「ほっ」と。キャンペーン

ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

O Kieferbaum

少々遅れましたが、メリークリスマス!ドイツでは今日(26日)もオフィシャルな祝日です。
a0104785_272989.jpg

じゃん、我が家のクリスマスツリーです。
なんだか、ひょろっとしてるのは気のせいではありませんよ。
だって、モミノキじゃなくなんだもん!

クリスマスツリーに松を使うのはブランデンブルク州では一般的です。
本来モミノキを使うのが、いつから松で代用するようになったかには諸説ありますが、啓蒙専制君主として知られるフリードリッヒ大王が、1750年にモミノキをクリスマスツリーとして伐採することを禁止したことが理由の1つとして挙げられます。南ドイツとは違ってプロイセン領内にはモミノキが少なく、希少価値が高い上に、成長するのに時間がかかるモミノキを大量に伐採されては、林業に支障がでたからです。もともと、「メーキッシェ・キーファー」がたくさんあったので、それを使うようになりました。
しかし、後のフリードリッヒ・ヴィルヘルム3世の時代に再びモミノキを使うのが復活しました。というのも、領土の半分近くをナポレオンに取られてしまい、入植してきたフランス人が再びモミノキをクリスマスツリーとして伐採するようになったからです。
そうしてモミノキのクリスマスツリーは再びプロイセン領に広まったのですが、近年のエコブームで、松はまた注目されています。何しろ、北ドイツには大量の松が植えられています。木の間が込みすぎないように、途中で伐採しなければいけない木も当然のことながら多くあり、それをクリスマスツリーにするのもひとつの再利用方法です。クリスマスの時期に飾るためだけに木を育てて、伐採して、さらに捨ててしまうのはもったいないですよね。ブランデンブルク州では、12月の半ばから木材として使わない松を無料で配っています。




・・・





というのはウ・ソ!




うひゃひゃ、信じた?信じた??
そうだったら面白いのになー、と、さっき思いついたんです。


でも、このウチのクリスマスツリーは本当に松なんですよ。
オババの家に松があって、その枝ぶりがちょうどクリスマスツリーに向いていたから切って持ってきたんです。「えー、松?!」と思ったんだけれど、飾ってみるといい感じになりました。ちなみに、飾りはみんなオババんちにあった「メイド・イン・イーストジャーマニー」の年代モノです。暗くなってから電球をつけると、松とは思えないムードたっぷりの「なりきりモミノキ」。もうしばらく家で活躍していただきましょう。

人気ブログランキングへ←クリックありがとう☆
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-12-27 04:13 | ベルリン生活

牛?!

今日は、ブランデンブルク州でも、子育てでもないことについて。

あ、前もって言っておきますが、くだらないです。


・・・


えーとですね、このブログには「検索キーワードランキング」という機能がついていて、検索サイトを通してこのブログに来た人が、どんなキーワードを入れたのかというのがわかります。例えば、「ブランデンブルク」とか「旧東ドイツ」なんていう単語で検索してこのブログにたどりつくというのは、納得できますよね。



でも、最近、変なんです。



今日現在の今月のキーワードランキングは・・・


順位  キーワード   アクセス数

 1位  牛          774
 2位  牛の写真      253
 3位  牛 写真       60
 4位  牛 写真        48
 5位  牛 画像       32
 6位  ドイツfkk       29
 7位  牛 画像        28
 8位  牛           14
 9位  ドイツFKK       5 
10位  ブランデンブルク州   5



なぜに牛?!

この、牛関係の検索数が最近どんどん増えているんです。

ちょっと待って、私、いつ牛のこと書いた??
と思って調べてみると・・・ありました。

調査旅行(3):有機農業
「...肉にかけるソースが信じられないほど美味しくて、ちゃっかりレシピを聞きました(笑)。 たらふく食べた後は、農場を見学しました。この農場では、をたくさん飼っています。・・・あ、さっき食べたのもここに居たのかな。フェンスの前で農...」

調査旅行(4):村のプロジェクト
「...がいる厩舎は外からの風や光がちゃんと入るように工夫されています。干草をたっぷり食べて大きくなります。 を育てて野菜を作るだけでなく、ここではハーブティーも作られています。もちろん無農薬。刻んだバーブをこんな風に広げて、後ろの乾...」

マデイラ島(3):シーフード
...や豚などがいなくて、肉をはじめ、いろんな物資を本土から輸送しているそうです。そう考えてみると、マデイラ島に来てわざわざ肉だのチーズだの食べるより、島で捕れる魚を食べるほうが理にかなっていますよね。ごちそうさま~。 人気ブログランキン...」


へー、自分でもびっくり。3回も牛について言及しています(笑)。

かろうじて、10位に「ブランデンブルク州」が入っているんですけど、検索数、5ですか。
それも、「ドイツFKK」とタイってのはどうなん??

