ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
フォロー中のブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:サイクリング ( 7 ) タグの人気記事

オーダー・ナイセ・サイクリングコース

一週間ほどくたばってましたが、だいぶ元気になってきました。久しぶりにブログも更新するぞ。

ちょっと前に国立公園の話をして、最終回でサイクリングコースのことについて触れました。せっかくだから忘れないうちにこのサイクリングコースを紹介しておきましょう。

国立公園に沿って続いているサイクリングコース、正式には
オーダー・ナイセ・サイクリングコース
(Oder-Neiße-Radweg)
という、長いサイクリングコースの一部です。どのくらい長いかというと・・・

a0104785_0202966.jpg全長630km!
オーダー・ナイセ線に沿ってずらぁぁぁっと続いています。
図はサイクリングコースのホームページより。

普通に考えて、南から紹介したいところだけど、この図を見ながらとなると、北からの方がわかりやすそうなので、そうします。
ついでに、今までこのブログで紹介したこともおさらいしようではありませんか。

まず、終点はメクレンブルク・フォアポンメルン州のウーゼドム島。バルト海に浮かぶこの島は旧東ドイツ屈指のリゾート地です。砂浜がすごくきれいで、夏になると観光客でいっぱいです。そのうちこんな妙な飛行機も飛ぶらしいしね。

オーダー川が終わるのはポーランドのシュテティンという街。水色の線(オーダー川)と、赤色の線(サイクリングコース)の間に、黒い線があるでしょう、これが国境。私が本で「反則」と言っていた、オーダー川の西なのにポーランドな土地、というのがどの辺のことが、この図でよくわかると思います。

オーダー川と国境とサイクリングコースが合わさるところに、ポーランドのGryfinoという街があります。ここはヨーロッパ民俗学の調査旅行に行ったときに通ってきました。自転車での国境越えについてはここ

その南にあるのが国立公園、ウンテレス・オーダータール。まとめて読みたい人は、「タグ」の「ウッカーマーク」からどうぞ。

オーダーブルフを南下すると、フランクフルト・オーダーにたどり着きます。炭鉱跡の湖とか、命がけグルメも楽しめる、ワイルドな街(?)フランクフルト・オーダー。

その南にあるのが、元祖DDR都市のアイゼンヒュッテンシュタット。ちなみに、ちょっと南にあるノイツェレ(Neuzelle)という街には、大きいごてごての修道院があります。この街の南で、オーダー川がポーランドから流れ込んできてるのが分かりますか?

国境がナイセ川になったところにあるのが、本でも取り上げている、グービン

ザクセン州との境あたりにあるのが、バラ園の街、フォースト(Forst)

州境を超えてすぐのザクセン州にあるバート・ムスカウ(Bad Muskau)には、三色アイスで有名な(?)ピュックラー公爵がつくった庭園があります。

ザクセン州とポーランドを隔ててきたナイセ川は、そのあとチェコに入ります。というより、チェコが源流というほうが正しいですけれど。

ということで、ながーい、ながーいサイクリングコース。私は部分的にサイクリングしたことはあるけれど、全部通したことはありません。630キロというと・・・私のテンポだと10日から2週間くらいかかるかな。いつか走破したいもんです。

人気blogランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-02-21 01:46 | サイクリング

国立公園(7):行ってみよう!

長々と続いてきた国立公園シリーズ、これで最終回です。

めでたく(?)エコツーリズムも解禁されたわけですし、実際に行ってみましょう。
オーダータールというのは、ベルリンからかなり離れているので、Cゾーンのように気軽にふらり、というわけには行きません。でも、せっかくだから、この地を訪れる際のヒントをいくつかご紹介します。

私のように車を使えない人は、ゴトゴトと電車に揺られて、終点のシュヴェートまで行くのが一番簡単です。持っていくものはなんと言っても自転車!
ベルリンから出かける場合は、自転車持参でいくのが賢いでしょう。街の中を移動するにも便利ですし、国立公園に沿って、「オーダー・ナイセ・サイクリングコース」の一部があるので、ここまできてサイクリングをしない手はないのですっ!

