「ほっ」と。キャンペーン

ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

助産婦さんの家庭訪問

相変わらず、一日の切れ目のない生活が続いていますが母子共に元気です。

妊娠・出産に関わるドイツの医療システムが充実していることは今までにも書いていますが、中でも「これは日本でもあったらいいだろうな」と思ったのは助産婦さんの家庭訪問です。婦人科の検診とは別に、妊娠中から出産後まで助産婦さんが家に来て、健康診断をしたり相談にのってくれたりします。そして、このサービスも保険がまかなってくれるのでタダ!・・・すごい。

私の場合は、妊娠の後期になってから助産婦さんを探したのですが、妊娠が判ってからすぐに探してもOK。助産婦さんのリストがあるので、それで個人で連絡をとって契約をします。
ほとんどの助産婦さんは担当する地区を決めているので、近くに住んでいる人に連絡をとります。針やマッサージをやってくれる人(これはお金がかかるみたい)や、出産に立ち会ってくれる人(これも別にお金を払う)や、フリーランスではなく病院に勤務している人など、いろんなタイプの人がいるので、どんなことをして欲しいのかというの考えて探します。
そしてなにより大事なのは、助産婦さんとの相性。これはもう運次第ですが、妊娠・出産・産後の肉体的・精神的ケアという、言ってみれば最もプライベートな面に関わる人なので、やはり価値観や感覚が合う人でないと妊婦さんにとってはよくないでしょう。私は最初に家に来るように頼んだ助産婦さんがいい感じだったのでその人に速攻決めましたが、何人かと会ってみて、それで決めるというのもできるようです。

私の場合、妊娠中は3回ほど来てもらって、妊娠や出産にまつわる疑問を聞いてもらったり、赤ちゃんの位置などを調べてもらいました。

助産婦さんのありがたみを痛感したのは産後です。出産後10日は助産婦さんが毎日家に来るというのが決まっていて、退院してからの数日間―肉体的にも精神的にもまだ不安定な時―に頼れる人がいるというのはとても心強かったです。

出産後10日以降は、こちら側が望む頻度で来てもらいます。私は一週間に一回ということにしました。もし何かあったときはいつ電話してもOK。この助産婦さんの家庭訪問は産後2ヶ月まで続きます。
前回も書いたように、私は授乳で最初からトラブルを抱えていたので、まずはそれに関していろいろと教えてもらったり、シールドなど補助的に使えるものをもらったりして助かりました。もしそうでなければ、授乳を続けられなかったかもしれない。
産後一ヶ月経って、出産の肉体的負担や日々の子供の世話というのにはもう慣れてきましたが、最近はそれ以外のことでも相談にのってもらいました。子供が産まれたことによりガラッと変わった生活と、それにまつわる不安や問題というのは、単純に友達や親に相談できるものでもなく、助産婦さんのように、いろんな妊娠・出産・子育てを身近で見ている人だからこそできる助言というのもあって、本当に助かりました。第三者だけれどトラブルのコンテクストを熟知しているというか、経験豊富なプロなんだなと思いました。

助産婦さんというと、「病院や産院で出産を手助けする人」というイメージがあったのですが、妊娠中から産後のケアまでしてくれるドイツのシステムというのはスゴイと思います。
・・・というより、もしこのシステムがなかったら、私はどうなっていただろうか?という気がします。だって、初めての妊娠だし、やっぱり外国人だし、あれこれ世話を焼いてくれる肉親もいないし、予想外の帝王切開や授乳トラブルがあったし、不安定な生活だし、経済的に余裕もないし、精神的にキツイことは山ほどあるし。日本だったらそれこそ「密室の子育て」でボロボロになっていたかもしれないし、育児放棄とか虐待とか、今まではニュースでしか耳にしなかったことが起きていたかもしれない。

助産婦さんの家庭訪問というのが、いつどういう経緯で「普通」になったのか知りませんが、これを一般化させたドイツは本当にスゴイ(もう何度でも言うよ!)。そしてその経費をすべて保険がカバーするというのもスバラシイ。このシステムによって、特に、お金の無い人や、周りに助けてくれる人がいない人や、外国人や、トラブルを抱えた人たちが1人ぼっちになることなく、妊娠・出産・子育てに向き合えると思います。
・・・日本も少子化対策でコレ、やろうよ!そうすれば中絶も児童虐待も育児放棄も嬰児殺しも母親の鬱も絶対減る!!
また詳しく書くかもしれませんが、こっちで子供を産んでみて、子供を産むのは確かに母親だけれど、母親と子供を支えるのは家族だけでなく社会なんだな、と思いました。「プライベートなことは政治的だ」って、フェミニズムのパロールだけれど、そういう感じ。「プライベートなことだから」と放っておかないのは人によっては「ウザイ」かもしれないけれど、私はいいことだと思います。

