ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
フォロー中のブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ハイキング( 3 )

オリエンテーリング

この日曜日、友達の「のりあきさん」(女性です)に誘われてオリエンテーリングをしました。
オリエンテーリングというと、本の「おわりに」でも触れているように、子供の遊びというイメージがありますが、実は大人が本気になってやるスポーツでもあるんです。
それを教えてくれたのがのりあきさんで、彼女は夫の「にわっちさん」と何度かスポーツとしてのオリエンテーリングをやっています。

以前にのりあきさんからオリエンテーリングの話を聞いて、1回やってみたいと思っていたんです。そうしたら、先週の金曜日に「1グループ3人でやるオリエンテーリングが日曜日にあるけど、1人来れなくなっちゃったから、KIKIちゃん、どう?」というお誘いを受けました。
「やるやるっ!」と言いたいところでしたが、各人が

山あり谷ありのところを3キロちょっと

と聞いてひるみ、

実は全国大会

と聞いて、すっかりびびってしまいました。

だって・・・初挑戦で全国大会はないでしょう。
それに、3キロって直線距離にしたら、の話です。
ド素人が地図とコンパスだけで山の中に放り出されたら

遭難しちゃうよ(T-T)

え~、どうしよっかなぁ・・・と思っていると、のりあきさん、
「いやー、ブランデンブルク州マニアのKIKIちゃんだしさぁ」とおっしゃる。
会場はベルリンの北東のバート・フライエンヴァルデ (Bad Freienwalde) という街。

あっ、そこはまだ行ったことない!!

ということで、オリエンテーリングに飛び入り参加する事にしました(笑)。

さて、当日。
ゾヤ君も連れて行こうと思っていたのですが、説得に失敗し、私一人で朝5時起き。
ベルリン中央駅を6:34発の電車でGO!
のりあきさんとにわっちさんと車内で合流し、夜明けのベルリンと、朝靄のたちこめる田舎の風景を楽しみつつ、「オリエンテーリングとはなんぞや」というレベルから説明をしてもらいました。
今回は団体戦なので、はじめににわっちさんが走り、その後のりあきさん、最後はにわっちさん同伴で私、というふうにやります。

よかった、遭難しないで済みそうだ☆


さてさて、オリエンテーリングに使うものをご紹介しましょう。

a0104785_6344028.jpg

競技に持って行くものはコンパスとスティック状のチェッカー。
以前はスタンプだったそうですけれど、今ではハイテクなチェッカーを使います。メモリースティックみたいな感じで、チェックすると、通過時間などが記録されます。

a0104785_6351092.jpg

これが、チェックポイント。
棒の上に、チェッカーを差し込む機械がついています。
初めて見て、「え、こんなの見つからないよ・・・」と、思いました。腰より低いくらいの高さのが森の中にポツンと立っていたって、そう目立ちません。それに、会場は落葉樹の林で、今ちょうど紅葉がキレイなので、このオレンジも目を引きそうにありません。

a0104785_6353184.jpg

競技の様子はこんな感じ。
これは、第一走者が来るのをゴールで待ち構えている第二走者。
本当は山の中の写真を撮りたかったんですけれど、そんな余裕こいてる場合ではありませんっ!

a0104785_6355085.jpg

これが私がもらった地図。
チェックポイントは12個あって、それを番号順にチェックしていきます。地図は前の走者から(第一走者はスタートしてから)もらいます。ということは・・・走りながら自分がどこに行くのか決めないといけないわけです。
ちなみに、チェックポイントはたくさんあって、自分の地図に書かれている数字のポイントでなければ見つけても無駄です。コースはいくつもあるようで、前の人について行っても意味がない可能性大なんです。

さあ、のりあきさんから地図をもらって、にわっちさんと行きます!

