ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
フォロー中のブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

生物圏保護区の危機(2)

生物圏保護区ショーフハイデ=コリーンを巡る議論の続きです。

ブランデンブルク州北部で作られたエコエネルギーを他の地域に引っ張ってくるためには高圧電流の鉄塔が必要で、それが生物圏保護区を通るのは仕方ない。・・・というのが電力会社ヴァッテンファルの言い分なのですが、本当にそれは仕方なくて、当然のことなのか?というと、そんなことは全然ありません。反論する根拠はいろいろあります。

まず、環境保護の面から。
・高圧の電流が直接流れる鉄塔を作ると、そこで鳥が感電死する可能性があります。生物圏保護区にはいろんな鳥がいるわけで、鳥類保護の観点からすると言語道断です。
・延々と鉄塔が続くことで自然保護区としての景観が損なわれます

地元住民にとって。
・高圧電流というのはそもそも体によくないみたいで、発ガン性があるそうです。最悪、住民に健康被害が出ます。

環境保護&地元としては、百歩譲って、せめてそのケーブルを地下に埋めてくれと言っているのですが、それは地上に鉄塔を建てるよりはるかにコストと時間のかかることなので、電力会社はやる気なし。
でも、地元の要求っていうのはそんな高飛車なことでもないんですよ、だって、ニーダーザクセン州やバイエルン州では、センシティブな地域(多分自然保護区とかのことでしょう)に高圧電線を引く事を禁止する法律があるんです。いってみれば、他の州では非合法なことを電力会社はブランデンブルク州でやろうとしている。弱いところを突かれたというか、経済優先というか。

この鉄塔を巡る問題で「なるほどー」と思ったのは、これが単純にブランデンブルク州北部の話だけで済んでいないことです。
電力会社がさっさと鉄塔を作りたがっている背景には、将来的に東ヨーロッパから電力を引っ張ってくる計画があるからです。こうなると、単純に一企業の利益というだけでなく、エネルギー政策というか、政治的なニュアンスも絡んできますね。
それで、東ヨーロッパやロシアから引っ張ってこようとしているのが、原子力や石炭を使って作った電気です。・・・現在、ドイツはG8の中で原発廃止ということにこだわっている唯一国だということを考えると、「自分の国の中では廃止しておきながら、他の国で作られたエネルギーに頼るつもりですか?」と非難されてもしょうがないでしょう。そして、政治的な決断が下される以前に、すでに電力会社はいろんな計画を立てている。・・・いいんですか、それで(--;)。

さらに私がカチンときたのは(←ええ、もちろん来てます)、ドイツの北東部(ってことは旧東ドイツがメインでしょう)の風力発電で作られた電気がドイツの南西部に輸送されているということです。将来的にはバルト海で作られた電気もそっちにいくらしい。
・・・えぇ?経済に詳しくないから分からないだけかもしれないけれど、なんで東の隅っこで作られた電気が対曲線の反対側にある地域に運ばれなきゃいけないだろう?そんなことをすれば輸送にも時間とコストがかかるし、途中で失われる電気も多いだろうに。

そして、ガーンときた(←きてる、きてる)のは、ドイツの「再生可能なエネルギー」の41%は旧東ドイツで作られているけれど、旧東ドイツで使われているのはそのうちの18%に過ぎないということ。
経済云々と関わりのない者のナイーブな発想かもしれませんけどねー、なんで地元で作ったエコエネルギーをできたてほやほやで地元の人に使わせないんだろう?高いからかな。鉄塔だのなんだの作って無駄なことする以前に、旧東ドイツ全体をエコエネルギーでカバーすることだってできるはずなのになぁ。
ブランデンブルク州南部からザクセン州北部にかけて(「ラオズィッツ」著書第7章参照)では、まだ石炭を採ってます。そのためにこれからもたくさんの村を立ち退かせて、地面を掘っていく気でいる。そんなことしなくてもいいはずなのにまだやっているのは、やっぱり経済優先&安い電力ってことにこだわってるからでしょう。

