ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
フォロー中のブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

選挙の予想

アレコレやっているうちに更新が遅れました。

今度の日曜日はついに選挙です。
国の選挙だけでなく、ブランデンブルク州とシュレスヴィヒ=ホルシュタイン州の選挙もあって、選挙権のない私でもなんだか楽しみです。

ブランデンブルク州に関して言えば、どうやら、波乱というようなことは起きなさそうです。
17日の世論調査によると、

SPD 34%
Linke 28%
CDU 21%
FDP 7%
Grüne 4%


だそう。過去の調査結果を見ても、あんまり変化がないです。

なんか、つまんないな。

相変わらず左でいいけれど、あまりにもそのまま過ぎやしない?
もしCDUがボロ勝ちしたりしたら、私は激しくショックを受けるだろうけれど、SPDがトップっていうのが、ブランデンブルク州のわりに(?)ちゃんとしすぎてる気がしないでもない。Linkeがめちゃくちゃ強かったら、「おぉ、なんて分かりやすい旧東ドイツなんだ」というような感動があると思うんですけれどね。

SPDが勝つことはすでに想定されていて、問題は連立を組む相手です。
今までSPDはCDUと連立を組んでいたんだけれど、Linkeと組むことも十分考えられます。
ただ、CDUはCDU過ぎだし、LinkeはLinke過ぎだし、という感じで、SPDとは政策の面で一致しないところがそれぞれにあるので、SPDがどこで折り合いを付けるのかというのが注目です。
さ、日曜日が楽しみだな。

人気ブログランキングへ←クリックよろしくね!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-09-24 05:16 | 現代旧東ドイツを知ろう

州選挙の結果

日本で民主党が大勝した30日、ドイツではザクセン州、チューリンゲン州、ザールラント州で州レベルの選挙がありました。
独断と偏見で、この選挙についてサクッとまとめておきます。
いいですか、独断と偏見ですからね。
私の政治志向を考慮したうえで読んでください。

まず、ドイツの政党ですが、キリスト教民主同盟(CDU)を自民党、SPD(えー、日本語訳を忘れました、前の政権を取っていた党です)を民主党だと思うと親近感が沸くかもしれないですね。この2つが大きくて、あとはエコな緑の党(Grüne)、ネオリベラルなFDP、旧東ドイツとはつながりの深い左翼党(Linke)が連立を組むパートナーとして定着しています。
他にもローカルな政党もあるのですが、今回選挙があった州では、影響力はあまりありません。それより気になるのは極右政党のNPDです。

話を元に戻して、今回の選挙の結果。
%の後の数字は議席数、()内は議席数の変化です。

まず、ザクセン州。

CDU 40.2% 58 (+3)
Linke 20.6% 29 (-2)
SPD 10.4% 14 (+1)
FDP 10% 14 (+7)
Grüne 6.4% 9 (+3)
NPD 5.6% 8 (-4)

相変わらずCDUが強いです。今の知事、そう、あのソルブ人のおじさん(「ザクセン州の新しい知事」)もCDUです。
CDUが幅を利かせているのはまぁ、仕方ないとして(?)今回よかったのは極右のNPDが弱くなったことです。事実上のネオナチなので、非合法化したくてうずうずしている人は山ほどいるのですが、なんだかんだ言ってまだオフィシャルに活動をし、議席まで取ってしまう、タチの悪い極右政党。旧東ドイツでは「一番マトモ」なはずのザクセン州でそんなのが議席を取っているというのは本当にヤバイと思うんですが、4議席減ったという事で、ヨシとしておきましょう。・・・それでも緑の党並っていうのは、どうかと思う。NPDが緑の党並に強いのか、緑の党がNPD並に弱いのか。うむ。

チューリンゲン州はもうちょっとマトモな(あくまでも個人的な視点)結果でした。

CDU 31.2% 30 (-15)
Linke 27.4% 27 (-1)
SPD 18.5% 18 (+3)
FDP 7.6% 7 (+7)
Grüne 6.2% 6 (+6)
NPD 4.3%

一応CDUが一番とはいえ、議席を15も減らしたというのは自民党並の敗北かもしれません。この結果を受けて、CDUで知事のAlthaus氏は辞任。
LinkeとSPDがしっかりしていて、緑の党は躍進し、NPDは議席なしっ。(5%に満たないと議席はゼロというルールがあるから)
なかなかいいぞ、チューリンゲン州!


今回一番「えぇっ!」だったのは実はザールラント州です。
西ドイツの小さい州なんですけれど、そこで左翼党(Linke)が議席を今までのゼロからいきなり11も増やす大勝をしたのです。左翼党というのは、DDRの独裁政党が前身な党で、旧東ドイツでは強いんですが、旧西ドイツでは存在感の薄い政党です。それが、西も西、西の隅っこのザールラントで大勝。ひとえに党首のラフォンテーヌ氏がザールラント州の出身だから、ということらしいんですけれど、これは意外でした。

ちなみに、国レベルの選挙が行われる9月27日に、ブランデンブルク州の州レベルの選挙もあります。楽しみといえば、楽しみだけれど、ブランデンブルク州の場合、多分また、ベタに左ですよ、ふっふっふ。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-09-06 06:07 | 現代旧東ドイツを知ろう