ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
フォロー中のブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:サイクリング( 3 )

オーダー・ナイセ・サイクリングコース

一週間ほどくたばってましたが、だいぶ元気になってきました。久しぶりにブログも更新するぞ。

ちょっと前に国立公園の話をして、最終回でサイクリングコースのことについて触れました。せっかくだから忘れないうちにこのサイクリングコースを紹介しておきましょう。

国立公園に沿って続いているサイクリングコース、正式には
オーダー・ナイセ・サイクリングコース
(Oder-Neiße-Radweg)
という、長いサイクリングコースの一部です。どのくらい長いかというと・・・

a0104785_0202966.jpg全長630km!
オーダー・ナイセ線に沿ってずらぁぁぁっと続いています。
図はサイクリングコースのホームページより。

普通に考えて、南から紹介したいところだけど、この図を見ながらとなると、北からの方がわかりやすそうなので、そうします。
ついでに、今までこのブログで紹介したこともおさらいしようではありませんか。

まず、終点はメクレンブルク・フォアポンメルン州のウーゼドム島。バルト海に浮かぶこの島は旧東ドイツ屈指のリゾート地です。砂浜がすごくきれいで、夏になると観光客でいっぱいです。そのうちこんな妙な飛行機も飛ぶらしいしね。

オーダー川が終わるのはポーランドのシュテティンという街。水色の線(オーダー川)と、赤色の線(サイクリングコース)の間に、黒い線があるでしょう、これが国境。私が本で「反則」と言っていた、オーダー川の西なのにポーランドな土地、というのがどの辺のことが、この図でよくわかると思います。

オーダー川と国境とサイクリングコースが合わさるところに、ポーランドのGryfinoという街があります。ここはヨーロッパ民俗学の調査旅行に行ったときに通ってきました。自転車での国境越えについてはここ

その南にあるのが国立公園、ウンテレス・オーダータール。まとめて読みたい人は、「タグ」の「ウッカーマーク」からどうぞ。

オーダーブルフを南下すると、フランクフルト・オーダーにたどり着きます。炭鉱跡の湖とか、命がけグルメも楽しめる、ワイルドな街(?)フランクフルト・オーダー。

その南にあるのが、元祖DDR都市のアイゼンヒュッテンシュタット。ちなみに、ちょっと南にあるノイツェレ(Neuzelle)という街には、大きいごてごての修道院があります。この街の南で、オーダー川がポーランドから流れ込んできてるのが分かりますか?

国境がナイセ川になったところにあるのが、本でも取り上げている、グービン

ザクセン州との境あたりにあるのが、バラ園の街、フォースト(Forst)

州境を超えてすぐのザクセン州にあるバート・ムスカウ(Bad Muskau)には、三色アイスで有名な(?)ピュックラー公爵がつくった庭園があります。

ザクセン州とポーランドを隔ててきたナイセ川は、そのあとチェコに入ります。というより、チェコが源流というほうが正しいですけれど。

ということで、ながーい、ながーいサイクリングコース。私は部分的にサイクリングしたことはあるけれど、全部通したことはありません。630キロというと・・・私のテンポだと10日から2週間くらいかかるかな。いつか走破したいもんです。

人気blogランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-02-21 01:46 | サイクリング

ヘレーネ湖 (Helenesee)

さて、話をフランクフルト・オーダーに戻しますよ。

オリエンテーリングで山の中を走って、よぼよぼになってベルリンに帰ってきたのに、その足でフランクフルト・オーダーに行き、死ぬかもしれないキノコを晩ご飯に食べたわけですが、私の受難はまだ続きます(^^;)。

ブルーメンコール君とトイプリングちゃんはサイクリングが好きです。
フランクフルト・オーダーに遊びに行くと、よほど天気が悪くない限り、みんなで自転車でどこかに行くことになります。それは橋を渡ったポーランドだったり、近場のサイクリングコースだったりするんですけれど、よく行くのはヘレーネ湖 (Helenesee)です。

