ブランデンブルク州、旧東ドイツ、ベルリンを楽しもう
by KIKI-Brandenburg
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ライフログ
   ★KIKIの自己紹介★
岐阜県生まれ、岐阜県育ち。
立教大学文学部ドイツ文学科卒業。同大学在籍中、交換留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。
立教大学卒業後、フンボルト大学に正規学生として入学し、ヨーロッパ民俗学とジェンダー学を専攻。
2007年9月下旬に著書「がんばれ、ブランデンブルク州!」を出版。アマゾンなどネットの本屋さんでも買えます。「がんばれ、ブランデンブルク州!」で検索してください。ベルリンではDDR博物館でも売っています。興味のある方は私に直接問い合わせてくださっても結構です。

2008年8月の終わりに娘が産まれました!育児ネタもちょくちょくあります。

ドイツ語のプライベートレッスンをしています。興味のある人はここか、直接こっち(別ブログ)に飛んでください。

      ★お願い★
このブログ内の文章や写真に興味を持って引用/転載してくださる場合は、出典として明記してください。ネットの場合はリンクを張ったりトラックバック機能を使ってください。そして、そんな名誉なことがあれば、KIKIはぜひ知りたいので、ご連絡ください。

このブログはKIKIが趣味としてやっているものです。不快なコメントなどは削除しますのであしからず。

記事の内容に並々ならぬ興味をそそられた方、KIKIと直接コンタクトを取りたい方はメールでどうぞ。
zuckermotor[ここにアットマーク]yahoo.co.jp

ブランデンブルク州の観光情報(州の公式観光案内)

↓一日一回のクリックがブログランキングに反映される仕組みになっています。更新する励みになるのでクリックよろしく!
人気blogランキングへ
ブログパーツ
タグ
(24)
(15)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
カテゴリ
全体
はじめまして
著書について
ドイツ語レッスンの案内
現代旧東ドイツを知ろう
DDRを知ろう
DDRを感じる街
プロイセン
国境の街
サイクリング
ハイキング
自然保護区/公園
調査旅行

保養地
学生生活
廃墟/廃屋
ミュンヘン
炭鉱(ラオズィッツ)
ベルリン生活
ブランデンブルク州いろいろ
ソルブ人の土地
歴史的町並み
Cゾーン
日本の話
マデイラ島(ポルトガル)
妊娠・出産・子育て
災害
未分類
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
『瑞西綺譚』とかいうブロ...
Le jardin de...
ベルリン中央駅
NORIKOのHappy...
ベルリンで考える心地よい暮らし
Deutschunter...
最新のトラックバック
ヴェルダーの果樹開花祭(1)
from ベルリン中央駅
『素顔のベルリン』、発売中!
from ベルリン中央駅
塚本晶子「がんばれ、ブラ..
from 時々、読書感想文。
左派党のイメージ
from ねぎとろ丼日乗
レトロバスに乗って孔雀島へ
from ベルリン中央駅
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:炭鉱 ( 5 ) タグの人気記事

炭鉱跡地の地滑り

a0104785_23533715.jpg
写真はzeit.deより。
先週の土曜日に、ザクセン=アンハルト州の炭鉱跡地で大規模な地滑りがありました。
ここ数日、全国版のニュースでも取り上げられていたので、ドイツにいる人ならきっと耳にしていると思います。
事故があったのは、ザクセン=アンハルト州のハーツ地方の手前のあたり、ユネスコの世界遺産として知られているクヴェドリングルクの近くのナハターシュテット(Nachterstedt)の湖のほとりです。
コンコーディア湖(Concordia-See)と呼ばれるこの湖は、炭鉱の跡地を埋め立ててできたもの、というか、ちょうど今水を溜めていて、2018年に完成する予定でした。
この地滑りで2件の家が崩され、3人が行方不明。いつまた地滑りが起きるかわからないので、救出活動もできず、行方不明者の生存は絶望的です。