街の中に国立公園のインフォがあるので、そこで情報収集をしたら、川のほうへ向かいます。そうすると
a0104785_4475263.jpg

こんな、大きな橋があるはず。これがポーランドに続く道です。

この川はオーダー川ではなく、それと平行して作られた水路です。
この川の向こうに湿地帯が広がっていて、それを超えるとオーダー川の本流があり、それがドイツとポーランドの国境です。国立公園の中は、決められた場所以外、自転車で入る事はできないし、サイクリングコースはこの水路に沿って作られています。

以前、ヨーロッパ民俗学のゼミでこのエリアを自転車で回ったときは、シュヴェートから南下して、国立公園の博物館&事務所があるクリーヴェン (Criewen) という村に行きました。
シュヴェートの中心地では、水路は幅も広いし、岸辺もキッチリ整備されていますが、ちょっと外れるとこんな感じ。
a0104785_4482517.jpg

自然の川みたいでしょう。

サイクリングコースはこんな感じ。右が水路、左が国立公園。
a0104785_4485593.jpg

ちゃんと舗装されているので、快適なサイクリングができます。時々車も来るけれど、基本的に自転車しか通らないようなところなので、のんびりシャコシャコこいでいると本当に気持ちいい。

a0104785_4492539.jpg

延々と広がる湿地帯。その上をひゅーんと鳥が飛んでいたりして、静かでいいですよ。

このサイクリングコース、かなりオススメなんですが、実際に行くとしたら・・・

・飲み物&食べ物を持っていく
・どこから帰るか前もって計画を立てる


という、この2点を忘れてはいけません。

シュヴェートを離れると、北上しようが、南下しようが、村しかありません。ところどころにレストランはありますが、数も限られているし、気の利いたスーパーなどは見当たらないので、食料と水は確保しておくのが賢明です。

サイクリングコースは延々と続いているんですが、問題は電車の駅がないということです。ベルリンに電車で帰るとなると、シュヴェートまで戻るのが一番確実です。
シュヴェートから南下する場合はアンガーミュンデ方向の駅に、北上する場合は国境の駅タントウ (Tantow) あたりに行くのもいいでしょうが、どっちにしろ、サイクリングコースからは結構離れているし、そもそも、電車の本数があまりないので、気をつけましょう。

「ドイツの秘境」なブランデンブルク州の中でもかなりの「秘境」と思われるオーダータール。今後、どういう発展をしていくのか、まだまだ目が離せません。

人気ブログランキングへ←終わったぁ~!のクリック、よろしく☆
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-02-07 05:11 | 自然保護区/公園

アルトランスベルク (Altlandsberg)

ブランデンブルク州というのは岐阜県3個分くらいの大きさがある、かなり広い州なんですが、ベルリンの周辺の地域には結構楽に行けます。今日は、ちょっと前に行った、アルトランスベルクという街と、サイクリングの様子を書いてみます。

ベルリンの地下鉄はベルリン市内だけ、Sバーンと呼ばれる電車は終点がブランデンブルク州である線が多いです。
今回は、自転車持参で、U5という地下鉄の終点駅、フューノウ (Hönow) まで行って、そこから自転車でブランデンブルク州の街、アルトランスベルクに行き、また延々とサイクリングをしてS-バーンの終点駅 エアクナー(Erkner) からベルリンに帰ってきました。

相変わらずというか、早起きが苦手な私が意を決して出かけたのはお昼の12時近く(^^;)。お日様ピカピカの日曜日だったので、「サイクリングにはちょっと暑すぎるかな・・・」とひるんでいたのです。いや、KIKI、行くと決めたら行くんだ!!
愛チャリ、ペーター君でU5の駅、アレクサンダープラッツまで行きます。日曜日は車も少ないし、街の中を走るのもそんなに面倒ではありません。
アレクサンダープラッツというのは、旧東ベルリンのシンボル、テレビ塔の前の結構大きい駅です。U5という地下鉄はこの駅が始発で、そこからベルリンの北東方向に向かって伸びています。

