「ほっ」と。キャンペーン

ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:ヨーロッパ民俗学 ( 5 ) タグの人気記事

調査旅行(5):国境を越える

ポーランドの辺鄙な村から電車でまた延々と移動し、今日は国境を越えてドイツに戻ります。

ポーランド側の街はGryfino (ドイツ語名:Greifenhagen)、ドイツ側はシュタフフェルデ(Staffeld)という村で、オーダー川が国境になっています。
この国境地帯のドイツ側には「ウンテレス・オーダータール (Unteres Odertal) 国立公園」という、ブランデンブルク州唯一の国立公園があり、ポーランド側にも自然保護区があります。
この国立公園について、論文を1個書いたばかりで、私はマニアックに詳しいんですが(^^)、それはまた別の機会にでもお話しましょう。

国境を渡る方法としては、車か自転車があります。徒歩でも渡ろうと思えば渡れますが、国境検問所はドイツ側にあって、そこまでかなりの距離があります。
なぜ川を隔てたすぐのところに国境検問所が無いかというと、オーダー川の向こうには広大な湿地帯の自然保護区が広がっていて、人が住んでいないからです。
国境を越えたすぐのドイツ側は、村が点在する穀倉地帯で、電車の駅もないので、車か自転車がないと困るでしょう。

では国境を渡ってみましょう。

a0104785_451304.jpg

ポーランド側の街からみたところ。緑色の大きな橋が道の向こうにかかっています。物々しい雰囲気は全くありません。

a0104785_4521540.jpg

橋のたもとはこんな感じ。ブレブレですみません。

a0104785_4525493.jpg

橋の上から見たポーランド側の街。この国境のあたりでは、オーダー川はかなりの川幅になっています。

そんな橋を渡ってから、湿地帯の中の一本道を延々と行って、ちょっとした坂道を上ると、国境検問所があります。本当は写真を撮りたかったけれど、ダメそうだったので写真はナシ。
雰囲気としては交番みたいな感じでした。ゼミの参加者のうち、ウクライナ人と私のパスポートだけはみっちり調べられました。外国人といっても、EU内の外国人は国境を渡るのも簡単なんです。

この国境を越えてからは、上り坂がいくつもあって、結構しんどいです。荷物満載の自転車でフーフーいいながらこいでいきます。
畑が広がるエリアには、きれいな並木道も多いんです。並木道をビューンと飛ばしながら、「あぁ、ブランデンブルク州に帰ってきたな」と、うれしくなりました。

調査旅行ではこの後、ブランデンブルク州北部のウッカーマーク郡の村に2泊して、国立公園の近くの地域の街や村でインタビューをしてきました。そのことは、また分けて紹介しようと思います。

調査旅行はゼミの一環なので、事前にまとめたり、口頭発表の準備をしたりと、大変でしたが、調査する場所に赴くというのはいい経験になりました。実際に行ってみないと分からない雰囲気や、インタビューをしなければ得られない情報というのはとても多いんだと実感しました。
朝から晩まで(部屋は必ず相部屋)ゼミの参加者といるのは、外国人で、その上基本的に単独行動が好きな私にはかなりハードだったんですが、こんな状況に置かれなければ一生しなかったかもしれない濃い交流だったわけで(^^;)、ドイツ生活の経験値がググッと上がったような気もします。(おわり)

人気blogランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-09-03 04:56 | 調査旅行

調査旅行(4):村のプロジェクト

3日目。ポーランド。

今日の目的地は、辺鄙な村にあるプロジェクトです。日本語に上手く訳せないんだけれど、共同体というか、自分達で農業や教育のプログラムを立ち上げてやっている組織を訪れます。

そのプロジェクトの一帯というのは、のどかといえばいいんだけれど、本当に「何にもない」ところです。失業率は高いし、若者は出て行ってしまって、社会が機能するベースがガタガタになっている、そんな地域。
そこにドイツなどから、フロンティア精神に溢れた農家の人や技術者や教育者などが来て、ボロボロだった建物を作り変え、畑を耕し、農業の基盤を作って、一緒に仕事をして暮らしています。
悪く言えば、植民地化みたいなもんですが、外から技術や知識がもちこまれることによって、ニッチもサッチも行かなくなっていた地域に職ができ、経済的・文化的な地盤ができるんです。

