ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
フォロー中のブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

DDRのままの部屋、発見される

そろそろ寝ようと思ってたんですが、DDR関係で面白い記事を見つけたので更新します。
元ネタはCNNの日本語版。(ここ
後々検索できなくなっちゃうともったいないので全文引用します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

旧東ドイツ時代のアパート1室、そのまま発見 たばこや食料も

(CNN) 旧東ドイツ領内だったライプツィヒで、ベルリンの壁が崩れる前の時代そのままに、アパート1室が手つかずの状態で残っているのを、建築家のマルク・アレツさんが発見した。独の各メディアが29日に伝えた。屋内には、当時のたばこや食料品が、そっくりそのまま残っていたという。

寝室が1つの部屋に入ると、壁に掛かったカレンダーは1988年8月のまま。台所の食器棚や引き出しには、プラスティック製の食器やアルミのカトラリーが入っていたほか、旧東ドイツ時代のコーラ「ヴィータビータ」やマーガリン「マレーラ」、たばこ「ユーヴェル」、ウオツカ「クリスタル」の瓶などが残されていた。

アレツさんによると、改築を検討するデベロッパーはこの部屋の居住者について、当局と何らかのトラブルがあった24歳男性と説明しているという。この居住者に関する最新の書類は、1989年5月に発行された捜査令状だった。居住者が書いて切手もはってあるハガキが残されていたが、投函されないまま部屋に残っていた。

アレツさんは、日刊紙フランクフルター・アルゲマイネに「ドアを開けたとき、まるでツタンカーメン王の墓を見つけたハワード・カーターのような感じだった。ひどく雑然としていたが、歴史的な発見のようで、過ぎ去った時代への入り口に立っているようだった」と話している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

へー。これはかなりの発見ですね。というか、マニアにとっては宝の山でしょう。
ちなみに、この記事の元になってる日刊紙フランクフルター・アルゲマイネにはもっと詳しいことや写真も載ってるので、興味のある人はどうぞ(ここ)。あ、ついでにそこの写真も載せておきますね。
a0104785_849934.jpg
a0104785_851689.jpg
a0104785_8512490.jpg
a0104785_85492.jpg

このニュースを読んで、児童文学の「二人のイーダ」という話を思い出しました。時間が止まったような部屋の中で椅子がずっと「イーダちゃん」の帰りを待っているんです。ちょっとシュールな、でも実は広島の原爆が絡んでる話。この部屋にも、帰らない主人をずっと待ってた物がいっぱい詰まってるんでしょうね。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-01-31 09:07 | DDRを知ろう

コトブスのロゴ、続編

さて、妙なロゴで盛り上がっている(?)コトブスの続編をお伝えしましょう。

a0104785_1434910.gif
謎の深海魚「コトブスの使い」
(「竜宮の使い」っていうヘンな魚がいたな、と今思いつきました)もしくは「コトブス出血熱」のウイルス(これも今思いつきました)かと見まがう怪しげなこのロゴ、さらに叩かれています。

なんと、ピュックラー伯爵の曾甥(Urgroßneffe:英語だとgreat-grandnephewなんていうかな?)うーん、家系図がないとどのへんの人なのかよく分かりませんが、とにかく、ピュックラー伯爵の子孫にあたる人まで「こんなんはダメだ」と言い出しました。

えーっと、ピュックラー伯爵というのは、正式にはFürst Hermann Ludwig Heinrich von Pückler-Muskau (1785 -1871) という名前で、庭園を造ったり、文学作品を書いたりいろいろとやった人です。(ムスカウ公園についてはここ)説明できるほど詳しくないので、興味のある人はWiki(ドイツ語)に飛んで見てください。そうそう、あの三色アイスの人ですよ(ホントは関係ないらしいけどね!)

