ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
フォロー中のブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

アイスランドとキノコの山

皆さんご存知でしょうが、アイスランドの火山噴火の影響で、北ヨーロッパは飛行機がほとんど飛べない状況になっています。飛行機に乗る予定だった人はとんでもない迷惑を被るっているのですが、そうでない人、例えば私なんかは全く困っていません。今日のベルリンは、上空を煙が漂っているなどとは想像しがたい、ピカピカの天気です。

アイスランドというと、たいていの人は「どっか北にある国」程度のものだと思うんですけれど、私にとっては思いいれのある国です。
ベルリンに来る前に私は1人で1ヶ月弱、あの島を旅行しました。アイスランドの荷物を背負ってベルリンに着地したわけで、それ以来、ずっとベルリンにいることを考えると、アイスランド旅行は私の「最後の青春の旅」(うわ、くすぐったい!)みたいな。

それで、何が言いたいかというと、
「アイスランドはいいよ」ということ。

日本からだと行くのは面倒だけれど、私のような興味や価値観の人なら気に入る国だと思います。
「私のような興味や価値観」ってナニ?というと、まあ、「ブランデンブルク州にグッとくる」とか、「何にもないのが好き」とか「旅行するなら都会より田舎」とか、「自然があってナンボ」とか。

アイスランドって、ノルウェーとニュージーランドを合わせたような国です。
いいでしょう!
フィヨルドがあるとか北欧という点ではノルウェーっぽくて、火山とか温泉があるという点ではニュージーランドみたい。ノルウェーもニュージーランドも、私は機会があればぜひまた行きたいと思っている国です。どっちも自然がスッバラシイ。「ノルウェーは遠くてちょっと・・・」という人は、岐阜県の飛騨地方なんかどうですか、かなりノルウェーですよ(笑)。

それで、アイスランドのスゴイところは、電車がないということ。
鉄道を敷く必要がないのか、敷いても採算がとれないからか、とにかく、電車がなくて旅行の移動手段はバスがメイン。メクレンブルク=フォアポンメルン州には「車がない島」があって、そこも私のツボにはまったのですが、それと通じるものがあります。

今回噴火した火山のあるところからそんなに遠くないところに泊まったことがあるのですが、その時、どういうわけかホテルの母屋がいっぱいで、私はドイツ人旅行者(「地の果て」にいる旅行者なんて往々にしてドイツ人です^^;)と一緒にプライベートハウスに泊まりました。なんと、そこは家の鍵がない。玄関開きっぱなし。家の持ち主の家族は夏休みでいないそうで、家財一式はそのまま。こっちは泥棒に入ったような気分でした。確かに、盗む人がいなければ鍵をかける必要はないのだけれど・・・いいところだなと思いました。

そして、島好きの私はアイスランドという島国のさらに小さな島を3つ探検しました。その徹底した「自然以外何もなし!」ぶりの素晴らしさ。

いいんですよ、アイスランド。


今回の火山の噴火の話を聞いて、すごく懐かしくなりました。
国家の財政が破綻していようが、火山が噴火してヨーロッパ中の空港が麻痺しようが、いいんですよ、アイスランド。この際、今回の噴火で足止めを食らった人は「アイスランドにご招待」とか、やったらいいかもしれませんね。アイスランド政府と航空業界、困ったもの同士で、どうよ。行きたいドイツ人はたくさんいると思います(^^)。

話は変わりますが、お母さん、今日、荷物つきました。
その荷物の中に、お菓子の「きのこの山」が入っていました。
ゾヤ君に「これはきのこの山っていうお菓子でね」という説明をしたら、「それはキノコが生えている山なのか、山積みになったキノコのどっち?」と言われ、目が点になりました。そりゃ、キノコが生えている山のことでしょ。でも、たしかに、どちらともいえるなあ・・・。「ドイツ語だったらその2つは明らかに別の表現だよ」とゾヤ君。まあ、そうだけどさ、山積みになったキノコって・・・ひとしきり笑いました。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2010-04-18 00:07

チコ君と青いコウノトリ

さて4月。
日本だと新年度が始まって、世の中が新しくなるような雰囲気があるのですが、ドイツだとそういうのがありません。私の場合、4月といえば、花粉症。(以前に「花粉症」でも触れています)今年はまだひどくありませんが、ここ数日は結構目が痒い。そして、まだ授乳しているから、薬も飲めない・・・はぁ。

花粉症以外の4月の季節のイベント(こう書くとなんだか私がものすごい暇人のように聞こえますけどそんなこと全然ないですよっ)といえば、そう、
コウノトリが戻ってきています!
a0104785_6473580.jpg

ブランデンブルク州の有名なコウノトリといえば、なんといっても「インターネットコウノトリ」のチコ君。ブランデンブルク州南部のフェッチャウという街のコウノトリセンター(http://www.storchennest.de/ 写真はここからお借りしました)にある巣に今年も戻ってきました。(去年&一昨年のチコ君&Co.についてはここからどうぞ)
個体の識別が難しいコウノトリ。巣にいるのが本当に去年と同じコウノトリなのかどうか、多分、専門家でもはっきりしたことは言えないんでしょうけれど、そんなこといいの!巣にいるオスはかつて修羅場「元カノが戻ってきた?」)を経験したチコ君ということにしておきましょう。相方のルナちゃん(←いいんですよ、去年と同じ相手ということにしておきましょうよ)と一緒に住んで、昨日になって、巣に一つ目のタマゴがあることが確認されました。今年は順調に雛が育つといいですね。

a0104785_6481240.jpgそして、今年注目のコウノトリは「青いコウノトリ」。ベルリンの南東にあるビーゲン(Biegen)という人口400人の小さな町に、青いコウノトリがやってきました。

青いんですよ、本当に。

生まれつき青いのか、何かの理由で青くなってしまったのかわからないけれど、とにかく青いコウノトリが来て、話題になっています。
このコウノトリのおかげで、フュアステンヴァルデとフランクフルト・オーダーの間にある村はちょっと有名になったみたい。「ザクセンから来るコウノトリファンもいるんですよ」なんて喜んでいるそうだけれど、「ほらほら、KIKIのブログを通してもう日本でも紹介されてるよ!」なんて(笑)。
私もこのニュースで、初めてビーゲンなる村を知りました。Biegenといえば、普通、「曲げる」という動詞でしょう。ドイツにはエッセン(食べる)とかギーセン(水をそそぐ)とかいう動詞と同じ名前の街があるけれど、「曲げる」などという街があるとは。地方紙のMärkische Oderzeitungが詳細な記事に加え、ビデオまで用意しているので、興味のある人はここからどうぞ。

チコ君と青いコウノトリ、どうなるのか楽しみです。

人気ブログランキングへ←クリックよろしくね。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2010-04-09 06:57 | ブランデンブルク州いろいろ