「ほっ」と。キャンペーン

ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大学はどう変わったか、変わるか

現在、ドイツの大学のいくつかはストをやっています。
そんなに過激ではないんですが、学生運動のような雰囲気があって、私の通っているフンボルト大学でも、数日前から大学の一部が占拠されています。
今日は大規模なデモが行われ、さっき聞いたラジオによると、6000人が参加したそうです。私も行こうと思っていたんですが、娘が週末から派手な風邪を引き、今日もまだ元気とはいえない状況なので断念しました。

私はもう単位を取るために授業に出る必要はないので、大学に行く機会も少ないのですが、普通に大学に通っている人達はかなりの影響を受けていると思います。

今回のスト等に関しては、友達の「こーどー」が彼のブログ「Lügenlernen」で詳細にレポートしてくれているので、興味のある人は覗いてみてください。

ストの理由はいろいろあるんですが、メインは、ここ数年で行われたドイツの大学改革に対する批判です。
ドイツの大学というのは、ほとんどが公立で、学費も無いに等しくて、のんびりと、でもマジメに勉強できる環境がありました。ありました、と過去形なのは、それがこの数年で変わったからです。

かつて、ドイツの大学では、卒業するとマギスターかディプロムという称号が得られました。この2つは日本の修士(マスター)に相当する称号で、卒業までに5年くらいかかります。専攻がいくつかある文系の学科ではマギスターが多くて、理系だと普通はディプロムです。
でも、国際的にみると、このマギスター/ディプロムのシステムというのは特殊なわけで、それをもっと一般的な、学士と修士にしよう、ということになったんですね。

それはそれで、私はいいと思うんです。
というのも、マギスター/ディプロムというのは、普通にやっても5年くらいかかって、途中で留学したり、休学したり、サボったり(笑)していると、卒業までに10年近くかかることも稀ではないんです。長すぎ。
それに、内容も本格的なので、卒業するとしたら、学者になるくらいの気合で勉強しなくてはいけない。そうすると、卒業後学問の世界に留まるつもりがない人は、必死こいて勉強して、それから、全く異質な社会人の世界に放り出されて困るわけです。勉強に没頭したい人にとってはいいんだけれど、そうじゃない人にとっては重過ぎる。

実際には卒業後普通に就職する人のほうが圧倒的に多いわけだけれど、みんな5年も10年も勉強しているものだから、ドイツの「新卒」(←なんて概念はないですけど)は他の国のと比べてはるかに年を食っているわけですね。そもそも、ドイツでは、学校を卒業してすぐに大学に入るというのが日本のようにスタンダードなわけではないので、海外に出たり、仕事をしたり、ボランティアをしたりして、それから大学に入って・・・なんてやっていると、30歳で新卒とかいうことも稀ではありません。

それで、そんなんじゃ国際的にヤバイし、経済的にもよろしくないのではないか、ということで、その長くて重いカリキュラムを取っ払って、学士&修士のシステムを採用したわけです。

ちなみに私は、システムが変わるギリギリの時に入学した、最後のマギスター学生です。
日本で学士を取っているので、本当は修士をやりたかったんですけれど、ドイツじゃまだ修士のシステムができていなかったので、マギスターを最初からやらざるを得ませんでした。正直言って、すごい時間と労力のロスです。外国人学生にとっては、学士・修士のシステムはありがたい。

ところが、ドイツというのは、どうしてか、何事もやりすぎる傾向があるんですよね(^^;)
新しく採用された学士・修士のシステムは、マギスター/ディプロムを単純に途中で割るような生半可なものではなかったんです。

ものすごいハードスケジュール。とくに学士は悲惨な状況です。
というのも、学問の質は落とさないけど、卒業後すぐに就職できる準備もしなきゃいけなくて、3年で終わり。ゼミにいくつも出て、しょっちゅうテストがあって、途中でインターンもしなきゃいけない。バイトなんかしてる暇はありません。ましてや、他の科の授業を受けてみたり、自分探しをしたり、子供を産んだり、なんてことをしている余裕ゼロ。
当然、退学者続出。
学生だけでなく、教授達もこのテンポについていけません。先生達は、いままでやっていなかったテストや、課題の添削や、事務にふりまわされることになりました。
めでたく学士の称号をとっても、マギスターやディプロムと比べれば「ちゃっちい」わけで、企業が優遇してくれるわけでもなく、ハクをつけるためにはマスターに進まざるを得ない。そしたらマスターはマスターでまたシビア。

だったら、以前のようにマギスターとディプロムでいいじゃないか、という話です。ゆっくり時間を取って、自主的に勉強して、人生経験を積めたかつてのシステムの方がマシだったんじゃないか、と。

