繁に起こりうると考えて対策を取っていった方がいいと思うんです」というようなことを言っていて、なるほどなぁと思いました。

なにはともあれ、こういうニュースを聞いていると、ドイツっていい国だなと思います。洪水という自然災害が発生してもちゃんと対策が取られて、被害も少ない。パキスタンの洪水とか、ロシアの火事とか、同じ時に別の国では桁違いの天災にみまわれて、おそらくその背後にある人災的原因でものすごい被害が出ている。そういうのと比べればナイセ川の氾濫なんてたいしたことない・・・とは言いませんけれど、自然災害が起きると、その地域のバックグラウンドとかメンタリティーとか、そういうものが自然と見えてくるような気がします。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2010-08-12 05:04 | 災害

オーダー川の洪水

先々週くらいから、ブランデンブルク州の東側、国境沿いに住む人達には1つの共通した心配事がありました。そう、オーダー川の洪水です。

少し前に、ポーランドなどで大雨がふり、深刻な洪水の被害がでました。ブランデンブルク州の東側はオーダー川かナイセ川という、どちらもポーランドから流れてきている川です。上流で洪水が起きれば、下流のブランデンブルク州にもその影響が及びます。

オーダー川の洪水といえば、1997年にひどいのがありました。
そのときの経験はバッチリ生かされているようで、川沿いには堤防が築かれているか、いざという時に堤防を築く準備がされていたので、今回の洪水が予想された時も速やかな対処が取られたようです。
ただ、今回は、オーダー川だけでなく、オーダー川に注ぐヴァルタ川(Warthe)もポーランドで氾濫していて、2つの川が流れ込む地域ではダブルパンチで危ないのではないかということが言われていました。

オーダー川の氾濫というのは、ベルリンに住む人にとっては基本的に関係のない話なのですが、私は先週くらいからちょこちょこニュースでチェックして1人でドキドキしていました(笑)。週末にも来るかと思われていた洪水の到達は予想されたより遅く、昨日になって本格的な増水が始まりました。今日になってそのペースは上がり、一部の地域で浸水被害が出てきました。
万全の体制を整えているとはいえ、今回のはかなり危ないです。どのくらい危ないかというと、洪水警報の最高値4を越えて、1997年に次ぐ水位を観測しています。こ、これは本当に危ないぞ!

フランクフルト・オーダーでも頑丈な金属の堤防が建てられ、「お姉ちゃんフランクルフト」のマイン川沿いのフランクフルトからも応援がきたそうな。地元の消防団やボランティアはダムの建設とチェックに忙しいようです。政治家や洪水の専門家も現地を訪れ、動向を見守っています。

これは笑っていいのか微妙ですが、堤防は場所によってはビーバーに壊されてしまうのでちゃんとチェックしなきゃいけないそう。・・・そうか、そんなにビーバーがいるのか(^^;)。相手はダム作りのプロですからね、変な堤防だとダメなんですよ、きっと。

ちなみに、洪水というと日本だと川の流れが早くなって轟々と流れるとか、鉄砲水のようなのを想像すると思うんですけれど、オーダー川の場合は、川の高低さが少ないので、じゃんじゃん流れるというかんじではないみたいです。普段でも、オーダー川はどよんとしているというか、「鬱々と流れる」という表現がピッタリくるような川なので、洪水が起きる場合でも、ひたひたと水位が上がってくるという感じなんじゃないかな。それも十分怖いですが。

大規模な被害が出ないことを祈るばかりですが、明日はベルリン・ブランデンブルクでまた雨だそうで・・・。大丈夫でしょうかね??

