「ほっ」と。キャンペーン

ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Werner Tübke

いっておきますが、私は芸術には詳しくない人です。
はい。そう前置きをしてから話を始めますよ。

今日、7月30日はDDRの有名な画家、Werner Tübkeの80回目の誕生日です。
Werner Tübkeは1929年にザクセン=アンハルト州の首都マグデブルクの近くの出身で、2004年にライプツィッヒで亡くなりました。80歳の誕生日というのは、もちろん、「生きていたら」ということですね。

Werner Tübkeはかなり有名な画家です。
ほら、だって、私ですら知っている人ですよ!
「DDRで活躍した画家を挙げなさい」と言われたら、私、「えーっと、てゅぷけ・・・と・・・」くらいしか答えられません。自分の無知をさらけ出すのもなんですが、DDRで活躍した画家の中では一番有名だと思います。

a0104785_111999.jpg
写真はLausitzer Rundschauより。
こんな人です。後ろの絵は、彼の作品の中で最も有名なBauernkriegspanorama でしょうか?16世紀のドイツ農民戦争を描いた、44メートルもの長い作品です。テューリンゲン州の Bad Frankenhausen というところにあるそうです。
ベルリンのナショナルギャラリー(新しいほう)にもテュプケの作品があるはずです。以前見て、あまりの細かさと、シュールなタッチにグッと来た(?)のを覚えています。「ウォーリーを探せ!」(←なつかしいねっ)が好きな人はきっと気に入ると思います。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-07-31 01:29 | DDRを知ろう

ザントドーン

久しぶりに食に関する話題を1つ。

ブランデンブルク州に限らず、北ドイツ、もっと言えば北ヨーロッパというのはどうも「グルメ」とはほど遠いというか・・・ええ、ハッキリいって食文化の貧しい(←ホントにハッキリ言った!)土地柄です。
私は料理とか食べることが好きなので、この風土はどうにかならんもんかと日々思っているのですが、まぁ、前向きに見ていくと面白い面もあって、たとえば、本でも取り上げたシュパーゲルとかサクランボとか、そういう、地味といえば地味だけれど、知ると面白いご当地グルメのようなものはあるわけです。

シュパーゲルやサクランボより、もっとマイナーだけれどオリジナリティーがあって面白い果物といえば、なんと言ってもザントドーンです。
ザントドーン。カタカナにすると響きからして面白いね。ボンボドロンの友達みたい(笑)。
ザント(Sand:砂)ドーン(Dorn:トゲ)というと、なんだ、という感じだけれど。ドイツ語の発音としては、ドルンというより、ドーンの方が近いと思います。

a0104785_1354327.jpg
写真はウィキペディアより。
日本語では「スナチグミ」というらしいけれど、日本では北海道で試験的に栽培しているくらいらしく、一般では流通していないと思います。
果物といっても、実は1㎝もないくらいの小さいもので、それが房のようにたくさんついています。きれいなオレンジ色をしているので、一見すると花のよう。
せいぜい鳥の餌にしかならなさそうな地味な果実なのですが、実はすごく健康にいいんです。ビタミンCなどはかんきつ類より多いし。

どんな味かと言うと、とにかく酸っぱい。ジャムなどに加工されたものだと、スモモとか、マンゴーあたりの味が近いような気がするけれど、酸っぱい上に妙なえぐさがあります。もっと品種改良をすればキウイくらいの味になるのかもしれないけれど、このワイルドさが良いと言えなくもない。
ザントドーンのシーズンは秋みたいですけれど、私のイメージからして、あの味は真夏です。炎天下の味がする。むわっと暑苦しい味といって、どのくらいの人に分かってもらえるかどうか知りませんけれど、そんな感じの味がします。

ザントドーンのいいところは、栄養もさることながら、やせた土地でも栽培ができること。「スナチグミ」というだけあって、他の農作物はまともに育たないようなやせ地でも大丈夫。シベリアとかにも生えているそうです。そんな強い植物だから、栽培も簡単だし、農薬に頼る必要もない。ただ、名前から分かるようにトゲトゲの植物なので、収穫するのが大変なようです。

