ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ニセドイツ

数日ぶりに机に向かっています。ちょっと元気になったと思ったら、週末からまた風邪。しつこい鼻水プラス今度は頭痛。ぐあんぐあん痛い。ビタミン剤とハーブティーとホメオパシーの薬を飲んでみたりしていますが、どれもホントに効いてんだか?な感じ(--;)。でもなにもしないよりは精神的によさそうなので、しばらくこのカクテルで様子を見てみます。娘はなぜか元気です。多分もう全部やっちゃったから免疫ができているんでしょう。それがありがたいです。

さて、なんだかんだやっていてすっかり紹介が遅れてしまった本をここでとりあげたいと思います。知り合いの伸井太一さんが書かれた「ニセドイツ≒東ドイツ製生活用品」という本です。今のところ1と2があって、3も出る予定だとか。

a0104785_1932213.jpga0104785_1934829.jpg


DDR製品をおもしろおかしく紹介した本で、ご本人から頂いてパラパラ見た最初の感想は「すごーい!」。何がスゴイって、よくここまで調べたな、ということと、こんな本が日本で出版されるだなんて、ということ。

まず、「よくここまで調べたな」という点。
これは、伸井さんの本職が歴史研究家だからできたことかもしれません。私は民俗学をやっていて、歴史学方面の資料も読むことが多いんですけれど、歴史学のプロというのは尋常ではない情報収集力をもっているものなんですね。「どこでこんなん調べたんだろう?」というような情報をホイホイ出してくる。その集中力というか、執着というか、細かさというか、そういうものは、歴史学ならではです。だから、この本を見ても、伸井さんの歴史家魂を感じされられます。
私はDDRに関して、それなりに詳しいはずなんですけれど、この本を読んで「へー」の連発でした。イデオロギーとか社会体制としてのDDRを知っていても、どんな歯磨きがあったかとか、家電の種類とかそこまでは知りませんでした。

そして、「こんな本が日本で出版されるだなんて」という点。
ここまでマニアックな本、私以外に誰が読むんだろうと思いきや、結構ウケているようです(笑)。DDRマニアでなくても、パラパラ見て「へへ」っと笑えるのがいいんでしょうね。なにしろDDR製品というのは怪しさも妖しさもバッチリ兼ね備えている。
もちろん、DDRだから変というより、時代という要素も大きくて、今の感覚するとなんとも滑稽でかわいい、ということはあるのだけれども、「ダサかわいい」とか「ダメかわいい」に萌えてしまう人にとっては、DDR製品はDDRと関係なくステキに違いない。DDRの人はマジメにそういうのを作って使っていたから、「かわいい」なんて言うと失礼なんですけれど、なんともいえない「ダメさ」に私などは胸がきゅんとするわけです(^^)。

多少気になるのはタイトルですね。ニセドイツのニセは「贋」ではなく「似せ」、もしくは西(ニシ)をもじったものだというのを伸井さんは最後に書いていらっしゃるんですけれど、これは正直、かなり分かりにくい説明です。タイトルとしてキャッチーなのはすごく良いし、字体が画素の大きいデジタル風で書かれている時点でマジメに「贋」とか「似せ」とか言っているのではなく、「ニ・セ・ド・イ・ツ」と、それこそDDRのポンコツコンピューターがジジジジっと打ち出したような雰囲気があっていいんですけど。

あと、みっちりちりばめられた駄洒落ですが、なんだか年号暗記の語呂合わせみたいで、やっぱり伸井さんの歴史家としてのバックラウンドを感じてしまいます(笑)。
彼の名誉のため(か?)に言っておくと、彼自身はステキなお兄さんです。この駄洒落をみていると想像しづらいかもしれませんけれど、私よりちょっと年が上の人。彼のような若い研究者がDDRに興味を持って、そして愛着を持って本を書いたというのはいいことだと思います。彼の専門分野はDDRではないというのは驚きですが、DDRと直接かかわりの無かった私達の世代が、ある種の距離を置いてDDRを見る、調べる、思いを馳せる、というのは大事な事だと思います。

人気ブログランキングへ←相変わらず寒いベルリンです。クリックよろしく。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2010-02-16 19:33 | DDRを知ろう

垂乳根の

ここ数日風邪でダウンしていました。
鼻水と咳のひどいやつ。間違いなく娘から移されました。
この一ヶ月くらい、娘はずっと何かやっています。一ヶ月前に熱を出して以来、治ったかと思うと今度は鼻水・鼻詰まり。それも良くなったかな?というころにまた復活し、このところは咳がひどかったです。1つの風邪を引きずっているというより、次から次へという感じ。
この冬の寒さ&天気の悪さでは、風邪を引かないほうが不思議なくらいです。吐いたり下したりすると悲惨なんですけれど、そういうのはやっていないので、ありがたいといえばありがたい。とはいえ、それも「いまのところ」の話で、いつそういうのをやらかすか分かりませんが・・・。