人気ブログランキングへ←クリックよろしく。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2010-05-28 05:26 | 災害

炭鉱跡地の地滑り

a0104785_23533715.jpg
写真はzeit.deより。
先週の土曜日に、ザクセン=アンハルト州の炭鉱跡地で大規模な地滑りがありました。
ここ数日、全国版のニュースでも取り上げられていたので、ドイツにいる人ならきっと耳にしていると思います。
事故があったのは、ザクセン=アンハルト州のハーツ地方の手前のあたり、ユネスコの世界遺産として知られているクヴェドリングルクの近くのナハターシュテット(Nachterstedt)の湖のほとりです。
コンコーディア湖(Concordia-See)と呼ばれるこの湖は、炭鉱の跡地を埋め立ててできたもの、というか、ちょうど今水を溜めていて、2018年に完成する予定でした。
この地滑りで2件の家が崩され、3人が行方不明。いつまた地滑りが起きるかわからないので、救出活動もできず、行方不明者の生存は絶望的です。

a0104785_02406.jpg写真はberlinonline.deより。
どういう理由で地滑りが起きたのかはまだ調査中だそうですが、雨の影響もさることながら、炭鉱の跡地ということで、地層に理由があるのではないかとか、炭鉱の後処理の方法が不十分だったのではないか、などということが憶測されています。

a0104785_0193968.jpg写真はn-tv.deより。
350m×120mほどの面積の地面が一気に崩れて100m下の湖に転落したそうな。家だけでなく、道や展望台もなくなってしまいました。
ザクセン=アンハルト州も、ハーツ地方以外はブランデンブルク州のような平地なので、地滑りとは無縁だと思っていたのですが・・・。


なにより、このニュースを聞いて私がガーンと思ったのは、「炭鉱跡地」ということです。
そうそう、ブランデンブルク州の南部の炭鉱跡地が、ちょうど同じ事をやっているじゃあありませんか!本の第7章「炭鉱地帯から湖水地方へと変わりゆく地域」で取り上げている「ラオズィッツ湖水地方」炭鉱の跡地を埋め立てて、湖にする計画がブランデンブルク州南部&ザクセン州北部で着々と進んでいます。当然、湖を活用した観光や地域振興も期待されているわけで、こういう事が起きると、「えー、大丈夫なんだろうか?!」って気になりますよね。
炭鉱跡地の地滑りは起こりうることだから、危ないところは立ち入り禁止にしているとか、地元の人はそういう被害とも今まで向き合ってきたとか、ラオズィッツの地層はナハターシュテットとは違うから大丈夫とか、そんなようなことを専門家は言っているようですが(詳しく知りたい人はここのrbbのビデオでもどうぞ。)やっぱり、ラオズィッツの皆さんにとっては、気持ちのいいニュースではないでしょう。こういう事がおきることによって、安全対策がより効果的に行われるようになれば、不幸中の幸いということなんでしょうけれど。炭鉱跡地、なかなか手ごわいですな。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-07-21 01:07 | 災害

集中豪雨と落雷

アレコレやっているうちにあっという間に一日が終わっていきます。

書こうと思っているテーマはいくつかあるのですが、ひとまずは最近の天気の話。

このところ、ベルリンでは25度を越える暑い日・・・と言うと、日本の感覚だと大したことないような気もしますが、ベルリンで暮らしていると気温が30度に近づくと「うー、暑すぎだぁぁ」という感じです。特に私が暑がりで、さらにウチの部屋が夏向きにできていない(?)ということもありますが、とにかく、このところ、汗まみれになる天気が続いていました。そして、派手な夕立が来る日も結構ありました。

ブランデンブルク州といえば、砂地な上に、降水量も少なめで、ドイツで一番山火事が起きやすい州なわけですが(山火事の話はかつて「山火事注意!」「ユータボーク近くの山火事」でも触れました)、雨が降るとなると時々ものすごく降るみたいです。

ベルリンでも派手な夕立が来たおととい、ブランデンブルク州東部では記録的な豪雨だったそうです。なんと、短時間の間に2か月分の雨が降ったそう。2か月分って・・・すごいと思いません?2ヶ月の間に降る量がそもそも少ないとしても、まさに「バケツをひっくり返したような」という表現がピッタリでしょう。