ブランデンブルク州やメクレンブルク・フォアポンメルン州あたりを散歩する機会があったらちょっと注意してみていると、野生のザントドーンを見つけられるかもしれません。私の経験からすると、砂浜など、本当に栄養のなさそうな場所に生えています。垣根みたいに植えられていることもあるし。

そんなのを目ざとく見つけることができない人は(^^;)ビオのお店に行くのが手っ取り早いです。ジャム、ジュースだけでなく、サンドドーンの化粧品もポピュラーです。そういえば、家の近くのカイザースでもジャムが売られていました。
ブランデンブルク州だと、ヴェアダーの近くの村にザントドーンを専門に扱う会社があるので、一度行ってみたいなと思っているところです。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-07-27 02:04 |

炭鉱跡地の地滑り

a0104785_23533715.jpg
写真はzeit.deより。
先週の土曜日に、ザクセン=アンハルト州の炭鉱跡地で大規模な地滑りがありました。
ここ数日、全国版のニュースでも取り上げられていたので、ドイツにいる人ならきっと耳にしていると思います。
事故があったのは、ザクセン=アンハルト州のハーツ地方の手前のあたり、ユネスコの世界遺産として知られているクヴェドリングルクの近くのナハターシュテット(Nachterstedt)の湖のほとりです。
コンコーディア湖(Concordia-See)と呼ばれるこの湖は、炭鉱の跡地を埋め立ててできたもの、というか、ちょうど今水を溜めていて、2018年に完成する予定でした。
この地滑りで2件の家が崩され、3人が行方不明。いつまた地滑りが起きるかわからないので、救出活動もできず、行方不明者の生存は絶望的です。

a0104785_02406.jpg写真はberlinonline.deより。
どういう理由で地滑りが起きたのかはまだ調査中だそうですが、雨の影響もさることながら、炭鉱の跡地ということで、地層に理由があるのではないかとか、炭鉱の後処理の方法が不十分だったのではないか、などということが憶測されています。

a0104785_0193968.jpg写真はn-tv.deより。
350m×120mほどの面積の地面が一気に崩れて100m下の湖に転落したそうな。家だけでなく、道や展望台もなくなってしまいました。
ザクセン=アンハルト州も、ハーツ地方以外はブランデンブルク州のような平地なので、地滑りとは無縁だと思っていたのですが・・・。


なにより、このニュースを聞いて私がガーンと思ったのは、「炭鉱跡地」ということです。
そうそう、ブランデンブルク州の南部の炭鉱跡地が、ちょうど同じ事をやっているじゃあありませんか!本の第7章「炭鉱地帯から湖水地方へと変わりゆく地域」で取り上げている「ラオズィッツ湖水地方」炭鉱の跡地を埋め立てて、湖にする計画がブランデンブルク州南部&ザクセン州北部で着々と進んでいます。当然、湖を活用した観光や地域振興も期待されているわけで、こういう事が起きると、「えー、大丈夫なんだろうか?!」って気になりますよね。
炭鉱跡地の地滑りは起こりうることだから、危ないところは立ち入り禁止にしているとか、地元の人はそういう被害とも今まで向き合ってきたとか、ラオズィッツの地層はナハターシュテットとは違うから大丈夫とか、そんなようなことを専門家は言っているようですが(詳しく知りたい人はここのrbbのビデオでもどうぞ。)やっぱり、ラオズィッツの皆さんにとっては、気持ちのいいニュースではないでしょう。こういう事がおきることによって、安全対策がより効果的に行われるようになれば、不幸中の幸いということなんでしょうけれど。炭鉱跡地、なかなか手ごわいですな。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-07-21 01:07 | 災害

子連れ夏学期、終了。

夏学期が今日で終わりました。
今学期は月曜日にしか大学にいかず、2つのゼミに参加していました。

娘は今10ヶ月半で、まだ保育園には行っていません。
月曜日はゾヤ君に娘を見ていてもらって、ゼミが終わったら大急ぎで帰って来るということにしていました。1つのゼミは2時間丸々かかって、行き帰りを含めると3時間半くらいかかるので、その間に冷凍しておいた母乳や離乳食を与えてもらっていました。保育園に入れたり、ベビーシッターに預けるにはまだ小さい娘と一緒でも、大学に行けたのはゾヤ君に感謝しなければいけないことだと思います。もし、ずっと家で娘と一緒にいたら、多分私は不満タラタラだったでしょう。面倒ではあったけれど、ゼミの資料を読んだり、授業に参加することで、気分転換にもなって良かったと思います。