ロゴに書いてあるfürstlichesというのは「伯爵の」という意味で、他に「君主の」とか、「豪勢な」とかいう意味もあります。コトブスのPRをする人はコトブスと関わりの深いピュックラー伯爵や彼の作った庭園をアピールしたかったわけですね。
でも、その子孫に当たると思われるHermann Graf von Pücklerという人まで、ロゴに文句を言っているのです。
「このロゴは伯爵もエネルギーもあらわしていないし、むしろ、私のヒーターのオイルバーナー(Ölbrenner meiner Heizung)のように見える」
とのお言葉。ぐはっ、シビアですな。

さあ、どうするよ、コトブス・・・。

人気ブログランキングへ←クリックよろしくね!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-01-28 03:40 | 炭鉱(ラオズィッツ)

コトブスの新しいロゴ

しばらく更新していませんでしたが、元気にしています。

さて、ブランデンブルク州南部のコトブスでは、面白いことが起きてますよ。

じゃん、これなーんだ??
a0104785_554912.gif

先日、発表されたコトブス市のロゴです。
スゴイでしょ、これ。
リアクションの仕方はいろいろあると思うんですけど、私は「え?!」でしたね。これが・・・ロゴだと?街のシンボルマークだと?えぇ?冗談でしょ~って。いえいえ、

コトブスは本気です。

なんてシュールな、なんて怪しげな、一体、何をもってこれをロゴと言い張るのか?
えー、オフィシャルな説明としては・・・

左から、Branizer Parkというコトブスで有名な公園と街の緑
それがピュックラー公園やシュプレー川の青と混じって
黄色いラオズィッツの砂から、赤いエネルギー(炭鉱地帯だからね)になって
最後の黄色のひらひらは、上昇するコトブスを表現していて・・・

細かすぎっ!
わかんないよー、そんなの。説明されたってピンとこないよ(T-T)

そもそも、ロゴってのは、もっと分かりやすい、キャッチーなものだと思うんですけどね。
確かに、「なんだ、これ?」っていう興味は引くかもしれないけど、なんだかなー、そんな、いくつもくっつけて、「ここはこういう意味でー」なんて説明するもんじゃないでしょ。

そんな風に思うのは私だけではないようで、このロゴ、ネット上でボロクソに言われています。

„Ich bin jetzt noch glücklicher, nicht in Cottbus zu wohnen. Das ist wirklich Augenfolter“
(直訳:これでコトブスに住んでなければもっと幸せになった。これは本当に目の拷問だ)

とか、
a0104785_646306.jpg
こんな絵(左上にコトブスのロゴが浮かんでる)まで作られて、もうケチョンケチョンに言われています。

こんな怪しげなロゴを選んだ市の側は、「こうやって皆さんが話題にしてくれるのはいいことだ」みたいなことを言ってますけれど、なんだかねー、大人の気を引きたいがために子供がいたずらしてるんじゃないんだから、そういう正当化というのはいかがなものかと。
皆さん、「恥ずかしい」とか「これより酷いのはない」とかもう散々に言ってるわけですから、そういう世論というのも考慮したほうがいいんじゃないでしょうかね。多分、今ロゴを募集したら、もっといいのがでてくるだろうし。

人気ブログランキングへ←クリックよろしくね!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-01-18 06:59 | 炭鉱(ラオズィッツ)

外国人局の恐ろしさ

今日、ビザの更新のために外国人局に行ってきました。

と、聞いて、おそらく多くのベルリン在住のみなさんは「あぁ、ごくろうさま・・・」と思ってくれるでしょう。えぇ、大変でした。まったくもう。

外国人局というのは、ビザの発行や更新をする役所なのですが、それがまぁ、タチの悪い役所なのです。物分りのいい役所なんてそもそも期待できるものではないのでしょうが、外国人局の対応の悪さというのはズバ抜けているように思います。
ベルリンに来て以来、この役所に足を運ぶ事が何度かあったんですけれど、そのたびに嫌な思いをしています。

