ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:ザクセン=アンハルト州 ( 6 ) タグの人気記事

バルバドスかビッターフェルトか?

ベルリンに住んでる人は耳にした、もしくは目にしたことがあるかもしれないです。
ベルリンのFM局、キスFMが、最近面白いゲームをやっています。

その名も、「バルバドスかビッターフェルトか?」
a0104785_22245671.jpg
写真はKissFMのホームページwww.kissfm.deより。

朝7時7分に、あらかじめ応募しておいたリスナーのうち、当選者にDJから電話がかかってきます。ちゃんと起きてて電話に出た(朝7時って、私はまだ寝てます^^;)当選者には運命の選択が待ち構えています。封筒の中には、カリブ海のリゾート地バルバドス島に行くチケット、もしくはビッターフェルトに行くチケットが入っているのです。当選者に旅行が当たるというのはよくあることですが、行き先に当たりハズレがあるというのは珍しいし、なにより、ビッターフェルトですよ、ビッターフェルト!

ビッターフェルト、(日本語ではビターフェルトと書くみたいですけど、ドイツ語の発音は明らかに「ビッター」です。英語じゃないからね^^)はザクセン=アンハルト州の街で、ルターの街ヴィッテンベルクと、ハレの間あたりにあります。なぜそこに行くのが罰ゲームになりうるかというと、それはもう、イメージの問題。
ビッターフェルトあたりというのは、DDR時代に化学工業地帯として有名で、ビッターフェルトが化学工業地帯の同意語のように使われていました。今でもビッターフェルトといえば、工場とか、大気汚染とか、そういう、イメージが残っているわけです。キラキラした南のリゾート地の反対のイメージとといえばそうかもしれないですね。
「ビッターフェルト=罰ゲーム」というのが成り立つのは、このFM局がベルリンにあって、リスナーの多くがベルリンやその周辺の人達だからでしょう。違う地域だったら「え?ビッターフェルトってどこ?」ってことになるだろうし、ビッターフェルトの近くのFM局だったら、近隣の町を罰ゲームの行き先にするなんて失礼すぎてできないでしょう(笑)。ビッターフェルトだった場合には「ビーッターフェールト!」ってなって、いかにもガーーンな効果音が流れるんです。ビッターフェルトの観光局あたりが抗議してもおかしくないですね。

私はKissFMのリスナーというほどでもないし、朝7時にスタンバイしている気合など無いのですが、ビッターフェルトに招待してくださるなら、ぜひ!って思います。行きたいですよ、普通に。コンビナートに萌えてしまう人だったら、ビッターフェルトは全然罰ゲームじゃないです。多分、ステキな廃墟とかもありますよ。そのうち行きたいですね。

それにしても、ベルリンは寒いです。んー、やっぱりバルバドス島の方がいいな・・・。

人気ブログランキングへ←クリックよろしくね。
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2010-01-13 23:46 | 現代旧東ドイツを知ろう

炭鉱跡地の地滑り

a0104785_23533715.jpg
写真はzeit.deより。
先週の土曜日に、ザクセン=アンハルト州の炭鉱跡地で大規模な地滑りがありました。
ここ数日、全国版のニュースでも取り上げられていたので、ドイツにいる人ならきっと耳にしていると思います。
事故があったのは、ザクセン=アンハルト州のハーツ地方の手前のあたり、ユネスコの世界遺産として知られているクヴェドリングルクの近くのナハターシュテット(Nachterstedt)の湖のほとりです。
コンコーディア湖(Concordia-See)と呼ばれるこの湖は、炭鉱の跡地を埋め立ててできたもの、というか、ちょうど今水を溜めていて、2018年に完成する予定でした。
この地滑りで2件の家が崩され、3人が行方不明。いつまた地滑りが起きるかわからないので、救出活動もできず、行方不明者の生存は絶望的です。

a0104785_02406.jpg写真はberlinonline.deより。
どういう理由で地滑りが起きたのかはまだ調査中だそうですが、雨の影響もさることながら、炭鉱の跡地ということで、地層に理由があるのではないかとか、炭鉱の後処理の方法が不十分だったのではないか、などということが憶測されています。

a0104785_0193968.jpg写真はn-tv.deより。
350m×120mほどの面積の地面が一気に崩れて100m下の湖に転落したそうな。家だけでなく、道や展望台もなくなってしまいました。
ザクセン=アンハルト州も、ハーツ地方以外はブランデンブルク州のような平地なので、地滑りとは無縁だと思っていたのですが・・・。