それで、そんな豪雨のなか、高速を走っていたブランデンブルク州の農業大臣Dietmar Woidkeの車が事故を起してしまいました。農業大臣というのは、フォースト(このブログで最初に紹介したあの「バラ園の街フォースト」です)の近くの村の出身の人で、環境大臣でもある人です。その大臣の車がクラッシュして、その後にもう一台来た車も衝突して、車が燃えて・・・と、かなりひどい事故だったようですが、幸い、大臣も運転手も後続の車に乗っていた人も軽症ですんだみたいです。
クラッシュといえば、この冬にチューリンゲン州の知事がスキーで事故を起してこれは大変なことになったので、今回の事故が軽くすんだのは不幸中の幸いといったところです。

農業大臣が高速で事故を起していた頃(か??)、Seelowの近くの村では、雨宿りをしていたおじさんが落雷で亡くなってしまうという事故も起きています。どうやら木の下で雨宿りをしていて、その木に雷が落ちたもよう。うーん、雨宿りする時は気をつけましょう。
それ以外にも落雷があったり、事故があったりと、かなりひどい嵐だったようです。
まぁ、海も山もない土地なので、日本の台風なんかよりは被害が少ないような気がしますが。
天気予報によると、七月は雨が多くなるそうです・・・。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-07-07 05:19 | 災害

ユータボーク近くの山火事

ブランデンブルク州はそもそも山火事が起きやすいということを書いた矢先に、大規模な山火事が本当に起きてしまいました。

a0104785_2258436.jpg歴史的な町並みの残るユータボーク(Jüterbog:本138ページ参照)の近くで、一日以上燃え続けて、サッカー場300個分の面積が焼けました。余談ですけれど、昨日ゾヤ君に連れられて、ヨーロッパカップの試合を初めてスクリーンで見たんですよ。しみじみサッカー場って大きいなと思ったんですけれど、あれ300個分とはスゴイな・・・。

a0104785_22592077.jpg
200人近くの消防士+軍のヘリコプターを使っての大規模な消火活動の結果、今日になって鎮火しましたが、風にあおられてまた火が出る可能性も大いにあるということで、20人体制で監視をしているそうです。(写真はMärkische Allgemeineより)


あらまぁ、大変ねぇ・・・と、ここで話を終わらせちゃあいけません。

・なぜ山火事が起きたのか?
・なぜ「そこ」で起きたのか?
・なぜこんな大規模な火事になったのか?

気になるでしょう!少なくとも私は気になったので食い下がってみましょう。

実は、燃えたところというのはかつての軍事演習場でした。
軍事演習場といえば、以前にボンボドロンについて書きましたけれど、ブランデンブルク州には軍事演習場やそれに由来する立ち入り禁止区域というのがかなりたくさんあります。なぜか?そりゃ、ベルリンの郊外ですからね。首都ベルリンに近いところに軍が駐屯したり練習する場があるというのは便利です。

今回の新聞の報道によると、この山火事が起きたテルトウ・フレミング郡には50 000ヘクタールのかつての軍事演習場があって、それはなんとザクセン州全土にあるのの2倍に当たるとか。・・・ザクセン州に軍事演習場が極端に少なかったのか、テルトウ・フレミング郡に極端に多かったのか?多分、両方なんでしょうけれど、テルトウ・フレミング郡に極端に多かったと考えても間違いではないでしょう。ドイツ帝国時代からこの地域には軍事演習場があったようですが、地理的には西ベルリンのすぐ外にあたるわけですから、DDR時代に大規模に使われていた可能性もあります。

かつての軍事演習場と山火事がどう関係するのか?ここを結び付けたい(笑)私は、間違いなく「軍隊なんか嫌いだー」という人なわけですが(^^;)

軍事廃棄物

に関わる問題は無視できません。

ボンボドロンの場合もそうですが、かつての軍事演習場というのは軍事廃棄物で汚染されています。不発弾や兵器の残骸などがその辺に落ちていたり埋まっていたりしていて、人が自由に入れるようにするには、まずそういうのを片付けないといけません。でもそれはとんでもなくお金も時間もかかることなので、そういう場所は立ち入り禁止にしてしまい、適当に「自然保護区」なんてことにしている場合もあるわけです。

今回の山火事の出火原因はまだ特定されていませんが、可能性としてはこの猛暑で不発弾などが自然発火したということもあります。
そして、一旦火が広がると、その辺に落ちている不発弾がボンボン爆発していくわけです。ひえぇ~(><)。
さらに、消火活動をするにしても、消防士たちは、そんな、どこに爆弾が落ちてるか分からないようなところには入っていくことができません

ということで、グリュ~ンな私に言わせれば、そもそも、
そんな危なっかしい場所があること自体間違ってる(怒)。
(かつての)軍事演習場なんぞいらん!タイマイはたいてでも、軍事廃棄物をちゃんと処理して、人と動植物にいい森を作るべきです!