ヘレーネ湖は、フランクフルト・オーダーの南8キロくらいのところにある250ヘクタールの湖です。ローカルな観光地としてすっかり定着しているところで、近くにはヨーロッパで一番大きいキャンプ場があるそうです。
約3000もあるブランデンブルク州の湖のなかでも、特に水質がいい湖で、その上サラサラの広い砂浜もあって、夏になるといつも人でいっぱいです。さすがにそんなステキな湖が放っておかれるわけはなく、最近になって、夏場は大人一日2.5ユーロの入場料を取るようになりました。

さて、このヘレーネ湖。名前を聞いて「あ、ひょっとして?」と思う人は、私並のブランデンブルク州マニアです。


ヒント:ヘレーネというのは女性の名前です。


女性の名前のついた湖というと・・・



炭鉱跡かも!


え~、炭鉱ってなによ??と話が全然分からないあなたは、まだ本の第7章を読んでいないに違いないっ(笑)。
ブランデンブルク州周辺では昔から石炭の露天掘りが行われていて、石炭採掘後に残る巨大な穴は、水を入れて人工湖に変えられることがよくあります。本に書いた「ラオズィッツ湖水地方」というのは、それを地域レベルでやっているわけですけれど、単発的に炭鉱跡を人工湖に変えることは結構前からあったんです。

それで、なぜ女性の名前の湖で炭鉱跡を連想するかというと、炭鉱には女性の名前がついていることがよくあるからです。
たとえば、ブランデンブルク州南部の街、グロースレーシェンにある「イルゼ湖」というのも、イルゼという炭鉱の名前にちなんでいて、そもそもイルゼというのは、炭鉱を管理していた会社の社長の長女の名前です(←マニアックすぎ)。

ヘレーネ湖の元は、1930年から1950年代後半まで採掘されていたヘレーネという炭鉱で、その後、湖として観光地化されていきました。

元炭鉱だった湖なんて・・・と思ってしまうけど、今はこんな感じです。

a0104785_2381313.jpg

a0104785_2395425.jpg


普通の湖でしょう!
それどころか、かなりきれいな湖です。炭鉱跡だなんて、言われなければ分からないし、言われても実感が湧きません。

さて、そんなヘレーネ湖に、私達は自転車で行きました。もう何回か行ったことがあるとはいえ、フランクフルト・オーダーからは8キロくらい離れていて、サイクリングコースとしては快適なのですが、帰りは長い上り坂があります。

勝手にポーランドにされている森の中を走ってよぼよぼになり、毒キノコの恐怖におびえ、翌日は炭鉱跡の湖に自転車で行く私。

あぁ、なんてブランデンブルク州テンコ盛りな休暇なんだ(T-T)

ヘレーネ湖に着いたのは午後3時くらいで、私達は砂浜で遅い昼ご飯&おやつを食べました。人で溢れている夏場とは全然雰囲気が違って、散歩をする人や、釣りをする人がちらほらいるくらい。静かに湖を見ながらお茶なんか飲んで、のんびりのんびり過ごしました。

人気ブログランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-10-25 23:26 | サイクリング

アルトランスベルク (Altlandsberg)

ブランデンブルク州というのは岐阜県3個分くらいの大きさがある、かなり広い州なんですが、ベルリンの周辺の地域には結構楽に行けます。今日は、ちょっと前に行った、アルトランスベルクという街と、サイクリングの様子を書いてみます。

ベルリンの地下鉄はベルリン市内だけ、Sバーンと呼ばれる電車は終点がブランデンブルク州である線が多いです。
今回は、自転車持参で、U5という地下鉄の終点駅、フューノウ (Hönow) まで行って、そこから自転車でブランデンブルク州の街、アルトランスベルクに行き、また延々とサイクリングをしてS-バーンの終点駅 エアクナー(Erkner) からベルリンに帰ってきました。

相変わらずというか、早起きが苦手な私が意を決して出かけたのはお昼の12時近く(^^;)。お日様ピカピカの日曜日だったので、「サイクリングにはちょっと暑すぎるかな・・・」とひるんでいたのです。いや、KIKI、行くと決めたら行くんだ!!
愛チャリ、ペーター君でU5の駅、アレクサンダープラッツまで行きます。日曜日は車も少ないし、街の中を走るのもそんなに面倒ではありません。
アレクサンダープラッツというのは、旧東ベルリンのシンボル、テレビ塔の前の結構大きい駅です。U5という地下鉄はこの駅が始発で、そこからベルリンの北東方向に向かって伸びています。

