ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
フォロー中のブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

実は日本です

はい、こんにちは!

生きてますよー、生きてますよー、そして、友達は知ってることですが、実は今日本にいます。
ゾヤ君と娘といっしょに実家でパラサイト中。そのことについて書こうと思っていたんですけれど、実家のパソコンが使いモノにならなくて、ようやくおとーさんの会社のパソコンを使ってネットにつなげました。(←前に帰ってきた時もそんなこと言ってたような・・・)。いや、普段ネットに頼りきりの生活をしていると、2週間以上ネット無しの生活ってなんだか新鮮ですね。

私のふるさとに関しては以前書いたので(ここ)そっちを読んでもらうとして、今回は実家に帰るといっても、初めての子連れ&なんと日本初のゾヤ君連れなので、いままでとは全然違います。

・日本語のできない初来日のゾヤ君
・ドイツ語はおろか、英語もできない(使う環境にいないから当然なんですけどね^^;)両親や親戚
・車がないと何にもできない田舎(で、私は免許ありましぇん--;)
・子連れ
・花粉症(><)

なんで、かぁちゃんは大変です。ある程度は覚悟してたんですが、現実にはもっと大変というか、何もかもが予測不可能でした。でもまぁ、楽しいと思えば何でも楽しいので、楽しいということにしておきましょう。
あっはっは、楽しい、楽しい!
書きたいことはいろいろあるんだけれど、何しろ、相変わらず授乳云々でそうのんびりしてもいられないので、適当に思いつくことを箇条書きしておきます。半分私の備忘録としてね。

・パリ経由の飛行機がベルリンで5時間以上遅れた
・ベルリン-パリで娘大泣き
・パリ-名古屋は娘はいい子にしてたけど、落ちつかなかった
・娘はこっちで離乳食を始めてなかなか順調
・予想以上に日本は寒い
・早く咲くと思われていた桜はまだまだこれから
・同時通訳もどきも慣れればOK
・異文化交流というのはキレイごとではない
・親戚がみんな老けていた
・私の家というのは多分もうベルリンにあるものなんだろう
・でも田舎は和んでいいな
・日本はありとあらゆる食べ物がおいしい

てなことで、次にインターネットに触れるのがいつになるのか知りませんが、4月の前半にまたベルリンに帰る予定です。

人気ブログランキングへ←クリックしてね☆
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-03-29 14:15 | 日本の話

1,3ユーロで解雇

書こうと思っていて遅くなってしまった時事ネタを1つ。

旧東ベルリンの「カイザース」で働いていたレジの従業員のバーバラさんは、客の忘れたデポジットのレシート1,3ユーロを勝手に使ったことを理由に解雇されました。

といっても、ドイツに住んでいない人だとピンとこないので説明。

カイザースというのは、(多分)ドイツ中にあるスーパーのチェーン。ディスカウントのスーパーよりちょっと高いけれど、高級というほどでもないスーパーです。

デポジットっていうのは、数年前からドイツでやってる、私にはかなり面倒に見えるシステム。
ビール瓶やペットボトルに入ったものを買うときに瓶の代金を払って、空になったらスーパーに持っていってそのデポジットを返してもらえるというやつです。ゴミが減るといえばそうだけれど、そのために瓶を自動認識したり、ペットボトルを潰す(←そのままリサイクルするわけじゃないんですよ)機械が導入されています。レジでボトルを返す人がいると、後ろに並んでいる人は待たされるし・・・、と、まぁ、そういうシステムがあって、瓶を返したときにレシートがもらえるので、それをレジで清算できます。

1,3ユーロっていうと、今のレートだと200円にも満たない金額です。

ということが分かると、「え?」って思うでしょう。
200円にも満たない金額を理由に解雇ですよ。

このバーバラさんの背景というと、DDRのころから30年にわたりレジで働いているベテランで、お客さんにも好意的に見られていたそうな。プライベートでは3人の子供の母、それもシングルマザー。50歳くらいのおばさんです。

ちなみに、レジっていうのは、ドイツでは低賃金労働の代名詞みたいな仕事です。給料は安いのに、キッチリ働かなきゃいけなくて、遅かったり、ミスが多かったりするとクビになることもある。ここ数年、スーパーが監視カメラを設置して従業員を調べていたなんていう話もあります。
ドイツのレジのオバちゃんの無愛想さって、日本人にはカルチャーショックだけれど、あの人達の労働環境ってのはそもそもヒッドイもんなんですよ。フレンドリーにやれる人の方がスゴイ。そんな仕事を、このバーバラさんは30年間もずっと律儀にやってきたわけです。

それなのに、たった200円で解雇。
問答無用の解雇。
30年間やってきたことなんか考慮されない。

・・・ひどくない、それ?