FKK関係は、ちょっと前にキーワード検索の大半を占めていたんです。
ちなみに、FKKについては、「FKKの飛行機」で初めて触れて以来、検索に引っかかるようになったみたいで、「Aktion gegen FKK」という記事でもそれに触れています。あと、「外での授乳」でもFKKが出てきます。

FKKは旧東ドイツでメジャーだということで、まあ、誰がどういう意図で検索してるかは置いておいて、いいと思うんですけれど、牛ってねぇ・・・牛ですか。それも今日までで、今月は1000以上、「牛」を求めてのアクセスがあるというのは、私はどういうリアクションをすればいいんでしょうね。ま、ポーランドとポルトガルの話なので、牛を求めて来た人も、「へー」と思って読んでくれるんなら、それでもいいんですけど。

いつまで、どこまで増えるか、

明日はクリスマスの予行演習で鶏の丸焼きを作るつもりです・・・って書いたら、今度は「鶏」で来る人が増えるんだろうか?あ、本当に鶏の丸焼きはやるつもりですよ。

人気ブログランキングへ←「牛」でたどり着いたあなたもクリックよろしく!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-12-22 07:06 |

KONSUM

前回ブランデンブルク市のローランド(&ヘンなおじさん)を取り上げたので、ついでにもう1つ、私がブランデンブルク市に行った時に発見したものをご紹介しましょう。

a0104785_4482231.jpg

なかなかいい感じの廃屋です。
両サイドの建物とのコントラストもいい感じ。手前の建物はピカピカに修理されていて、向こうの建物はちょっと手が加えられているけれど廃屋と化しています。そして、すすけた感じの建物に、真新しいグラフィティーというのも面白いですねぇ。と、言う前にー・・・

あぁ!

KONSUMって書いてある!

これはDDR時代の遺物です。

説明しよう!KONSUMとは・・・
DDR時代、どこにでもあった小さなスーパーみたいなものです。DDR以前にもあったらしいけれど、DDRの時代にチェーン店みたいに広がっていた(っていうと変だな)正式名称はKonsumgenossenschaftという日用品を扱う小売店です。ちなみに、Konsumは「消費」という意味でも普通に使われる単語だけれど、その場合は「コンズーム」とUにアクセントが来ます。DDRのスーパーの場合はそれとは違ってOにアクセントがきて、「コンズム」と言います。
a0104785_6203237.jpg

反対側から見るとこんな感じ。
隣の建物の上のところに、Konsum Möbelって書いてあるのが気になりますね。普通、Konsumは食品などを扱っていた店。ひょっとしてこのKonsumは例外的に家具も扱っていたのかな?それにしても、ピカピカな建物に書かれたKonsum、多分この建物を塗りなおすときに一緒に塗りなおされたんでしょうね、それと、古い建物の方に書かれたKonsumの字(右の方はUがなくなってるし)のギャップがスゴイです。
ついでに、もう1つ気になるのは、この建物のところにかかってる広告。「Wohnungen zu vermieten (家貸します)」って、この建物、住めるのかな?!

旧東ドイツの街をキョロキョロして歩いていると、こんな発見もあっておもしろいです。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-12-19 06:39 | 廃墟/廃屋

ブランデンブルク市のローランド

前回、ペアレベルクのローランドの写真を載せたので(「さよなら、おばあちゃんのタンス」)、ついでに、別のローランドもご紹介しましょう。
ローランドは本の中でもちょこっと触れているように、街の自由や商業などのシンボルとして知られる像です。ブランデンブルク州にはペアレベルク以外だとブランデンブルク市に大きなローランドがあります。・・・というか、私は今のところ、この2つ以外にブランデンブルク州の街でローランドは発見していません。ブレーメンに有名なローランドがあるそうですが、もし、「こんなとこにローランドがいるよ!」という目撃情報があったらぜひよろしく★

a0104785_7425075.jpg
さて、ブランデンブルク市といえば、ポツダム、コトブス、フランクフルト・オーダーと並ぶ、市のステータスを持った(ブランデンブルク州の中では)大きい街です。私の著書の中ではスルーされ、危うくこのブログでもスルーされるところでしたが、街の中心地は結構きれいなところです。
そして、ローランドは旧市街地のシンボルとして、市庁舎の前に立っています。建物の右側にいるのがローランド。高さは5.35mもあります。


a0104785_7484429.jpg
近くで見るとこんな感じ。なんだか表情が虚ろです。ペアレベルクのドーンとした骨太のローランドと比べると、華奢であんまり強そうじゃないですね(笑)。モデルは同じ人なんだけれど、全くの別人です。でも、ちゃんとシンボルの剣を右手に持っています。作られたのは1474年だそう。となると、なんと534歳!30年戦争も第二次世界大戦も生き延びたツワモノです。