人気ブログランキングへ←今日もクリックよろしく☆
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-09-27 19:51 | 妊娠・出産・子育て

プロメテウスな授乳

多分日本でもそうなんでしょうが、ドイツでは近年、母乳育児が重要視されています。以前、ゼミの途中で授乳をする先生の話を書いたことがありますが、そのくらい切実な(?)ものです。
母乳は栄養面でもいいし、出産後の母体の回復が早まったり、子供との絆が深くなったり、子供が安心したり、お金もかからない等、いろんなメリットがあります。今のところ娘も母乳だけ飲んでいるし、できるものなら半年くらいは完全母乳で育てられるといいなと思っているところです。
今日もおっぱい、明日もおっぱい、な生活が続いているのですが、授乳って大変です。授乳のリズムができるのには3ヶ月くらいかかるそうで、今はもうリズムも何もない、昼夜問わず「欲しがったらあげる」という生活です。

それでもまだマシになってきたほうで、大変だったのは出産してすぐのころです。
母乳ってすぐに出るものじゃないし、赤ちゃんも最初は吸うのが下手だし、とにかく数をこなして慣れていく必要があるみたいです。
a0104785_2321545.jpg私が出産した病院は「Baby freundlich(英語ではBaby friendly)」という、WHOとユニセフがサポートしている運動に参加している病院で、徹底的に授乳を薦めています。そもそも母乳で育てるつもりだったので、そういう姿勢はいいと思っていたのですが、実際にはものすごく大変でした。

授乳は産んですぐに始めます。すると乳首が切れてきました。後で聞いた話によると、アジア人女性ってそういうことが起こりやすいそうで、ついでに帝王切開をした場合も起こりやすいそうです。・・・帝王切開をした日本人の私なんて、もう最悪な取り合わせ。

乳房ってとても繊細なので、切れたりするとメチャクチャ痛い。刺すような痛みです。「始めのうちは授乳が拷問のようだった」という話を友達から聞いていたのですが、「拷問」という言葉は全然大げさじゃないと思いました。痛みを言葉で表したり比較したりするのは難しいですが、私の感覚からすると3分おきの陣痛並につらかった。「激痛」に分類される痛みに授乳するたびに襲われるのです。かわいい娘がお腹を空かせるたびにこっちは真っ青。そして頻繁に授乳するものだから、傷が治りません。

a0104785_23173453.jpgまるでプロメテウスの受けた拷問―ギリシャ神話で、火を盗んだ罰として毎日肝臓をハゲタカについばまれた―だと思いました。薬を塗ったり、冷やしたりしてちょっとよくなったかと思ったら、また授乳して血が出る。
お腹を空かせた子供のために、母乳育児をするために、こっちは必死で歯を食いしばるわけです。看護婦さんたちも「痛くてもあげ続けなさい」という。それが病院の方針なんでしょう。確かに「赤ちゃんに優しい」かもしれないけれど、母親には全然優しくない。4日目についに私はギブアップ。いわゆる「ベイビーブルース(産後にホルモン変化のせいで起こる鬱)」とも重なったのかもしれませんが、心配してくれた看護婦さんの前でボロボロ泣きました。

a0104785_2344612.jpgそうしたら、「じゃあ、ポンプを使いましょう」と言われました。そこで初めて母乳を搾るポンプを使い、薬局でレンタルして、家に帰ってきてからしばらくはポンプで絞った母乳をあげました。ちゃんと絞れるし、直接吸われるより痛くありません。

a0104785_2345335.jpg傷が治ってきてからは、今度はこんなシールドをつけておっぱいをあげています。家に来てくれる助産婦さんからもらいました。いずれそのままでおっぱいをあげられるようにしたいのですが、これをつけているほうが赤ちゃんは吸いやすいみたいだし、これをしていることで乳首の形が次第に吸いやすいように変わるそうです。

