ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
フォロー中のブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ベーベル広場、続編

ベーベル広場を巡る話のつづき。

かつて焚書が行われ、その記念碑が埋まっているベーベル広場を商業利用することに対する批判が、現在開かれている「ファッションウィーク」を機に高まっている、ということを前回書きました。(「ベーベル広場を守れ」

どうやらファッションウィークはベーベル広場で行われているようですが(気になるなら見に行けって?寒いんだもん・・・^^;)次回からは別の場所で行われるようです。さらに、ベーベル広場では今後クリスマス市なども開かれないそう。

ベルリンの新聞「Berliner Morgenpost」www.morgenpost.deが詳しい経緯を書いています。記事をべったり張り付けちゃうのに抵抗がありますが、のちのち読めなくなると残念だし、解説している余裕がないので、ドイツ語OKの皆さん、読んでみてください。(以下「Berliner Morgenpost」より引用)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Fashion Week

Protest gegen Laufsteg auf dem Bebelplatz


Ein Bündnis um den Berliner Ehrenbürger Edzard Reuter will die Fashion Week vom Bebelplatz verbannen. Aus Rücksicht auf das dortige Mahnmal, das an die nationalsozialistische Bücherverbrennung erinnert, müsse der Platz "frei von trivialisierenden Massenveranstaltungen bleiben", heißt es in einem offenen Brief an den Regierenden Bürgermeister Klaus Wowereit (SPD), der gestern veröffentlicht wurde.
Zu den Unterzeichnern des Schreibens gehören neben dem früheren Daimler-Chef Reuter auch die Vorsitzende der Berliner Jüdischen Gemeinde, Lala Süsskind, die CDU-Bundestagsabgeordnete Monika Grütters sowie verschiedene Künstler und Kirchenvertreter. Sie beklagen, dass der Zugang zum unterirdischen Mahnmal durch Modeschauen, Weihnachtsmärkte und Eislaufbahnen regelmäßig behindert werde. Die "provinzielle Bespielung" eines authentischen Tatorts von Nazi-Verbrechen beschädige zudem das Ansehen Deutschlands.

Im Rahmen der Berliner Fashion Week finden in den kommenden Tagen wieder mehrere Modeschauen auf dem Bebelplatz im Bezirk Mitte statt. Seit 1994 existiert dort aber auch das Denkmal des israelischen Künstlers Micha Ullman, das an die Bücherverbrennung auf dem damaligen Opernplatz am 10. Mai 1933 erinnert. Das Kunstwerk zeigt eine unterirdische Bibliothek mit leeren Regalen. Besucher des Platzes sehen das Denkmal durch eine Glasscheibe im Boden. Schon der Bau einer Tiefgarage unter dem Platz hatte vor einigen Jahren für einen erbitterten Streit gesorgt.
Anzeige

Wirtschaftssenator Harald Wolf (Linke) kündigte gestern an, ein Ausweichquartier für die Modenschau zu suchen. "Der Bebelplatz ist mit seinen historischen Gebäuden ein schöner Rahmen für die Modenschauen der Mercedes-Benz Fashion Week", sagte Wolf der Morgenpost. "Allerdings ist er aufgrund seiner Historie und insbesondere aufgrund der Bedeutung des Mahnmals eine Interimslösung." Weder der Veranstalter noch der Bezirk hätten die Nutzung des Platzes durch die Mercedes-Benz Fashion Week auf die leichte Schulter genommen, sondern stellten mit zahlreichen Maßnahmen die umfassende Zugänglichkeit und einen möglichst respektvollen Umgang sicher. Das bestätigt auch der Baustadtrat von Mitte, Ephraim Gothe (SPD): "Weihnachtsmärkte haben wir bereits vom Platz verbannt", sagte er. Bei der Fashion Week habe die Bezirksverordneten-Versammlung allerdings die "außerordentliche wirtschaftliche Bedeutung für Berlin" anerkannt. "Wenn ein alternativer Veranstaltungsort gefunden würde, würden wir das sehr begrüßen", so Gothe.

