ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
フォロー中のブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:バーニム ( 3 ) タグの人気記事

Wandlitzsee

探していたカメラのケーブルがようやく見つかったので、久々に写真をアップします。
ずーっと探してたんですよー。そのケーブルがないと写真をパソコンに取り込めなくて、電気屋に聞けば取り寄せはできないと言うし、カードを読み取る外付けのを買わなきゃいけないかなとか、いっそ新しくカメラを買ってしまおうかとか真剣に考えていた矢先、ようやく、「あ・・・」ってところから出てきました(笑)。

今月の初めに、ベルリンの北にあるヴァントリッツゼー(Wandlitzsee)に行きました。
ヴァントリッツ湖という結構大きな湖があるところで、駅のすぐそばに入場料を取る(と言っても2、3ユーロ程度)ビーチがあります。
最近、娘と出かけられるところを探しているのですが、ベルリン市内であっても、移動が面倒な場所だと、つい行くのがおっくうになってしまいます。「久しぶりに郊外に出たいなぁ、でも、ベビーカー&荷物&じっとしていない娘が一緒となると、すごい遠出は面倒だし・・・」と思っていた矢先に発見したのがこのヴァントリッツ湖。

こんな湖があるなんて!
それもCゾーン内にあるなんて!
駅が湖の目の前にあるなんて!

これは行かねば!!

ということで、天気のいい日に気合を入れて娘とラブラブブランデンブルクの旅に出発。

Bernau行きのSバーンのKarow駅で乗り換えて、Cゾーン最後のWandlitzseeで下車します。
乗り換えそのものは同じプラットフォームなので楽ですが、接続が1時間に一本くらいしかないので、そこがちょっと面倒。でも、Karowからの電車はとても快適です。(Sバーンではないけれど、BVGのチケットでOK)

ビーチは(お金を取るだけあって)よく管理されていて、多くの人で賑わっていました。
a0104785_5484091.jpg


水もきれいだし、遠浅だし、ほどほどに木陰もあるし。
水辺に陣取って、娘を水遊びさせたり、昼寝をさせたりしていたら、結構早く時間が過ぎました。

問題があるとすれば、喫煙者が多かったことですね。屋外だと、これはもうしょうがないといえばそうですが、せっかく空気のきれいなところにきたのに残念。場所を変える(一回変えました)とか、「近くで吸わないで!」と言うとか(隣に居たおばさんがズバッと注意してくれて助かりました^^)、それでなんとかなりはしますがね。
あとは、これもまあ、ベルリンを出たら当然といえば当然ですが、「あ、ガイジンさんがいる・・・」という視線を久しぶりに感じました。あれ?と思ってよく見てみると、アジア人とか「いかにもガイジンさん」な人が1人もいない。とはいえ、だから何か支障があるわけではないので、気にしない、気にしない。
あとは・・・FKKのビーチがあったのかなぁ?探さなかったのでわかりませんが、皆さんちゃんと服か水着を着ていて、私としては微妙に物足りなかったです(??)

今回は湖畔でのんびりしただけで帰ってきましたが、ヴァントリッツにはちゃんと街の部分もあります。
もしヴァントリッツが有名だとしたら、それは、DDR時代に、ここが政治家の別荘地だったからである可能性が高いでしょう。SEDの大物政治家がこぞってこの地に住んでいました。ベルリンから近いけれど、自然が豊かで湖もあって、と、確かに魅力的な土地ではあります。

ベルリンの8月というのは後半から秋っぽくなってくるので、もう外で泳ぐには少し寒い日が続きますが、ベルリンから子供づれで行くにはなかなか便利な所だと思いました。この周辺はバーニム自然公園でもあるので、いろいろと探検しがいがありそうです。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2010-08-26 06:56 | Cゾーン

生物圏保護区の危機(2)

