ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
フォロー中のブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ヴェアダーの花祭り

ぽかぽか陽気の続くベルリンですが、昨日、思い立ってヴェアダーに行ってきました。
ヴェアダーといえば、本の第10章で「サクランボとワインの街」として紹介しているあの街。ポツダムの近くで、BVGのCゾーン内なのでベルリンから出かけるには便利なところです。「町並みプロジェクト」の援助を受けている旧市街地のある島がきれいで、今までに何回か行ったことがあるんですが、今回は毎年この時期に開かれている花祭り(Baumblütenfest)に行ってきました。

Baumblütenfestのことは知っていたんですけれど、実際に足を運ぶのは今回が初めて。せっかく天気がいいんだし、Cゾーン内なら娘と一緒にでかけるのもそんなに大変じゃないだろう、ということで、久しぶりに、本当に久しぶりに「旅」に出ました^^。

a0104785_2092179.jpg
駅からお祭りの開かれる旧市街地までは直通のバスが出ていました。着いてみるとすごい賑わい。もっとこじんまりしたお祭りを想像していたのでびっくりしました。

a0104785_20153013.jpg
たくさんの露店だけでなく、観覧車やジェットコースターなどの移動式遊園地やコンサートステージもありました。かつて旧市街地を訪れた時は「静かでいいところだなー」と思ったのですが、とても同じ場所とは思えないほどの賑わいぶりでした。

a0104785_20211966.jpgさすがワインの街だけあって、ワインの露店がたくさんありました。大きな丸いビーカーのような入れ物に、いろんな種類のワインが入れられていました。ブドウ以外の果物で作ったワインもあるんですけれど、私、全然お酒が飲めないので、写真だけとって終わり(^^;)。多分試飲もさせてくれるでしょうし、ワインの好きな人は楽しいでしょうね。

a0104785_20254741.jpga0104785_20374753.jpgBöhmen(ボヘミア;チェコの一部)のパンを売る露店がありました。鉄の棒にパンの生地を巻きつけて焼いたもの。バウムクーヘンの親戚?と思ったのですが、見た目と味はコルネとクッキーの中間みたいな感じ。


Baumblütenfestは5月3日までやっているので、ベルリンやポツダムに住んでいる人は機会があれば行ってみてください。詳しい情報はお祭りのホームページ(ここ)を見てもらえるといいかと。←帰って来てからこのサイトを発見した人(--;)
お祭りの期間中はベルリンからの電車の本数も増えているし、駅からも直通のバスが出ているので楽に行けると思います。
次回は・・・時間があればね・・・お祭り以外のヴェアダーの旧市街地の様子をアップしたいと思います。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-04-28 20:51 | Cゾーン

大学復帰!か?

微妙なタイトルですが、そんな感じです。

今週から本格的に大学の夏学期が始まりました。
私の場合は、どうしても参加しなければいけない授業というのはもうなくて、要は何か1つゼミに参加して1つ論文&口頭発表を片付ければ後は卒業論文云々(ここで云々というのは、その後に卒業試験があるからですよ!)だけなので、そんなにハードなスケジュールというわけでもなく、せいぜい3つのゼミに参加する程度なんですけれどー、

大変だよ、もぅ!!

もうすぐ8ヶ月になる娘は、ハイハイをし始めました。
前に進むより、後ろにズリズリ行く方が楽みたいで、でも妙な具合にいろんな方向に移動していくんです。見ていて面白いんだけど、目が離せません。時々ぐらん!と後ろにのけぞったり、その辺にぶつかったりする。今まで使ってなかった柵のついたベビーベッドに入れておけばOKかと思いきや、その中でごろん!とコケたりするし、なにしろ、そんな檻の中にずっと入れられて楽しいわけがない。

ということで、彼女が起きている間中、目が離せません。
かといって、ずっとへばりついて遊んでいるわけにも行かず、相変わらず大活躍なのは抱っこ&おんぶ紐。母ちゃんも父ちゃんも毎日鍛えられています。

それで、台所仕事とか買い物とかはおんぶや抱っこしながらでもできるんですけれど、問題なのはデスクワークです。パソコンに向かうとか、本を読むとか、何かを書くとか、そういうことはさすがに難しい。
背負ってたって、娘はじっとなんかしてないですからね。私が動いているといいんだけれど、止まっていると「つまんないぞ、こらー」と文句をたれるので、落ち着いて何かをやるというのができない。そういうことはもう、娘が寝ている時に(そう、今寝てるんですよ^^)やるか、もしくは二宮金次郎のごとく、娘をおんぶしながら本を読むとか、なんだか、苦学生みたいな(??)状態でやっていきます。

大学の授業があるときはゾヤ君に面倒を見てもらうんだけれど、まだ一日2回の離乳食以外は母乳だし、離乳食の後もおっぱいをあげるのが普通なので、大急ぎで帰ってこなければいけません。
ゾヤ君が比較的私の都合に合わせられるからいいものの、とにかく、あっちこっちやっているうちにあっという間に時間が過ぎていきます。