そういえば、交換留学で初めてビザを取りに行った時は、朝5時起きで行ったのに、ついたらすでに長蛇の列でびっくりしたな。そう、あそこは延々と待たされるところなんです。

今まで私は学生ビザだったんですが、今回、配偶者ビザに変えることにしました。まだ学生なので、学生ビザでも問題はないのですが、学生ビザだと働いていい日数が決まっているし、大学を卒業したらどっちにしろ配偶者ビザに変えないといけないわけで、じゃあ今のうちに手続きを済ませておこうと思ったんです。

10月に、まず、電話で予約を取ろうとしたのですが、誰も出ない。何度かけても出ない。
しょうがないので、メールを書きました。すると、必要な書類を添付して送ってくださいと言う返事。早速いくつかの書類を添付して送ったのですが、アレがない、コレがないと、何度かやり取りをするはめに。・・・まず、この時点で、プロの仕事じゃないと思うんです。最初のメールのときに、具体的にどの書類が要って、どうすればいいかっていうのをちゃんと書けば、何回もメールのやり取りなんかしなくても済むのに。それで、こっちもいろいろ確認して、要求されたのは全部添付して送ったんですね。普通、ここまでちゃんとできれば、行って、すぐにビザを発行してもらえそうなものなんですけれど、外国人局にはそんな「フツー」は通用しない。「これで全部揃っているはずですから、予約を取ってください」とメールをしたら

予約は取れないので予約なしで直接きてください

は?!だったら、なんで何回もメールのやり取りをしたんですか??
あのですねー、こっちは産まれたばかりの子供がいて、移動が大変なんですよ。それで予約無しで行って延々と待たされるなんてのは本当に困るんです。でも、しょうがないので、予約なしで行きました。ちなみに、配偶者ビザに変える際には、相手もついてこなければいけなくて、ゾヤ君と、娘との3人で出向きました。すると・・・

長蛇の列。

建物の入り口から50mくらいずらーーーっと人が並んでるじゃないですか!
でも、赤ちゃん連れということで、先に行かせてもらえました。よかった~☆と思ったのもつかの間、入り口で

スト中で、緊急の件でなければ対応しない。

とのこと。なんと、外国人局は夏からストをやっていて、それがまだ続いていたんですね。

外国人相手の役所がストやってどうするんですか!!
企業とかならストをやるのもまだわかるけれど、選挙権どころか、ドイツ社会での発言権すらろくにない外国人が困るだけじゃん。
それで、その日は「スト証明書」みたいなものをもらって門前払い。そんな証明書作る暇あったら働いてください(怒)。

まぁ、学生ビザはまだ切れないからいいか、と思っていたのですが、別の問題が発覚。
外国人学生の身分では、児童手当やもう1つの国から出る手当てがもらえないのです。「ビザを変更したいんだけれど、外国人局がやっていない」と言っても、その手当てを出す役所は「別のビザがない限り手当ては出せない」と言う。

・・・ということで、11月になってまた家族3人で外国人局に。
今度はやっていたものの、どうやらストをしていた影響で、仕事が全然片付いていかないらしい。

予約無しでは学生ビザを変更する人がいないと、インフォで言われました。

そんなバカな・・・。

そこで粘って話をしてみると、「予約無しでも部屋に入って行って話をしてみれば?」ということで、教えてもらった部屋にいって、交渉開始。
ところが、その担当者、最悪にタチが悪い。別の人も「できない」「時間がない」「出て行け」と言うだけ。その態度のまぁなんと横柄なこと!!ついにゾヤ君もブチ切れて、言い争いになってしまって、私は止めに入って、話をして、それでも結局ラチが開きませんでした。

これでは困る、ということで、別のインフォの人に話をして、そこでなんとか別の担当者に予約を取ってもらうようにしてもらいました。

そして、12月になって、手紙が来て、ようやく、今日の予約がとれたんです。
ちゃんと別の担当者で、待たずに直接部屋にいってください、と。おぉ、やればできるじゃないか(^^)。

それで、今日また、家族3人でえっちらおっちらと寒い中でかけました。
ちゃんとビザ、取れたと思います?