今日は授業の最終日だったのですが、実は娘を連れて行きました。
たまたまゾヤ君の都合が悪くなったのと、授業の最終日は今までのまとめや授業のフィードバックをするのが普通で、内容的に楽なので、じゃあ、連れて行っちゃえ!と。
10人くらいのこじんまりしたゼミで、参加者も先生も好意的に受け入れてくれて助かりました。ジェンダー学のゼミで、先生も女性、参加者も1人以外全員女性で、そのうちの1人は確実にママ、多分、あの人も、あの人もママなんじゃないかな?という感じです。そして、今日、「まぁ、何ヶ月なの?」と声をかけてきた、ちょっとパンクっぽい女子学生、彼女には6ヶ月の娘がいるそうです。ゼミの間赤ちゃんをどうしているのか聞いたら、やっぱり「パパが面倒を見ている」との答え。
ゼミの間寝てくれないかなー、という期待は見事に裏切られてしまったのですが(^^;)、途中で離乳食をあげて、授乳して、立って抱っこして・・・なんていうのでも皆さんケチの1つもつけないどころか、みんな視線が優しいし、先生は紙で船を作ってくれるし(笑)。

実は、これとは違うヨーロッパ民俗学のゼミにも、一度娘を連れて行ったことがあります。大学の外に見学に行く時で、抱っこ紐で抱っこしていったら、先生も参加者も案内してくれた人も歓迎してくれました。ここでも小さなグループで、全員女性。そして、先生には7歳と3ヶ月の2人の子供がいる事が判明。3ヶ月の赤ちゃんを授業の間どうしているのかと言うと、やっぱり夫が面倒をみているそうな。「私も抱っこ紐を買おうかどうか迷ってるとこなんだけど、どう?」なんて、思いっきりママな質問をされたので、エアゴベイビーをオススメしておきました(^^)

経験してみて痛感したのは、子育てに専念するというのは本当にキツイということです。娘は世話の楽な赤ちゃんだと思うんですけれど、それでも、ずーーっといると疲れだけでなく、イライラも募ってきます。
私の場合は、まだ学生なので、それなりに頭を使わないとあっという間に学問の世界から離れて行ってしまうのではないか、大人の世界から取り残されてしまうのではないか、という焦りがありました。だから、週1日でも、子供と全く関係ないことをする時間と、そのための資料を読む時間があったのは、ありがたかったです。

そして、やはり、ママが大学に行くなり、仕事なりをするには、パパの協力が必要ですね。
以前、「子連れゼミ」で、赤ちゃんを連れてきたパパとおぼしき男子学生について書いたし、「授乳する先生」では、先生の授乳タイムがあるゼミのことを書きました。この先生の場合でも、授業の間、パパと思われる男性が子供の世話をしていて、先生は休憩時間におっぱいをあげにいっていました。家の外でバリバリ稼いでくれる日本式(?)のパパもいいけれど、がんばるママをサポートしてくれるパパというのもアリだな、と思います。

授業は終わったとはいえ、単位を取るには20枚以上の論文を書かなくてはいけないし、それと平行して、日本の修士論文にあたる卒業論文をあれこれやっているところなので、「終わったー!」という感じでは全然ないのですが、1つ、私の中で区切りがついたかな、というところです。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-07-13 22:35 | 学生生活

バイバイ、ボンボドロン!