なにより、このニュースを聞いて私がガーンと思ったのは、「炭鉱跡地」ということです。
そうそう、ブランデンブルク州の南部の炭鉱跡地が、ちょうど同じ事をやっているじゃあありませんか!本の第7章「炭鉱地帯から湖水地方へと変わりゆく地域」で取り上げている「ラオズィッツ湖水地方」炭鉱の跡地を埋め立てて、湖にする計画がブランデンブルク州南部&ザクセン州北部で着々と進んでいます。当然、湖を活用した観光や地域振興も期待されているわけで、こういう事が起きると、「えー、大丈夫なんだろうか?!」って気になりますよね。
炭鉱跡地の地滑りは起こりうることだから、危ないところは立ち入り禁止にしているとか、地元の人はそういう被害とも今まで向き合ってきたとか、ラオズィッツの地層はナハターシュテットとは違うから大丈夫とか、そんなようなことを専門家は言っているようですが(詳しく知りたい人はここのrbbのビデオでもどうぞ。)やっぱり、ラオズィッツの皆さんにとっては、気持ちのいいニュースではないでしょう。こういう事がおきることによって、安全対策がより効果的に行われるようになれば、不幸中の幸いということなんでしょうけれど。炭鉱跡地、なかなか手ごわいですな。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-07-21 01:07 | 災害

DDRを探せ! 台所編(1):ジャムの入れ物

新しいシリーズを思いつきました。
その名も・・・DDRを探せ!

ウチにはいろんなところにDDR製のものがあります。
その最たるものはゾヤ君なんですが(あっはっは)、彼以外にも「あれ、これDDR製だ!」ってものが結構あるんです。
別に集めたわけではなく、その辺にあるものがよくよく見るとDDR製だったりする。考えてみれば、20年前のものでもDDR製でありえるのだから、骨董品に分類されるようなものでもないんですね。単純に古いもの、そろそろお払い箱にしたほうがいいかな、と思うようなものがほとんどなんですけれど。
何しろ、ゾヤ君というのは恐ろしく物持ちのいい人・・・もしくは単純にケチなので(--;)古いものでも平気で使っているし、私も物に対するこだわりってのがあんまり無いので、まぁいいか、とそのままにしていました。
今までいちいちチェックしてきたわけではなかったのですが、個人的にもちょっと気になってきたので、「DDRを探せ!」ということで我が家にあるDDR製品をご紹介しましょう。

まずは手始めに台所から。
私のお気に入りのDDR製品といえば、これ。

a0104785_2532144.jpg
どんぶりみたいだけれど、蓋に書いてあるように、どうやらイチゴジャムの入れ物みたいです。実はこれ、アイゼンヒュッテンシュタットの「DDRの日常生活に関する資料館」にも飾ってありました。びっくりしましたよ。「あ、これ、ウチにあるじゃん!」って(笑)。
a0104785_2561196.jpg

上のラベルには
Erdbeer-Konfitüre
Gefärbt
Mit Stärkesirup hergestellt
Füllgewicht 500g
W.-Nr.67712100

△07/3447

下のラベルには
Konsum
Marmeladen u. Konservenfabrik Tangermünde

Schale durch
Linksdrehung des Deckels
→öffenen!→

と書いてあります。

下のラベルの真ん中には赤で古い建物が描いてあってその下にTangermünder、上には小さい文字でSEIT 1904 DURCH QUALITÄTSERZEUGNISSE BEKANNT!とあります。

Konsumといえば、以前にブランデンブルク市で廃屋になっていたあれですね。

a0104785_3524382.gif気になるのはTangermünde。どこにあるのかな・・・?あ、ザクセン・アンハルト州のエルベ川沿いの街です。地図はwww.touristinformation-tangermuende.de/より。
ラベルに描いてある建物は市庁舎。タンガーミュンデのホームページはここ。私は行った事がないけれど、ホームページを見る限り、古い建物がたくさんあるなかなかいい感じの街です。今年は街の1000年の記念らしい。

ふむふむ。このジャムの入れ物のおかげでタンガーミュンデという街を発見しました。面白くなってきたので、多分、このシリーズは続きます(^^)

人気ブログランキングへ←クリックよろしく★
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-02-16 04:13 | DDRを知ろう

「ザクセン=アンハルト州にはもっとあります」

ベルリンに住んでいる人なら、最近、おもしろい広告を目にしているでしょう。駅とか、道路にどーんと張ってあって、私の心をググッとつかんだその広告とは!