スタートしていきなりの下り坂。え、ということは・・・
そう、その次は思いっきり上り坂。
あぁ、お尻が筋肉痛になってしまう・・・(><)

そして、途中で2つくらいチェックポイントがあったんだけれど、それは私が探さないといけないのではなくて、ぬか喜び。

「このまま行っていいの?」とにわっちさん
「・・・と思うけど」
「地図よく見てごらんよ、ここに道があるでしょう、これは後ろのあれね」
「えっ!」
「僕はもう見つけちゃったけどね~」

・・・最初のチェックポイントからして難しすぎ(怒)

そして、道なき道をぐんぐん行きます。
私は、そこらじゅうに生えているキノコが気になって気になって仕方なかったんだけれど、そんなことにかまっている場合ではないっ!他の参加者は、山の中を走っています。あんなスピードで走りながらなぜ地図が見られるのか??・・・すごい。

散々迷って、でもなんとか8個目のチェックポイントまでたどり着きました。9個目はゴールに近いところにあって、速い人はここから残りのポイントを3分で見つけてゴールするそうですが、私はここからが大変。だって、8個目のチェックポイントのとこで、にわっちさんが「後は簡単だから1人でいけるよねっ!」って言って帰っちゃったんだもん。
確かに、後から考えると、それ以前のよりは簡単なんだろうけれど、私は10個目を見つけるのに9分近くうろうろしました。それを見つけられたのは、右の方からえっさほいさと来る人が何人かいたらからです(笑)。
コンパス、全然使いこなせてません。

でもまぁ、なんとか残りのポイントもクリアし、無事ゴール。
記録は1時間11分。
ド素人としては、まず帰ってこられただけで十分です。
ちなみに、にわっちさんとのりあきさんは二人とも30分弱でゴールするという、素晴らしい速さでした。

今回の大会に参加している人を見て気付いたのは、参加者の層が広いということ。老若男女、誰でも楽しめるスポーツのようです。プロっぽい人もいる一方で、そうとも思えないようなおじさん、おばさんや、子供もいました。服装も自由で、ピリピリした雰囲気はありませんでした。

自然はゆっくり楽しむものだと思っていたので、山の中をダッシュしていくのはおもしろい経験ではあったものの、私はやっぱり、じーっとキノコを観察したい人です(笑)

人気ブログランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-10-18 08:18 | ハイキング

魔女が踊る場所:ターレ (Thale) (2)

(うまく写真がアップできてなかったらごめんね!)

インフォのおじさんは1時間で「魔女が踊る場所」に行けると言っていたショートカットコースですが、のんびり写真を撮ったり、休んだりしているともう少しかかります。

登っていくと、車の通れる道に出ました。近くには野外劇場があって、結構たくさんの人がいます。ここからはアスファルトのなだらかな坂です。「魔女が踊る場所」まであと300メートルくらい。ドキドキ。

坂を上りきると・・・駐車場。かなり広くて、車やバイクや人でいっぱい。お土産やさんやカフェや子供の遊び場もあります。

あの・・・私、もっとしみじみしたところを想像してたんですけど。

魔女が踊るところってどこ?魔女、魔女・・・あ、これかな?
大きな石が円形に並べられているところに魔女らしき彫像が。みんなそこで写真をとっています。

a0104785_4135282.jpg

それにしても・・・この魔女、ちょっとひど過ぎ(笑)。スッポンポンだし、お尻に蜘蛛とまってるし、ネズミもいるし、何より非常に醜い。

a0104785_4195752.jpg

そんな前でみなさん楽しそうに記念撮影。あ、坊や危ないっ!とっさに掴むのはやはり魔女の長~い鼻。たくさんの人が触っていくので、ピカピカになっています。

a0104785_4221716.jpg

こっちの石の上には悪魔がいます。同じくスッポンポンで・・・醜い。片方の足は動物のヒヅメになっています。

a0104785_4275737.jpg

そしてこれは・・・あはは、ブタみたいなモンスター。犬みたいにしっかり座っていてなんだか妙に凛々しいなぁ。

みやげ物屋さんでは魔女の人形などがたくさん売られていました。せっかくだから何か買っていこうかな、なんて思ったんですが・・・
魔女、みんな怖くてエグイ顔してるんです。魔女の本場(?)ドイツでは、魔女というのは醜いと決まっているようで、かわいらしい魔女がいないんです。日本だと、「魔法使い」という感じでかわいい魔女のキャラクター(魔女の宅急便のキキとか)いるのにね。
さすがに、怖そうなおばあさんを部屋にぶら下げる気にはならなかったので、魔女グッズは断念(^^;)