a0104785_22182918.jpg

ここで農業をしているおじさんが説明をしてくれました。このおじさんはオランダ人だそうですが、パーフェクトなドイツ語を話す人で、本当はポツダムの近郊に住んでいるそうです。農業に理念と理想がある、有機農業のプロです。自然のリズムや植物や動物のことをちゃんと知っていて、それに合った農業をすれば、農薬や化学飼料に頼らない農業ができるそうです。

a0104785_22192247.jpg

牛がいる厩舎は外からの風や光がちゃんと入るように工夫されています。干草をたっぷり食べて大きくなります。

a0104785_22202482.jpg

牛を育てて野菜を作るだけでなく、ここではハーブティーも作られています。もちろん無農薬。刻んだバーブをこんな風に広げて、後ろの乾燥機で乾かします。

a0104785_2221320.jpg

ここでは、ハーブのエキスを抽出してジュースを作っています。単純に汁を絞るだけでなく、いろんなハーブを配合をして、ねかせて、エキスだけを取り出すので、とても手間がかかっています。もちろん、香料や着色料などの薬品は一切使いません。

こういう、お金儲けのためではなく、むしろ私財をはたいて、自分達の理念にそった、(大げさな言い方をすれば)理想郷を作る人や団体というのが、ドイツには結構あります。
特に、旧東ドイツには、都会を離れて暮らす若者や子供連れの共同体なんかがたくさんあって、有機栽培や芸術活動をしながら、環境に優しい暮らしをしています。既存の社会システムではできない暮らしが、田舎の誰も居ないようなところならできるんですね。
もちろん、全て自分達でやっていかないといけないのは大変ですし、上手く行く保証はないけれど、社会の枠にはめられず、自分達の理念とテンポで暮らしていけるというのは、とても贅沢な生き方かもしれません。(つづく)

人気blogランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-08-31 22:26 | 調査旅行

調査旅行(3):有機農業

2日目。ポーランド。

今日は有機農業をやっている農家を訪れます。ヨーロッパアカデミーから自転車で駅まで行き、電車で移動してから、農家のある村までまた自転車。
途中で雨が降ってきて大変でした(涙)。

a0104785_2105822.jpg

着いたのはこんなところ。
まず、このテラスでみんな座って、農家のおばさんにインタビューをしました。ベルリンからポーランド語の通訳のお兄さん(ドイツ人)も同行しているので、今回は通訳を通してのインタビュー。これは結構めんどくさいです。やはり、自分で理解できる言語のほうが、ニュアンスなんかが伝わっていいです。

ちなみに、参加者の一人はドイツ育ちのポーランド人だったんですよね。「僕はポーランド人です」って言われないと気付かない、というか、言われても「え?」っていう感じに、パーフェクトなドイツ語を話す人なんです。
私は以前別のゼミで一緒だったので、彼がポーランド人だと知っていたんですが、先生たちはそのことを行きの電車の中で初めて知ったんです。彼の母語はポーランド語なわけで、通訳をわざわざ雇わなくても良かったような(^^;)。
通訳のお兄さんが疲れたり、「うーん」となった時は、彼がつらつらっと訳しちゃうんです。ポーランドのできるドイツとドイツ語のできるポーランド人が両方いて、ドイツ語とポーランド語が行ったりきたりするのって、なかなか面白いシーンだけど、集中してると疲れます。

インタビューのあとはお昼ご飯。ここのおばあさんが作ってくれました。パスタ入りの野菜スープ、メインの肉料理、付け合せのジャガイモ、リンゴのケーキと、かなり豪華。そして美味しかった!!
牛肉にかけるソースが信じられないほど美味しくて、ちゃっかりレシピを聞きました(笑)。

a0104785_2125032.jpg

たらふく食べた後は、農場を見学しました。
この農場では、牛をたくさん飼っています。・・・あ、さっき食べたのもここに居たのかな。フェンスの前で農家のおばさんの話を聞きます。

といっても、ベルリンから来た皆さん「牛だー!」という興奮の方が大きい(笑)。
みんなセッセと牛の写真をとります。餌でももらえると思ったのか、牛もどんどん近づいてきました。

a0104785_2115433.jpg

牛だらけ。種類の違う牛が一緒に飼われています。真ん中の茶色い牛、鼻に黄色い輪をつけています。よく見ると、上に向かってトゲがいくつかでているんです。なぜこんなものをつけているか分かりますか?
この牛、離乳の時期なんだそうです。お母さん牛からお乳をもらおうとすると・・・トゲがおっぱいに当たってお母さん牛が嫌がって飲ませてくれないので、自然と草を食べるようになるんだとか。簡単なようで、なかなか思いつかないトリックですね。