解雇の理由としては、雇用主は信用できない従業員を解雇してもOKという労働法に拠っていて、つまり、窃盗という行為をする「信用の置けない」従業員は切ってヨシ、ということです。
この事件の場合、肝心なのは刑法じゃなく、労働法なんです。だから、盗みそのものの重さではなく、盗みによって雇用主の信用を欠いてしまったらアウト、ということ。

・・・それにしても、ひどくない?

この事件が大々的に取り上げられたときに、ドイツ人も「なんだよ、それ!!」っていうリアクションでした。
窃盗なんていうと大げさだけど、事務所の物を勝手に使うとか、サボるとか、そういうことってそんないちいち訴えられるようなことでもない。会社の紙を200円分私用に使ったら解雇?200円分の労働時間で仕事に関係ないネットや電話をしたら解雇?常習犯ならヤバイかもしれないけれど、たった一回のことですよ。

このレシートがどういう経緯でバーバラさんに使われるようになったのかっていうのは混乱しているところなんですけれど、どうやら、客が忘れていったものが何日も放置されていて、それをバーバラさんが仕事の後の買い物のときに使ったらしい。
ということは、窃盗って言ったって、店の物を盗んだというのとはちょっと違いますよね。敢えて言えば、客から1,3ユーロ盗んだわけで、店としては被害を被っていない。

・・・でも、ダメらしいよ。

それで、この事件の「Ach,so!(なるほど)」なオチというのは、このバーバラさんが積極的に労働組合の活動に参加していたという事。1,3ユーロは首を切る口実だったんですね。店の側は、煙たい存在としてバーバラさんに目をつけていて、ここぞとばかりにミスを見つけて解雇した。逆に言えば、きっと、そのくらいしか解雇する理由がみつからないほど、マジメに働いていたんでしょう。

・・・ひどい。

バーバラさん側は断固戦う構えだったし、世論どころか、政治家まで「そんなバカな話があるか」と言い出したので、ひょっとしたらこれを期に雇用主の側の利益を重視した労働法が変わるかも?なんて感じだったんですけれど、これ以上の上告はできないことになってしまったので、このまま「残念でしたね」で済んでしまいそうです。

・・・かわいそうだな。

バーバラさん、それでも働きたいんだって。
家族を犠牲にしてでも今までやってきたし、それが自分の生き方だから、また仕事に戻りたいんだって。
でも、カイザースは断固として再雇用を受け付けない。レジ以外の仕事でもダメだって。こんなに有名になっちゃったら、「普通に」働くことなんてもう無理かもしれないね。

低賃金労働でもずっとやってきた、こんなこと言っちゃいけないかもしれないけど、DDRなオバちゃんですよ。人がやりたがらないような仕事に誇りを持って律儀に取り組んできた人。本来だったら、スーパーは一番大事にしなきゃいけない従業員なのに、こういう人をバッサリ切ってしまうって・・・。

スーパーの側だけじゃなく、法律ってのはなんて非人間的なんだろうって思いました。
ジャン・バルジャンもびっくりですよ。パン1個盗んで追いかけ回されるのに匹敵する「あぁ、無情」ぶり。
最近、ドイツでも銀行や企業のスキャンダル云々がよく取り立たされて、今でも、オペルを国が助けるべきか、なんていう話がでているけれど、そういう大企業のためにはどんどんお金が動いていくのに、一方でこんな話があると、なんか、おかしいよなーって気になります。

人気ブログランキングへ←クリックありがとう。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-03-07 04:47 | ベルリン生活

DDRを探せ! 台所編(2):Kahlaのお皿

DDRを探せ!台所編、今回はお皿。

私の実家はお皿屋さんなので、私も皿にはこだわりがある・・・わけではないです、別に。家で使っているのはデザインもバラバラなお皿ばかりで、そのうちのいくつかはDDR製です。

皿屋の職業病といえば、外食したときにお皿の裏を見てしまうこと。食べ物以前に盛られている器に目がいってしまうんですね。そんな環境で育つと(?)どこで作られたお皿かどうしても知りたいわけでもないのに、つい、お皿の裏を見たくなっちゃうんですよ、「これ、どこのや?」って。という事で、お皿とその裏を見てみましょう。

a0104785_2252317.jpga0104785_22584411.jpg
結構新しい感じの、なんてことないお皿。ケーキを載せるのにちょうどいい感じで重宝しています。

a0104785_2385833.jpg
a0104785_2393677.jpg
金と銀の線のはげてる感じからして、ちょっと古め。

a0104785_23242167.jpg
a0104785_2325106.jpg
オババの実家にあったという、DDR製か、もしくはそれ以前の年代モノ。

はて、KAHLAって?
DDRのことだから、地名だろうけれど、どこだろう?と思って調べてみると・・・

あ、チューリンゲン州です。
人口7366人、面積8km²とは、私の実家よりちっちゃい田舎町じゃないか!(笑)。
どのへんかというと、イェナの南、ザーレ川沿いです。ホームページはここ
ちなみに、南ブランデンブルク州にもKahlaという小さい街があるようですが(知らなかったよ--;)、お皿となればこのチューリンゲン州の方でしょう。1844年から陶器作りが始まり、DDR時代はもちろん、今でも陶器会社があります。