日曜日の昼過ぎに郊外へ向かう地下鉄は全然込んでいませんでした。のんびりゴトゴト各駅停車、いいですねぇ。ちょっと眠くなってきたところで(笑)、終点駅フューノウにつきました。

「・・・あ、なんもないかも」というのが第一印象のフューノウ駅。
駅ではあるけれど、それ以上の機能を果たすつもりはない、という感じで、お店とか、気の利いた案内とかはありません。うかつにも、ボールペンを忘れていたので、どこかで買おうと思ったのですが・・・ない。近くのベトナム系の何でも屋にもありませんでした。うむー。

ま、いっか。サイクリングに来たんだもんね。さっさと行くべ!と、ここからチャリの旅開始。
アルトランスベルクまで、地図で見ても10キロくらいはあります。車のビュンビュン通る道を避けるとなると、さらに遠回りだけど、せっかくサイクリングにきたんだから、静かな道を行く事にしました。

a0104785_18101869.jpg

街を離れると、一面の畑。小麦かな?向こうには、キレイに並んだ並木道が見えます。

a0104785_1814915.jpg

畑の隣のアウトバーン。ベルリンの環状線 (Berliner Ring) です。皆さん、本当にお急ぎですねぇ。私はチャリチャリいくよっ(笑)。

a0104785_18191121.jpg

一面の畑の中に、たくさんの鉄塔が建っていました。車はほとんど通らない道で、人もいないし、すごく静かです。この鉄塔、よほど高圧な電気を送っているのか、ミジミジ音がします。

そんな穀倉地帯を越えて、ようやく、目的地のアルトランスベルクに着きました。
街が出来て今年で777年だそうで・・・それを感じさせるものは街の中にはなかったのですが(^^;)こじんまりした、静かな街です。この街の旧市街地は、本でも取り上げた「町並みプロジェクト」という、旧市街を復活させる、ブランデンブルク州の取り組みの援助を受けています。

a0104785_18361820.jpg

街の一角はこんな感じ。塔の上にコウノトリがいます。コウノトリというのは、塔とか煙突の上に大きな巣を作るんです。こういう光景は、ブランデンブルク州の田舎でよく見かけます。赤ちゃんを運んでくるといわれるコウノトリですが、現実としてはむしろ逆で、少子高齢化が深刻そうな辺鄙な村なんかによくいます(笑)。

a0104785_1843203.jpg

さて、このコウノトリがいる塔のとなりにあるのが、実は私のお目当てだったレストラン。その名も「救貧院 (Armenhaus)」!昔、本当に救貧院だったそうで、今ではちょっといい感じのレストランです。テラスからは塔の上のコウノトリがよく見えます。

a0104785_18521474.jpg

はい、これが私のおそーいお昼ご飯。このレストランはドイツ料理がメインです。私はドイツ料理ってあんまり評価してない人なんだけれど(だってくどいし・・・)、この日は延々と自転車をこいで死ぬほどお腹が空いていたこともあって、こんなコテコテのシュニッツェル(とんかつ)も速攻たいらげました。うん、美味しかった。

救貧院で貪り食った(^^)後は、直線距離にして15キロくらい離れたエアクナーに向かいました。あくまでも、直線距離で15キロですからね。実際はどのくらいなんだろう。その上、サイクリングコースはないところで、激しく迷ったりしたので、エアクナーにつくころはもうくたくたでした。
アルトランスベルクからエアクナーまでは、住宅地が多いので、自然の中でサイクリングをするなら、アルトランスベルクから北上する方がいいかも。

ベルリンの公共交通機関を上手く活用すれば、大して交通費をかけずにブランデンブルク州をエンジョイできます。ちなみに、私は学生定期をもっているので、今回の旅行の交通費はゼロ。低予算でも結構楽しめるもんですよ。

人気blogランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-08-24 19:23 | サイクリング

パレツ宮殿(4)