展望台から景色を眺めて、その隣にあるホテル(ホテルまであるんです!)のレストランでケーキを食べてちょっと一息。
いやはや、「魔女の踊る場所」がこんなに観光地化されているとは知らなかった。

私もゾヤ君も、来た道を下って山のふもとまでいく気力がなかったので、帰りはロープウェイで降りました。お一人様3ユーロ。ほとんど待つことなく乗れました。

高所恐怖症というわけではないけれど、結構ドキドキしました(^^)
キョロキョロ見ていたら、背後の山の斜面にすーっと光がさしました。何てことないようで、こういう光景をしばらく見ていなかったので妙に感動。
私達が1時間以上かけて登ったところも、ロープウェイではあっという間でした。

ベルリンから週末チケットを使って日帰り旅行をするとなると、交通の便がいいターレがお手軽ですが、ここを起点にしてハーツ地方を本格的にハイキングするのも楽しそうだなと思いました。
ターレの3つ前の駅はクヴェドリンブルク (Quedlinburg) という、ユネスコの世界遺産になっている、中世の町並みがとてもきれいな街です。今回は時間がなかったんですが、前回ターレに来た時は、ハイキングの後に観光しました。
ハーツ地方には、ザクセン=アンハルト州とニーダーザクセン州をまたいだ、ハーツ国立公園もあるし、ブロッケン山もあるし、クヴェドリンブルク以外にも面白そうな街がいくつかあるので、時間とお金があったら(^^)もっと深入りしたいエリアです。(おわり)

人気blogランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-08-29 04:24 | ハイキング

魔女が踊る場所:ターレ (Thale) (1)

昨日(日曜日)、久しぶりに週末チケットを使って、ザクセン=アンハルト州のハーツ地方(Harz 「ハルツ」と書かれることも多い)の街、ターレ (Thale) に行ってきました。今回のお目当ては・・・

魔女が踊る場所。

ドイツ語でHexentanzplatzといって、直訳すると、「魔女が踊る場所」。
かつて魔女が集まって騒いだり、悪魔や魔物とよからぬことをする場所とされていたとこです。ハーツ地方の最高峰、ブロッケン山では毎年4月30日の夜にドイツ中の魔女が集まるとされていました。これはヴァルプルギス夜祭としてドイツではよく知られています。

そんな、魔女と関わりの深いハーツ地方というのは、ブランデンブルク州の西にあるザクセン=アンハルト州と、その西にある、旧西ドイツのニーダーザクセン州をまたいだ山がちな地域です。ベルリンの周辺には山がないので、ハイキングをするとなると、このハーツ地方がおそらく一番近いでしょう。

さて、ブランデンブルク州の西にあるザクセン=アンハルト州。ブランデンブルク州に負けず劣らず影の薄い州ですが(笑)ステキなキャッチフレースで私のハートをわしづかみにしました。それは・・・

a0104785_1494514.jpg


「私達は早起きです (Wir stehen früher auf)」


冗談じゃなく、本当に州の公式キャッチフレースなんです。統計をとったところ、ザクセン=アンハルト州の人は他の州の人より早起きだったらしい。
なぜこれが州の宣伝になるのかというと、早起きというのから連想させる、働き者だとか、人よりがんばるとか、一歩先を行くとか、そういうポジティブなイメージというのがあるからだそうです。それで、ザクセン=アンハルト州はいろんなところで「私達は早起きです」と断言しています。
この写真は、電車の車体に書いてあったもので、上がザクセン=アンハルト州の紋章。
・・・すごいぞ、ザクセン=アンハルト州。早起きが苦手な私はブランデンブルク州でいいよ(笑)。

さあ、そんな早起きな州の、魔女が踊る場所に行くには、こっちもちょっと早起きをしないといけません。だって、旧東ドイツの東側にあるベルリンから旧西ドイツの境界線に近いところまで行くんですからね。ベルリンから電車で3時間半かかります。
リッチな人は直通の電車とか、新幹線みたいなのを使えばもう少し短い時間でいけるのかもしれませんが、お財布の中身があんまり・・・な(笑)私とゾヤ君のお出かけとなると、頼りは「週末チケット」です。