そーんなわけ、ないでしょう!

ふーーーーーー。

予定の10分前について、指定された部屋にいってみると・・・

鍵がかかってる。

すでにここでもう嫌な予感。
予定の時刻になっても、ノックをしても返事無し。
あぁ、また始まった、と思いました。
それで、別の部屋に入って、事情を説明すると。

「その担当者は今日は居ませんよ」

そんなこと、どこにも書いてないんですけど。
「2つ向こうの部屋に行ってください」
と言われ、その部屋に行って、事情を話すと

「コンピューターが壊れていて、仕事ができません」

な、なんですとーーー!!

そこでまた交渉開始。・・・もう何度も来てるんだ、赤ちゃんも一緒なんだ、ダンナだって来なきゃいけないんだ、なんとかしてくれ、と。

すると、じゃあこの紙に書いてくれればダンナは次回来なくてもいい、ということになり、その書類を書いて、必要な書類に目を通してもらって、私のビザを発行してもらうことになりました。といっても、機械が使えないので、今日はパスポートを置いてきて、明日取りに行くことに。今度は「パスポートは役所があずかっています」という証明書を作ってもらう。なんでそういう証明書だけは作れるんだろう・・・。

ということで、明日、念願の、というわけでもなかったんだけれど、ここまでくると「念願の」と言わざるを得ない、新しいビザがもらえそうです。

本当にできてるんだろうなー。怪しいなー。

人気ブログランキングへ←雪にも負けず、外国人局にも負けず。クリックよろしく。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-01-09 05:52 | ベルリン生活

雪の公園

今年の冬はあんまり寒くないのかな、と思っていたら、1月に入ってからぐっと冷え込みました。今日は起きると一面こんもりと雪。そしてお日様がピカピカに照って、空がスコーンと晴れて、とてもすがすがしい光景でした。
a0104785_6244252.jpg
午前中に近くの公園(初雪の様子はここ)に行ってみると、ふかふかの雪でいっぱい。木々に積もった雪が風で飛ばされて、それが日光を浴びてキラキラ光ってとてもきれいでした。寒くてどんより曇っていると、気分まで沈みますが、寒くても空が晴れていると逆にシャキッとします。
そうだ、あのソリのゲレンデはどうなっているかな?と思って行ってみると・・・
a0104785_6254537.jpg

a0104785_6261284.jpg今日は一面雪で覆われて、ソリ滑りにはもってこいです。平日の午前中だったので、あまりたくさんの人はいなかったけれど、キャーキャー楽しそうな子供&それに負けずに楽しんでいる大人達がいました。

さて、明日のお天気は・・・というと
a0104785_649254.gif
数字は最高気温です。最高でマイナス5度前後って結構寒いですね。それにしても、ラオズィッツは寒いんだな、コトブスはマイナス8度だよ・・・と思ってコトブスの詳しい天気を見てみると・・・ひゃー、明日の最低気温はマイナス15度だ!!ゾヤ君曰く、「ラオズィッツは夏暑くて冬寒い。」そういえば、夏は旧東ドイツって西より暑いんだったな・・・。石炭採って、その跡を湖にしているラオズィッツ。冬は石炭でぬくぬく、夏は炭鉱跡の湖で、ってある意味正しいのかな、なんて、そんな気になりました。

人気ブログランキングへ←クリックよろしくね☆
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-01-06 07:12 | ベルリン生活