さて、お目当ての宮殿も見たことだし、あとはベルリンに帰るのみ。
来た道を戻ってポツダム中央駅に行くのが無難そうだったけれど、一度通った道じゃあ面白くない・・・ということで、ポツダム中央駅から1つ西に行った、ヴェアダーという街から電車に乗ることにしました。ヴェアダーは、本でもたっぷり取り上げている、果物で有名な街です。

ポツダムの周辺というのは、湖や川や運河がたくさんあります。
ウォータスポーツをしたりするにはもってこいなのですが、移動するのはちょっと面倒な時があります。直線距離にすれば近いのに、橋や船着場まで行かないと向こうに渡れないから、回り道をしなければいけないことが多いんです。

そんな、川が入り組んでいるようなところに、いちいち橋を架けるわけにもいかないし、そんなことをしたら景観も損なわれるし、大型船やヨットでも通れる橋を作るとなると一大事です。
そこで登場するのが、車ごと乗れるフェリー!

a0104785_115279.jpg

道が川の前で突然終わっていて、こんな風に車や人が乗れるんです。
写真、ブレブレですみません(汗)。ちょうど私が来たとき、出発する直前だったんです。「早くしないと出ちゃうぞー」って、フェリーのおじさんが言うから大急ぎでパチリ。

a0104785_1194446.jpg

さあ、岸を離れましたよ!
フェリーと言っても、対岸は見える距離にあるので、乗っているのは5分もないくらい。

a0104785_1273171.jpg

フェリーの上で自転車のペーター君も一息。
渡っているのは、ハーフェル川です。ブランデンブルク州の北にある、メクレンブルク=フォアポンメルン州から流れてきたハーフェル川は、ブランデンブルク州とベルリンを通って、エルベ川に注ぎます。
運賃は私とペーターあわせて一ユーロ(160円くらい)でした。

a0104785_137858.jpg

車はこんな風にキッチリ並んで乗っています。
岸が近づいてきて、皆さんそろそろ車に乗り込もうかというところです。

しょっちゅうここを渡るとなると面倒なんでしょうけれど、たまにこんなフェリーに乗るとわくわくしちゃいます(笑)
無事対岸について、フレンドリーなフェリーの運転手のおじさんにバイバイしたら、また自転車の旅再開!ヴェアダーまで、まだまだあります。

右も左も一面トウモロコシ畑のエリアを延々と走っていきます。
途中で道がよくなって「おー、これはサイクリング客にはありがたいなぁ」と思って、ご機嫌で飛ばしていました。
すると・・・向こうから自転車に乗った人が来て、手前で降りました。道を聞かれるのかな?

「ハロー、ヴェアダーに行くのかい?」
と、いかつい、プロっぽいサイクリングの格好をしたおじさん。
「そうですよ。」
「橋がないんだよ」
「は?!」
「橋がない。道が川の前で終わってるんだよ。」
なんですとー!!!
「というと、今来た道を戻る?え、そういうことですか?」
「それか泳ぐしかないね、あっはっは」

・・・ありえない。でも、どうやらこのおじさん、マジで言っているらしい。
うそー、今来た道戻るの?何キロあったかな。これはキツイよ、うぅ・・・。
突如として運命共同体となったこのおじさんと、ひとまずもと来た道を戻ります。
ちょっと行くと、ラッキーなことに馬を飼っている牧場に女の人がいて、おじさん、その人を大声で呼びました。
「ヴェアダーに行くつもりなんだが、橋がないんだよ、どうすればいいかね」
「あぁ、もうちょっと行ったところで左に曲がれば、べつの道に出るから、そこからヴェアダーにいけますよ」
よかった(T-T)
おじさんは、まだ橋の近くにいる奥さんを呼びに行くと行って消えました。

いやはや、おそるべし。
確かに、途中でいくつか「通行は橋まで」っていう看板はあったけれど、車のことだと思ったんです。車の通れる道はなくなっても、自転車と歩行者の道は続いている事がよくあるから、そういうことだと思ったし、おそらく、あのかなりプロっぽいおじさんもそう思ったにちがいない。「サイクリングコースここまで」とか、迂回の表示とか分かりやすく出しておいてよっ、プンプン。