a0104785_219348.jpg


あぁ、またやってくれたよ、
ザクセン=アンハルト州\(^0^)/

ブランデンブルク州の西にあるザクセン=アンハルト州といえば、以前に「私たちは早起きです」というキャッチフレーズで私のハートをわしづかみにしたわけですが(詳しくはここ)、その早起きなザクセン=アンハルト州が、最近、ベルリンで上のような写真のキャンペーンをしています。

写真がちっちゃいので、ちょっと説明するとですね・・・
真ん中に写っているのは、ピラミッドです。その上に書いてあるのは

Mehr davon gibt´s in Sachsen-Anhalt.
(ザクセン=アンハルト州にはもっとあります)

え?でも、その下に書いてあるのを読むとムフフッとわかります。

3 UNESCO-Welterbestätten im Umkreis von 18 km.
(18キロの範囲にユネスコの世界遺産が3つ)

わかった?わかった!
ピラミッドは、世界遺産を意味していて、「ザクセン=アンハルト州には、ピラミッドと同じくらい価値がある世界遺産が、18キロの範囲に3つもあるんですよ、だから、みんな来てね☆」ということです。

すごいぞ、ザクセン=アンハルト州!

世界遺産があることより、なにより、この自信。スバラシイじゃないか。ここまで堂々と手前味噌やると、むしろ爽やかだね。

ちなみに、その3つの世界遺産とは・・・

・ヴィッテンベルクとアイスレーベンにあるルター記念建造物群
(Die Lutherstätten Wittenberg und Eisleben)
・デッサウにあるバウハウス
(Das Bauhaus in Dessau)
・デッサウ・ヴェルリッツの庭園王国
(Das Gartenreich Dessau Wörlitz)

そして、ザクセン=アンハルト州の自己愛はまだまだ続きます。ポスターの下には
「そこから100キロ行くと、4つ目の世界遺産、クヴェドリンブルクもあります」というオマケも忘れていません。
クヴェドリンブルク(Quedlinburg)は、以前取り上げたハーツ地方の入り口にあるきれいな街で、ザクセン=アンハルト州の世界遺産というと、私はまずこの街が浮かびます。

このポスターにはピラミッドのほかに、タージマハルと、万里の長城のバージョンもあって・・・ぎゃはは、あぁ、素敵だよ、ザクセン=アンハルト州。
すごいやつになると、タージマハルの上に「Mehr davon」、ピラミッドの上に「gibt´s in」、万里の長城の上に「Sachsen-Anhalt」と書かれていて、その3つ立て続けにならんでいます。
写真撮ろうとおもったんですけれど、せっかくですから、ザクセン=アンハルト州がネットで公開しているサイト(ここ)をリンクしておきましょう。

人気blogランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-03-13 03:19 | 現代旧東ドイツを知ろう

魔女が踊る場所:ターレ (Thale) (2)

(うまく写真がアップできてなかったらごめんね!)

インフォのおじさんは1時間で「魔女が踊る場所」に行けると言っていたショートカットコースですが、のんびり写真を撮ったり、休んだりしているともう少しかかります。

登っていくと、車の通れる道に出ました。近くには野外劇場があって、結構たくさんの人がいます。ここからはアスファルトのなだらかな坂です。「魔女が踊る場所」まであと300メートルくらい。ドキドキ。