Neujahrsansprache

あけましておめでとうございます。

大晦日の昨日は友達の家でたらふくディナーをご馳走になり、近くの公園で戦争のような年越しをしました。みなさん、ご存知かと思いますが、ドイツの大晦日というのは全然しんみりしていないんです。ベルリンはとくにひどいのかもしれないけれど、花火でドンパチやって、大騒ぎするんです。それも、キレイな打ち上げ花火ならまだいいんですけれど、ロケット花火とか、爆竹みたいなのとかをところかまわず―人がいる道とか駅とかでも―やる人が多くて、危ない、危ない。無事に家に帰れて一安心です。
大晦日の夜にドンちゃん騒ぎをしたみなさんは、元旦はくたばっているのでしょう、1月1日の昼間はうって変わって静かです。あぁ、この静けさをなぜ大晦日に堪能できないのでしょうねぇ・・・。

さて、ブランデンブルク州も2009年を迎えたわけで、メデタイといえばメデタイので、州知事のマティアス・プラツェク氏の新年のお話でもご紹介しましょう。
「Neujahrsansprache von Ministerpräsident Matthias Platzeck zum Jahreswechsel」という新聞の記事より。校長先生のお話みたいなもんで、だからどうっていうことはない演説(!)ですが、読んでいて「がんばれ、ブランデンブルク州」!な気分になったので、ちょっと長いですが、チャチャを入れながら全部載せましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Liebe Brandenburgerinnen, liebe Brandenburger,

Jahreswenden sind immer eine gute Gelegenheit, um Abstand zu den Dingen des Alltags zu gewinnen. Muße wirkt manchmal Wunder. Man kann Vergangenes in Ruhe Revue passieren lassen und sich innerlich für neue Herausforderungen rüsten. In diesem Jahr trifft das ganz besonders zu. Richtig ist: Die Auswirkungen der internationalen Finanzkrise und der einbrechenden Konjunktur bekommen auch wir in Brandenburg deutlich zu spüren.

やはり、今年の最大の出来事はアメリカに端を発した不景気のようです。ドイツの端っこのブランデンブルク州もその影響をうけたようです。

Aber an welchem Punkt der Krise wir tatsächlich stehen, und was wir noch tun können, um ihre Folgen zu verkraften, das sind Fragen, die uns nicht den Blick auf das bisher schon Erreichte verstellen sollten.

でも、今までがんばってきたんだから、そういうのも克服していかないとね。

2008 war auch das Jahr, in dem die brandenburgische Wirtschaft weiter gewachsen ist. Die Zahl der Arbeitslosen war so niedrig wie seit der deutschen Einheit nicht mehr. Mit unserer Förderpolitik haben wir die Weichen richtig gestellt. Unsere Industrie ist zunehmend wettbewerbsfähig und exportstark. Ja, Brandenburg ist ein Land im Vorwärtsgang. Auf dem Gebiet der erneuerbaren Energien sind wir sogar weiter als jedes andere Bundesland. Und nicht zu vergessen: Wir bringen unseren Landeshaushalt konsequent in Ordnung und haben - PISA hat es bestätigt - das Bildungssystem systematisch verbessert.

・経済も発展してるし
・失業者の数は東西ドイツ統一以来最低になったし
・産業もうまく行ってるし
・エコエネルギーでは全国一だし
・教育分野もよくなったし

そう、ブランデンブルク州は前進している!

パチパチパチパチ(拍手!)

Unsere Ziele sind klar: Wir arbeiten weiter daran, Brandenburg zu einem wirklich familienfreundlichen Land zu machen. Und wir dürfen kein Kind zurück lassen, wenn es darum geht, allen die gleichen Start- und Lebenschancen zu ermöglichen.

さらに努力して、本当に「家族に優しい州」にするのが目標です。

Wo immer ich im vergangenen Jahr in Brandenburg unterwegs war, habe ich neues Selbstvertrauen gespürt. Die Menschen sehen, dass Brandenburg aus eigener Kraft vorangekommen ist. Gemeinsam etwas mit Erfolg in die Hand zu nehmen, stärkt das Selbstbewusstsein. Das alles hat eine echte Kultur des Zusammenhalts hervor gebracht. Immer mehr Menschen erkennen: Unser Brandenburg hat Zukunft. Genau diese Einsicht macht die Stärke unseres Landes aus.