「週末チケット」とは、「土曜日か日曜日ならドイツ中の電車乗り放題!でも鈍行電車だけね」という、時間はあるけれどお金はない人にはぴったりの切符。一枚33ユーロで、最大5人まで一緒に行けます。
その気になれば、かーなーりお得なチケットなんだけれど、かつては土日有効だったし、この数年でどんどん値上がりしてるんですよ。ちょっと前は30ユーロだったのになぁ。
こんなチケットがあるものだから、毎週金曜日になると私は「週末、どっか遠くへ行こうかな」と落ち着かないわけです(^^)
前もって電車の時間を調べておいて、めちゃめちゃ早起きすれば、一日でスゴイ距離を移動できます。私はこのチケット一枚で、オランダの国境まで行ったことがあります。

今回行ったターレという街は、ハーツ地方ではベルリンから一番簡単に行けるところで、地元の観光地として子供連れやお年寄りなどにも人気がある場所です。

a0104785_230279.jpg


これがターレのパンフです(見にくくてすみません)。
山のふもとにロープウェイが2つあって、左側の山の上に「魔女の踊る場所」があります。
ロープーウェイで上まで行ってもいいのですが、ハイキングコースがあるので、歩いて頂上まで行く事もできます。前回ターレに来た時は右側の頂上に歩いて行ったんですよ。今回は左側のハイキングコースを行きます。

a0104785_2425327.jpg

街の中にこんな看板がいくつかありました。上にちゃんと魔女がいますよ。
駅の近くにインフォもあるので、まずそこで地図などを手に入れるといいでしょう。

地図などを見ると、魔女の踊る場所に行くハイキングコースは街のはずれからということになっていますが、実はショートカットコースがあるんです。これはインフォのおじさんに聞いて分かったことです。
おじさん、「あぁ、この地図は混乱するだけだからね、本当はここからいけるんだよ」なんて、なんでちゃんと描いてないの~?!
・・・ということで、
☆ショートカットコースの見つけ方☆
ロープウェイの前の道は川沿いのキレイな散歩コースに続いています。そこををしばらく行くと、小さな橋があります。その橋を渡ったところにレストランがあります。そのレストランの脇の斜面からショートカットコースが始まっています。一見すると、けもの道のようにこっそり始まっているので、見落とさないように!ショートカットと言っても、2.5キロくらいあって、ずっとのぼりなので、ちゃんとした靴で行きましょう。

a0104785_257886.jpg

ハイキングコースはこんな感じ。ごつごつした石でできている道が続いています。周りの木は落葉樹で、緑がとてもきれいです。必要以上の手を加えていない感じで、人の行き来も少ないので、静かに自然を楽しむことができます。

a0104785_332426.jpg

ハイキングコースの途中の見晴らし台からの景色。
ターレはハーツ地方の入り口にある街で、ここからこんな山の中に行く事もできます。

ハーツ地方の最高峰のブロッケン山は旧東ドイツでは一番高い山なんですが、それでも1142メートルと、日本の感覚からするとそんなに高くありませんよね。当然、その周りほとんどの山は1000メートル以下です。
前回初めてターレに来た時「なんか落ち着くなぁ」と思いました。初めて来たところなのに、どうしてだろう?と考えてすぐに分かりました。・・・実家の周辺の山の風景に何となく似ているんです。
視界のどこかにいつも山があるって、日本では結構普通ですけれど、北ドイツって平地なんです。ベルリンもブランデンブルク州も、信じられないほどまっ平ら。そんなところからターレにくると、岐阜県人KIKIは妙にホッとするのです。ベルリンに片足を突っ込んだブランデンブルク州出身のゾヤ君は山を見ると非日常なものを感じてウキウキするようですけどね(^^;)

a0104785_333692.jpg

さて、だいぶ上まで登ってきましたよ。私が息を弾ませている横を、ロープウェイがすいすい上がっていきます。「魔女は飛べたんだよな・・・」なんて思いながら、まだまだ登ります。(つづく)

人気blogランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-08-28 04:04 | ハイキング