坂を上りきると・・・駐車場。かなり広くて、車やバイクや人でいっぱい。お土産やさんやカフェや子供の遊び場もあります。

あの・・・私、もっとしみじみしたところを想像してたんですけど。

魔女が踊るところってどこ?魔女、魔女・・・あ、これかな?
大きな石が円形に並べられているところに魔女らしき彫像が。みんなそこで写真をとっています。

a0104785_4135282.jpg

それにしても・・・この魔女、ちょっとひど過ぎ(笑)。スッポンポンだし、お尻に蜘蛛とまってるし、ネズミもいるし、何より非常に醜い。

a0104785_4195752.jpg

そんな前でみなさん楽しそうに記念撮影。あ、坊や危ないっ!とっさに掴むのはやはり魔女の長~い鼻。たくさんの人が触っていくので、ピカピカになっています。

a0104785_4221716.jpg

こっちの石の上には悪魔がいます。同じくスッポンポンで・・・醜い。片方の足は動物のヒヅメになっています。

a0104785_4275737.jpg

そしてこれは・・・あはは、ブタみたいなモンスター。犬みたいにしっかり座っていてなんだか妙に凛々しいなぁ。

みやげ物屋さんでは魔女の人形などがたくさん売られていました。せっかくだから何か買っていこうかな、なんて思ったんですが・・・
魔女、みんな怖くてエグイ顔してるんです。魔女の本場(?)ドイツでは、魔女というのは醜いと決まっているようで、かわいらしい魔女がいないんです。日本だと、「魔法使い」という感じでかわいい魔女のキャラクター(魔女の宅急便のキキとか)いるのにね。
さすがに、怖そうなおばあさんを部屋にぶら下げる気にはならなかったので、魔女グッズは断念(^^;)

展望台から景色を眺めて、その隣にあるホテル(ホテルまであるんです!)のレストランでケーキを食べてちょっと一息。
いやはや、「魔女の踊る場所」がこんなに観光地化されているとは知らなかった。

私もゾヤ君も、来た道を下って山のふもとまでいく気力がなかったので、帰りはロープウェイで降りました。お一人様3ユーロ。ほとんど待つことなく乗れました。

高所恐怖症というわけではないけれど、結構ドキドキしました(^^)
キョロキョロ見ていたら、背後の山の斜面にすーっと光がさしました。何てことないようで、こういう光景をしばらく見ていなかったので妙に感動。
私達が1時間以上かけて登ったところも、ロープウェイではあっという間でした。

ベルリンから週末チケットを使って日帰り旅行をするとなると、交通の便がいいターレがお手軽ですが、ここを起点にしてハーツ地方を本格的にハイキングするのも楽しそうだなと思いました。
ターレの3つ前の駅はクヴェドリンブルク (Quedlinburg) という、ユネスコの世界遺産になっている、中世の町並みがとてもきれいな街です。今回は時間がなかったんですが、前回ターレに来た時は、ハイキングの後に観光しました。
ハーツ地方には、ザクセン=アンハルト州とニーダーザクセン州をまたいだ、ハーツ国立公園もあるし、ブロッケン山もあるし、クヴェドリンブルク以外にも面白そうな街がいくつかあるので、時間とお金があったら(^^)もっと深入りしたいエリアです。(おわり)

人気blogランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-08-29 04:24 | ハイキング

魔女が踊る場所:ターレ (Thale) (1)

昨日(日曜日)、久しぶりに週末チケットを使って、ザクセン=アンハルト州のハーツ地方(Harz 「ハルツ」と書かれることも多い)の街、ターレ (Thale) に行ってきました。今回のお目当ては・・・

魔女が踊る場所。

ドイツ語でHexentanzplatzといって、直訳すると、「魔女が踊る場所」。
かつて魔女が集まって騒いだり、悪魔や魔物とよからぬことをする場所とされていたとこです。ハーツ地方の最高峰、ブロッケン山では毎年4月30日の夜にドイツ中の魔女が集まるとされていました。これはヴァルプルギス夜祭としてドイツではよく知られています。

そんな、魔女と関わりの深いハーツ地方というのは、ブランデンブルク州の西にあるザクセン=アンハルト州と、その西にある、旧西ドイツのニーダーザクセン州をまたいだ山がちな地域です。ベルリンの周辺には山がないので、ハイキングをするとなると、このハーツ地方がおそらく一番近いでしょう。

さて、ブランデンブルク州の西にあるザクセン=アンハルト州。ブランデンブルク州に負けず劣らず影の薄い州ですが(笑)ステキなキャッチフレースで私のハートをわしづかみにしました。それは・・・

a0104785_1494514.jpg


「私達は早起きです (Wir stehen früher auf)」


冗談じゃなく、本当に州の公式キャッチフレースなんです。統計をとったところ、ザクセン=アンハルト州の人は他の州の人より早起きだったらしい。
なぜこれが州の宣伝になるのかというと、早起きというのから連想させる、働き者だとか、人よりがんばるとか、一歩先を行くとか、そういうポジティブなイメージというのがあるからだそうです。それで、ザクセン=アンハルト州はいろんなところで「私達は早起きです」と断言しています。
この写真は、電車の車体に書いてあったもので、上がザクセン=アンハルト州の紋章。
・・・すごいぞ、ザクセン=アンハルト州。早起きが苦手な私はブランデンブルク州でいいよ(笑)。