考えてると悲しくなってきます。少なくともエネルギー関係においては、旧東ドイツというのはまるで発展途上国のような立場じゃないですか。自分のところで消費しないものを安く作って、それをリッチなエリアに供給している。「カカオ農場で働く人たちはチョコレートを食べていない」って話みたい(T-T)。なんかフェアじゃないな。

ヴァッテンファルがどこまでアクドイのか(笑)ってのは分かりませんが、ブランデンブルク州&Co.の電気関係のことはこの会社がやっていて、ラオズィッツの石炭にしても、ウッカーマークの風力発電にしても、この会社が絡んできます。利益を追求することが企業の仕事とはいえ、私はどうも気に食わないので、ウチはヴァッテンファルから電気を買ってません。もっとエコにやってるエネルギー会社があるので、ちょっと高いけど、そこの電気を使っています。ゴマメの歯軋りといえばそうですが、エコとかフェアトレードとか環境問題とかはゴマメの歯軋りをみんなでやることで動いていく事だと思うので(チーム・マイナス6%とか、いいんじゃないですかね^^私は何気に参加してますよ☆)こんなブログでもブツブツ言ってみたくなります。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-07-27 00:19 | 自然保護区/公園

生物圏保護区の危機(1)

ベルリンの北東、バーニム郡とウッカーマーク郡(著書132ページ参照)にまたがる地域に、ユネスコに登録されている自然保護区「生物圏保護区ショーフハイデ=コリーン(Biosphärenreservat Schorfheide-Chorin)」(公式ホームページはここ)があります。現在、この生物圏保護区の存続にも影響しかねない問題が持ち上がっているのでご紹介します。

自然保護区というのが、必ずしも「まぁステキ~♪」というものではなく、場合によっては地元の産業や人々の暮らしを脅かすものであるということについては「国立公園シリーズ」を読んでくださったかたはもう分かっていると思うのですが、今回の場合は、対立の構造としては地元vs大企業です。

ベルリンから離れたブランデンブルク州の田舎に行くと、いたるところに風力発電の風車とか、バイオマスのプラントみたいなのがあります。エコエネルギーとか、再生可能なエネルギーとか、そういう部類に分類される方法で発電をしているんです。そういうのができるのは田舎ならではだし、原発だの石油だのに頼るよりはよっぽどいいと思います。
ただ・・・そうして(ド)田舎で作られたエネルギーを遠くの街や地域に引っ張ってくるにはケーブルとか鉄塔とか、そういうのが要ります。今回の問題はそれが焦点。

ベルリンや旧東ドイツあたりの電気というのは、スウェーデンのエネルギー会社「ヴァッテンファル(Vattenfall)」が管轄しています。それで、ヴァッテンファルはブランデンブルク州北部で作られた「エコエネルギー」を他の地域に回したいともくろんでいて、そのために高圧電流の流れる鉄塔を作る気でいます。

a0104785_19183070.jpg
高圧電流の流れる鉄塔というのは多分、こういうやつ↑。これは以前ベルリンの東のアルトランスベルクにサイクリングに行ったときにあったものです。高さ50メートルくらいのこういう鉄塔を延々と作って電気を運ぶのです。・・・そして、それがどうやら例の生物圏保護区を通るらしい。

というのが今回の問題です。
こんな鉄塔を生物圏保護区に作るっていう発想自体が間違っていると思うのですが、企業側の理屈からすると、作らなきゃいけないんだからしょうがない。でも、自然保護を優先するのが自然保護区の本来の姿じゃないのか?いくら大企業とはいえ、自然保護区を危機に晒してまで一企業の利益を優先させる必要があるのか?当然、環境保護系の人や地元の人は反対するわけです。
それに微妙なんですよね・・・エコエネルギーは大いに結構。でも、エコならなんでもいいのか?エコエネルギーのために何が犠牲になっているのか?そうやって作られる「エコ」は本当にエコなのか?私たちが「エコだから」と安心して(高いお金を払って)消費するものが、実は意外なところで意外なものを犠牲にして成り立ったものかもしれない・・・。

長くなるので、続きはまた今度!