それでも、私の場合はゾヤ君の全面的な協力があるから、大学にも復帰できたし、自分の時間ももてるけれど、こんな風にフレキシブルにやれる環境にないお母さんたちは毎日毎日一日中赤ちゃんに付きっきりで、さらに家事も全部やっていくのかと思うと、大変だなぁと思います。

かといって、まだこんなに手のかかる時期の子供を預けるというのも難しいし。その場合、完全母乳育児はあきらめざるを得ないでしょう。それに、なんだかんだいって、日々(ホントに一日で変わるんですよ)成長していく子供を近くで見ていられるというのは、母親として幸せな事だなと思います。

大学そのものはそんなに忙しくはないものの、予測不可能な、なんていうとちょっと変ですけれど、次の瞬間に何が起こるか分からない赤ちゃんのいる環境で、授業に行ったり、資料を読んであれこれやったりするのは予想以上にヒヤヒヤすることです。「よっしゃ、寝たー!!」で学生もしくは個人になって、「うぎぇぇぇー」という泣き声でママに戻る生活。ま、面白いですけれどね。

さてさて、今学期、どこまでやれるか。ぐあんばります。

人気ブログランキングへ←今日もクリックよろしく。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-04-24 02:12 | 妊娠・出産・子育て

子連れ旅行は大変だ

ご無沙汰してましたが、おととい無事にベルリンに帰ってきました。

なんだかまだ体の芯が疲れているような感じなので適当に思いつくことを書いておきます。

今回、一ヶ月近く実家にいたわけですけれど、ベルリンに戻ってきたら「あぁ、ただいまー」という気分になって、自分にとってベルリンは「帰る」ところになっているのだと思いました。帰ってきてすぐはなんだか変な気がしたんですけれど、もうすっかり日常に戻ってしまったし。

それにしても、すっかり春っぽくなってうれしい限りです。さっそく今日、窓際のプランターに植える植物の種を買ってきました。例年のごとく、ちゃっちぃ窓際菜園に精を出すつもりです。

あ、そうだ、今回の旅行・・・って全然旅行っぽくない一ヶ月弱で今までと全然違ったのは、言うまでもなく、子連れってことですね。赤ちゃん連れで移動するのは本当に大変だということを痛感しました。

まず、荷物が多くなる。赤ちゃんそのものが荷物だと言えばそうだけれど、抱っこ紐なりベビーカーなりがいるだけでなく、オムツ替え云々のグッズを常に持って移動するわけで、それだけで荷物が1つ増える。娘はまだ母乳メインだからゴハンの心配をしなくてもいいだけまだ楽だったんでしょうけどね。もしミルクを飲んでいたり、本格的に離乳食を食べていたら、さらに荷物が増えていたのか・・・ひえぇぇ。

飛行機も大変でした。
パリ⇔名古屋間は12時間くらいかかって、ゾヤ君と交代で娘の世話をしたり、オムツ替えは一緒にやったりしたんだけれど、まったく落ち着かない。私1人だったらどうなっていたことか。ギャーギャー泣いたりすることはなかったものの、じっとしてなんかいないオチビちゃんは目が離せないし、限られたスペースであれこれやるのはヤキモキします。行きはかろうじて1時間寝れたけれど、帰りは結局ずっと起きていました。
でも、一番やっかいだったのはベルリン→パリでした。長距離の飛行機には赤ちゃんを寝かせられる箱があって、前もって予約していたので、その箱がある席(前に座席がない)に座れたし、抱っこしてあちこち歩き周る事もできたけれど、近距離の飛行機はとにかく狭い。普通の座席に座ったままで赤ちゃんを膝の上で抱っこですからね。出発前にギャーギャー泣かれました。離陸する前が最悪でした。気圧の変化で耳が痛くなったりして赤ちゃんが泣くと言う話は聞いていたんですけれど、上昇/下降するときは予想に反してなんともなし。離陸前にあれだけ大騒ぎされたのは、きっと初めての飛行機で怖かったんでしょうね。

あと、いつも心配なのはオムツ替え。いつどこでウンチされて、場合によっては服が汚れて大変な事になるのかと思うと、行く先々で「オムツを替えるところがあるだろうか?」というのを考えてしまう。

車で移動する場合はチャイルドシートがいるし、2時間おきくらいでおっぱいを飲むから、出かけるにしてもタイミングを見計らっていかないといけないし・・・というわけで、気の向くままに出かけるというのが全くできないというのは、今までの旅行では無かった面倒でした。

で、も!いたるところで「かわい~!」と言われるのは親バカママとしては正直にうれしいです(笑)。ベルリンでも通りがかりの知らない人に可愛いといわれたり、話しかけられたりすることはあるけれど、日本のほうが断然一般ウケ(?)がよかったです。こちらに向けられる視線がポジティブであったというのはありがたかったし。

なんだか本当に取りとめがなくなってしまったけれど、そんな感じで、初めての子連れ日本、結構面白かったです。何事も経験ですな。今まで気付かなかったことがたくさんありました。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-04-10 05:11 | 日本の話