自分が子供を持つまで気付かなかったんですけれど、小さい子というのは鼻がかめないんですね。鼻をかむなんて、大人にとってはなんてことないことだけれど、実は学習しなければできないことです。
鼻がかめないというのは非常につらい。ずっと鼻水ずびずび。息ができない。寝れない。大人だったら、「あー、キッツイな」で諦めるところでも、そんなことを理解していない子供は「苦しいー、気持ち悪いー、ぎゃあー」となってしまう。泣いたってしょうがないのに泣く。

そんなんで、睡眠はズタズタになり、1日中だっこにおんぶ、夜は隣でくっついて寝ているママの抵抗力はどんどん下がり、ゴホゴホ、ずびずび、あぁ、うつされたぁ(T-T)。
もちろん、一つ屋根の下で暮らしているゾヤ君も餌食になり、一家全滅。
水分が鼻から抜けていく。ゾヤ君と二人でゴホゴホやってて、「これなら咳でモールス信号をやってコミュニケーションが図れる」と思いました。咳と鼻水のピークは過ぎたようで・・・ということにしたいです。

子供が鼻をかめないと同じくらいキツイのは、授乳をしてる母親は薬が飲めないということです。娘は今月で1歳半になるのですが、まだおっぱいをあげています。もともと、一歳になるまではあげたいと思っていたので、その目標が達成できたことはいいのですが、今はやめようにもやめられない、という感じです。
娘は病気をするとおっぱいを欲しがる頻度と執拗さが増す上、水分補給が大事なのに鼻が詰まっているせいか、自力で水を飲みたがらないんです。もう普通に食事ができる年齢だし、おっぱいはなくてもいいんだけれど、温かくて柔らかいのをもぐもぐして、甘い液体を吸うのは気持ちいいんでしょうね。
まだしゃべれないけれど、「おっぱい」という単語は理解しているらしく、「おっぱい」と言うと、うひゃっと喜ぶ(笑)。そこまで喜んでいただけれるならどうぞ・・・。

というわけで、今無理に卒乳/断乳する気はないのですが、授乳中は薬が飲めません。
一般的にそういわれているし、薬の説明書にもそう書いてる。
でも、母親が子供と同じ病気をしていたら、子供用の薬を飲んでそれが母乳に移行したとしてもたいしたことないんじゃないかな?と思って薬局で聞いてみたのですが、ダメとのこと。本当にダメかどうかというより、データがないので安全性を保証できないそう。まあ、人体実験して、もし赤ちゃんに何かあったら困りますからね。妊婦と授乳中の人は薬はダメ、ということになっているらしい。

そういうのは、理屈としてはよくわかるんだけれど、現実は厳しいのです!
子供が風邪でダウンするだけで親は十分キツイのに、さらに自分までよぼよぼだと、もう、「限界への挑戦」という様相を呈してきます。
私の場合は、まだゾヤ君が手伝ってくれるのでなんとでもなるといえばそうですけれど、1人でなにもかもやらなければいけなかったらどんなに辛いことか。
薬も飲まず、マトモに寝ることもできず、ご機嫌ナナメの子供に栄養と水分を吸い取られる授乳中のママは本当に大変です。「子供の看病手当」をもらってもいいくらい。子供の医療費がタダなんて、当たり前じゃないか!と言いたくなります。

いつまで母乳をあげるのか、様子をみてみないと分からないのですが、まわりでも結構長くあげている人がいるし、2歳くらいまではいいかな、という気でいます。

それにしても。それにしてもです。
・・・私も「垂乳根の」という枕詞がシックリくるようになってきたみたいです。
「垂乳根だなんて、失礼な」と、かつて思ったんですが、昔のお母さん達はきっとミッチリ母乳育児をしていたんでしょう。そりゃ、垂れるさ。妊娠中にもう胸の形は変わってくるわけで、授乳をしなくても垂れるそうですけれど、お乳でパンパンに張っていた頃と比べると、今の状態というのはかなり「しょんぼり」しています(笑)。

古典なんてもう忘れているので、気になって調べてみたら、たらちねは「足乳根」とも書くそうで、乳が垂れているというだけではなく、乳が足りているというニュアンスもあるそう。母だけでなく、親にかかる枕詞でもあるだなんて、そうだっけ??垂乳女は母親・産みの母を意味して、その対として垂乳男というのもあるだなんて、今知りました。

これまでの人生では使ってこなかった種の気力や体力を要求されているような日々。育児というのは、身を削ってやっていくものなんですね。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2010-02-07 03:31 | 妊娠・出産・子育て