a0104785_752559.jpg
あれ、大真面目に市庁舎を守っているローランドの横に、ヘンなのがいますよ。ベンチに腰掛けているこの・・・おじさん(?)は誰でしょう?・・・って私も知りません。多分、街角アートとか、そういうのの1つだと思うんですけれど。ブランデンブルク市に最後に行ったのは多分もう2年くらい前だと思うので、今でもこのおじさんがベンチでローランドと「・・・」なのか知りませんが、インパクトとしてはローランドより強かったです(笑)。

a0104785_8284955.jpg

アングルを変えるとこんな感じ。こう見ると、なんだかローランドまでしぶしぶ立ってる警備員みたいに見えて面白いです。二人とも、あんまり話し好きじゃなさそうだし、お互い、別々の方向をじーーーーーーっと見ていそうですね。このミスマッチ、この「ニュヒターンさ」がブランデンブルク州っぽいなぁ。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく!
[PR]
by kiki-brandenburg | 2008-12-14 09:14 | 歴史的町並み

さよなら、おばあちゃんのタンス

先日、家で活躍していた洋服ダンスが養子に出されました。
養子といっても、実はもうおじいさんだったんですけどね。(たんす「Schrank」は男性名詞なので男性ということにしておきましょう)ゾヤ君が18年使って、その前はオババが使っていて、元はオババのお母さんが使っていた古~いタンスです。年齢としてはおじいさんというのがぴったり。そんな古いものだから、扉はなかなか開かないし、引き出しもなかなか開かないし、そこら中ボロボロで、裏は虫が食っていて・・・と、かなりひどい状態でした。まだ使えなくもないんだけど、素人が修理できるとも思えないし、ゾヤ君はもう要らないというので、無料の広告が出せる雑誌に「タンスあげます」という広告を出したんです。売るにはちょっとクオリティーに難ありだし、引き取ってくれる人があればこっちが処分する手間も省けていいよね、ということで。

a0104785_2026227.jpgこのタンス、つくりが面白くて、トンカチやらなくてもバラバラにできるんです。今のタンスだったら釘とか接着剤でくっついていそうなところが凸凹ではまるようになっています。だから、かなり大きいタンスなんだけれど、模様替えをするときなどは2人でばらしてしまえます。
なかなかユニークで味があっていいタンスだけれど、やっぱりかなりガタが来てるし、何より持ち主のゾヤ君が不満タラタラだったので、まぁ、誰かが持っていってくれるならいいか・・・と思っていると、早速雑誌を見た人が何人か電話をしてきました。タダだと何かと話が早いのです(笑)。

3人目くらいに面白い電話がかかってきました。
ゾヤ君は広告にタンスの大きさなどを書いただけなのに、その電話をしてきたおじさんは「扉はこんな感じじゃない?裏はこういう仕組みになっていて、引き出しはこんな風で・・・」と、ピタリと言い当てたんです。そして「すぐ取りに行くから売ってくれないか」と。

そのおじさん、アンティーク家具の専門家だったんです。彼の話によると、このタンスはユーゲント・シュティール(Jugendstil、ドイツ語圏のアール・ヌーヴォー)のタンスで、彼のような専門知識のある人が直せば新品同様になって、数百ユーロの価値が出るとか。
おぉー、ユーゲントシュティールと言えば、私が好きなこんな絵(「ミュンヘン(3):罪(Sünde)」参照)とか、クリムトとか、あのあたりじゃないですか!
へぇー、このタンス、実は結構いいやつだったのかな?なんて。でも、以前ゾヤ君が話を聞いたアンティーク屋は「そういうのはいっぱいあるから価値は無い」ってことを言ったんですよね。でも、今回のおじさんは、ちゃんと直せばこれはステキなタンスになると言って、いたく喜んで50ユーロでお買い上げ。

a0104785_21333456.jpgそのおじさん、なかなか話し好きで、どこがいいかとか、どういう風に修理するのかとか、いろんなことを教えてくれました。元ヒッピーだという熊のようなそのおじさんは、友達と一緒にそういう家具を探したり、直したりしているそう。そして、彼の友達は特にペアレベルクの近くの農家なんかに行って家具を買い取っているそうです。ペアレベルクといえば、本(第8章126ページ)にも書いたプリグニッツにある歴史的町並みの残る街です。そうそう、あのいかついローランドのいる街ですね。(←こんなのが旧市街地にドンと立ってます)ペアレベルクなんて久しぶりに聞いて、ふと、あの小さな街のことを思い出しました。あの街には古い建物が残っていて、修理すればすごくステキな街になるという印象を受けたんです。

このタンスもこのおじさんがちゃんと修理してくれればピカピカになって、新しい持ち主のところで、新しい人生(?)を送れるんだな、と思ったらなんだかとてもうれしくなりました。家でゾヤ君にグチを言われつつ使われるより、このタンスを気に入ってくれる人のところで活躍できるなんて、ステキじゃないか!