ブランデンブルク州各地を訪れて知事は「新しい自信」を感じました。
人々はブランデンブルク州が自力で前進しているのを目にしています。
「ブランデンブルク州には未来がある」この認識こそがこの州の強さです。


Hier sollten wir anknüpfen, um den Unwägbarkeiten der nächsten Zeit gemeinsam zu begegnen. Deshalb möchte ich Sie zum Beginn des neuen Jahres darin bestärken, bewusst über die Krise hinaus zu schauen und verantwortungsvoll und langfristig zu planen. Das beginnt bei einer guten Ausbildung, die für jeden Menschen die wichtigste Grundlage für eine Zukunft mit guter Arbeit ist. Sich später fortzubilden und an den eigenen Qualifikationen zu arbeiten, ist ein Thema für das ganze Leben. Und an die Unternehmer unseres Landes kann ich nur appellieren: Halten Sie Ihre Fachkräfte auch in Krisenzeiten. Wer gut ausgebildete, hoch qualifizierte und motivierte Mitarbeiter jetzt nicht ziehen lässt, sichert Zukunft.

不況を乗り越えて将来を築いていくには教育が大事。

Und noch ein Gedanke ist mir an diesem Abend wichtig: 2009 ist auch das Jubiläumsjahr für 20 Jahre friedliche Revolution und Mauerfall. Ich meine, dass wir gerade angesichts der gegenwärtigen Situation diese Rückschau damit verbinden sollten, was wir aus den 20 Jahren seit dem Herbst 1989 gemacht haben.

ベルリンの壁崩壊から20年になる今年は、今までを振り返るいい機会です。

Brandenburg ist heute ein Land im Herzen Europas, mit guten freundschaftlichen Beziehungen zu unseren östlichen Nachbarn, mit Wachstumschancen und mit Menschen, die gelernt haben, sich auf neue Herausforderungen einzustellen. Wir können stolz sein auf das Erreichte und diese Erfahrungen nutzen. Die Prioritäten sind klar: Wir müssen noch mehr Bildungschancen schaffen, unsere Energieversorgung klimaverträglich sichern und Infrastrukturen, Mobilität und Teilhabe an den modernen Informationstechnologien weiter ausbauen. Auch deshalb habe ich in meiner Regierungserklärung angekündigt: Jeder Brandenburger wird Ende 2009 Zugang zum schnellen Internet haben.

ヨーロッパの中心に位置するブランデンブルク州は東の隣人ともうまくやっていかなきゃね。

Liebe Brandenburgerinnen und Brandenburger,

Ich verstehe gut, wenn nicht wenige von Ihnen mit gemischten Gefühlen ins neue Jahr gehen. Aber wir in Brandenburg haben keinen Grund zu Furcht und Kleinmut. Wir haben vor 20 Jahren Geschichte geschrieben, weil wir uns einig waren. Das muss uns 2009 wieder gelingen. Ich wünschen Ihnen allen, Ihrer Familie und Ihren Freunden für das neue Jahr Gesundheit und Kraft. Bewahren Sie sich Ihr Vertrauen in die Zukunft und Ihre Zuversicht.

「少なからぬ人々が複雑な気持ちで新年を迎えるであろうことはよく分かります。しかし、ブランデンブルク州の我々が恐れたり臆病になる理由などありません。私たちは一致して20年前に歴史を作ったのです。」
「あ、旧東ドイツなんだな」と思う一節ですね。


政治家の演説としてはなかなか好感が持てるし、やっぱり、ポジティブなことを言って人々をエンパワーメントしていけるっていいなと思いました。

人気ブログランキングへ←お賽銭クリックよろしく。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-01-01 23:41 | ブランデンブルク州いろいろ