ふぅ・・・気を取り直してまたシャコシャコ。
このあたりは、畑が多くて、道端にちょっとした店みたいなのを広げているところがいくつかありました。無人のところも、人のいるところもあります。
そんなお店に2軒立ち寄って、合計3個のジャムを買いました。

a0104785_212619.jpg

これが2軒目のお店。このお爺さんがとってもフレンドリーでした。営業用じゃなく、本当に話し好きなお爺さん。急いでいなかったので、10分くらい立ち話をしました。
お爺さんは77歳で、ポツダム郊外の出身。大きな畑で野菜や果物を作っていて、ニワトリやアヒルやウサギもいるそうな。平日は畑で働き、週末はこうして自分のところで取れたものを売っています。朝は6時に、家の前のハーフェル川で泳ぐのが日課。農作物には農薬を使わず、最悪、虫がついた時に使う程度だとか。

私のこともあれこれ話して、とても楽しかったです。途中で「あ、これは録音機もってきて、ちゃんとインタビューしたいな」なんて、民俗学魂をくすぐられました。
別れ際、「これももっていきなさい」と売り物の梨2つとプラム4つをもらいました。わー、お爺さんありがとう!!

お爺さんにお別れをして、ヴェアダーに向かう途中、早速もらった果物を食べました。
そういえば私、まともにお昼ご飯食べてないんだった。持ってきた水ももうないんだった。
・・・おいしい。本当においしい。

電車がなくても、橋がなくても、こんなうれしい気持ちになれるならいいじゃん。
ながーい日曜の午後はこうして終わりましたとさ。(完)

人気blogランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-08-21 02:49 | プロイセン

パレツ宮殿(3)

ブランデンブルク州にある、プロイセンの宮殿が現在に至るまでの話というのは、本で詳しく書いたんですけれど、このパレツ宮殿も例外ではありません。
大規模な修復は1999年から2000年にかけて行われました。

個人的には、プロイセン云々より、こっちの話のほうが私は興味があります。
歴史や、歴史的価値というのは、普遍的にそこにあるものではなく、時代背景や、政治傾向によって変わるものなんですよね。
何を歴史(的)と呼ぶのか、「正しい歴史」とは何か。当時を知らない人が過去を知ろうとするとき、その過去というのは、人なり資料なりを通して今まで残ってきた「語り」です。誰かが、その過去を保存しようとしたから、それは風化することなく、今に至っている。
過去の中から、何を取り出して「歴史」と呼ぶのか。誰がそれを決めるのか。その背景に何があるのか。

・・・ヨーロッパ民俗学とか、ジェンダー学をやってると、こういうことにとてもうるさくなります。
そういうお堅い話、私は大好きなんですけれど、それはそういうのが好きな人と語り合うとして、ここでははパレツ宮殿!

宮殿の内部の写真を撮ることはできませんでしたが、宮殿を改築する様子の写真などは撮れたので、いくつか載せてみます。画像としてあんまりきれいじゃないですけど、参考資料としてね。
a0104785_22475260.jpg


これは、1900年ごろの宮殿の様子。
フリードリッヒ・ヴィルヘルム三世と、その妻ルイーゼの子供達の意向によって、この宮殿は夫妻をしのぶ場所として1945年までそのまま残されました。

1947年に、保存状態の良い壁紙は専門家によってポツダムのサンスーシ宮殿に移送され、その後、宮殿は改築されました。
王妃が弾いていた小さなピアノは戦後、ソ連に持っていかれますが、その後戻って、今はパレツ宮殿にあります。

a0104785_22501245.jpg

これが1963年の状態。
Bauernhochschuleというのを、どう訳していいか、自信がないです。Hochschuleというのは、大学のようなものですが、BauernのBauerというのが「農民」なのか「建造者」なのか、わからない。とにかく、宮殿は学校として使われました。

a0104785_2256554.jpg

これが改築される前の写真です。1999年だそうですが、左にしっかりトラバントが映ってますね(笑)。

a0104785_2312555.jpg

そして、これが改築中の写真。ちょっと変えるんじゃなく、根本的に壁から、床から、全部直すんです。戦後に改築される際に、窓や部屋の仕切りなども変えられたので、プロイセン時代の宮殿を再建するとなると、建築や歴史のプロを雇って、根本的に直さなければいけないんです。