Kahla自体はホームページを見る限り、小さいかわいい田舎町という感じです。教会があって、広場があって、壁に囲まれた、中世の雰囲気のある街。近くにはLeuchtenburgというお城があります。
それとは全然関係ないのですが、第二次世界大戦中には地下に飛行機を作る工場があって、捕虜の強制労働が行われていたとか。ドイツの街の歴史を探るとよくある「へー」の1つといえばそうですけれど、1万5千人が強制労働をさせられていたというのは、規模としても大きいんじゃないかな。

それにしても、今回はかーなーりマイナーな街を発見しましたね。
行ったことある人、いる??
実はお皿好きなら当然知ってる街だとか、そんなことはあるんだろうか?

人気ブログランキングへ←今日もクリックよろしくね!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-03-03 00:09 | DDRを知ろう

6ヶ月という時間

2月も終わり・・・娘は6ヶ月になりました。

6ヶ月。半年。うむ。
母親としては感慨がありますね。

ただ時が流れたに過ぎないのだけれど、授乳に始まり授乳&寝かしつけに終わる(で、それからが私の自由時間なんですけど)一日をえっちえらおっちら重ねていると、感覚的に近眼になるというか、「やれやれ、一日終わったな」で、どうも長い時間の感覚というのがなくなっているんですね。
半年という時間は、そういう一日が積もり積もったものだと思うととっても長いんですけれど、気付いたらもう半年って気もします。


先日、幼稚園の見学にいってきました。
そこには2歳から6歳の子供が預けられていて、廊下の壁に子供の写真と名前が書かれた紙がかけられていました。そしてそれぞれの紙の下に数個の木の小さな珠のぶら下がった紐がついていました。一瞬「この珠なんだろう?」と思って、すぐに「あ!」と分かりました。

珠の数は子供の年齢をあらわしていたのです。

一緒に行ったゾヤ君が保母さんに「半分の珠はないんですか」なんて冗談を言って、私も笑っちゃったんですけれど、半分の珠ってのはないわけです。
そのときに、子供を育てるってなんて時間のかかることなんだろうと思いました。
一番小さい2歳の子でも珠が2個ある。娘の4倍。ひょええぇ・・・。
6ヶ月という時間がもう一度流れたら、娘はようやく珠1個。その倍の時間が過ぎて珠2個。

私を含め、このブログを読んでる皆さんは、いちいち数えるのも面倒なほどじゃらじゃらと珠をぶら下げていることになるわけですけれど(笑)、人が生きていくって、そういうことなんだって・・・どういうことなんだって言われると上手く説明できないんですけれど、スゴイことなんだと思いました。
母親として、娘の珠が1つ、また1つと増えていくのを見守っていくのだな、珠がじゃらじゃらになってもこの関係は続くものなんだなと思うと、高台からずーっと向こうを見渡す時のような感覚を覚えます。

そういえば、生まれたばかりの頃は月ではなく週が1つの区切りでした。一週間が過ぎると、「あぁ、娘はまた一週間生きた」と思ったものです。それがいつの間にか月が時間の単位になり、しばらくすると年が時間の単位になる。

私は、最初の6ヶ月は完全母乳で育てようと思っていたので、「まだ3分の1か」とか「あと半分もある」とか「もうひと月なんだから」というカウントダウンをしてきました。だから、6ヶ月というのは、私にとって1つの到達地点でもあります。
もう十分だ、こんな思いしてまで母乳じゃなきゃいけないのか・・・そんな風に思うことはしょっちゅうあったし、授乳の度の激痛に始まり、ポンプやシールドを使っての不安と罪悪感の伴う母乳育児(詳しくはここ)を経験した者としては、シールドなしでも飲んでくれるようになった(←どうでもいいようで、私にとってはかなりの喜びでした)娘がここまで母乳だけで元気に育ってくれたのはうれしい限りです。

完全母乳の次の課題は離乳食です。これもいろいろ大変らしい。
それで、普通のものが食べられるようになってきたら、卒乳(もしくは断乳)という、これもなかなか大変らしいステップが待っています。そのうちにとんでもない熱を出したり、病気にもなったりするだろうから、安心してる暇なんてないんだろうけれど、1人の人間の成長に関わっていけるというのは尊い事だと思います。そしてなんだかんだいって楽しいに違いない。

早く生意気なこと言ってくれないかな。
ママは君が議論を吹っかけてくる日が待ち遠しいよ。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-03-01 09:49 | 妊娠・出産・子育て