人気ブログランキングへ←クリックよろしく☆
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-07-23 19:45 | 自然保護区/公園

東ドイツの新語

a0104785_18362573.jpg

先日、大学の図書館で面白い本を発見しました。

「東ドイツの新語」 根本道也著 同学社 (1981)

その名の通り、DDR特有の語彙を集めて解説した本です。

まず、表紙の写真がクラシックで私は萌えました(笑)。FDJの青い服を着たおねえさん(老けて見えるのは気のせいだろう^^;)と、Jung Pionierの子供たちが楽しそうに語らっています。
「新語って、これ、いつの本?」と思ってみてみると、1981年の発行。・・・すごい、私が1才の赤ちゃんだった頃の本。
パラパラめくって見ると、ただの辞書というより、解説書という感じで、ずーっと読んでいってもなかなかためになる。それに、「はじめに」とかDDRの歴史や背景を説明した部分を読んでいて、「あぁ、この人はDDRが好きなんだな、この国のことをもっとみんなに知ってほしくてこの本を書いたんだろうな」と思えてきて、私は非常に好感を持ちました。

せっかくだから、この本から、ちょこっと引用してみます。

まず、この表紙のおねえさんが着ている青い服、これはFDJの制服です。ちなみにこれ、私持ってますよ、前にオババからもらったんです。(「おばばんちのパズル」参照)

FDJ(Freie Deutsche Jugend)とは・・・
「自由ドイツ青年同盟」。公認された唯一の青年組織として、大衆組織の中で重要な位置を占める。加入は14歳以上。自由意志による。1946年3月に、反ファシズム民主青年大衆組織として設立された。活動面ではドイツ社会主義統一党(SED)の指導を受け、同党の戦力予備軍である青少年たちの共産主義教育を担当する。社会的諸活動を行う他、大学においては企画や運営にも参加する。人民議会(VK)には40人の議員団を送っている。FDJはまた、1948年以来民主青年世界連盟に、1950年以来国際学生連盟に加盟している。シンボルはFDJのマークのついた青い旗。日刊紙”Junge Welt"(「若い世界」)、月刊誌”Junge Generation"(「若い世代」)をもつ。

そして、Junger PionierまたはJunge Pioniere(複数形)(略JP)とは・・・
少年ピオニール団員。上記のPionierorganisation の団員を総称してこう呼ぶが、さらに下級生と上級生を次のように呼び分けている。
第1~4学年(7~10歳)の団員:Jungpionier「幼年ピオニール」
第5~7学年(11~13歳)の団員:Thälmann Pionier「テールマン・ピオニール」
呼び方がたがいにまぎらわしいので注意を要する。現在の団員は約200万人、すなわち同世代の99パーセントに及んでいる。


Pionierorganisationの説明はちょっと長いのでカット。
ピオニール(発音としては「ピオニーア」の方が近いような気がするけど)の挨拶というのはおもしろくて、「Seid bereit!(備えよ!)」と言われたら声を合わせて「Immer bereit!(常に備えあり!)」と答えるのです。これ、私大好き(^^)。

この本でいいなと思うのは、ガチガチの用語説明だけではなく、筆者の観察した実際の様子が反映されていること。たとえば、このピオニールの挨拶のところでも、

「もちろん、日常生活の中でいつもこんな挨拶をしているわけではない

とか、FDJの挨拶のとこでは

「団員どうしが公的な場で交わす挨拶の文句は”Freundschaft"(友情)である。(しかし、私生活ではざっくばらんに「エイ」などと声をかけ合っている。)

フィールドワークが生きているなぁという感じです。

驚いた事に、この本、まだ絶版にはなっていないみたいです。出版社のホームページはここ。興味のあるかたはどうぞ。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく☆
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-07-17 19:50 | DDRを知ろう

風呂厭さん

昨日の夜、ゾヤ君と一緒に散歩を兼ねて買い物に行きました。家の近くにはいくつかスーパーがあって、昨日は10時まで開いているスーパーに9時頃いきました。今回はそこであった出来事について。

いつものように買い物をしていると、なんだかすごく嫌な匂いがどこからともなくしてきたんです。これは・・・と思って周りをキョロキョロしてみると

あ、やっぱり(><)!