あちこちに軍事演習場がらみの問題があるというのは、首都を取り囲むブランデンブルク州の宿命といえば宿命なのかもしれませんが、歴史的な背景や「過去の遺物」が現在の環境や暮らしにも影響を及ぼしているというのは、ちゃんと考えないといけないことだと思います。
環境系のテーマなんてどんなものでもそうですけれど、その場の利益でやることが、将来的にどういうネガティブな影響を及ぼすか、そういうことまで責任を持ってもらわないと、後の世代が困りますね。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく☆
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-06-12 02:44 | 災害

山火事注意!

5月、6月あたりのドイツというのは、暑すぎず寒すぎず気持ちのいい時期なはずなのですが、今年はやけに暑いです。
といっても、地域によって全然天候が違っていて、南の方では洪水になるほど雨が降っているのに、ベルリン周辺ではカラッカラに乾いています。もう、一ヶ月以上雨が降っていないような気が・・・。先週あたりからは、雨が降らないだけでなく、最高気温が30度くらいになるという、異常気象ともいえるような状態が続いています。ジトジト雨が降るよりはカラッと晴れている方がいいけれど、さすがにここまでお天気続きだと問題もあって、その一つが山火事です。
山火事の原因はいろいろあるのですが、そもそも空気が乾燥していると火事になりやすいし、火事の広がりも早いです。

ブランデンブルク州でも現在、すべての地区で一番高いランクの「山火事警報(とでもしておきましょう)」が出ています。ブランデンブルク州の森林というのは砂地+松というパターンが多いわけだし、乾燥していたらあっという間に燃えてしまいそうです。
実際にすでに75件の山火事が発生していて、合計50ヘクタールが燃えたそうです。どの火事も大事に至ることはなかったものの、警備を厳重にしたり、カメラを設置したり、細心の注意が払われているとか。一般の人も森の中でタバコを吸ったり、キャンプで火をおこしたりしないようにという事がいわれています。
このくらいまでは「ふんふん」という感じで別に驚きはしないんですけれど、地方紙をネットで読んでて「!」と思ったことが一つ。

Das Land gehöre zu den am meisten gefährdeten Regionen Europas. Fast ein Drittel der seit 1990 in Deutschland registrierten 23 576 Waldbrände seien in Brandenburg ausgebrochen.
(Märkische Oderzeitung 6月5日)

(ブランデンブルク)州はヨーロッパで最も(山火事の)危険に晒されている地域の1つに数えられる。1990年以来ドイツで起きた23576件の山火事のうち、3分の1近くがブランデンブルク州で起きている。


そ、そうなんですか?!「ドイツ一山火事が起きやすい州」(だろう、きっと)なんて自慢にならないけれど、3分の1ってすごい数。もともと森の面積が広いし、乾燥気味な気候だから当然といえば当然だけれど、数字として出てくるとビックリ。

以前どこかで、「将来的にドイツの気候は地域によって大きな差が出てきて、南では洪水が多発する一方で東はさらに乾燥する」というような記事を読んだことがあります。将来的じゃなく、もうすでにそうなっているような感じでちょっと怖いですね。

公園や道端の木々は、雨水なしでもまだ生き延びていてその生命力に驚かされますが、草なんかはもう結構枯れていますからね。肌も乾燥するし、夏本番になる前に夏バテしてしまいそうなので、そろそろ本当に雨が降って欲しいです。

人気ブログランキングへ←クリックしてね!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-06-08 07:57 | 災害