Doch die Suche nach einer Alternative gestaltet sich offenbar schwierig. "Bei der Suche nach einem Ort für die Modenschauen sind im Vorfeld alle zentral gelegenen Plätze geprüft worden, alle haben genehmigungsrechtliche Tücken, daher wird es notwendig sein, dass IMG als Veranstalter alle Möglichkeiten noch einmal durchgeht und perspektivisch auch Indoor-Locations ins Auge fasst", sagte Wolf weiter.

Veranstalter IMG ist von der Dynamik der Debatte über den Bebelplatz zwar überrascht, hatte allerdings bereits im vergangenen Jahr damit begonnen, einen anderen Veranstaltungsplatz zu suchen. "Wir hatten im November ein sehr gutes Gespräch mit dem Berufsverband Bildender Künstler (BBK), bei dem der Verband uns seine Bedenken noch mal deutlich gemacht hat", so IMG-Sprecher Daniel Aubke. Der BBK vertritt die Interessen des Künstlers Micha Ullmann. IMG habe damals bereits signalisiert, dass die Veranstaltung nicht zwingend auf dem Bebelplatz stattfinden müsse und man offen für andere Plätze sei. Seither hat der Fashion-Week-Organisator gemeinsam mit dem Senat etwa 20 Plätze und Gebäude in Mitte besichtigt, unter anderem waren der Pariser Platz, der Gendarmenmarkt, der Leipziger Platz und der Martin-Gropius-Bau im Gespräch.

"Weihnachtsmärkte haben wir bereits vom Platz verbannt"

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(引用終わり)

ということらしい。
気になるところはいくつかありますがね。
ダイムラーの元ボスが抗議するのは、ファッションウィークのスポンサーがメルセデスだから?とか、開催場所はどうしてもミッテじゃないとダメなん?(←だから、なんでテンペルホフじゃいかんのよ)とか。
でもまあ、どうやらベーベル広場が商業利用の対象になるのは今後ない、もしくはそのたびに批判されるであろうから、話としてはいい方向に向かっているみたいです。

人気ブログランキングへ← クリックよろしくね!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2010-01-22 02:03 | ベルリン生活

ベーベル広場を守れ

さっき台所でラジオを聴いていて、つい「おぉ!」と聞き入ってしまったニュースを1つ。

我が母校、フンボルト大学の本館はベルリンの中心地、ウンターデンリンデンにあります。その向かい側には、がらんとした広場、ベーベル広場(Bebelplatz)があります。知らずにここを訪れたら「こんな一等地がなんでただの広場になっているんだろう?」と思うでしょう。

実はこの広場の真ん中あたりに、記念碑が埋まっているんです。
記念碑という単語、どうもシックリこないですね。ドイツ語だとMahnmalといいます。Mahnはmahnen(警告する、促す)という動詞からきていると言えば分かるように、過去の過ちを忘れないように、という意味を込めた記念碑です。ドイツで「過去の過ち」といえばもう、十中八九、ナチス関係です。

1933年、ベーベル広場で焚書が行われました。ナチスが「ドイツ的ではない」とした本をそこで焼いたんです。本はただの紙の束ではありません。どんど焼きとか、そういう話ではないんですよ。本を焼くというのは、そこに書かれた思想を焼くということ。言論の自由を奪うということ。「本を焼く者は、ついには人間を焼くようになる」というのはハイネが言ったことですが、その後ナチスが何をしたかという事を考えると、焚書というのはとても象徴的な意味を持っています。

この記念碑は、とてもステキです。ステキというとなんか変ですけれど、私のお気に入りの記念碑です。広場を見渡してもそれらしきものは見当たらない。真ん中へんに行くと、ガラスの板があって、下が見えるようになっています。中にはカラッポの本棚。本がない。焼かれてしまった。ぽかーん。
カラッポなのは本棚だけじゃなく、本を焼いた人の頭の中なんじゃないかとか、本質的なものを失ってしまった空虚とか、沈黙の気持ち悪さとか、そういうものまで見るものに感じさせる、スゴイ記念碑だと思います。


・・・というのが、前置きで、その私が「おぉ!」と思ったニュースというのは、このベーベル広場で行われる予定だったイベント「ファッションウィーク」がそこでの開催をあきらめたらしい、という話です。