ポンプやシールドを使って思ったのは、「なぜもっと早くこういうのを使わせてくれなかったのか」ということ。きっと病院の方針なんでしょう。授乳がすんなりといくならそれに越した事はないけれど、トラブルがあった時には、そのままの乳房で授乳するという理想にこだわるより、母親の精神面を考えるべきなんじゃないかと私は思いました。
助産婦さんの話によると、授乳の最初でトラブルを抱える人は多くて、あまりの痛みにそれがトラウマになったり、授乳をやめたり、それどころか子供に対する興味を失ってしまう人もいるとか。
授乳がここまで大変なものだとは知りませんでしたが、イデオロギーというか、ドグマというか、理想にこだわって無理をする必要はないと思いました。赤ちゃんも大事だけど、お母さんも人間なんだから、お母さんの負担というのにもちゃんと目を向けないと本末転倒なんじゃないかな。

人気ブログランキングへ←クリックしてね☆
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-09-21 00:46 | 妊娠・出産・子育て

出産と言葉

ベルリンで出産するにあたって、妊娠中から気になっていたことがありました。それは

陣痛に襲われてもドイツ語でコミュニケーションができるのか?

ということ。

陣痛なんていう経験したことのない、でも「男だったら失神してる」とかなんとか、とにかく想像のつかない激痛で前後不覚になっているときに、いくら普段使っているとはいえ、私にとっては完全な外国語であるドイツ語が通じるのだろうか?というより、通じなくなっちゃったらどうしよう?という不安がありました。
なんせ、出産に立ち会ってくれるゾヤ君は日本語全然できないし、病院のスタッフだって日本語が分かる人などいない(はず)。私の言語能力が激痛で吹っ飛んでしまったらどうしよう?それとも、出産の際には言葉なんてどうでもいいのだろうか?

結果から言うと、ちゃんとドイツ語モードが保てました。

不思議と日本語は出てこなかったんです。ひょっとしたら、ドイツ語と日本語を混ぜる方がドイツ語オンリーでいるより難しいことなのかも。
ちなみに、隣の分娩室の女性はすごく叫んでいたんですけれど、私の場合は痛みのあまり言葉が出なかったんですよ。呼吸に集中して「痛みを逃がす」ことで精一杯だった。立ち会ったゾヤ君と助産婦さんは、私が全然わめかなかったことに驚いていて、「KIKIはタフだね」なんて言っていたんですが、そういう問題じゃなく、どうやら私は痛いと「・・・」になってしまう人のようです(笑)。

じゃあ、出産はシーンとした中でしたのか、というとそれは違う。帝王切開をしている時には、耳元で話をしてくれる(お医者さんか看護婦さんの)女性がいてくれて助かりました。若い女性で、今何をしているのかを説明したり、私の質問に答えてくれたり、雑談をしてくれて、その人と話をすることで随分と気が紛れました。
手術って静かにやる緻密な作業というイメージがあったんですが、帝王切開ってガッタンガッタンやるんですね。会話が途切れるとどうしようもなく怖くて、「話し続けてください、何か話をしてください」ってその人に頼んで、ずーっと話をしてもらいました。言葉って癒されるなぁと思いました。

そういえば、歯医者さんの時もそうでした(^^;)。こっちで歯医者にいった時、治療室にラジオがかかっていて、歯医者とアシスタントがそれにコメントしながら私の虫歯を治したんですよ。「そんなんで集中できるの?」という気がしないでもないですけれど、あの時も、シーンとしてなくてよかったと思ったんです。DJに突っ込みいれながらガリガリやられる方が、歯を削る音だけが聞こえるより気が紛れました。

こっちが苦しい思いをしているときにヘラヘラされるのは腹が立ちますけど(笑)、周りがほどほどに自然体だと、少なくとも恐怖心は軽減されるのかな。

人気ブログランキングへ←クリックありがとう♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-09-16 17:31 | 妊娠・出産・子育て

Geburtslandschaft

今回はお産の方法について。

私の場合、結果的に緊急帝王切開という方法で分娩をしたわけですが、もともとは自然分娩をするつもり、というか、帝王切開するしかないということになるまでは、当然、自然分娩でいけると思っていました。私が出産した病院では、いわゆる「アクティブバース」という、いろんなスタイルの出産ができるようになっていて、やる気満々な私は事前にどの分娩室で産むか、どんなスタイルを試そうかということまでバッチリ考えていたんです(笑)。