a0104785_02406.jpg写真はberlinonline.deより。
どういう理由で地滑りが起きたのかはまだ調査中だそうですが、雨の影響もさることながら、炭鉱の跡地ということで、地層に理由があるのではないかとか、炭鉱の後処理の方法が不十分だったのではないか、などということが憶測されています。

a0104785_0193968.jpg写真はn-tv.deより。
350m×120mほどの面積の地面が一気に崩れて100m下の湖に転落したそうな。家だけでなく、道や展望台もなくなってしまいました。
ザクセン=アンハルト州も、ハーツ地方以外はブランデンブルク州のような平地なので、地滑りとは無縁だと思っていたのですが・・・。


なにより、このニュースを聞いて私がガーンと思ったのは、「炭鉱跡地」ということです。
そうそう、ブランデンブルク州の南部の炭鉱跡地が、ちょうど同じ事をやっているじゃあありませんか!本の第7章「炭鉱地帯から湖水地方へと変わりゆく地域」で取り上げている「ラオズィッツ湖水地方」炭鉱の跡地を埋め立てて、湖にする計画がブランデンブルク州南部&ザクセン州北部で着々と進んでいます。当然、湖を活用した観光や地域振興も期待されているわけで、こういう事が起きると、「えー、大丈夫なんだろうか?!」って気になりますよね。
炭鉱跡地の地滑りは起こりうることだから、危ないところは立ち入り禁止にしているとか、地元の人はそういう被害とも今まで向き合ってきたとか、ラオズィッツの地層はナハターシュテットとは違うから大丈夫とか、そんなようなことを専門家は言っているようですが(詳しく知りたい人はここのrbbのビデオでもどうぞ。)やっぱり、ラオズィッツの皆さんにとっては、気持ちのいいニュースではないでしょう。こういう事がおきることによって、安全対策がより効果的に行われるようになれば、不幸中の幸いということなんでしょうけれど。炭鉱跡地、なかなか手ごわいですな。

人気ブログランキングへ←クリックよろしく!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2009-07-21 01:07 | 災害

F60にのぼる

せっかくですから、F60にのぼりましょう。

a0104785_551341.jpg

ドイツ人の参加者も興味津々。F60のツアーコースは橋の真ん中のコンベアーを挟んで左右にあり、行きは進行方向右側を通ります。
どうでもいいけれど、このビスマルクみたいなヒゲのおじさん、カッコいいな^^。

a0104785_5512554.jpg

ゴムのコンベアーはそのままになっているところと、撤去されているところがあります。
この写真の真ん中のところが、その、土を輸送していたコンベアー。
左右の箱のようなものは、技師がチェックをしていた部屋です。

a0104785_5514671.jpg

先っぽまでくるとかなりの高さです。ずっと続くこの鉄の橋が一つの機械だなんて、すごいですよね。

a0104785_55246.jpg

F60から炭鉱跡を眺めるとこんな感じ。遠くにたくさん立って見えるのは風力発電の風車です。ここはヨーロッパ最大の風力発電地帯だそうです。

この延々と続く荒野が炭鉱跡です。・・・初めて見るとぎょっとする光景でしょう。
水が溜まっているのは、人口湖に変えるプランが進行中だから。近くの川から水を引っ張ってきているんですよ。

あと何年かしたら、F60は湖のほとりにたたずむことになります。炭鉱の機械が炭鉱の中にあるのは普通だけど、湖のほとりにあったら面白いですよね。

想像してみるんです・・・。いつか、きれいな湖になったこの地にふらりと訪れた観光客は、F60を見てなんだこれ??ってなるんです。あのでっかい橋みたいなのは一体なんだ??って。
そしたら、地元の人は、「あれはね・・・」って説明してあげるんです。今はなき国を担った産業について、技術の粋を結して作られた機械について、誇りを持って語るんです。時代が変わって、ここはこんなきれいな湖になったんだよ、面白い土地でしょ、ってね。

私はそんな日が来ることが楽しみでなりません。

人気ブログランキングへ←クリックしてね!!
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-11-12 07:09 | 炭鉱(ラオズィッツ)