生物圏保護区ショーフハイデ=コリーンを巡る議論の続きです。

ブランデンブルク州北部で作られたエコエネルギーを他の地域に引っ張ってくるためには高圧電流の鉄塔が必要で、それが生物圏保護区を通るのは仕方ない。・・・というのが電力会社ヴァッテンファルの言い分なのですが、本当にそれは仕方なくて、当然のことなのか?というと、そんなことは全然ありません。反論する根拠はいろいろあります。

まず、環境保護の面から。
・高圧の電流が直接流れる鉄塔を作ると、そこで鳥が感電死する可能性があります。生物圏保護区にはいろんな鳥がいるわけで、鳥類保護の観点からすると言語道断です。
・延々と鉄塔が続くことで自然保護区としての景観が損なわれます

地元住民にとって。
・高圧電流というのはそもそも体によくないみたいで、発ガン性があるそうです。最悪、住民に健康被害が出ます。

環境保護&地元としては、百歩譲って、せめてそのケーブルを地下に埋めてくれと言っているのですが、それは地上に鉄塔を建てるよりはるかにコストと時間のかかることなので、電力会社はやる気なし。
でも、地元の要求っていうのはそんな高飛車なことでもないんですよ、だって、ニーダーザクセン州やバイエルン州では、センシティブな地域(多分自然保護区とかのことでしょう)に高圧電線を引く事を禁止する法律があるんです。いってみれば、他の州では非合法なことを電力会社はブランデンブルク州でやろうとしている。弱いところを突かれたというか、経済優先というか。

この鉄塔を巡る問題で「なるほどー」と思ったのは、これが単純にブランデンブルク州北部の話だけで済んでいないことです。
電力会社がさっさと鉄塔を作りたがっている背景には、将来的に東ヨーロッパから電力を引っ張ってくる計画があるからです。こうなると、単純に一企業の利益というだけでなく、エネルギー政策というか、政治的なニュアンスも絡んできますね。
それで、東ヨーロッパやロシアから引っ張ってこようとしているのが、原子力や石炭を使って作った電気です。・・・現在、ドイツはG8の中で原発廃止ということにこだわっている唯一国だということを考えると、「自分の国の中では廃止しておきながら、他の国で作られたエネルギーに頼るつもりですか?」と非難されてもしょうがないでしょう。そして、政治的な決断が下される以前に、すでに電力会社はいろんな計画を立てている。・・・いいんですか、それで(--;)。

さらに私がカチンときたのは(←ええ、もちろん来てます)、ドイツの北東部(ってことは旧東ドイツがメインでしょう)の風力発電で作られた電気がドイツの南西部に輸送されているということです。将来的にはバルト海で作られた電気もそっちにいくらしい。
・・・えぇ?経済に詳しくないから分からないだけかもしれないけれど、なんで東の隅っこで作られた電気が対曲線の反対側にある地域に運ばれなきゃいけないだろう?そんなことをすれば輸送にも時間とコストがかかるし、途中で失われる電気も多いだろうに。

そして、ガーンときた(←きてる、きてる)のは、ドイツの「再生可能なエネルギー」の41%は旧東ドイツで作られているけれど、旧東ドイツで使われているのはそのうちの18%に過ぎないということ。
経済云々と関わりのない者のナイーブな発想かもしれませんけどねー、なんで地元で作ったエコエネルギーをできたてほやほやで地元の人に使わせないんだろう?高いからかな。鉄塔だのなんだの作って無駄なことする以前に、旧東ドイツ全体をエコエネルギーでカバーすることだってできるはずなのになぁ。
ブランデンブルク州南部からザクセン州北部にかけて(「ラオズィッツ」著書第7章参照)では、まだ石炭を採ってます。そのためにこれからもたくさんの村を立ち退かせて、地面を掘っていく気でいる。そんなことしなくてもいいはずなのにまだやっているのは、やっぱり経済優先&安い電力ってことにこだわってるからでしょう。

考えてると悲しくなってきます。少なくともエネルギー関係においては、旧東ドイツというのはまるで発展途上国のような立場じゃないですか。自分のところで消費しないものを安く作って、それをリッチなエリアに供給している。「カカオ農場で働く人たちはチョコレートを食べていない」って話みたい(T-T)。なんかフェアじゃないな。