2001年にパレツ宮殿の修復は終わり、一般に公開されるようになりました。
以前は週末しか開いていなかったのですが、今では月曜以外は開いていますし、私が行った時も、結構たくさんの訪問客がいました(日曜日ですしね・・・)。
車のナンバーを見てみると、パレツ宮殿がある地域以外の車もちらほらあって、観光スポットとして、それなりに定着しているのかな、という印象を受けました。

それにしても・・・5時閉館の宮殿に3時半に着いたのはやはり遅すぎでしたね。
ゆっくりガイドつきのツアーに参加できたのは良かったのですが、それだけで一時間近くかかり、当時の宝飾品や、宮殿再建のプロセスなどの展示は駆け足になってしまいました。
チケット売り場には、本やプロイセングッズ(^^)なども結構あって、「あー、見たいかも・・・」と思いきや、「もう5時だから閉めないといけないのよー」と売り場のおばさん。「11時から開いてるから、今度は早く来るのよ。」ってハイ、そうします(涙)。

宮殿の外には、馬車の展示をしている建物がありました。私が買ったチケットなら、ここも入れたはずなのに・・・5時7分か、くぅ~・・・。
と、思ったんですが、恨めしそうに外から見てたら「急いで見なさいね」と係りの人が入れてくれました\(^0^)/

ここも写真禁止だったので、お見せできないのが残念!
外にあった、看板のポスターでご勘弁を。
a0104785_23264561.jpg


馬車の人が乗る部分って、昔は随分小さかったんですね。18世紀のものなど、電話ボックスより小さい箱で、こんな狭いところで、ちんまり座ってゴトゴト行くのは大変だっただろうな、と思いました。

さてさて、見られないはずのものを見ることができたという喜びをかみしめつつ(笑)、また自転車で帰りますよ!(まだ続く)

人気blogランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-08-20 23:38 | プロイセン

パレツ宮殿(2)

2時間にわたる、予想外に長くなったサイクリングの後、ようやくパレツ宮殿に着きました。

a0104785_2129271.jpg

え、なんか普通の家みたい?
見た目はそんな感じですけど、たどっていけばホントに宮殿なんですよ!
プロイセンって、もともとミリタリーな国家だし、あんまりチャラチャラしていないので、宮殿も地味なものが多いんです。
プロイセンの宮殿で一番有名なのはサンスーシ宮殿で、それはプロイセン王として一番「華のある」フリードリッヒ大王が作ったものです。
一番派手そうなサンスーシ宮殿ですら、訪れてみると、案外こじんまりしています。

このパレツ宮殿と関わりが深いのは、5代目プロイセン王のフリードリッヒ・ヴィルヘルム3世(1770-1840)です。
どんな人だったかというと、とってもシャイ(^^)
そして、ナポレオンに負けて領土の半分近くを失いました。
世界史をやった方なら「ティルジットの和約」というのが記憶のどこかにあるはずです。
莫大な賠償金も課せられて、プロイセンは滅亡寸前という時の王様です。

そんなことを言うと、なんだかズタボロですけれど、この王様、いい取り巻きに恵まれていました。

まず・・・妻がよかった。
とってもキレイでステキな人だったようです。
王様というと、愛人がいたり、隠し子がいたり、というのが珍しくないんですけれど、この王様は妻とラブラブ。とても夫婦仲が良かった事で知られています。
国民に人気のあったこの妻に、王様は結構救われています。

そして、家臣がよかった。
ハーデンベルクとシュタインという二人が特に有名で、農民の解放とか、税金の整備とか、近代国家の元になるシステムがこのころできました。
我が母校(笑)フンボルト大学で有名なヴィルヘルム・フォン・フンボルトはこの王様の元で大学改革を行いました。