ボロボロのコートを着て、片手にアルコール飲料のビンとおぼしきものを持って虚ろな目でよろよろと歩くおじいさんを発見。
こういう人を何と呼べばいいんでしょうかね?浮浪者かな。ホームレスとか〇〇中毒者というのは確率としては高そうだけど、必ずしも当てはまらないし。そのおじいさん、私が知っている範囲で一番近い雰囲気としては・・・

a0104785_17255351.jpgフロイト。特にこの肖像画のフロイト。
・・・フロイトを尊敬してる人、ごめんなさい。でも、本当にこういう感じのおじいさんだったんですよ。ホントはエライ人なので、彼の名誉のためにもウィキにリンクを張っておこう。スーパーにいたおじいさんを偉大なるフロイト(←って、私は尊敬してないですけど^^;)扱いするのもなんだから、「風呂厭(フロイト)さん」と呼ぼうではありませんか。当て字として、これほどのジャストミートはないような気がするぞ!

さて、この風呂厭さんですが、完全におかしくなっているわけでもないようで、いろんなコーナーを見てお買い物をしています。いいんですよ、普通なんですよ、でも彼の通ったところにすさまじい残り香が漂うのです。どんな匂いかというと・・・

汚いトイレの匂い+生乾きの洗濯物の匂い+ワキガ+・・・

うぅ、このくらいでやめておこう(--;)。
とにかくスゴイ匂い。ちょっとお風呂に入っていないとか、汗まみれとか、そんな次元の匂いではない悪臭。「鼻をつんざく」って表現は多分ないんでしょうけれど、そういう感じ。鼻と同時に目に来る異臭。
こういう人、ベルリンでは時々いるんですけれど、私の経験した中ではこの風呂厭さんの匂いのキツさはかなりのもの。屋外じゃなかったから余計に強く感じただけかもしれないけれど。

スーパーは平日の閉店一時間前でかなり空いて、レジに行くと前には一人並んでいただけ。レジの隣で、店員のお兄さんが、レジ打ちのお兄さんに「もうすぐスゴイのが来るから覚悟しろ」みたいなことを言っているのが聞こえ、「まさか・・・」と思って振り返ると

あ、風呂厭さんがレジに来る!
・・・そして私の後に並ぶ(T-T)

レジのお兄さんと私は目をシパシパさせ、むせながら顔を見合わせて言葉にならないコミュニケーション。涙目で「吐きそうだ・・・」といいつつ、大慌てでレジ打ちをするお兄さん。もうパニックでお釣り間違えるし。私の会計が終わるとお兄さんは大慌てでレジ近くの窓を開けました。

うちに帰って、ゾヤ君としみじみこの風呂厭さんについて分析をしました。
お酒、それもウォッカ系の強そうなののビンを持ってたから、少なくともアルコール中毒ではあるんじゃないか?ホームレスとは限らないけれど、あの匂いでは普通の社会生活は送れていないだろうetc. 
そしてゾヤ君「ああいう人、DDRにはいなかったな・・・。」

この発言を聞いて、前回の「9人に1人は壁を望んでいる」という話を思い出しました。今の社会は自由で何でもアリだけれど、周りからの拘束が全然ないというのは、ある意味冷たいし、果てしなく孤独な生活をすることにも繋がっていく。自分で人生を切り開いていける人はいいけれど、そうじゃない人はどんどん落ちて行ってしまう。