さて、インタビューもしたし、美味しいご飯を食べたし、牛もたっぷり見たし、そろそろオイトマしましょうか。
来た道をまた自転車でもどり、延々と電車に揺られ、今度はもっと「奥地」の村に行きます。(つづく)

人気blogランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-08-31 21:07 | 調査旅行

調査旅行(2):ヨーロッパアカデミー

第1日目。
朝10時15分にベルリン中央駅に自転車持参で集合。そこからずっと北上して、ブランデンブルク州北部のウッカーマーク郡のアンガーミュンデ (Angermünde) という街まで行きます。
そこからポーランド北西部の中心地、シュテティン (ドイツ語:Stettin ポーランド語:Szczecin) 行きの電車に乗り換えます。アンガーミュンデも、シュテティンも、本で詳しく書いたので読んでね☆

a0104785_6475594.jpg

シュテティンの駅はこんな感じ。大きな街の駅の割にはガランとしてて、近代的な雰囲気がありません。乗り換えまで30分以上あったのですが、街に行くには時間が足りなかったので、今回は駅だけ。
ド甘いミルクアイスと、ポーランドに来るたびに買っているお気に入りのお菓子を売店で買って、ポーランド気分を噛みしめました(笑)。

シュテティンからゴトゴトと電車でさらに北上。

a0104785_6491143.jpg

こんな辺鄙な駅で降りました。ちなみにシュテティン駅で待っている時から、雨がやんだり降ったりだったんです。この駅から今日の目的地かつ泊まる場所まで自転車で行くので、参加者の皆さん、雲行きが気になっています。

とはいえ、なんだかラッキーに晴れてきて、調査旅行初の自転車移動開始。
結構車が走っているところを30分くらいえっちらおっちら行きました。

目的地は、「ヨーロッパアカデミー」という、EUなどの援助を受けている文化センターみたいなところです。セミナーをやったり、若者の交流を図ったりするのがメインですが、地元の人が結婚式などのパーティーをすることもできるようになっていて、私達が行った時も、結婚パーティーの真っ最中でした。

まずは、そのセンターのボスのドイツ人女性の話を聞いて、そのあと周辺を案内してもらいました。
私達がセンターの外の通りを歩いている時、自転車に乗ったおじいさんが通りかかって、ドイツ人のボスのオバサンとポーランド語で挨拶をしました。そしてそのおじいさんは、私達がベルリンから来ているとわかると、ドイツ語で話を始めました。上手というわけではないんだけれど、妙に慣れた口語っぽいドイツ語です。
なんとそのおじいさん、戦争中、強制収容所にいたそうです。
偶然とはいえ、そんな話を聞くとギョッとしますね。ポーランドの北西部は第二次世界大戦後までドイツ領だったので、ドイツ語ができるお年寄りが多く、地名も今ではポーランド語ですが、かつてはドイツ語風でした(シュテティンもそうですね)。

センターで、なんだかポーランドチックな(ソーセージとか、塩気が強くて肉を使ったものが多い)晩ご飯を食べて、私はもうかなりオヤスミモード。しかし、グループの皆さんはまだ元気。
ドイツでご飯の後にすることといえば・・・散歩。
当然の如くみんなでお散歩です。それも延々と。
そして、お散歩の後は、またボスのオバサンの話を聞いて、参加者一人の口頭発表を聞いて、もう私はかなりよぼよぼ。長距離移動+知らない場所+ノンストップのドイツ語丸一日ですからね。
10時くらいになってようやくお開きかと思いきや「飲んで駄弁りましょう」ということになるんです。え~、みんな、疲れてないの?!

