「ほっ」と。キャンペーン

ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:湖 ( 2 ) タグの人気記事

Wandlitzsee

探していたカメラのケーブルがようやく見つかったので、久々に写真をアップします。
ずーっと探してたんですよー。そのケーブルがないと写真をパソコンに取り込めなくて、電気屋に聞けば取り寄せはできないと言うし、カードを読み取る外付けのを買わなきゃいけないかなとか、いっそ新しくカメラを買ってしまおうかとか真剣に考えていた矢先、ようやく、「あ・・・」ってところから出てきました(笑)。

今月の初めに、ベルリンの北にあるヴァントリッツゼー(Wandlitzsee)に行きました。
ヴァントリッツ湖という結構大きな湖があるところで、駅のすぐそばに入場料を取る(と言っても2、3ユーロ程度)ビーチがあります。
最近、娘と出かけられるところを探しているのですが、ベルリン市内であっても、移動が面倒な場所だと、つい行くのがおっくうになってしまいます。「久しぶりに郊外に出たいなぁ、でも、ベビーカー&荷物&じっとしていない娘が一緒となると、すごい遠出は面倒だし・・・」と思っていた矢先に発見したのがこのヴァントリッツ湖。

こんな湖があるなんて!
それもCゾーン内にあるなんて!
駅が湖の目の前にあるなんて!

これは行かねば!!

ということで、天気のいい日に気合を入れて娘とラブラブブランデンブルクの旅に出発。

Bernau行きのSバーンのKarow駅で乗り換えて、Cゾーン最後のWandlitzseeで下車します。
乗り換えそのものは同じプラットフォームなので楽ですが、接続が1時間に一本くらいしかないので、そこがちょっと面倒。でも、Karowからの電車はとても快適です。(Sバーンではないけれど、BVGのチケットでOK)

ビーチは(お金を取るだけあって)よく管理されていて、多くの人で賑わっていました。
a0104785_5484091.jpg


水もきれいだし、遠浅だし、ほどほどに木陰もあるし。
水辺に陣取って、娘を水遊びさせたり、昼寝をさせたりしていたら、結構早く時間が過ぎました。

問題があるとすれば、喫煙者が多かったことですね。屋外だと、これはもうしょうがないといえばそうですが、せっかく空気のきれいなところにきたのに残念。場所を変える(一回変えました)とか、「近くで吸わないで!」と言うとか(隣に居たおばさんがズバッと注意してくれて助かりました^^)、それでなんとかなりはしますがね。
あとは、これもまあ、ベルリンを出たら当然といえば当然ですが、「あ、ガイジンさんがいる・・・」という視線を久しぶりに感じました。あれ?と思ってよく見てみると、アジア人とか「いかにもガイジンさん」な人が1人もいない。とはいえ、だから何か支障があるわけではないので、気にしない、気にしない。
あとは・・・FKKのビーチがあったのかなぁ?探さなかったのでわかりませんが、皆さんちゃんと服か水着を着ていて、私としては微妙に物足りなかったです(??)

今回は湖畔でのんびりしただけで帰ってきましたが、ヴァントリッツにはちゃんと街の部分もあります。
もしヴァントリッツが有名だとしたら、それは、DDR時代に、ここが政治家の別荘地だったからである可能性が高いでしょう。SEDの大物政治家がこぞってこの地に住んでいました。ベルリンから近いけれど、自然が豊かで湖もあって、と、確かに魅力的な土地ではあります。

ベルリンの8月というのは後半から秋っぽくなってくるので、もう外で泳ぐには少し寒い日が続きますが、ベルリンから子供づれで行くにはなかなか便利な所だと思いました。この周辺はバーニム自然公園でもあるので、いろいろと探検しがいがありそうです。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2010-08-26 06:56 | Cゾーン

ヘレーネ湖 (Helenesee)

さて、話をフランクフルト・オーダーに戻しますよ。

オリエンテーリングで山の中を走って、よぼよぼになってベルリンに帰ってきたのに、その足でフランクフルト・オーダーに行き、死ぬかもしれないキノコを晩ご飯に食べたわけですが、私の受難はまだ続きます(^^;)。

ブルーメンコール君とトイプリングちゃんはサイクリングが好きです。
フランクフルト・オーダーに遊びに行くと、よほど天気が悪くない限り、みんなで自転車でどこかに行くことになります。それは橋を渡ったポーランドだったり、近場のサイクリングコースだったりするんですけれど、よく行くのはヘレーネ湖 (Helenesee)です。

ヘレーネ湖は、フランクフルト・オーダーの南8キロくらいのところにある250ヘクタールの湖です。ローカルな観光地としてすっかり定着しているところで、近くにはヨーロッパで一番大きいキャンプ場があるそうです。
約3000もあるブランデンブルク州の湖のなかでも、特に水質がいい湖で、その上サラサラの広い砂浜もあって、夏になるといつも人でいっぱいです。さすがにそんなステキな湖が放っておかれるわけはなく、最近になって、夏場は大人一日2.5ユーロの入場料を取るようになりました。

さて、このヘレーネ湖。名前を聞いて「あ、ひょっとして?」と思う人は、私並のブランデンブルク州マニアです。


ヒント:ヘレーネというのは女性の名前です。


女性の名前のついた湖というと・・・



炭鉱跡かも!


え~、炭鉱ってなによ??と話が全然分からないあなたは、まだ本の第7章を読んでいないに違いないっ(笑)。
ブランデンブルク州周辺では昔から石炭の露天掘りが行われていて、石炭採掘後に残る巨大な穴は、水を入れて人工湖に変えられることがよくあります。本に書いた「ラオズィッツ湖水地方」というのは、それを地域レベルでやっているわけですけれど、単発的に炭鉱跡を人工湖に変えることは結構前からあったんです。

それで、なぜ女性の名前の湖で炭鉱跡を連想するかというと、炭鉱には女性の名前がついていることがよくあるからです。
たとえば、ブランデンブルク州南部の街、グロースレーシェンにある「イルゼ湖」というのも、イルゼという炭鉱の名前にちなんでいて、そもそもイルゼというのは、炭鉱を管理していた会社の社長の長女の名前です(←マニアックすぎ)。

ヘレーネ湖の元は、1930年から1950年代後半まで採掘されていたヘレーネという炭鉱で、その後、湖として観光地化されていきました。

元炭鉱だった湖なんて・・・と思ってしまうけど、今はこんな感じです。

a0104785_2381313.jpg

a0104785_2395425.jpg


普通の湖でしょう!
それどころか、かなりきれいな湖です。炭鉱跡だなんて、言われなければ分からないし、言われても実感が湧きません。

さて、そんなヘレーネ湖に、私達は自転車で行きました。もう何回か行ったことがあるとはいえ、フランクフルト・オーダーからは8キロくらい離れていて、サイクリングコースとしては快適なのですが、帰りは長い上り坂があります。

勝手にポーランドにされている森の中を走ってよぼよぼになり、毒キノコの恐怖におびえ、翌日は炭鉱跡の湖に自転車で行く私。

あぁ、なんてブランデンブルク州テンコ盛りな休暇なんだ(T-T)

ヘレーネ湖に着いたのは午後3時くらいで、私達は砂浜で遅い昼ご飯&おやつを食べました。人で溢れている夏場とは全然雰囲気が違って、散歩をする人や、釣りをする人がちらほらいるくらい。静かに湖を見ながらお茶なんか飲んで、のんびりのんびり過ごしました。

人気ブログランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-10-25 23:26 | サイクリング