以前から、ベーベル広場で催しものをすることに対して抗議があったそうです。今までにも、そこでクリスマス市が開かれたり、特設のスケートリンクが作られたりしていて、私は別に気にも留めていなかったんですけれど、ナチスの犯した罪を考える場所を商業利用することに異議を唱える人達がいて、今回、ついにその声が聞き入れられたそうな。

イニシアチブを取っていた人の電話インタビューを聞いたんですけれど、すごく説得力がありました。ベーベル広場はただの広場じゃないこと、過去の過ちを伝える・考えるためには静かであるべきだということ、ベルリンには他にも商業利用できる広場があること。「よりによってベーベル広場を使う必要などない」・・・確かに。
ということで、焚書の行われた広場にでっかいテントを立てて、音楽かけて、モデルがつかつか歩く、というのはどうやらできなくなったみたいです。

ああ、ベルリンって、いいところだなと思いました。「お金だすんだからいいでしょ」とか、そういうのにピシャ!と平手打ちをする気合がある。「そういう問題じゃない!」って言うことができるって、なんてカッコイイ。
・・・これだから市の財政は大赤字とか、景気が悪いとか、そんなん、気にすんな!お金にならないことに、ただの「象徴」のために人が動き、政治が動くって・・・ベルリンに惚れ直しました。

人気ブログランキングへ←おおっと、リンクを張るのを忘れていました。クリックよろしく。

P.S.
・・・と思いきや、の後日談はコメント欄を読んでください。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2010-01-19 19:39 | ベルリン生活

バルバドスかビッターフェルトか?

ベルリンに住んでる人は耳にした、もしくは目にしたことがあるかもしれないです。
ベルリンのFM局、キスFMが、最近面白いゲームをやっています。

その名も、「バルバドスかビッターフェルトか?」
a0104785_22245671.jpg
写真はKissFMのホームページwww.kissfm.deより。

朝7時7分に、あらかじめ応募しておいたリスナーのうち、当選者にDJから電話がかかってきます。ちゃんと起きてて電話に出た(朝7時って、私はまだ寝てます^^;)当選者には運命の選択が待ち構えています。封筒の中には、カリブ海のリゾート地バルバドス島に行くチケット、もしくはビッターフェルトに行くチケットが入っているのです。当選者に旅行が当たるというのはよくあることですが、行き先に当たりハズレがあるというのは珍しいし、なにより、ビッターフェルトですよ、ビッターフェルト!

ビッターフェルト、(日本語ではビターフェルトと書くみたいですけど、ドイツ語の発音は明らかに「ビッター」です。英語じゃないからね^^)はザクセン=アンハルト州の街で、ルターの街ヴィッテンベルクと、ハレの間あたりにあります。なぜそこに行くのが罰ゲームになりうるかというと、それはもう、イメージの問題。
ビッターフェルトあたりというのは、DDR時代に化学工業地帯として有名で、ビッターフェルトが化学工業地帯の同意語のように使われていました。今でもビッターフェルトといえば、工場とか、大気汚染とか、そういう、イメージが残っているわけです。キラキラした南のリゾート地の反対のイメージとといえばそうかもしれないですね。
「ビッターフェルト=罰ゲーム」というのが成り立つのは、このFM局がベルリンにあって、リスナーの多くがベルリンやその周辺の人達だからでしょう。違う地域だったら「え?ビッターフェルトってどこ?」ってことになるだろうし、ビッターフェルトの近くのFM局だったら、近隣の町を罰ゲームの行き先にするなんて失礼すぎてできないでしょう(笑)。ビッターフェルトだった場合には「ビーッターフェールト!」ってなって、いかにもガーーンな効果音が流れるんです。ビッターフェルトの観光局あたりが抗議してもおかしくないですね。

私はKissFMのリスナーというほどでもないし、朝7時にスタンバイしている気合など無いのですが、ビッターフェルトに招待してくださるなら、ぜひ!って思います。行きたいですよ、普通に。コンビナートに萌えてしまう人だったら、ビッターフェルトは全然罰ゲームじゃないです。多分、ステキな廃墟とかもありますよ。そのうち行きたいですね。

それにしても、ベルリンは寒いです。んー、やっぱりバルバドス島の方がいいな・・・。

人気ブログランキングへ←クリックよろしくね。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2010-01-13 23:46 | 現代旧東ドイツを知ろう