私のように、古いシステムでやっている学生にとっては、途中からシステムが変わったばっかりに、このゴタゴタに巻き込まれることになりました。

現実的に考えて、すでに導入された学士・修士のシステムを無くすというのは無理だと思うんですけれど、大学のシステム1つをとっても、国際基準という名の下に、ドイツのオリジナリティーがどんどんなくなっているような気がします。他の国がやっていることが必ずしも良いとは限らないのにね。「うるさい、ウチラにはウチラのやり方があるんじゃ!」って突っぱねりゃいいものを。それが嫌な人はドイツを出ればいいんですよ、この国際化のご時世、EUもあるんだし・・・って、言い過ぎですか、私?(笑)

長くなったのでこの辺でおわり。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-11-18 08:24 | 学生生活

まさとさんの「素顔のベルリン」紹介

a0104785_23111882.jpg

ブログ「ベルリン中央駅」でおなじみのまさとさんが最近ベルリンのガイドブック「素顔のベルリン―過去と未来が交錯する12のエリアガイド」という本を出版したので、ご紹介します。

速攻話が逸れますけど、そういえば、と思って、私のブログでかつてまさとさんについて触れた記事を読み直してみました。偶然にも、ピッタリ2年前の記事です。(「初トラバ」
そこで、最後に「いつか、彼が書いたベルリンの本が世に出るといいなと思ってます。」って書いてるんですね、私。2年経って、それが実現したわけで、友達として素直に「よかったねー、おめでとう!!」という気持ちです。

実際に読んでみて、「ああ、まさとさんだから書けた本だな」と思いました。
そして、「まさとさんらしいな」とも思いました。
何がまさとさんらしいのか、というのは説明するのが難しいのですが、なんというか、彼のマジメさというか、品というか、冷静さというか、そういうのが伝わってきました。トゲトゲしたものがないと言ってもいいのかもしれません。
良くも悪くもクリティカルではない、と言えるかもしれません。
私なんか、おそらく必要以上にクリティカルなんで、どこかに政治的なニュアンスとか、主張とか、批判とか、そういうのが入ってきてしまうんですけれど、まさとさんというのは、そういう毒っ気がない人です・・・少なくとも私はそういう印象を受けます。
味に例えると「プレーン」です。だから、この本も、マイルドな口当たりで、多分、誰が食べても(読んでも)おいしいといってくれると思うんです。ケンカを吹っかけてくる人は多分いないでしょう。
このまさとさんらしさ、というのは彼の強さでもあり、特にガイドブックを書くにあたっては彼のようなスタンスでとらえることが大事なんだと思います。書くべき人が書くべき本をようやく書いた、そんな感じです。

ベルリン在住者として、この街を愛するものとして、この本がベルリンのガイドブックのスタンダードになること、この本を手に日本人観光客がベルリンを訪れることに期待したい、そんなことを思いました。

まず、ガイドブックとしての情報量(地図、交通機関、店、ホテル等)が十分にあるのと、きれいな写真がたくさん載っているというだけでも、これを手にした人は「ベルリンに行きたい病」にかかると思います。

そして、これは私が特に評価する点ですけれど、ベルリンの多様性というのが見事に描かれています。
歴史に起因する多様性、地区ごとの雰囲気、そういうものが考慮されているので、ありきたりのベルリンガイドとは全く違うベルリンの深い魅力がわかるようになっています。

ベルリンの多様性というのを、ダラダラと説教臭くならないでサックリとまとめ上げたところに、ブログで培ったまさとさんの情報量の多さというのを感じます。

エリア10、クロイツベルク1は、ずばり、私の「キーツ」なわけで、見慣れているものをガイドブックの中に発見するのは不思議な気がしました。
読んでから「もし私だったら、このエリアをどう紹介したかな?」と考えて、多分、まさとさんと同じようにしたんじゃないかなと思いました。
メーリングダム駅からヴィクトリアパークに行って、ベルクマン通りを通ってグナイゼナウ通り駅でゴール。
シャミッソー広場に寄るようになっているのは、まさとさんが最近までこの近くに住んでいたからでしょうね。彼のこの「キーツ」への愛が感じられます。私だったら多分、ベルクマン通りをそのまま通り抜けていたでしょう。

クロイツベルガーとして、ちょっと「?」と思ったのは、エリア10(ベルクマン通り周辺)がエリア11(コトブッサー・トーア駅周辺)より先に来ている点。
確かに、クロイツベルクの名前の由来はビクトリアパークのモニュメントにあるんですけれど、普段、クロイツベルクというと、「コティ」の方が一般的だと思います。ゴテゴテのクロイツベルクといったら、やっぱりコティ。まず、そこを紹介して、トルコ人の話をして、その後で「でも、そんなにエキゾチックなところだけじゃないんですよ、ベルクマン通りあたりもいい感じですよ」というふうにしたほうが、順序としてシックリくると思いました。あ、でもその辺は、まさとさんが慣れ親しんだ「キーツ」への愛ということにしましょうか(笑)。

あと、すごく細かい点を指摘すると、88ページの国立図書館ですけれど、あれが「シュタービ」といわれているのは親しみを込めてではなく、単に「シュターツ・ビブリオテーク」じゃ長すぎるから、「シュタ」と「ビ」をとって「シュタービ」というだけだと思います。
以前私が見たベルリンのガイドブックでは「シュタちゃん」なんていう風に書かれていましたけれど、そういうニュアンスではないんじゃないかな。ドイツ語では最後にIをつけて「ちゃん」のニュアンスを出す事はよくあるんですけれど、国立図書館の場合は、たまたま「ビブリオテーク」の頭が「ビ」だった、というだけだと思います。・・・違うかしら?