ヴァッテンファルがどこまでアクドイのか(笑)ってのは分かりませんが、ブランデンブルク州&Co.の電気関係のことはこの会社がやっていて、ラオズィッツの石炭にしても、ウッカーマークの風力発電にしても、この会社が絡んできます。利益を追求することが企業の仕事とはいえ、私はどうも気に食わないので、ウチはヴァッテンファルから電気を買ってません。もっとエコにやってるエネルギー会社があるので、ちょっと高いけど、そこの電気を使っています。ゴマメの歯軋りといえばそうですが、エコとかフェアトレードとか環境問題とかはゴマメの歯軋りをみんなでやることで動いていく事だと思うので(チーム・マイナス6%とか、いいんじゃないですかね^^私は何気に参加してますよ☆)こんなブログでもブツブツ言ってみたくなります。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-07-27 00:19 | 自然保護区/公園

生物圏保護区の危機(1)

ベルリンの北東、バーニム郡とウッカーマーク郡(著書132ページ参照)にまたがる地域に、ユネスコに登録されている自然保護区「生物圏保護区ショーフハイデ=コリーン(Biosphärenreservat Schorfheide-Chorin)」(公式ホームページはここ)があります。現在、この生物圏保護区の存続にも影響しかねない問題が持ち上がっているのでご紹介します。

自然保護区というのが、必ずしも「まぁステキ~♪」というものではなく、場合によっては地元の産業や人々の暮らしを脅かすものであるということについては「国立公園シリーズ」を読んでくださったかたはもう分かっていると思うのですが、今回の場合は、対立の構造としては地元vs大企業です。

ベルリンから離れたブランデンブルク州の田舎に行くと、いたるところに風力発電の風車とか、バイオマスのプラントみたいなのがあります。エコエネルギーとか、再生可能なエネルギーとか、そういう部類に分類される方法で発電をしているんです。そういうのができるのは田舎ならではだし、原発だの石油だのに頼るよりはよっぽどいいと思います。
ただ・・・そうして(ド)田舎で作られたエネルギーを遠くの街や地域に引っ張ってくるにはケーブルとか鉄塔とか、そういうのが要ります。今回の問題はそれが焦点。

ベルリンや旧東ドイツあたりの電気というのは、スウェーデンのエネルギー会社「ヴァッテンファル(Vattenfall)」が管轄しています。それで、ヴァッテンファルはブランデンブルク州北部で作られた「エコエネルギー」を他の地域に回したいともくろんでいて、そのために高圧電流の流れる鉄塔を作る気でいます。

a0104785_19183070.jpg
高圧電流の流れる鉄塔というのは多分、こういうやつ↑。これは以前ベルリンの東のアルトランスベルクにサイクリングに行ったときにあったものです。高さ50メートルくらいのこういう鉄塔を延々と作って電気を運ぶのです。・・・そして、それがどうやら例の生物圏保護区を通るらしい。

というのが今回の問題です。
こんな鉄塔を生物圏保護区に作るっていう発想自体が間違っていると思うのですが、企業側の理屈からすると、作らなきゃいけないんだからしょうがない。でも、自然保護を優先するのが自然保護区の本来の姿じゃないのか?いくら大企業とはいえ、自然保護区を危機に晒してまで一企業の利益を優先させる必要があるのか?当然、環境保護系の人や地元の人は反対するわけです。
それに微妙なんですよね・・・エコエネルギーは大いに結構。でも、エコならなんでもいいのか?エコエネルギーのために何が犠牲になっているのか?そうやって作られる「エコ」は本当にエコなのか?私たちが「エコだから」と安心して(高いお金を払って)消費するものが、実は意外なところで意外なものを犠牲にして成り立ったものかもしれない・・・。

長くなるので、続きはまた今度!

人気ブログランキングへ←クリックよろしく☆
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2008-07-23 19:45 | 自然保護区/公園