「ほっ」と。キャンペーン

ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

オーダー川の洪水

先々週くらいから、ブランデンブルク州の東側、国境沿いに住む人達には1つの共通した心配事がありました。そう、オーダー川の洪水です。

少し前に、ポーランドなどで大雨がふり、深刻な洪水の被害がでました。ブランデンブルク州の東側はオーダー川かナイセ川という、どちらもポーランドから流れてきている川です。上流で洪水が起きれば、下流のブランデンブルク州にもその影響が及びます。

オーダー川の洪水といえば、1997年にひどいのがありました。
そのときの経験はバッチリ生かされているようで、川沿いには堤防が築かれているか、いざという時に堤防を築く準備がされていたので、今回の洪水が予想された時も速やかな対処が取られたようです。
ただ、今回は、オーダー川だけでなく、オーダー川に注ぐヴァルタ川(Warthe)もポーランドで氾濫していて、2つの川が流れ込む地域ではダブルパンチで危ないのではないかということが言われていました。

オーダー川の氾濫というのは、ベルリンに住む人にとっては基本的に関係のない話なのですが、私は先週くらいからちょこちょこニュースでチェックして1人でドキドキしていました(笑)。週末にも来るかと思われていた洪水の到達は予想されたより遅く、昨日になって本格的な増水が始まりました。今日になってそのペースは上がり、一部の地域で浸水被害が出てきました。
万全の体制を整えているとはいえ、今回のはかなり危ないです。どのくらい危ないかというと、洪水警報の最高値4を越えて、1997年に次ぐ水位を観測しています。こ、これは本当に危ないぞ!

フランクフルト・オーダーでも頑丈な金属の堤防が建てられ、「お姉ちゃんフランクルフト」のマイン川沿いのフランクフルトからも応援がきたそうな。地元の消防団やボランティアはダムの建設とチェックに忙しいようです。政治家や洪水の専門家も現地を訪れ、動向を見守っています。

これは笑っていいのか微妙ですが、堤防は場所によってはビーバーに壊されてしまうのでちゃんとチェックしなきゃいけないそう。・・・そうか、そんなにビーバーがいるのか(^^;)。相手はダム作りのプロですからね、変な堤防だとダメなんですよ、きっと。

ちなみに、洪水というと日本だと川の流れが早くなって轟々と流れるとか、鉄砲水のようなのを想像すると思うんですけれど、オーダー川の場合は、川の高低さが少ないので、じゃんじゃん流れるというかんじではないみたいです。普段でも、オーダー川はどよんとしているというか、「鬱々と流れる」という表現がピッタリくるような川なので、洪水が起きる場合でも、ひたひたと水位が上がってくるという感じなんじゃないかな。それも十分怖いですが。

大規模な被害が出ないことを祈るばかりですが、明日はベルリン・ブランデンブルクでまた雨だそうで・・・。大丈夫でしょうかね??

人気ブログランキングへ←クリックよろしく。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2010-05-28 05:26 | 災害

卒乳

娘はもうすぐ一歳9ヶ月になります。どんどん言葉(といっても単語と言うより信号に近い音なのですが)を覚えているので、コミュニケーションが以前より楽になってきた気がします。

今月の初めに起きた大きな変化といえば、卒乳です。一方的にあげるのをやめるのを断乳ともいうようですが、おっぱい生活を卒業する(?)というニュアンスで卒乳という表現もあって、私達の場合はこちらの方が合うみたいです。

2歳くらいまであげてもいいと思っていたのですが、あまり遅くなるとおっぱいに対する執着が増してやめにくいという話も聞くし、いろいろ食べるようになってきたので、やめるにはいい時期かもしれないと思い、踏み切りました。

こだわりのあった母乳育児。
目標だった6ヶ月完全母乳をクリアし、次の目標だった一歳になるまであげるというのもクリアしたものの、今度は如何にやめるか、というのが課題でした。
なにしろよく出るおっぱい。一昔前なら私は乳母になれたでしょう(^^;)。子供の食べる量が増えれば次第におっぱいに対する執着もなくなり、作られる量も減って・・・だなんて、そんなことはありませんでした。吸えば吸うだけ出るという感じで、無理に回数を減らすとおっぱいはガチガチになってしまう。
かつてのお乳の出ない乳房に戻る日が本当に来るのか?と思ってしまうほど、「水を得た魚」状態のおっぱい。卒乳は一大プロジェクトでした。

そもそも、母乳はホルモンの働きで出るものだから、急にやめるのは無理があるし、ホルモン環境を突然変えると、出産後の鬱と同じようなメカニズムで母親が精神的に落ち込む場合もあるそう。それに、大好きだったおっぱいを突然とりあげられるのは子供にも負担が大きいそうなので、時間をかけて授乳の回数を減らしていくことにしました。

しょっちゅう風邪を引いていた冬の間は授乳回数を減らすのは無理で、少し暖かくなってきた3月くらいから少しずつ試してみました。
昼間にあげる回数を減らすのはそんなに難しくないのですが、問題は夜。寝る時や、突然「ぶえぇぇ~」と泣いて目を覚ました時におっぱいほど効果的なものはない。こっちも「ぽろん」で済むので、こんな便利な手段を手放していいものかという気もしました。それに、こっちがあげる気がなくても、娘は私の服をめくり上げてでも食いついてくるし、拒否したら大泣きだし・・・。