a0104785_22263428.jpg
(写真はrbb-onlineより)
昨日、7月9日はブランデンブルク州の歴史に残る日になりそうです。

ボンボドロンこと、「軍事演習・航空/陸上射撃場 ヴィットシュトック」を巡る問題に決着がつきました。(ボンボドロンについては、過去記事「ボンボドロンを巡って」「ボンボドロンなんかいらない」を参照。)
ついに、軍事演習場としての利用はしないことが決まりました!!
やったー!やったー!!
昨日、洗い物しながらラジオを聞いていて「えぇ!!」とびっくりしたんですが、どうやら、本当にこの問題に決着がついたようです。ニュースのビデオにリンクを張っておくので、詳しいことを知りたい人は、ここをクリック。rbbのサイトに飛ぶはずです。

17年間にわたる住民の反対がついに実を結びました。
防衛大臣が、上告しないことを決めて、これで終わり。
それに至るまでに行ったデモ、102回。勝った裁判、27回。涙ぐましい努力と忍耐力ですね。住民だけでなく、自治体や州やいろいろな団体も力をあわせて反対してきたわけで、本当に、うれしいニュースです。

もちろん、これですべてが片付いたわけではなく、新しい土地の利用を巡っては今後いろいろな問題も出てくると思われます。何しろ、広い土地ですし、軍事廃棄物を処理するには、時間もお金もかかることなので、ボンボドロンに反対してきた人達が望むような、きれいで平和でみんなが利用できるような場所になるにはまだ時間がかかることでしょう。

でも、そんなことは分かりきったことですからね。とにかく、軍用機が低空飛行するだの、ミサイルを落とすだの、そういうことがなくなるだけでも、スッバラシイことです。
今後、ボンボドロン跡地がどうなっていくか、楽しみです。

人気ブログランキングへ←クリックありがとう。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-07-10 22:42 | ブランデンブルク州いろいろ

集中豪雨と落雷

アレコレやっているうちにあっという間に一日が終わっていきます。

書こうと思っているテーマはいくつかあるのですが、ひとまずは最近の天気の話。

このところ、ベルリンでは25度を越える暑い日・・・と言うと、日本の感覚だと大したことないような気もしますが、ベルリンで暮らしていると気温が30度に近づくと「うー、暑すぎだぁぁ」という感じです。特に私が暑がりで、さらにウチの部屋が夏向きにできていない(?)ということもありますが、とにかく、このところ、汗まみれになる天気が続いていました。そして、派手な夕立が来る日も結構ありました。

ブランデンブルク州といえば、砂地な上に、降水量も少なめで、ドイツで一番山火事が起きやすい州なわけですが(山火事の話はかつて「山火事注意!」「ユータボーク近くの山火事」でも触れました)、雨が降るとなると時々ものすごく降るみたいです。

ベルリンでも派手な夕立が来たおととい、ブランデンブルク州東部では記録的な豪雨だったそうです。なんと、短時間の間に2か月分の雨が降ったそう。2か月分って・・・すごいと思いません?2ヶ月の間に降る量がそもそも少ないとしても、まさに「バケツをひっくり返したような」という表現がピッタリでしょう。

それで、そんな豪雨のなか、高速を走っていたブランデンブルク州の農業大臣Dietmar Woidkeの車が事故を起してしまいました。農業大臣というのは、フォースト(このブログで最初に紹介したあの「バラ園の街フォースト」です)の近くの村の出身の人で、環境大臣でもある人です。その大臣の車がクラッシュして、その後にもう一台来た車も衝突して、車が燃えて・・・と、かなりひどい事故だったようですが、幸い、大臣も運転手も後続の車に乗っていた人も軽症ですんだみたいです。
クラッシュといえば、この冬にチューリンゲン州の知事がスキーで事故を起してこれは大変なことになったので、今回の事故が軽くすんだのは不幸中の幸いといったところです。

農業大臣が高速で事故を起していた頃(か??)、Seelowの近くの村では、雨宿りをしていたおじさんが落雷で亡くなってしまうという事故も起きています。どうやら木の下で雨宿りをしていて、その木に雷が落ちたもよう。うーん、雨宿りする時は気をつけましょう。
それ以外にも落雷があったり、事故があったりと、かなりひどい嵐だったようです。
まぁ、海も山もない土地なので、日本の台風なんかよりは被害が少ないような気がしますが。
天気予報によると、七月は雨が多くなるそうです・・・。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-07-07 05:19 | 災害