日本だと、本格的な出産が始まるまで過ごす部屋がそのまま分娩室になるとか、そういうのもあるみたいですが、私の行った病院では、待つ部屋と分娩室はわかれていて、もうすぐ赤ちゃんが出てくるというめどがたつまでは分娩室には入れません。
分娩室は5つあって、そのうちの1つは水中出産ができます。お風呂に入った状態で産む方法ですね。水中出産のメリットはいろいろあるのですが、私はこの方法は事前に却下。だって私、内陸型の人間じゃないですか(^^;)。そういう問題じゃないのかもしれないけれど、出産という、ある意味すごく本能的なことをするのに、そもそも慣れ親しんでない水を使う、それも岩塩の入浴剤を入れるので感覚としては海水に近いというのはどうもしっくりこなかったんです。

a0104785_21134529.jpg私が「これがいい!」と思ったのは、Geburtslandschaftと呼ばれる分娩台のある部屋。Landschaftっていうのは英語のlandscapeにあたる語で、風土とか風景とか景観とか地方とか、そういう意味があります。私には海より風景の方が合っているに違いない!というわけ。

a0104785_21175328.jpgこの分娩台というのはすごくて、いろんなスタイルの出産ができます。ベッドの上で寝ころぶもOK、四つん這いになるのもOK、立った状態や、座った状態や、片足を上げた状態、等々、いろんなスタイルで産むことができるんです。

a0104785_2119193.jpgその場になってみないと、どのスタイルが一番楽か分からないなー、と思いつつも、私は座った状態で産むのが楽なんじゃないかと思っていました。低い椅子みたいなのに座っていればグッといきめそうだし、そもそもデスクワークの多い人間だし(やっぱりそういう問題じゃないかもしれないけど)。
それに、民俗学的になんだかこれが一番自然な気がした・・・というのも、「プリミティブな人々」というのはべったり仰向けに寝転んだ状態で分娩をしないんですよね。座ったり、何かにつかまったり、支えてもらったりして産むのがそもそも「自然な」方法のようなので、私もそれがいいんじゃないかと思っていたんです。

このGeburtslandschaftの部屋で分娩をしたいというリクエストは通って、私はこの分娩台の上にいたんですが、いろいろ試すこともなく、帝王切開になってしまいました。残念、残念・・・。
でも、こういうふうにいろんなスタイルの分娩ができるっていいですよね。出産の主役は妊婦さんなんだから、その人その人に合った方法で産めるのが理想的だと思います。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-09-11 21:39 | 妊娠・出産・子育て

産まれました!!

娘が産まれてはや10日が経とうとしています。
心配してくれた皆さん、どうもありがとう!!
この10日間、昼夜問わずの子育てに追われていて、ようやくネットにつなぐ時間ができました。それでも、左手で娘をだっこし、右手だけでキーを打つという、なかなか面倒な更新です(笑)。

書きたいことは山ほどあるのですが、なんせこんな状況なので、かいつまんでいくつか。

まず、母・子共に元気です。多分これが一番大事。

そして、娘ですが、めちゃくちゃかわいいです。こういうのを親バカって言うんだろうけれど、本当にかわいい。自分はろくに寝なくても、育児ができるのは、このかわいさがあるからなんでしょう。

出産そのものは大変でした。すごく簡単に言うと、
七転八倒の末の帝王切開
という、予想外に壮絶なものになりました。あ、こんなこと言って、これから子供を産もうとする人を脅かすつもりはないんですが、妊娠は非常に順調に行っていたので、まさか最後の最後でねー、という感じです。でも、それも無事に済んだわけですし、そんなこともなんだかもうすでに昔の話というか、子供を見てるとどうでもいいように思えてしまいます。

日本の本には、出産後に一週間くらい入院するということが書いてあったのですが、私が出産した病院では、普通の分娩で3泊、帝王切開でも5泊というのが限度で、私は3泊して、4日目に退院してきました。で、根性でバスで家に帰って来たんですよ!ちなみに、陣痛が強くなってきてからも、バスで病院に行きました。病院が家から比較的近かったからできることですがね(^^)。バスに乗ってる人たち、まさか5分おきの陣痛に襲われてる妊婦/お腹をバッサリ切られた母親がいるとは思いもしなかったでしょう。

出産&この10日間、本当にすごかったというか、いろんなことがドカドカドカッ!と起きて、肉体的にも、精神的にも、いろんな極限状態(「極限状態」に複数形や多様性があるのか知りませんが^^;)を経験して、人生の経験値がグッと上がったような気がします。母親としての人生はまだ始まったばかりですが、もう何度も言いますが娘がかわいいので、なんとかやっていけそうです。ぐぁんばるぞー。

人気ブログランキングへ←クリックありがとう!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-09-08 00:24 | 妊娠・出産・子育て