ひとまず、くたくたになるまで遊ばせて、もうおっぱいを飲めないくらいまでタップリ晩御飯を食べさせることで、寝入る時の授乳はやめることができました。
問題の夜中の授乳、これはもう「断固拒否」。娘は大泣きしたものの、そもそも眠いわけで、諦めは意外と早かったです。

一週間かけて一回の授乳を減らすくらいのテンポで、ゆっくりやっていったので、最後もこれといってドラマチックではなく、「そういえばあれが最後だったかな」くらいで終わりました。母乳育児にこだわりのある人はこのくらいの方がいいかも。「ちゃんと飲んでね、これが最後だよ」なんていうのだと、こっちがウルウルしてしまうでしょう。

そしてよかったのは、授乳回数を減らしていく時に、娘が「カラッポ」という意味の言葉を理解していたこと。ドイツ語の「アレ(alle)」という単語がなぜか娘は気に入っていて、今でも何かにつけて「アレ」と言っています。ちなみに、alleには「全て」という正反対の意味もあるのですが、そんな不条理なことは娘はまだ知りません(笑)。「おっぱいはもうないよ」という説明を「アレ」を使ってできたことで、娘も(怪しいとは思いつつも?)理解できたみたいです。

最後の方は2、3日に一回くらいの授乳だったので、私の側としてもおっぱいがガチガチで苦しくなる事もなくてよかったです。一週間くらいして少し張ってきた時はシャワーの時にちょっと絞って出したらシコリは取れました。そのあと、時々思い出したように出てきて、今はすっかり「アレ」。ようやく「私のおっぱいは私のもの」に戻りました。

こうして「第二のへその緒」が切れたわけで、ホッとした一方でちょっとさみしい気もします。でもまあ、これも娘の成長の一こま、赤ちゃんから子供へのステップなんですよね。
20ヶ月に及ぶ授乳生活、最初のうちは拷問だったし、不安とか苛立ちとかも大いにあったわけですが、私が納得できる時期までできた&納得できる終わりかたができた点で、よかったと思います。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく。あ、そういえば、昨日、道端で四葉のクローバーを2つ見つけました。ぷらぷら歩いていていると時々見つかります。なぜそんな芸当ができるのか自分でも不思議です。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2010-05-19 05:59 | 妊娠・出産・子育て

テンペルホーフ公園がオープン

一昨日(5月8日土曜日)に、テンペルホーフ公園がオープンしました。
使われなくなったテンペルホーフ空港を公園として一般に使えるようになり、お祭りムードのこの週末、さっそく私も行って来ました。

テンペルホーフ空港といえば、かつて、孤立した西ベルリンに物資を運ぶためのLuftbrücke(空の架け橋:「ベルリン大空輸」)に使われた空港として歴史的にも有名です。東西統一後は街のど真ん中にあるテンペルホーフ空港を使う必要性はなくなり、一年ほど前に閉鎖が決まり、半年前に最後の飛行機が飛んで、今週、公園としてオープン。歴史の流れはおもしろいですね。テンペルホーフ空港に関しては、「ベルリン中央駅」のまさとさんが今までにもいろんな記事を書いているので、興味のある人はどうぞ(タグ「新空港へ」)。

a0104785_1944461.jpg
公園とはいえ、基本的に空港そのまま。380ヘクタールある、といってもピンとこないと思いますが、とにかく広い!めちゃくちゃ広い!その上、空港だったんだから当たり前なんだけれど、まっ平ら。普通、公園というとたくさん木が生えていて、池があったり、アップダウンがあったり、というのが普通だとおもうんですけれど、そのどれもがない。見渡す限りのオープンスペースです。
a0104785_204567.jpg

a0104785_2053067.jpg

そして、テンペルホフ空港の建物というのは、ナチス時代に「ゲルマニア計画」のもとで作られたもので、これもまた異様に大きい。

シュールです。次元が違う。目の錯覚かと思うような光景。

こんな広いところで何をすればいいのか?って、何をしてもいいんですよ!
a0104785_206286.jpg
コンクリートの地面にチョークで絵を書いて遊んでいる子供たち。気兼ねなく延々とお絵かきができます。
a0104785_2063275.jpg


なにをしてもOKだなんて、ベルリンってなんてすばらしい。
・・・ってね、実は、オープンの初日、ちょっとしたハプニングがあったんですよ。
夕方6時くらいに私は娘と出かけたんですが、公園の入り口に近づくとなんだか物々しい雰囲気。入り口のところで「扉を開けろ!」とシュプレヒコールをしている人がたくさんいて、そのまわりで、ちょうど来たばかりの人達がどうしたものかと立っています。
「一体なにが起きたの?」と隣にいた子連れの男性に聞くと、どうやら中でデモ&騒ぎがあったらしい。
「まったくベルリンらしいね。なんでもありですばらしいけれど、こういうものある」とその男性。
「ま、そういうのもなんでもあり、の一部なんでしょうね」と私。
子連れでえっちらおっちら来たもの同士、苦笑いです。

今後公園がどうなるかはまだハッキリしていません。公園として機能するのは確かだけれど、いくつか議論の焦点はあって、歴史的な価値を重視するのか、商業利用していくのか、どういう条件で管理していくのかとか、そういうことはまだこれから決められていくみたいです。
街中にこれだけの自由なスペースがあるというのは素晴らしいし、近くに住む者としては、子供と一緒に出かけられる場所が1つ増えたというのはうれしいです。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2010-05-10 20:29 | ベルリン生活