この本を読んで、しみじみと「やっぱベルリンっていいよな」と思いました。私はベルリンに来てもう7年になるんですけれど、行ったことのない場所はまだたくさんあります。この本を読んでていて、「あら、私ったら、ここにもまだ行ってない(--;)」の連続でした。
ベルリン在住者や、ベルリンリピーターにもオススメな一冊です。

人気ブログランキングへ←今日もクリックありがとう!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-11-14 00:03 | ベルリン生活

地球アゴラ出演

昨日、地球アゴラというNHKの番組に出演しました。(番組ホームページはここ
ベルリンの特集で、私と、まさとさん(「ベルリン中央駅」)ともう2人、計4人の在独日本人がベルリンから、壁崩壊20年に沸く(?)ベルリンの今を伝える、というもの。
私はDDR博物館から、FDJの青いユニフォームを着て出演しました。

前もってブログで宣伝しよっかな、と思ったんですが、半分くらいがライブの番組なので、本番でオオボケをかましたら恥ずかしいな、と思ってやめときました(笑)。

自分で言うのもなんですが、私は基本的にマジメな人なので、「テレビでしゃべるとなれば、それなりに用意しとかなきゃな」って思っていたんですね。それに、DDRや旧東ドイツがテーマであれば、言いたいことの1つや2つもあるし、私の発言が誤解を招くようなことになってはいけないし、それに、本名&顔出しですからね!

今までにも、ラジオの出演依頼がいくつかあったんですけど、時間的余裕が無いとか、内容が気に入らないとか、お金がでない(も同然)とか、いろいろあって、全部断ってきました。私のようなマイナーな人間を目ざとく発見してくださるなんて、ありがたいことだと思いますが(^^)。
それで、今回も向こうから依頼があったんですけれど、テーマとコンセプト(スカイプでつないで現地の生の声を伝える)が面白いなと思ったのでやることにしました。

快諾したのはいいものの、実際には結構大変でした。
というのも、こっちは子連れなんで、24時間スタンバイということができないんですね。
私が出かけるとなればゾヤ君にお守りをしてもらわなきゃいけないし、電話がかかってきた時にすぐに対応できる状態だとも限らない。
そして、こんなときに限って家族揃って風邪でダウン。
ライブが基本の番組だし、VTRの編集などで、変更に次ぐ変更。こっちのフットワークの悪さというものを思い知りました。
学生生活では、週単位でプレゼンを用意したり、論文に至っては月単位で取り組んでいるので、数時間後にはまた内容が変わっているというのは、すごい異文化でした。
そして担当の方の激務ぶりには驚くばかり。

インタビューをするにしても、マスコミの手法と民俗学の手法は違うんだな、という、当然と言えば当然のことを痛感しました。
インタビューは民俗学の真髄みたいなことろがあるんですけれど、学術的にやる場合は、綿密に情報収集をするし、インタビューそのものにも時間をかけるし、言外の要素(雰囲気、表情、話しかた、ジェスチャー)も重要だし、さらにそのインタビューを分析素材としてどう使うかというのには細心の注意を払うものなんで、いきなり人を呼び止めて質問したり、予備知識なして速攻、というのは、これもまた異文化でした。

まあ、そんなこんなで、ひょぇぇ~ということが多かったんですけれど、当日はもっとひょえぇぇ~で、実際には、用意していたこととはかなり違うことを言いました。なんで、冷静に見たらおかしげなことを言っていたかもしれません。っていうか、なんて言ったか、覚えてないし!みなさん、気にしないでください。

内容的にどう、というのはまあ置いておいて、個人的によかったのは、担当者、共演者、アシスタントの方がみなさん、気さくだったということと、番組の最後でちゃっかりゾヤ君と娘まで登場できたことです(笑)。

というわけで、いい経験になりました。

ちなみに、今日が壁崩壊20周年の記念日なんですけれど、私達は至って普通な日を過ごしました。平日の月曜なんで、多分、みなさん結構普通にすごしたんじゃないかな。壁崩壊が夏だったら、もっとお祭りムードになっていたのかもしれないですね。まったく、壁を壊したくもなるようなドンヨリ&シトシト寒い日でした。

人気ブログランキングへ←見た人も見なかった人もクリックよろしく。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-11-10 06:32 | ベルリン生活