ということで、ゾヤ君はタンスの厄介払いをして50ユーロをゲットし、おじさんはいいと思うものを格安でゲットし、私はタンスの新しい人生に夢をはせ、タンスも粗大ゴミ行きを逃れるという、みんながハッピーな結果になりましたとさ。

人気ブログランキングへ←クリックしてね☆
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-12-06 22:33 | ベルリン生活

ゾヤ君のドイツ語

ドイツ語を上達させたい人にお知らせです。

私のパートナーのゾヤ君はドイツ語のプライベートレッスンをしています。
そのお知らせのブログを作ったので、興味のある人はこっちに飛んでみてください。

以前、「正規学生として勉強すること」なんていう記事で、こっちで学生をやっていくことがどんなに大変かということをウダウダとぼやきました。
ドイツっていい国なんだけど、ここで生きていくのは結構大変です。
どこまで一般論として言っていいのか分かりませんが、ドイツに学生とか長期の滞在を目的に来た「フツーの日本人」は一度や二度は鬱になると思います。少なくとも私の知る限りでは、みなさん、大変です/でした(笑)。

ドイツ暮らしが大変な理由はいろいろあるとしても、その1つは間違いなくドイツ語です。
日本でそれなりに勉強したはずなのに、こっちにきたら全然使い物にならない。「使い物にならないドイツ語」に対して、こっちの人は容赦がありません。まるで子供のようだと、まるで文盲だと、本当はこんなんじゃないんだ、と、そんな思いに苛まれてベコベコに凹むのです。

意気揚々と語学コースに通っても、「え?」ってことにぶつかります。
日本人の場合、文法は結構できるけれど、しゃべるのがそれについていかないことが多いのです。他の外国人と一緒に勉強していると、「何かが違う」と気づくでしょう。ドイツ語に近い言語を母語とする人たちは妙にスイスイと上達し、ラテンなノリの人たちは勢いでレッスンをこなし、東欧の人たちは往々にしてドイツ語歴が長い。

日本語は英語から最も遠い言語の1つだといわれています。英語の親戚みたいなドイツ語からもやっぱり遠い。ドイツ語とは共通点なんて無いに等しい言語です。そんな言語を母語とする日本人は、他の言語を母語とする外国人とは言語的な感覚もスタート地点も上達のスピードも違って当然です。でも、そう分かっていても、結果としてドイツ語に不自由することに変わりはありません。ドイツ語って大変。そう、本当に大変・・・。

交換留学生としてベルリンに来て最初の3ヶ月、私は英語を使っていました。日本でドイツ文学科に在籍して、それなりにドイツ語は勉強したはずなのに、実践では使い物にならなかった。そういうドイツ語をがんばって使っても、こっちの人は誉めてくれるどころか、「ナニ言ってんだ」みたいな態度をとるので、それが嫌で英語に逃げていたんです。
でも、そんなんじゃドイツに来た意味が無い、何とかしなきゃ、ということで、彼氏のゾヤ君に「これからはドイツ語しか使わない」と宣言して、朝から晩まで徹底的にドイツ語を使う生活にしました。

根気よくドイツ語を直してくれるネイティブが近くにいたのはラッキーでした。そして、そのネイティブが話好きで、説明好きだったのはもっとラッキーでした。

一年間の交換留学の間に私のドイツ語は上達し、東京ではなくベルリンで進学する決意をしました。日本の大学卒業後、ベルリンに戻ってきて半年の内にドイツ語の中級テスト(ZMP)、TestDaF、DSH(大学入学試験)を立て続けにこなして、すべてに合格しました。その間、私がゾヤ君を徹底的に使っていたのは言うまでもありません(笑)。
こっちの大学に入ってからも、資料の読解、口頭発表の準備、論文の添削に彼の力を借りています。日常生活でも、いくら慣れたとはいえ、ワケの分からない手紙が来たり、トラブルが起きたりしたときに、サッと助けてくれる人がいるのは楽です。

・・・ということで、なんだか話が長くなりましたが、ゾヤ君を使いたい人は使ってください。

ちなみに、同時に私をリクルートすることもアリです!
日本語とドイツ語のバイリンガル(まだ先だなぁ・・・)の娘も同伴する可能性大ですが(^^;)。

興味のある人は気軽に連絡してください。

人気ブログランキングへ←今日もクリックよろしく☆
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-12-01 07:12 | ドイツ語レッスンの案内