ナポレオンに叩きのめされて、「これはいかん」ということでいろんな改革が始まったんですね。雰囲気としては、日本の明治維新みたいな感じです。
この改革があったからこそ、プロイセンはまた復活することができたし、近代国家としての威厳も保つ事ができたんです。

そんな大変な時期の王様、フリードリッヒ・ヴィルヘルム3世が住んでいたのがパレツ宮殿なんです。ずっといたわけではなく、別荘みたいなかんじです。
「もう、静かにしてくれよぉ・・・」と言いたくもなるような時代、パレツ宮殿で過ごす時間というのは、王様や家族にとって、とても大事なプライベートなひとときでした。

さて・・・宮殿に着いたのは3時半。
ちょうどガイドツアーが始まるところで、飛び入り参加しました。
参加者の平均年齢は60歳くらい(笑)。
ここで、ずらーっと写真を載せたいところなんですが、宮殿内は写真撮影禁止(><)
宮殿の中は結構シンプルなつくりになっていて、装飾は自然をモチーフにしたものが多いです。

当時の家具や、日用品などはびっくりするほどシンプルです。
どのくらいシンプルかというと、スゴイものだ気付かずに、つい、チケットを置いちゃったくらい(笑)。警備のおじさんに「この机は荷物置きじゃないんですよ」って注意されました。手に持ってるものをフッと置きたくなるようなところに、なんの表示もなく、そんな歴史的家具を置かないでよーっ。あのおじさん、一日中同じ事言ってそう(^^)
でも、王族、それもプロイセンなんていう大きな国を背負っていた人達が、今の人でも使っていそうな、質素な家具を使っていたなんて、なんだか親近感が湧きますね。
世界史の中の住人も、やっぱり人間だったんだな、ドイツ人だったんだな、なんて。

宮殿の装飾で特徴的なのは、壁にびっしり貼られた壁紙です。本当に紙で出来ているんですよ。手書きのもあるのですが、浮世絵のように、行程ごとに色をつけた木の型を何回も押し当てて作ったものもあります。

最初に入る部屋は「ビリヤードの部屋」。王様、ビリヤードをしていたようです!
長細い壁紙で、真ん中が黄色一色で、それをケシや穀物のような植物、カミツレのような花がびっしり描かれたモチーフで囲まれているのがありました。一見するとどうってことない装飾なんですけれど、ガイドさんによると、真ん中の黄色はトウモロコシ畑を表していて、その周りを取り囲んでいる植物は、そのトウモロコシ畑の脇に生えているものだとか。
・・・なんて庶民的なんだ、宮殿なのに!

宮殿の一室には、アジア趣味の壁紙が張られたところもあります。
中国の画家が書いた鳥の絵とか、タケの柵をデザインしたものとか、ちょっとエキゾチックな一面も。壁紙を修正する際には、和紙もつかわれたそうです。

そんな宮殿ですが、今の輝きを取り戻すのは、実は東西ドイツ統一後なんです。
次回は、この宮殿が今に至るまでの話をします。

人気blogランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-08-20 22:04 | プロイセン

パレツ宮殿(1)

日曜日の今日、お昼からサイクリングを兼ねて、ポツダムの郊外にある、プロイセンの宮殿に行ってきました。

ポツダムは、日本の感覚からすると、横浜みたいなもので、ベルリンのとなりにある結構大きな街です。
ベルリンのようでベルリンでない。なんといっても、ブランデンブルク州の州都ですからね。
ポツダムにはベルリンの中心部から電車で一時間もかからず、楽々いけます。

今日のお目当てはパレツ宮殿。
プロイセンの宮殿に関しては、本でも結構詳しく書いているんですが、このパレツ宮殿行くのは今回が初めて。
「KIKI、そんなんじゃダメじゃん」とか言わないで(汗)。
だって・・・すごく遠いんです。
ポツダムの近くなら遠くないと思うでしょう。とんでもない。交通手段がダメダメなんですよ。
宮殿のある村は、周辺の電車の駅からうま~い具合に外れていて、陸の孤島みたいなところです。
ポツダムからバスにのるのが確実そうだけれど、その本数はあってないようもの。