日曜日の昼過ぎに郊外へ向かう地下鉄は全然込んでいませんでした。のんびりゴトゴト各駅停車、いいですねぇ。ちょっと眠くなってきたところで(笑)、終点駅フューノウにつきました。

「・・・あ、なんもないかも」というのが第一印象のフューノウ駅。
駅ではあるけれど、それ以上の機能を果たすつもりはない、という感じで、お店とか、気の利いた案内とかはありません。うかつにも、ボールペンを忘れていたので、どこかで買おうと思ったのですが・・・ない。近くのベトナム系の何でも屋にもありませんでした。うむー。

ま、いっか。サイクリングに来たんだもんね。さっさと行くべ!と、ここからチャリの旅開始。
アルトランスベルクまで、地図で見ても10キロくらいはあります。車のビュンビュン通る道を避けるとなると、さらに遠回りだけど、せっかくサイクリングにきたんだから、静かな道を行く事にしました。

a0104785_18101869.jpg

街を離れると、一面の畑。小麦かな?向こうには、キレイに並んだ並木道が見えます。

a0104785_1814915.jpg

畑の隣のアウトバーン。ベルリンの環状線 (Berliner Ring) です。皆さん、本当にお急ぎですねぇ。私はチャリチャリいくよっ(笑)。

a0104785_18191121.jpg

一面の畑の中に、たくさんの鉄塔が建っていました。車はほとんど通らない道で、人もいないし、すごく静かです。この鉄塔、よほど高圧な電気を送っているのか、ミジミジ音がします。

そんな穀倉地帯を越えて、ようやく、目的地のアルトランスベルクに着きました。
街が出来て今年で777年だそうで・・・それを感じさせるものは街の中にはなかったのですが(^^;)こじんまりした、静かな街です。この街の旧市街地は、本でも取り上げた「町並みプロジェクト」という、旧市街を復活させる、ブランデンブルク州の取り組みの援助を受けています。

a0104785_18361820.jpg

街の一角はこんな感じ。塔の上にコウノトリがいます。コウノトリというのは、塔とか煙突の上に大きな巣を作るんです。こういう光景は、ブランデンブルク州の田舎でよく見かけます。赤ちゃんを運んでくるといわれるコウノトリですが、現実としてはむしろ逆で、少子高齢化が深刻そうな辺鄙な村なんかによくいます(笑)。

a0104785_1843203.jpg

さて、このコウノトリがいる塔のとなりにあるのが、実は私のお目当てだったレストラン。その名も「救貧院 (Armenhaus)」!昔、本当に救貧院だったそうで、今ではちょっといい感じのレストランです。テラスからは塔の上のコウノトリがよく見えます。

a0104785_18521474.jpg

はい、これが私のおそーいお昼ご飯。このレストランはドイツ料理がメインです。私はドイツ料理ってあんまり評価してない人なんだけれど(だってくどいし・・・)、この日は延々と自転車をこいで死ぬほどお腹が空いていたこともあって、こんなコテコテのシュニッツェル(とんかつ)も速攻たいらげました。うん、美味しかった。

救貧院で貪り食った(^^)後は、直線距離にして15キロくらい離れたエアクナーに向かいました。あくまでも、直線距離で15キロですからね。実際はどのくらいなんだろう。その上、サイクリングコースはないところで、激しく迷ったりしたので、エアクナーにつくころはもうくたくたでした。
アルトランスベルクからエアクナーまでは、住宅地が多いので、自然の中でサイクリングをするなら、アルトランスベルクから北上する方がいいかも。

ベルリンの公共交通機関を上手く活用すれば、大して交通費をかけずにブランデンブルク州をエンジョイできます。ちなみに、私は学生定期をもっているので、今回の旅行の交通費はゼロ。低予算でも結構楽しめるもんですよ。

人気blogランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-08-24 19:23 | サイクリング