ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
フォロー中のブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

オスタルギー

随分ご無沙汰してしまいました。

夏学期のゼミの論文(A4で20枚!)がようやく完成だー、と思いきや、娘が風邪をひき、私もバッチリうつされました。こんなひどい風邪はベルリンに来て以来初めてだと思います。今週から大学も始まり、やることもいろいろあるんだけどな、ゲホゲホ・・・。

さて余談はそのくらいにしておいて、今回のテーマは「オスタルギー」です。
実は、オスタルギーについて考える機会を与えられて、ちょっと前から頭の隅っこに引っかかっているんです。そういえば、ブログで触れたことがなかったので、ここで取り上げてみましょう。

説明しよう!オスタルギーとは。
オスト(東)とノスタルギー(郷愁)を掛けた言葉です。オストとは、DDRのことです。なので、「DDRに対する郷愁」という意味になります。

オスタルギーなんて、誰が言い出したのか知りませんけれど、上手い造語だと思います。日本だったら流行語大賞でも取ってそう。
そんなキャッチーな言葉なので、どうも、乱用されているきらいがあります。元の意味から離れたものまでオスタルギーとひとくくりにしているのでは?という気がします。詳しく知りたい方はドイツ語のウィキペディアあたりを参照してください。

ちなみに、日本語のウィキペディアのオスタルギーに関するリンクは問題だと思います。誰もが好きなように書けるとはいえ、辞典と呼べるレベルではありません。内容も明らかな間違いが含まれています。私はウィキの編集をしたことが無いし、そんな精神的な余裕も今は無いので(^^;)、もしできる方がいらっしゃったら、もうちょっとまともな内容にしていただけるとありがたいです。

私は概念としてオスタルギーという言葉を使うのであれば、本来の意味である「DDRへの郷愁」という点から離れるべきではないと思います。よくある混同としてのオスタルギーは、私に言わせれば「DDRの商業化」です。
観光客をターゲットしたDDRグッスは、商品に過ぎません。売れればいい。それが利潤を生み出せさえすれば、誰が作ろうが、誰が買おうが、そんなことは問われません。そういうものを売ったり買ったりするのが、DDRとは直接関わりのなかった人達である場合も多いでしょう。

DDRを経験しなかった人達はDDRに対して「郷愁」を抱く事はできません。彼らを駆り立てるもの(笑)は、DDRに対する興味、もの珍しさ、憧れ、共感、同情(?)とか、そのあたりの感情でしょう。それはそれでいいんですよ、なんせ、私もその類ですから(^^)。

ここまで考えれば分かると思うんですけれど、厳密な意味でのオスタルギーを抱く事ができるのは元DDR国民か、DDRと関わりを持っていた人達だけです。そういう人達が、「ああ、DDRはこうだったな、懐かしいな」と、あくまでもノスタルジックに昔を思い起こしてキュンとなること、その場合にDDRを肯定的にとらえること、そういうのがオスタルギーです。

ゾヤ君に言わせれば、オスタルギーは単なる流行にすぎなくて、今になってオスタルギー云々は言わないみたいです。一時期、メディアがオスタルギーと称してDDRを面白おかしくとりあげたりすることはあったけれど、それももう過ぎたことだと。

私は、厳密な意味でのオスタルギーという言葉を使う場合、それは必ずしも物に還元できるものではないと思います。

DDRがぴんと来ない人なら、昭和を例に考えてみるといいと思います。
昭和と言っても長いですよね。
昭和を懐かしむという場合、何が思い浮かぶでしょう?
私だったら、自分の子供時代と結びつくもの。
そうでないとしたら、「レトロ」なもの、ファッションとしてかわいいものとかです。でもその場合は、懐かしむと言う感覚ではないですよね、だって、自分は経験していない時代のことなんだから。

オスタルギーも同じようなものだと思います。
懐かしむ時代が40年のうちのどのあたりなのか、というのは人によって違うし、何をきっかけに懐かしむのか、というのも違うはずです。アンペルマンで郷愁に浸る旧DDR国民がいないわけではないでしょうが、今になって商業ベースで浸透しているアンペルマンで、ウェットな感覚というのはあまり出てこないんじゃないかな。
それよりは、当時の歌だとか、ファッションとか、もっと言えば、匂いとか、音とか、そういったもののほうが「うわー、懐かしい!」という気持ちになると思うんですよね。・・・私の感覚では、ですよ、あくまでも。

とはいえ、そんな超個人的な思い出を再現するのは難しいので、オスタルギーといいつつ、DDRの大衆文化の再現や日常生活品を入手することを意味している場合もあると思います。そして、それが商魂たくましい人達によってビジネス化されている。現実はそんなところなんじゃないかな。

ゲホゲホ、なんだか取り留めなくダラダラと書いてしまいましたが、もっと詳しい方いらっしゃったらご指摘よろしく。

人気ブログランキングへ←早く風邪が治りますように、クリックよろしく。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-10-25 06:05 | 現代旧東ドイツを知ろう

選挙の結果

すっかり遅くなりましたが、ブランデンブルク州の選挙の結果をご報告。
%のあとの数字は議席数、()内は議席数の変化です。

SPD 33% 31 (-2)
Linke 27.2% 26 (-3)
CDU 19.8% 19 (-1)
FDP 7.2% 7 (+7)
Grüne 5.6% 5 (+5)


予想通り、SPDが勝ち、それに左翼党が続く形。ブランデンブルク州は相変わらず赤いねぇ(*^-^*)。

国レベルでの選挙ではCDUが勝って、メルケル首相の続投が決まったわけですが、今回の選挙では、SPDやCDUは数字の上では、歴史的な敗北をしているんです。2大政党がダメだったということは、つまり、それ以外の小さい政党が議席を伸ばしたということで、特に(ネオ)リベラルのFDPが躍進しました。
その傾向はブランデンブルク州でも同じですね。
FDPと緑の党が存在感をアピールするようになりました。

ちなみに、極右政党は議席なしです。NPDとかDVUというのは事実上のネオナチで、ブランデンブルク州ではDVUがギリギリで議席を取るかな?どうかな?と思っていたんですけれど、その心配はなくなりました。
州の政治の舞台から極右が消えたというのは、個人的にはSPDがどうのこうのというより、大事なことのように思えます。

SPDが連立を組む相手はまだ決まっていません。今までどおりCDUか、新しくLinkeと組むのか。さてさて、どうなることでしょう。

人気ブログランキングへ←最近更新をしていなかったらなんと、ランキング圏外!クリックよろしく。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-10-06 01:22 | ブランデンブルク州いろいろ