ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
フォロー中のブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

開店休業のおしらせ

突然ですが、本ブログ開店休業のおしらせです。

気付けば3年以上このブログをやってきたのですが、いい加減疲れてきたのでもうやめようと思います。ええ、もう疲れました。常に時間とエネルギーが足りない生活の中で、このブログを維持していく気力がもうないし、無理に続けていくのもおもしろくないので、このへんでやめようと思います。
ブログそのものを消してしまうのは忍びないので、おそらくもう記事はアップしないけれども、閲覧&コメントはできるようにしておきます。私の書いた記事に興味を持ってくださる人がいたらとてもうれしいし。ひょっとしたら気が向いてアップすることがあるかもしれないけれど、その辺は期待しないでください。

このブログを始めたのが2007年8月18日。それからいろんなことがありました。著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」が発売され、妊娠、出産、子育て。このブログを始めた頃には影も形もなかった娘が、今では2歳です。その間、私はフンボルト大学のフルタイムの正規学生でもありました。時としてベコベコに凹まされながらもどうにかやってきて、今、卒業論文を執筆しているところです。

著書のプラスαとして始めたブログでしたが、なんだかんだでブランデンブルク州とは全然関係ない話題もたくさんありました。ベルリンに住む日本人として、学生として、母親として、私が経験してきたことが、似たような境遇にある人にとって何かのヒントになったとしたらうれしいです。私とは全然違う境遇にいる人が私を通して「別世界」を垣間見ることができたとしたら、それこそブロガー冥利につきるというものです。

初めてこのブログにきてくださった方、びっくりしたでしょうが、気が向いた時に過去の記事を覗いていってください。私と直接コンタクトをとりたい方は、左に書いてあるメールアドレスでどうぞ。

2010年10月16日、雨の降る土曜日の夜、クロイツベルクの自宅のキッチンにて。

KIKI
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2010-10-17 05:50 | はじめまして

グリーンピース30周年

ここ数日で、アップしたいネタがドカドカっと増えたのですが、こんなときに限って、娘は熱を出してくれます。保育園に行っている数時間があるとないのではものすごい差ですね。

この土曜日に、3つのイベントがバッティングしました。その1つは、家の近くの店のリニューアルオープン\(^^)/だったのですが、それは時間的に無理だったのでパスして2つのお祝いをはしごしました。

今回はそのうちの1つ、グリーンピースの30周年のお祝いについて。

環境保護団体グリーンピースについては、ここで説明するまでもないでしょう。(興味のある人はここ)私は、アクティブに活動しているわけではないけれど、グリーンピースのやることには共感できるので、ちょっとだけ、ほんのちょっとだけなんですけれど、寄付をしています。

グリーンピースの活動は多岐にわたります。環境と関わることすべてが守備範囲。森林伐採、海洋汚染、原発、遺伝子組み換え食品、いろんなことに反対して、啓蒙活動をしています。

特に日本と関わりがあるテーマだと、漁業にまつわる分野かな。魚の乱獲とか、イルカ・クジラの漁とか、海洋汚染とか。
グリーンピースの活動を通して、私は、水産資源を消費することが、環境と深く結びついていること、政治的な側面をもっていることを知りました。ドイツだと、肉食に対する批判はすでにあるのですが、魚に関してはまだまだ。魚介類を大量に摂取する日本でも、というか、大量消費国だからこそなのかもしれませんが、魚を捕ることにたいする批判的な視点というのはあまりないと思います。東南アジアのエビの話とかは知られているけれど、それ以外にも、いろんな環境や政治と絡んだ話があるんですよ、魚介類を巡っては。

私はそんなに環境第一、というほど熱心な人ではないのですが、グリーンピースの活動というのは「グッと」きます。ゲリラ的な活動が多いんだけれど、みんな本気で、プロなんです。
やり方のどこかに若者的な怒りがあるというか、「バカヤロー」と言って石を投げつけるような気合がある。すばらしい。そして、その怒りを表現する手段がまたまた本気。走行中のタンカーにボートでくっついていってタンカーにメッセージをくっつけたり、高い建物によじ登ってメッセージを掲げたり。そういうのをやる活動家というのはプロのノウハウを持っているから、その辺に落書きするのとは違うスケールでメッセージを伝えることができるのです。

a0104785_16242646.jpg

グリーンピースの活動を伝える展示。遺伝子組み換え食品に対する批判。

a0104785_16255981.jpg

粉ミルク、ベビーフード、牛乳の展示。遺伝子組み換え作物を使っていない製品と、使っている製品をそのまま並べて展示しています。変に名前を隠したりしないで、サラリと「遺伝子組み換え食品」のレッテルを貼るところがいいね。

a0104785_16222097.jpg

実際に活動を行う時に使う装備も展示されていました。これは、海に潜る時のセット。

「そんなことしてなんになる?」と、「つまらない大人」は言うだろうけれど、私は「バカヤロウ!」と言う事自体に価値があると思うし、みんなが声を上げれば何か変わるかもしれないという希望もあります。実際、ドイツでビオがここまで普及するようになったのは、そういう反骨精神があったから&それが実を結んだからだと思うし。

グリーンピースの活動というのは、どこかワクワクします。平気で本音を言う、おかしいことをおかしいと言う。誰かが言わなければいけない、でも、そんなこと言ったら、袋叩きにあうかもしれないし、訴えられるかもしれないし・・・というようなことに果敢に挑むグリーンピースは偉い。

グリーンピースは今年で30周年。・・・あ、私と同じか、と思ったらまた親近感がわきました。ちなみに、私が時々行くビオのパン屋さんも今年30周年。緑の党もできて30年くらい。私が生まれた頃にドイツではアルタナティブな活動が本格的になったんですね。多分、当時は小さな活動だったけれど、それが今ではメインストリームになりつつある。30年後にどんな社会になっているか、もっと言えば、30年後に私達はどんな社会に住みたいのか、という事を考えていく必要があるなと思いました。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2010-10-13 16:36 | ベルリン生活