F60近景

F60の全景は前々回紹介したので、今日はもうちょっと近くから。

a0104785_3424835.jpg

どどーん!!本の中で「その基の部分はまるで宇宙船のよう」と書いたのが、これで分かってもらえるかな?
これは夏に初めてF60に行ったとき(冬にもう一回行ってるんです^^)の写真。ヘルメットを被っている人たちはツアーの参加者です。このときの参加者は、会社の同僚みたいな雰囲気のおじさんたち10人くらいと、ちょっと品のいい年配のカップルと、若いカップルでした。ちなみに、真ん中でオレンジ色のヘルメットを被っているのがガイドの女性。

左のところに「TAKRAF」って書いてありますよね、これはF60を作った会社の名前。もともとラオホハマー(Lauchhammer:ブランデンブルク州南部の街)を本拠地にしていた会社で、炭鉱の機械とか、巨大な重機を作っています。今はザクセン州のライプツィッヒに本拠地があるみたいです。ホームページはここ。土木系の巨大マシーンと言われそうなものは一通り作ってるようです。あー、就職したいかも。

a0104785_34344100.jpg

F60の基の部分から先っぽのほうを眺めるとこんな感じ。
下に線路が敷いてありますね。F60は線路の上を移動していたんです。ということは、炭鉱の中に線路を敷かないと彼女(女性名詞です)は身動きが取れないし、そのための機械や工事も必要だったわけですね。石炭の露天掘りというのが、いかにスケールの大きな事業であったのかというのが、想像できるでしょう。
露天掘りの跡って、上空から見ると、櫛ですいたように地面に線ができています。それは、F60のような、石炭の上の土を除ける機械がまっすぐに動いて、土を均一に移動させていたからなんですよ。って、なんてマニアックなトリビアだろう・・・。

a0104785_3432275.jpg

カチンコチンなんだけど、どこか優雅なF60。
動くと、激しい轟音と砂埃をたてて、近くに住んでいる人にはとんでもない迷惑らしいけれど、こうやって見ると、建築物としてきれいだと思います。「♪今は、もう、動かない・・・」って、漂う哀愁として廃墟に通じるものもあるような気がするし。

人気ブログランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-11-11 04:55 | 炭鉱(ラオズィッツ)

F60全景

ちょっと前に書いたように(ここ)私は重機が好きです。ド文系なので、技術的なことは全然わからないし、細かいことは結構どうでもいいんです。単純に、大きくて重そうな鉄の塊みたいなのに「わお~!」ってはしゃいでしまう。それが動いていたらなおさらステキ。多分、子供が「はたらくくるま」にエキサイトするのとあんまりかわらないです。
そんな私の心をガシッと鷲掴みにした巨大マシーンそれが

F60!

本の第7章に出てくる、世界最大の動く機械です。
本を読んだ母が「F60がどんなものなのかイマイチ分からない」と言っていたので、ここで写真を紹介します。

a0104785_415548.jpg

全景はこんな感じ。F60のホームページ(www.f60.de)から拝借しました。
本の中の写真というのは、すべて私が撮ったものなんですけれど、なぜ、F60の全景写真を載せなかったのかというと、F60があまりにも大きすぎて一枚の写真におさめることができなかったからです。
あ、ちなみに、表表紙をめくったところにF60のパンフが、裏表紙にF60の入場券が載っていますよ。

私が4枚に分けて撮った写真、頭の中で組み立てていって下さい。

a0104785_424069.jpg


a0104785_4242079.jpg


a0104785_4251420.jpg


a0104785_4253745.jpg


目の前で見るとすごいんですよ。ほんとにすごい。ありえないすごさです。もう、何度でも言うよ、すごいんだって!
本の中の地図の小さい図、あれも私が描いたもので、あれを見るとF60って「なんだこれ?」って感じだけど、実物はこんなに大きくてきれい(だと私は思う)なんです。