さあ、そんな早起きな州の、魔女が踊る場所に行くには、こっちもちょっと早起きをしないといけません。だって、旧東ドイツの東側にあるベルリンから旧西ドイツの境界線に近いところまで行くんですからね。ベルリンから電車で3時間半かかります。
リッチな人は直通の電車とか、新幹線みたいなのを使えばもう少し短い時間でいけるのかもしれませんが、お財布の中身があんまり・・・な(笑)私とゾヤ君のお出かけとなると、頼りは「週末チケット」です。

「週末チケット」とは、「土曜日か日曜日ならドイツ中の電車乗り放題!でも鈍行電車だけね」という、時間はあるけれどお金はない人にはぴったりの切符。一枚33ユーロで、最大5人まで一緒に行けます。
その気になれば、かーなーりお得なチケットなんだけれど、かつては土日有効だったし、この数年でどんどん値上がりしてるんですよ。ちょっと前は30ユーロだったのになぁ。
こんなチケットがあるものだから、毎週金曜日になると私は「週末、どっか遠くへ行こうかな」と落ち着かないわけです(^^)
前もって電車の時間を調べておいて、めちゃめちゃ早起きすれば、一日でスゴイ距離を移動できます。私はこのチケット一枚で、オランダの国境まで行ったことがあります。

今回行ったターレという街は、ハーツ地方ではベルリンから一番簡単に行けるところで、地元の観光地として子供連れやお年寄りなどにも人気がある場所です。

a0104785_230279.jpg


これがターレのパンフです(見にくくてすみません)。
山のふもとにロープウェイが2つあって、左側の山の上に「魔女の踊る場所」があります。
ロープーウェイで上まで行ってもいいのですが、ハイキングコースがあるので、歩いて頂上まで行く事もできます。前回ターレに来た時は右側の頂上に歩いて行ったんですよ。今回は左側のハイキングコースを行きます。

a0104785_2425327.jpg

街の中にこんな看板がいくつかありました。上にちゃんと魔女がいますよ。
駅の近くにインフォもあるので、まずそこで地図などを手に入れるといいでしょう。

地図などを見ると、魔女の踊る場所に行くハイキングコースは街のはずれからということになっていますが、実はショートカットコースがあるんです。これはインフォのおじさんに聞いて分かったことです。
おじさん、「あぁ、この地図は混乱するだけだからね、本当はここからいけるんだよ」なんて、なんでちゃんと描いてないの~?!
・・・ということで、
☆ショートカットコースの見つけ方☆
ロープウェイの前の道は川沿いのキレイな散歩コースに続いています。そこををしばらく行くと、小さな橋があります。その橋を渡ったところにレストランがあります。そのレストランの脇の斜面からショートカットコースが始まっています。一見すると、けもの道のようにこっそり始まっているので、見落とさないように!ショートカットと言っても、2.5キロくらいあって、ずっとのぼりなので、ちゃんとした靴で行きましょう。

a0104785_257886.jpg

ハイキングコースはこんな感じ。ごつごつした石でできている道が続いています。周りの木は落葉樹で、緑がとてもきれいです。必要以上の手を加えていない感じで、人の行き来も少ないので、静かに自然を楽しむことができます。

a0104785_332426.jpg

ハイキングコースの途中の見晴らし台からの景色。
ターレはハーツ地方の入り口にある街で、ここからこんな山の中に行く事もできます。

ハーツ地方の最高峰のブロッケン山は旧東ドイツでは一番高い山なんですが、それでも1142メートルと、日本の感覚からするとそんなに高くありませんよね。当然、その周りほとんどの山は1000メートル以下です。
前回初めてターレに来た時「なんか落ち着くなぁ」と思いました。初めて来たところなのに、どうしてだろう?と考えてすぐに分かりました。・・・実家の周辺の山の風景に何となく似ているんです。
視界のどこかにいつも山があるって、日本では結構普通ですけれど、北ドイツって平地なんです。ベルリンもブランデンブルク州も、信じられないほどまっ平ら。そんなところからターレにくると、岐阜県人KIKIは妙にホッとするのです。ベルリンに片足を突っ込んだブランデンブルク州出身のゾヤ君は山を見ると非日常なものを感じてウキウキするようですけどね(^^;)

a0104785_333692.jpg

さて、だいぶ上まで登ってきましたよ。私が息を弾ませている横を、ロープウェイがすいすい上がっていきます。「魔女は飛べたんだよな・・・」なんて思いながら、まだまだ登ります。(つづく)

人気blogランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-08-28 04:04 | ハイキング