「日本でああいう人、居た?」と聞かれて、そういえばいなかったかもしれない、と思いました。ホームレスは居たけれど、公園や駅で複数で暮らしている感じだったし、あんなひどい異臭を放ちながらフラフラとスーパーに買い物に来る人は・・・少なくとも私は会った事がなかったと思う。それに、東京や名古屋のような都会にはホームレスが居たけれど、実家のある田舎ではいないですしね。田舎じゃできないことなんでしょう、きっと。

風呂厭さんのような人は、DDRだったら、問答無用で病院だの施設だの刑務所だのに送り込まれていたかもしれないし、果たしてそこでマトモな扱いをされたかどうかというのは別の話ですけれど、家族とか、近所とか、社会の目があったという点で、DDRと(私が知っている)日本の社会っていうのはちょっと被るところがあるかな、という気がします。最近は日本もそんな悠長なことを言ってられない国になってきているんでしょうけれどね。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-07-12 18:59 | ベルリン生活

壁があるほうがいい?

ネットで新聞を読んでいて面白い記事を見つけました。タイトルは

「頭の中の壁―世論調査:ブランデンブルク州とベルリンの9人に1人は壁を望んでいる」

ここで壁というのはもちろんベルリンの壁のことです。短い記事なので、全文載せます。

Mauer in den Köpfen
Umfrage: Jeder Neunte in Brandenburg und Berlin will die Mauer wieder


Berlin - Nach einer von der Freien Universität (FU) beauftragten Umfrage unter 2000 Berlinern und Brandenburgern will noch immer jeder Neunte die Mauer wiederhaben. Der Aussage "Es wäre besser, wenn die Mauer noch stünde" stimmten in Westberlin elf Prozent und in Ostberlin zwölf Prozent der Befragten zu, berichtete FU-Politologe Oskar Niedermayer heute in Berlin. Im Brandenburger Speckgürtel antworteten neun Prozent der Interviewten mit Zustimmung. An den äußeren Rändern Brandenburgs waren sogar 14 Prozent der Befragten der Meinung, mit der Mauer ließe es sich besser leben. Die FORSA-Umfrage wurde Ende März und Anfang April durchgeführt. dpa
(Märkische Allgemeine より)

<概訳>
ベルリン自由大学がベルリンとブランデンブルク州の2000人を対象に行った世論調査によると、9人に1人がベルリンの壁があったほうがいいと思っている。
西ベルリンでは11%、東ベルリンでは12%、ベルリン郊外のブランデンブルク州では9%、ブランデンブルク州の隅っこの地域では14%の人が「ベルリンの壁があったほうがいい」と答えた。

ふむ・・・。9人に1人というのは多いのか、少ないのか?
私は正直言って驚かなかったんですけれど、多いといえば多いかな。
まぁ、「ベルリンとブランデンブルク州の人」と言っても、どんな背景の人なのかっていうのがポイントですしね。誰が「ブランデンブルク州人」なのか、「ブランデンブルク州人」は「元DDR国民」なのか?というのがなかなか難しい質問であるというのは本でも述べている通りです。

ベルリンの壁というのは単純にあのコンクリートの塊ではなく、DDRという国やDDR時代の社会システムのことを指しているわけで、「元DDR国民」に限っていえば、「DDRの頃のような生活を再びしたい」と思っていると考えていいでしょう。
このブログでも何度か触れているのですが、DDRって確かにきな臭いところはあったけれど、それなりにいいところもあったわけです。失業の心配もなかったし(「計画経済と労働の権利」)、豊かとはいえないとしても安定した生活が保証されていたというのは、今から考えるとスゴイことです。特に、壁崩壊後にガタガタっと生活の基盤を崩されてしまった「元DDR国民」にとっては、「あのころ」を取り戻したいという思いはあってもおかしくないと思うんですね。