人気ブログランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-11-07 05:58 | 炭鉱(ラオズィッツ)

ヘレーネ湖 (Helenesee)

さて、話をフランクフルト・オーダーに戻しますよ。

オリエンテーリングで山の中を走って、よぼよぼになってベルリンに帰ってきたのに、その足でフランクフルト・オーダーに行き、死ぬかもしれないキノコを晩ご飯に食べたわけですが、私の受難はまだ続きます(^^;)。

ブルーメンコール君とトイプリングちゃんはサイクリングが好きです。
フランクフルト・オーダーに遊びに行くと、よほど天気が悪くない限り、みんなで自転車でどこかに行くことになります。それは橋を渡ったポーランドだったり、近場のサイクリングコースだったりするんですけれど、よく行くのはヘレーネ湖 (Helenesee)です。

ヘレーネ湖は、フランクフルト・オーダーの南8キロくらいのところにある250ヘクタールの湖です。ローカルな観光地としてすっかり定着しているところで、近くにはヨーロッパで一番大きいキャンプ場があるそうです。
約3000もあるブランデンブルク州の湖のなかでも、特に水質がいい湖で、その上サラサラの広い砂浜もあって、夏になるといつも人でいっぱいです。さすがにそんなステキな湖が放っておかれるわけはなく、最近になって、夏場は大人一日2.5ユーロの入場料を取るようになりました。

さて、このヘレーネ湖。名前を聞いて「あ、ひょっとして?」と思う人は、私並のブランデンブルク州マニアです。


ヒント:ヘレーネというのは女性の名前です。


女性の名前のついた湖というと・・・



炭鉱跡かも!


え~、炭鉱ってなによ??と話が全然分からないあなたは、まだ本の第7章を読んでいないに違いないっ(笑)。
ブランデンブルク州周辺では昔から石炭の露天掘りが行われていて、石炭採掘後に残る巨大な穴は、水を入れて人工湖に変えられることがよくあります。本に書いた「ラオズィッツ湖水地方」というのは、それを地域レベルでやっているわけですけれど、単発的に炭鉱跡を人工湖に変えることは結構前からあったんです。

それで、なぜ女性の名前の湖で炭鉱跡を連想するかというと、炭鉱には女性の名前がついていることがよくあるからです。
たとえば、ブランデンブルク州南部の街、グロースレーシェンにある「イルゼ湖」というのも、イルゼという炭鉱の名前にちなんでいて、そもそもイルゼというのは、炭鉱を管理していた会社の社長の長女の名前です(←マニアックすぎ)。

ヘレーネ湖の元は、1930年から1950年代後半まで採掘されていたヘレーネという炭鉱で、その後、湖として観光地化されていきました。

元炭鉱だった湖なんて・・・と思ってしまうけど、今はこんな感じです。

a0104785_2381313.jpg

a0104785_2395425.jpg


普通の湖でしょう!
それどころか、かなりきれいな湖です。炭鉱跡だなんて、言われなければ分からないし、言われても実感が湧きません。

さて、そんなヘレーネ湖に、私達は自転車で行きました。もう何回か行ったことがあるとはいえ、フランクフルト・オーダーからは8キロくらい離れていて、サイクリングコースとしては快適なのですが、帰りは長い上り坂があります。

勝手にポーランドにされている森の中を走ってよぼよぼになり、毒キノコの恐怖におびえ、翌日は炭鉱跡の湖に自転車で行く私。

あぁ、なんてブランデンブルク州テンコ盛りな休暇なんだ(T-T)

ヘレーネ湖に着いたのは午後3時くらいで、私達は砂浜で遅い昼ご飯&おやつを食べました。人で溢れている夏場とは全然雰囲気が違って、散歩をする人や、釣りをする人がちらほらいるくらい。静かに湖を見ながらお茶なんか飲んで、のんびりのんびり過ごしました。

人気ブログランキングへ←クリックしてね♪
[PR]
by KIKI-Brandenburg | 2007-10-25 23:26 | サイクリング