こういうときにムリをすると、翌日使い物にならないということは経験として知っているので、私は「お酒飲めないし(ホントです)疲れてるので寝ます」と言ってパス。
こういうの、日本でやるとヒンシュクかもしれないけれど、ドイツだと「あ、そうなの」でアッサリ許してくれるんです(^^)

センターの中にはホテルみたいな部屋がいくつもあって、今晩はそこの2人部屋でアンガーミュンデ出身のRちゃんと相部屋です。

長い長い1日がようやく終わりました。(つづく)

人気blogランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-08-31 06:57 | 調査旅行

調査旅行(1)ヨーロッパ民俗学

私が専攻するヨーロッパ民俗学というのは、とても説明が難しい学問なのですが、すっごく簡単にいうと、「気さくな社会学」です。理論も大事だけれど実践も大事。フィールドワークやインタビューという手法が重視されています。
扱うテーマは本当に何でもアリで、哲学・歴史・文学・メディア・サブカルチャー・社会問題、その気になればなんでも研究テーマになります。1つの学術分野に固執するのではなく、もっと広く、いろんな視点から物事を多角的に見る―「学際的」といいます―そういう姿勢とそのための柔軟性がとても大事なんです。

私はそんな学問を専攻していて、日本でいう修士課程にいるわけですが、卒業するのに必要な単位の中に、「1日以上の調査旅行」というのがあるんです。個人ではなく、ゼミの枠内で行われる調査旅行に参加しないと卒業できません!

それで、この夏学期に行われたゼミで調査旅行に行ってきました。

5泊6日、ポーランドとドイツ、チャリの旅!


ゼミのテーマは、簡単に言うと「ポーランドとドイツの田舎で行われているプロジェクト」で、方向性としては有機栽培とか、エコロジーとか、自然保護とか、教育とか、そういう感じです。

移動には電車も使うんですが、何しろ調査の対象がドのつく田舎で、交通の便が悪いので、自転車が必要です。ベルリンからミニバスをチャーターしたほうが・・・なんて、ダメダメ!自転車ほど環境に優しい乗り物はないんですから(笑)。

そんなゼミなので、主催する側も参加する側も必然的におそろしくタフでエコロジー。
ヨーロッパ民俗学の学生というのは、なかなか多彩で面白いんですが、今回のゼミの参加者は特に多彩でした。

ベルギー人(フランス語圏だけどドイツ語はネイティブ並)の女子留学生
デンマーク人の女子留学生
スイス人(ドイツ語圏)の男子留学生
ルーマニア人の女子学生
ポーランド生まれドイツ育ちの男子学生

それに、ドイツ人女子学生4人(ブランデンブルク州、チューリンゲン州、ザクセン州、ニーダーザクセン州、)とドイツ人男子学生(どこの人かな?)1人。

先生は女性2人で、ザクセン州と(多分)ニーダーザクセン州出身。

そして、トドメはコテコテ日本人の私!

意図的に多国籍にしたのではなく、自然とそうなったんです。ある意味、何でもアリのベルリンとヨーロッパ民俗学を体現したミックスです。
もちろん、使用言語は100%ドイツ語。多国籍とか、インターナショナルというと、なんでも英語、みたいな雰囲気がありますが、こうやってドイツ語を使ってみんなで何かをやるというのも悪くありません。参加者のだれも英語のネイティブではないしね。

今までの大学での経験からすると、こういう男女混合で、私以外にも外国人がいるとグループは(気分的に)楽です。逆に言うと、ドイツ人の女性たくさん+私、というのはシビアです。容赦なく彼女らのペースで事が運んでいくんです。胃が痛くなります。

さて、そんなことは置いておいて、調査旅行。
今回行ったエリアというのは、ブランデンブルク州の北の外れのポーランドと国境を接しているところと、その東の、ポーランドの北西部。
歴史的にポンメルン (Pommern) と呼ばれていた地域です。ブランデンブルク州の北に、旧東ドイツのメクレンブルク=フォアポンメルン (Mecklenburg-Vorpommern) という州があるのですが、そのフォアポンメルンのポンメルンです。本にもちょっと書いたんですが、このポンメルンには第二次世界大戦後にドイツになったフォアポンメルンと、ポーランドになったヒンターポンメルンという地域があるんです。今では別の国ですが、歴史的には深いつながりのある土地なんですね。

ま、そんなマニアックなことを地図なしで話しても混乱するだけなので、前置きはこのくらい。
そんなところに、この6月、ベルリンの多国籍軍は自転車持参で行ったのです。言うまでもなく、怒涛の5泊6日だったわけですが、語りだすと長い話(いや、ホント・・・)なので、愚痴はホドホドにして、いくつかのポイントに絞ってお話します。

調査旅行のはじまり、はじまり・・・

(つづく)

人気blogランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-08-30 02:18 | 調査旅行