DDRの末期の経済・社会状況を考えると、ベルリンの壁が21世紀の現在まで存在するっていうのはありえない話ですけれど、東西ドイツ統一といいつつ完全な「吸収合併」をされて、ここまでボコボコにされるとは、「元DDR国民」のみなさん、思ってなかっただろうしなぁ(^^;)。9人に1人くらい、ヤケッパチになってもおかしくないんじゃないでしょうかね。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-07-11 07:30 | 現代旧東ドイツを知ろう

授乳する先生

大学&プライベートであれこれやってるうちにすっかり更新が遅れてしまいました。忙しいというか、気ぜわしいというか。でも元気にやってるのでご心配なく(^^)。

久しぶりに学生生活について。
今日は、授業の途中で先生の授乳タイムがあるゼミについて語りましょう。

以前、ジェンダー学の授業で、お父さんとおぼしき男子学生が赤ちゃんを連れてゼミに参加したことについて書きました。(「子連れゼミ」参照)
今学期取っている授業、これもジェンダー学の授業なんですが、そこではナント、

ゼミの途中で先生の授乳タイムがあるのです!

・・・これは珍しいと思う。
「え、ゼミの参加者の前でおっぱいあげるの?!」って、さすがにそこまでじゃないんですけれどね。ちょっと説明しないとわかんないな、これは。

このゼミの形態はちょっと変わっていて、いわゆる「ブロックゼミ」です。毎週同じ時間に行われるのではなく、主に週末にまとめて行われる、まぁ、「集中ゼミ」みたいなもんです。サクッと終わっていいのですが、授業時間数は毎週あるゼミと大して変わらず、何時間もぶっ続けで授業があるわけで、必ずしも楽というわけではありません。

さらにこのゼミというのは、極端なブロックゼミで、1回目は普通に90分の授業でミッチリ説明&計画立てをして、2回の金・土をフルに使って終わり(つまり5回で終了)というものです。ちなみに、昨日、そのゼミの3回目の授業が10時から6時までありました。

そのゼミの先生には生まれて数ヶ月の赤ちゃんがいて、先生は母乳で育てています。そして、ゼミの時間配分というのが、先生の授乳時間に合わせて計画されているのです。大体、1時間半置きに休憩があって、その間に先生は赤ちゃんにおっぱいをあげているらしい。赤ちゃんがどこにいるのか、誰が世話をしているのかは知りませんが、おそらく、大学のどこかで誰かが面倒を見ていて、散歩をしたり、あやしたり、オムツを替えたりしているのでしょう。

プライベートなことなので、あれこれ詮索するわけにもいきませんが、想像すると面白いです。・・・だって、授業中はめちゃくちゃ普通の先生なのに、「さぁ、休憩だ!」となると速攻ママモードでおっぱいをあげて、何事もなかったかのようにまた大真面目に授業を続けるわけです。

すごいなぁ・・・。

そんな、時間キッチリに授乳ができるものなのかわかりませんけれど、その先生は時間に遅れることも、授業内容を適当に済ますこともしない。プロの仕事という感じなんです。
授乳中はホルモンの影響で眠くなったり疲れやすかったりするという話も聞くけれど、そういうのがまったく感じられない。個人差があるにしろ、その先生だって「あー、疲れた」とか「もうちょっとゆっくりしてたいな」なんてこともあるだろうに、それを感じさせないのは、彼女が精神的に強いからなんでしょう。そして、何が何でも母乳で育てるんだと決めているんでしょう。

すごいなぁ・・・。

10人弱の小さなゼミだし、参加者はジェンダー学系のリベラルなみなさんだし、私個人としては、先生が教室に赤ちゃんを連れてきておっぱいをあげても全く問題ないと思うんですが、それをしないのは、先生が公私混同をしたくないからかもしれません。

2週間後にまた4回目と5回目のゼミが2日連続であります。
そこで私もプレゼンをするので、なんとかしなきゃいけないんですけどね。はぅ・・・。先生がそこまでがんばっているゼミですから、私もがんばろうと思います。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく☆
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-07-06 21:19 | 学生生活