こうなったら、最寄駅まで電車で行って、そこから自転車でいくしかない。(ドイツは自転車も電車に乗せられます)
が・・・それでも宮殿まで10キロくらいあるかもしれないし、気の利いたサイクリングコースもなさそう。

(><)

いつか行こうとは思ってたんですよ、もちろん(笑)。
それで、なぜその「いつか」が今日来たかというと、今週の「シュピーゲル」(結構マジメな内容のドイツの週刊誌)で、プロイセンの特集があったから!
その特集で取り上げられていた、フリードリッヒ・ヴィルヘルム3世というプロイセン王が、実はパレツ宮殿ととても関わりが深いのです。
「あぁ、これはいい加減にパレツ宮殿に行けってことか」と、勝手に解釈し、行く事にしました。

昼の12時の鐘がなるころ、覚悟を決めて、愛チャリのペーター(自転車屋の親切なおじさんにちなんでつけた名前)とともにしゅっぱーつ!

ポツダム中央駅の2つ向こうの駅で乗り換えて、別の路線で2駅目のところで降りるつもりでした。
・・・つもりだったんです。

乗り換えの駅まではかなり順調。
降りてみて、時刻表を見てみると、どうやら10分もしないうちに乗り換えの電車が来るではありませんか。
なんてすばらしい接続なんだ。
・・・と思ったんですよ、本気で。

ところが電車が来ない。5分や10分電車が遅れることは、ドイツでは日常茶飯事です。
でも待てよ、行き先や出発時刻が書かれてあるはずの表示が真っ白っておかしくない?

もう一回時刻表を見て血の気が引いた。
「なに、このMo.-Fr.って・・・」
ガーン、週末はこの電車、来ないんだ!
じゃあ次は・・・えー、次もダメ?!その次も・・・ああああ!

うかつでした。
これはうかつでした。
ブランデンブルク州の交通手段をなめていました。

はぁ・・・ここから自転車でいくしかありません。
近距離列車の駅2つ分ってのは結構な距離があるけれど、しょうがない。
詳しい地図なんか持ってないし、駅には電車のインフォしかない。
近くのバス停にも、時刻表しかない。ここから次の駅まで走っているバスはあるけれど・・・。
と思ったとき、そのバスが来た。次の駅に行くバスが来た!
おっしゃ、このバス追っかけるぞ。

そして、バスとKIKIをのせたペーター君の追いかけっこが始まったのですが、なんせ相手は車。5分で見失いました(T-T)

でも、それなりに道路標示はあるので、それを頼りになんとか移動。
一応、サイクリングコースというのはあるようで、こんな看板も立っています。
a0104785_793546.jpg

本当だったら行っていたはずの最寄り駅までは2キロ、宮殿のあるパレツまでは10キロです!

こういう「どこどこまであと何キロ」っていう看板をいくつも見つけながら、シャコシャコ行きます。
でも、キレイな並木道が多くて、走っていてとても気持ちがいいんですよ。
a0104785_751991.jpg


パレツにつく前の道端で急ブレーキ。「今、なんかヘンなのが見えたぞ!」
a0104785_7183030.jpg


まんまるの・・・巨大かぼちゃ?
a0104785_725895.jpg

でもカボチャと言うより、メロンみたいなんだけど・・・こんなに大きくならないよね、普通。
比較のために、500mlのミネラルウォーターのボトルを並べてみました。
しばらく観察してみたんだけれど、カボチャなのか、メロンなのか、それとも何か私の知らない植物なのか、真相は闇の中です(笑)。

そんな巨大メロン(だったらいいな^^)に後ろ髪を引かれつつも、宮殿のあるパレツ村へいそげ!5時までしか開いてないぞ!!

というわけで、散々書いておきながら、お目当ての宮殿は次回です(笑)

人気blogランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-08-20 07:47 | プロイセン